フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

前回の記事の追記

前回の記事はずいぶんとたくさんの方が読んで下さったようで
ありがとうございました。
しかし皆さんは黒猫さんの本の内容や、それに対しての私の感想とか、
そういうものが書いてあると思ってくださったのですよね、きっと。
だとすれば全然内容に触れていない、独り言にすぎない記事で
さぞがっかりされたことだろうと思います。

それでは申し訳ないので、いまさらですが追記を。


といっても家族に貸していて本が手元にないんですよねえ…。
確認せずに書いて間違っていたら申し訳ないですし。
まあ私なんぞが書かなくても黒猫さんのブログを読んでいただければ
すぐわかるんですけどね。

それでも印象に残っている部分をかいつまんで書くと
いかに今のジャッジ(システム)がおかしくて、どんなにルールを
変えたところでISUが今の体質のままでは意味がない、
さらにそういう工作がしやすい土壌作りに日本も加担している。
それに韓国の思惑や米露の対立が絡んでいる。ということを、
様々なニュースを元に黒猫さんなりの見解を加えて書かれたものでした。

で、私がさらっとネット上の反応を確認してみただけでも
「工作員」と思しき人たちがそこここに出没してたのがわかりました。


私が思わず笑ってしまったのは「機密漏洩の罪を犯している」というもの。
機密って…
黒猫さんが元にしているのはすべて世間に公表されている情報です。
それにご自身なりの考察を加えて出版したのがこの本です。
その人は黒猫さんがISUか何かの関係者だと思ったのでしょうか。
本を読んだらすぐわかることなのにね。

他にも「この人、本を読んでないな」と思われる
意見を書いている人は何人もいました。

私の好きな作家に阿川弘之という人がいます。
(エッセイストの阿川佐和子さんのお父上です。)
その阿川さんに「海軍提督三部作」といわれる作品があるのですが、
それをとある評論家が
「僕は読んでいないけれど、あれは伝記文学とはいえない」
と批評したんです。
以下はそれに対する阿川さんの言葉です。
「何文学でもいいけれど、読みもしないで論じることができるのは
論理学の初歩もわからないバカか千里眼の持ち主に違いない


あ、あと黒猫さんの本に対して
「ジャーナリストなら絶対にやらないウィキペディアを持ち出して云々…」
という批判もありましたが、ウィキを参考にしているのは韓国版ウィキの
女王様のページがいかにいい加減でデタラメか、いかに真央ちゃんを
意識しているか、などを説明するために載せていたのであって、
ウィキの内容を元にして書いているわけではないはずです。


まあ私が言いたいのは素人でも、疑問を覚えればネットを駆使して
これだけのものが書けるのにプロはいったい何をしているんだ!
ということです。
その情報網もペンも発表する場も、宝の持ち腐れなんじゃないの?
そのペンはいったい何のために握っているのよ!
ってことです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-04-12 12:46 | フィギュアスケート