フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

心構え

今回のワールドの結果に対して
多くのファンが嘆いているのを目にします。

私が愛読している、大好きなブロガーさんの中にも
あまりのひどさに更新する手が止まってしまった方が
いらっしゃいます。


その気持ちは痛いほどわかります。
こんなにも選手やファンを蔑ろにしたスポーツが
他にあるのだろうか。

私もあらかじめ予想していたとはいえ、心底がっかりし
ほとほと愛想がつきました。

ほとんどのファンは、この結果はある程度予想していただろうと思います。
それでもなぜこんなにショックを受けているかといえば、
「それでもフィギュアはスポーツだから」という最後の希望が、
―または未練が―捨て切れなかったからでしょう。
少なくとも私はそうでした。

でもそんな気持ちを見事に裏切り、踏みにじってくれました。
それで私もすっぱりと諦めがつきました。

もうISUにも日本のスケート連盟にもマスコミにも何も期待はしません。
誰かを勝たせたいならそうすればいい。
誰かを勝者として持ち上げたいのなら、そうすればいい。

私はファンとして、贔屓の選手の行く末を見守ることに徹すると
やっと踏ん切りがつきました。
順位やメダルの色ではなく、大切なのは演技内容。
その選手自身が納得のいく演技ができたかどうか、
私はその演技を見てどう思ったか。
そちらに重点を置こうと、やっと決意できました。

しかしそれは、矛盾するかもしれないけれど
今の状況を甘受するというわけではありません。

選手が戦っているのだから、ファンが諦めるわけにはいかない。
少しでも選手の努力が報われるようにファンとしてできることをする。
おかしいことにはおかしいと声をあげる。
今までの「期待」というのは「誰か(=ISUやスケ連など)」が動いてくれるかも、
という期待でもありました。
でもやっと「誰か」に期待しても頼っても無意味だとはっきりしました。

だからこのブログを始めたのです。
正真正銘の草の根活動で、もしかしたら何の意味もないかもしれないけれど
何もしないで座っているよりは、1%でも可能性のある方に賭けたい。
しかしフィギュアスケートの組織そのものには期待しない。

尊敬しているブロガーさんのおひとり、「ぼちぼち生きています」の石ころさんが
以下のように書いていらっしゃり、今の私の気持ちとまったく同じだったので
引用させていただきます。


  真央ちゃんがかわいそうでならない。
  キムヨナは見たくもない。
  キムヨナを見ないようにして、
  メディアの報道も見ないようにして、
  ひたすら真央ちゃんだけを見る。

  このブログを読んでくださる方の中にも、
  真央ちゃん情報だけを楽しみにして、
  それ以外の部分は読み飛ばしているという方も、
  複数名いらっしゃるのは知っています。

  そういう応援もあるでしょうが、
  現実を見ないことが真央ちゃんのためになるかというと、
  私は疑問に思います。

  それは、相手にやりたい放題を許すということでは。

  今後も何をされても黙って見過ごし、
  日本人は韓国人に馬鹿にされっぱなしでいいのでしょうか。


  おかしな報道があった事実を知る人が増えると、
  メディアへの抗議の数も増えるかもしれない。

  もうそんなことしても無駄だと感じたときが、
  ブログをやめるときだと思います。



深く傷つき、しばらくはフィギュアから離れたいという方も
いらっしゃるでしょう。
仕方のないことだと思います。
頑張って続けて!と無理強いすることはできません。
ぜひゆっくり休養なさってほしいと思います。
でもまたいつかファンとして共に戦える日を心待ちにしております。

d0309182_2230350.jpg

[PR]
by caprice16 | 2013-03-24 22:34 | フィギュアスケート