フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

読書日記 『悪韓論』

『悪韓論』
室谷克己・著 新潮新書


この本、すっごくおもしろかったです。
まず帯に「あの国に学ぶことなど一つとしてない! 」
と書いてあり、かなり挑発的(笑)



うん。知ってた。

と思いながら読み進めましたが、
いい意味で意外でした。

帯の挑発的なキャッチコピーから、
もっと扇情的で感情的な内容なのかと思っていたのですが
そうではありませんでした。

時事通信の記者としてソウルへ派遣された時の
個人的な経験談から知り得たあの国の実情も書いていますが、
内容のほとんどは韓国政府が公表した資料や
韓国メディアの報道を元にしているため、
単純に「日本人の目から見た韓国」ではなくて、
韓国人の目から見た韓国」の姿から
あの国がどういう国なのかを分析しているのです。

以前「わかり合えるわけがない(2) 迷惑な韓国
でご紹介したブログ「迷惑な韓国」様は
韓国人の個人ブログなどを元にあの国を分析しています。
(もちろん日本で報道されない、韓国内でのニュースも
ベースにしていらっしゃいますが。)

そして私たちは、徹底して韓国のネガティブな報道を
しないようにしている日本のメディアでさえも隠し切れない
あの国の本当の姿を、普段のニュースからでも垣間見ることができます。
(天皇陛下への侮辱発言、竹島の不法占領、
教科書や歴史、靖国神社参拝などに対する内政干渉などなど)
 

「韓国人が皆そのように反日なわけではない」
「そういう酷いことをするのは一部の人だ」
という意見を聞きますが、そうですか??

公人も報道機関も一般人もスポーツ選手も芸能人も、
みんなみんな同じ精神構造で
同じように考え同じように行動していますよ。

日本に対する諸々の、上から下まで総じて無礼な態度。
それを韓国国内で誰も咎めない時点で、
それは「一部の人」のことではないのです。
そして同じようなことを世界中でやっているのです。

【サッカーW杯 日本対韓国】
サルの真似をして日本を侮辱
旭日旗が見えたせい

【サッカーW杯予選のイラン対韓国にて】
試合後、韓国チームがイラン選手に暴行
イランが挑発したせい

【アシアナ航空の事故】
アシアナ航空社長→パイロットがせい
メディア→滑走路 or 機種・部品のせい
パイロット→目にレーザーを当てられて見えなかったせい
事故が人為的ミスとの印象→アメリカのせい

【韓国への日本人観光客激減】
日本での嫌韓デモのせい

【韓国経済が危機!】
日本の円安のせい
  ・
  ・
  ・


まだまだたくさんありますが、とにかく何でも
あいつのせい、こいつのせい、日本のせい
です。

いついかなる時も必ずそうです。
そのことやそうなる理由などを、感情的ではなく
事実に基づき客観的に書かれたのがこの本です。

日本人ならまず読むべきです。

私も本当な韓国のことなどどうでもいいんです。
隣にさえいなければ。

もしくはこの世界にあるのが日本と韓国だけなら、
日本は「見ざる・聞かざる・言わざる」を貫き、
ただじっとして、殻を厚く堅くすることに専念すればいいのです。
相手に係わりさえしなければ、我が身を守れます。

ただ残念なことに、世界にはたくさんの国があり、
韓国(&中国)は世界に向けてディスカウントジャパンを
繰り返しています。

それを「係わりたくないから」と言って、もしくは
「あいつらどうせバカだから言っても仕方ない」もしくは
「わかってくれる人だけがわかってくれればいい」
などと言って殻に閉じこもるだけでは我が身は守れません。

声の強いものの意見が通るのが世界です。
まったく無関係のアメリカに、慰安婦の像なるものが
建立されたことから見ても、それは明らかです。

「話合いで解決を」なんてちゃんちゃらおかしい。
なんでも「日本のせい」にする国に論理的な
話ができるわけがありません。

そもそもあの国は日本との問題を解決するつもりはないでしょう。
「反日」は大事な国策ですからね。

隣にいるのは友好国ではなく、敵国です。
我が身を守るためには相手がどういう思考回路を持ち、
どういう集団であるのかを正確に知らなければ、
正しい防御すらできません。

それを学び、実践中なのが現政権だろうと思います。
あれだけ外国を飛び回っているのに特定の国だけは
徹底して無視。
だけど言葉だけでは「良好な関係が大切^^」
と大人の対応。

天晴れとしか言いようがない。


我が身を守るための手始めとして、
この本『悪韓論』と「迷惑な韓国」というブログを
ぜひ皆様に読んでもらいたい。
そう思います。


<追記>
ちなみにフィギュアファンおなじみの女王様については
「『独断と偏見』との批判を浴びるだろうが、韓国人にとって重要なのは、どんな汚い術を使おうと勝ち上がることだ。そし、絶対の王者として君臨してしまえば「尊敬」の対象となり、その下に馳せ参じようとする人々で溢れるのだ。
分かりやすい例を挙げれば、すっ転んでも金メダルのキムヨナだ。外国のアイスショーからはお呼びが掛からないが、たちまち百億ウォン長者になった。」
と、こう書いていました。

室谷さんに、もっと本格的にフィギュア界のことについて
書いていただきたいです。
スポーツライターは仕事をしないのでアテになりません。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-07-14 22:34 | 読書日記