蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

読書日記 『はやぶさ、そうまでして君は』

わっ!!!
つ、ついにブログアクセス10万ヒット越え!!!

すごーい…

こんなにも多くの皆様に読んでいただけるなんて…
感無量です。
何かのご縁があって当ブログにお越しくださった方、
コメントくださる方、ポチしてくださる方、
本当にありがとうございます!

これからもどうぞよろしくお願いいたします☆



さてさて。今日は久しぶりに読書日記です。
はやぶさ、そうまでして君は』(川口淳一郎・著 宝島社)

もちろん、あの惑星探査機「はやぶさ」のことです。
そのプロジェクトリーダーであったJAXAの川口先生が
「はやぶさ」とそのプロジェクトについて書いた本です。
(JAXAのHPはこちら→)

この本の素晴らしさをきちんと紹介しようと思ったら
全文書き写して載せるしかないですね。
私が文科大臣だったら間違いなく学校指定図書にします。
(文科大臣にそんな権限があるかどうか…は無視してください。)

専門的な内容は、「はやぶさ」を説明するためにどうしても
欠かせない部分に限定していますし、
それも素人にもわかりやすく書かれているので、
読書好きな子なら小学校の高学年くらいからでも
読めるかもしれません。

大人はもちろんですが、日本の未来を担う子供・若者たちには
ぜひ読んでもらいたい一冊です。


「はやぶさ」のミッションについては…
ぜひこちらの動画をご覧ください。
「はやぶさ」がいかに凄くて、どれだけ過酷な状況を
乗り越えてきたのかを、わかりやすくかつおもしろく
まとめてくださっています。
とくに「宇宙戦艦ヤマト」のファンは必見ですよ(笑)

ただ20分もありましてね…
お忙しい方は前半10分だけでも充分だと思います。
動画主様も「調子に乗って長くしすぎた~!」
と仰っておられるようですし。


(動画主様、お借りしました!)
※流れてくるコメントを消したい場合は右下の
 ふきだしマークをクリックしてください。

「大丈夫だ!!」
「こんなこともあろうかと!」

の繰り返しがツボです^^

画面下に青字や黄色字で詳しい説明が出てきますが、
そこを読まなくても「どれだけ凄くて大変だったのか」は
わかる内容になっています。

笑っちゃうくらいトラブル続出でフィクション??と
思ってしまいそうですが、すべて実話です。
「事実とは小説より奇なり」とはよく言ったものです。

うう…
この動画見たらまた涙出てきました(;_;)

はやぶさ、おかえり。
よく頑張ったね。


宇宙科学の分野ではやはりNASAが一番です。
技術面からいっても資金面からいっても…。

日本はそれに比べると予算もほとんどないに等しい。
技術面でも遠く及ばない。
NASAのマネをしているだけでは、いつまでたってもその背中は見えてこない。

「やれることだけを確実にこなしているだけでは、いつになっても
次のステージにはいけません。次のページを開くことに躊躇してはいけない。
自分たちの手でトビラを開けてこそ、次につながる成果が得られるし、
そのトビラが堅牢なほど得るものは大きいのです。」


そう川口先生は考え、「はやぶさ」のミッションは
ほとんどが世界初のことばかりになりました。
これはあえて狙ったというよりは、予算の関係で
結果的に「世界初」に挑戦せざるを得なかったということもあったそうです。

「誰もやっていないことに挑むとき、できない理由をあげていけばキリがありません。
それよりも、どんな条件が揃えば可能になるのかを、ポジテイィブに考えたほうがいい。」


こうも書いています。本当にその通りです。
日本は今までそうやって頑張ってきたのです。
麻生副総理も著書『とてつもない日本』で同じようなことを仰っていました。
日本で賞賛されるのは、そのようにして困難を乗り越える人たちです。
その積み重ねで今の日本がある。


いくつものトラブルを乗り越え、
こんなに頑張って期待に応えてきたのに、
「はやぶさ」自身は最後に燃え尽きて、その姿は残せない。
せめて最後に地球の姿を見せてやりたい。
そこで送った指令が「地球の撮影」でした。
これが「はやぶさ」の捉えた地球です。
燃え尽きる寸前に撮った写真です。

d0309182_1329195.jpg
(C) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

(ちなみにこの写真掲載許可のためにJAXAにメールしましたよっ!
まさか私がJAXAにメールする日が来るとは~~ 汗)



「はやぶさ」がくれたメッセージ。それは

「自信と希望」、そして失敗を恐れない「勇気ある挑戦」。
最初から諦めていたら何もできない。
予算がないならないなりに、知恵とアイディアで挑戦すればいい。
知恵とアイディア、ものづくりの情熱。
それが日本人の心。はやぶさはそれを教えてくれた。


であると川口先生は書いています。
また、科学技術への予算削減に対してこうも書いています。


リスクをとらなければ大きなリターンは得られない。
技術立証を目的としたハイリスクのプロジェクトも行わなくてはいけない。
目先の利益ではなく、長い目で見た将来へ向けた投資である。

二番じゃ駄目なのか。
駄目である。
無駄だと思うのは目先の利益にならないから。
何のための投資か。
日本人が日本に対する自信と誇りをもてるようにするため。
二番でいいという国に誇りがもてるのか。



すぐに利益にはつながらないけれど、一見無駄に思える
実験でも必ずいつかそれが役に立つ。
この「はやぶさ」のミッションでも、以前失敗した時の経験が
たくさん生かされているそうです。

お金も時間もかかることだからこそ、政府の理解が必要だし、
政府が理解を示すためには国民から後押しする声が必要です。
それがまた人々の関心を呼び、次世代に繋がります。



まほろばに 身を挺してや 宙纏(そらまと)う 産(うぶ)の形見に 未来必ず


「はやぶさ」が帰還した時に川口先生が詠まれた歌です。
「はやぶさ」に対する深い愛情と感謝…
そしてそれを必ず次に繋げようという決意。
様々な想いが伝わってくる、とても素晴らしい歌です。


ちょうど7月17日から東京の国立科学博物館
7月13日からは相模原市立博物館
「はやぶさ」が持ち帰った「イトカワ」の粒子の展示が行われるそうです。
(注:相模原のほうは事前申込みが必要とのことです。)
  ↑
すみません!事前申込みはすでに締め切られており、また
申込みしなくても入れる日がありました。失礼いたしました!
よーこ様、ご指摘ありがとうございます。


興味を持った方はぜひ!
私も見に行く予定です。
「はやぶさ」が命懸けで採取し、
命懸けで地球に送り届けた大事な粒子。

ぜひこの眼で確認したいです。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-07-07 13:34 | 読書日記

最新の記事

祝☆安保法案成立!
at 2015-09-20 22:37
阿川弘之さんがお亡くなりにな..
at 2015-08-12 22:51
お久しぶりです
at 2015-05-23 22:52
選挙ですね&近況報告
at 2014-12-09 22:01
朝日が言い訳を始めたよ!
at 2014-08-05 10:44
ガースーすてき☆舛添はいい加..
at 2014-07-25 21:42
真央展、行ってきました!
at 2014-06-07 23:32
終了したのに… こそっと更新
at 2014-04-20 01:23
今日で終わりです。 ありがと..
at 2014-03-31 20:34
これだからファンをやめられない
at 2014-03-30 00:27

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン