蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

読書日記 有川浩の自衛隊三部作

有川さんの『空飛ぶ広報室』がおもしろかったので
(昨日のドラマもよかった!来週でついに最終回。
でもやっぱりキリー役の桐谷くんの握手が…。あの人アッチの出身なの??)
自衛隊三部作『空の中』『塩の街』『海の底』を立て続けに読みました。


『空飛ぶ広報室』のときに書いた「軽い文体が気になる」ですが、
なぜこういう文体なのか、あとがきを読んでわかりました。
有川さんは大人向けのライトノベルズを書いているんですね。
それなら納得です。


この中で一番面白かったのは『空の中』かなあ。
完成度が高かったです。
でも航空自衛隊がテーマなのにあまり飛行機が出てこなくて残念。
かと思ったら陸がテーマの『塩の街』のほうでなぜか空が活躍(笑)
海がテーマの『海の底』ではせっかく潜水艦が出てくるのに
ちっとも動かないし、活躍しているのは陸と警察だし(笑)

ご本人も「ビタ一海里動かなくてすみません」とあとがきに
書いていましたが。

映像化するなら迷いなく『海の底』を推します、私なら。
たぶんこの中で一番アクションが派手にできそうだし、
大画面で見たほうが絶対迫力も出るから映画がいいなあ。

こういう、登場人物の設定がかなりはっきりしている小説は
映像化するならあの役はこの人で…とあれこれ考えて
楽しめるのもいいですね。


ちょっと話がそれますが、『塩の街』で有川さんが
「大陸系の商人」「外国人のマーケット」を、はじめはとある国の
名前を書いていたのに編集側に変えられたとのこと。
差別用語でもないのに自主規制するのはどうなんだろう…
「自主規制」という名の検閲がすでに始まっているんじゃないか
というようなことがあとがきに書いてありました。

ああ。と、政治に関心のある人たちはすぐにわかりますよね。
いろんなところで同じことが起きているのを。


また『海の底』の中に今の日本に当てはまるなあ、
と思った箇所がありましたので引用します。

『どこでも折れてりゃ丸く収まるわけじゃない』のだ。
折れて下手に出たからといって圭介との関係が改善された例など一度もない。
どうせ丸く収まらないのなら徒労だ。


「圭介」という人物名をどこぞの国名に変えたら
そのまんま、日本のことですね。
このあと主人公(のひとりである女の子)は本来の自分を徐々に取り戻していき、
言いたいことをはっきり相手に言うようになります。


<おまけ>
自衛隊繋がりってだけで記事とはまったく関係ありませんが
…ワタクシお気に入りの動画を。
※ご覧になる方はコメントを消して見たほうがいいと思います。
 コメントで埋まって飛行機がみえなくなりますので。

【航空自衛隊F-15空撮映像】


うおー!この離陸時の爆音がたまらんわー!
私はこの音聞くとめちゃくちゃ興奮して頭の中は
映画「トップガン」の音楽でいっぱいになりますが、
やっぱり世間一般にとっては「騒音」でしかないんでしょうねえ。

確かにウルサイですしね。
パイロットの中には難聴になる人もいますし…。

でもやっぱりF15イーグルはかっこいいなあ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-06-17 13:45 | 読書日記

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン