蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

櫻井よしこさんのコラムから

やっと出てきました、櫻井よしこさんの意見が。
あ、麻生さんの憲法改正に関する一連の出来事に対してです。

先日の記事にも書きましたが
麻生さんの発言は櫻井さんが理事長を務める
「国家基本問題研究所」(国基研)の定例会(7月29日)に
講師として招かれた時のものです。

この一件に関して、会の責任者でもある
櫻井さんがどう考えているのかは大変興味がありました。

ではちょっと長いのですが
櫻井さんが産経に寄せたコラムからどうぞ。



【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
朝日が日本を国際社会の笑い物に…歪曲された麻生発言

産経新聞 2013.8.5
 
 なるほど、朝日新聞はこのようにして事柄を歪曲(わいきょく)していくのか。麻生太郎副総理発言を朝日新聞が報じる手口を眼前にしての、これが私自身の率直な感想である。

 8月1日と2日、朝日の紙面は麻生発言で「熱狂」した。日によって1面の「天声人語」、社会面、社説を動員し、まさに全社あげてといってよい形で発言を批判した。

 討論会の主催者兼司会者として現場に居合わせた私の実感からすれば、後述するように朝日の報道は麻生発言の意味を物の見事に反転させたと言わざるを得ない。

 7月29日、私が理事長を務める国家基本問題研究所(国基研)は「日本再建への道」と題した月例研究会を主催した。衆議院、都議会、参議院の三大選挙で圧勝、完勝した安倍自民党は、如何(いか)にして日本周辺で急速に高まる危機を乗り越え、日本再建を成し得るかを問う討論会だった。

 日本再建は憲法改正なしにはあり得ない。従って主題は当然、憲法改正だった。

 月例研究会に麻生副総理の出席を得たことで改正に向けた活発な議論を期待したのは、大勝した自民党は党是である憲法改正を着実に進めるだろうと考えたからだ。

 が、蓋を開けてみれば氏と私及び国基研の間には少なからぬ考え方の開きがあると感じた。憲法改正を主張してきた私たちに、氏は「自分は左翼」と語り、セミナー開始前から微妙な牽制(けんせい)球を投げた。

 セミナーでも氏は「最近は左翼じゃないかと言われる」と述べ、改正論議の熱狂を戒めた。私はそれを、改正を急ぐべしという国基研と自分は同じではないという氏のメッセージだと、受けとめた。

「憲法改正なんていう話は熱狂の中に決めてもらっては困ります。ワァワァ騒いでその中で決まったなんていう話は最も危ない」「しつこいようだが(憲法改正を)ウワァーとなった中で、狂騒の中で、狂乱の中で、騒々しい中で決めてほしくない」という具合に、氏は同趣旨の主張を5度、繰り返した

 事実を見れば熱狂しているのは護憲派である。改憲派は自民党を筆頭に熱狂どころか、冷めている。むしろ長年冷めすぎてきたのが自民党だ。いまこそ、自民党は燃えなければならないのだ。

 にも拘(かか)わらず麻生氏は尚(なお)、熱狂を戒めた。その中でヒトラーとワイマール憲法に関し、「あの手口、学んだらどうかね」という不適切な表現を口にした。「ワイマール憲法がナチス憲法に変わった」と氏はいうが、その事実はない。有り体に言って一連の発言は、結局、「ワイマール体制の崩壊に至った過程からその失敗を学べ」という反語的意味だと私は受けとめた

 憲法改正に後ろ向きの印象を与えた麻生発言だったが、朝日新聞はまったく別の意味を持つものとして報じた。

 たとえば1日の「天声人語」子は、麻生発言を「素直に聞けば、粛々と民主主義を破壊したナチスのやり方を見習え、ということになってしまう」と書いた。前後の発言を合わせて全体を「素直に聞」けば、麻生氏が「粛々と民主主義を破壊」する手法に習おうとしているなどの解釈が如何(いか)にして可能なのか、不思議である。天声人語子の想像力の逞(たくま)しさに私は舌を巻く。

 朝日の記事の水準の高さには定評があったはずだ。現場にいた記者が麻生発言の真意を読みとれないはずはないと思っていた私は、朝日を買いかぶっていた。

 朝日は前後の発言を省き、全体の文意に目をつぶり、失言部分だけを取り出して、麻生氏だけでなく日本を国際社会の笑い物にしようとした。そこには公器の意識はないのであろう。朝日は新たな歴史問題を作り上げ、憲法改正の動きにも水を差し続けるだろう。そんな疑惑を抱くのは、同紙が他にも事実歪曲(わいきょく)報道の事例を指摘されているからだ。

 典型は「読売新聞」が今年5月14、15日付で朝日の誤報が慰安婦問題を政治問題化させたと報じた件だ。読売の朝日批判としては珍しいが、同件について朝日は説明していない。

 古い話だが、歴史問題にこだわるなら、昭和20年8月の朝日の報道も検証が必要だ。終戦5日前に日本の敗戦を示唆する政府声明が発表され、朝日新聞の編集局長らは当時こうした情報を掴(つか)んでいた。新聞の使命としていち早く、日本敗戦の可能性を国民に知らせなければならない。だが、朝日新聞は反対に8月14日、戦争遂行と戦意高揚を強調する社説を掲げた。これこそ、国民への犯罪的報道ではないか。朝日の歴史認識を問うべきこの事例は『朝日新聞の戦争責任』(安田将三、石橋孝太郎著、太田出版)に詳しく、一読を勧めたい。

 これらのことをもって反省なき朝日と言われても弁明は難しい。その朝日が再び麻生発言で歴史問題を作り出し、国益を害するのは、到底許されない。

 それはともかく、自民党はまたもや朝日、中国、韓国などの批判の前で立ちすくむのか。中国の脅威、韓国、北朝鮮の反日、米国の内向き志向という周辺情勢を見れば、現行憲法改正の急務は自明の理だ。それなのに「冷静な議論」を強調するのは、麻生氏を含む多くの自民党議員は憲法改正に消極的ということか。日本が直面する危機に目をつぶり、結党の志を横に措(お)き、憲法改正の歩みを緩めるのだろうか。であれば、護憲の道を歩む朝日の思う壺(つぼ)ではないか。自民党はそれでよいのか。私の関心は、専ら、この点にある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝日の前に、読売と共同が報じたんだけど…
とは思いますが後から乗ってきた朝日のほうが
えらくハシャいでいましたものね。
それに朝日は捏造の前科が多いのゆえに
攻撃対象に選ばれたんでしょうね、きっと。
日頃の行いは大事です。


櫻井さん… 自民党批判もしっかり入っていますね。

「自民党は憲法改正に突き進もうとしている!暴走を止めろ!」と
反日メディア(中韓含む)がワーワー騒ぐ中、
「いや、自民党は醒めすぎている。早く本気になれ」
と逆にお説教です。


これ!私はこれを国会で、野党にやってもらいたい。
「やめろー!憲法死守!」と喚く野党ばかりでは
自民党のように慎重に進めようとする政党でさえ
「右傾化」「極右」といわれる。
これでは左側に足を引っ張られたままで先に進めません。

多少右側に強く引っ張ってくれる勢力があって
初めて真ん中に立てると思うのです。(憲法改正に限らず。)
だから維新政党・新風から一人でもいいので国会に送りたい。

周辺国がならず者ばかりの日本においては
多少右寄りくらいがちょうどいいです。


すみません。話が少しずれましたが、
要するに櫻井さんは逆説的表現で麻生さんの
発言の真意を説明してくれていますね。
(本気で批判しているのかもしれませんが)

麻生さんを大騒ぎして叩いていましたが
結果的に朝日の捏造の歴史を改めて晒すことになりました。
朝日側はどう説明するのでしょう?


それから共同通信ですが
あそこは「一般社団法人」なんだそうです。

一般社団・財団法人法261条」によると
その法人の事業によって公益を確保するため存続を許す事が出来ないと認める場合、法務大臣、社員、債権者およびその他の利害関係人の申立てにより、裁判所は解散を命ずることができる。


となっており、「一般社団法人が解散する場合の要件」で、
「解散命令又は解散の訴えによる解散を命ずる裁判があったとき」とあります。
法務省HP参照)


ですので法務省にも
「~~の理由で共同通信社は公益を損なう。
【一般社団・財団法人法】により解散命令を出してほしい」
と訴えてみるのもいいのではないかと思います。
法務省へはこちらから意見が送れます → e-Gov 各府省への意見・要望
(出てきたページの「法務省」の欄にチェック入れてください。)


何もしないで座っているよりは
一通でもメールを、一件でも電話をしたほうがマシですよね。
まだまだ頑張ります。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-06 00:31 | マスコミ

最新の記事

祝☆安保法案成立!
at 2015-09-20 22:37
阿川弘之さんがお亡くなりにな..
at 2015-08-12 22:51
お久しぶりです
at 2015-05-23 22:52
選挙ですね&近況報告
at 2014-12-09 22:01
朝日が言い訳を始めたよ!
at 2014-08-05 10:44
ガースーすてき☆舛添はいい加..
at 2014-07-25 21:42
真央展、行ってきました!
at 2014-06-07 23:32
終了したのに… こそっと更新
at 2014-04-20 01:23
今日で終わりです。 ありがと..
at 2014-03-31 20:34
これだからファンをやめられない
at 2014-03-30 00:27

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン