蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

猪木発言はなぜ問題にならないのか

これは数日前のことですがいくら待っても産経以外の
大手新聞・テレビではちっとも取り上げられませんでした。

【「拉致解決したら幸せになれるのか」 
 アントニオ猪木氏が特派員協会で独自見解】

j-cast 2013/8/ 5 18:02
26回目の訪朝から帰国したばかりのアントニオ猪木参院議員(日本維新の会)が2013年8月5日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、「スポーツ外交」の重要性を強調した。

「暴言は吐くけど失言はしない」として、麻生太郎副総理が憲法改正とナチスドイツを結びつけた発言へのコメントは避けたものの、拉致問題については独自の見解を次々に披露した。

拉致問題に関連するニュースで事実上日本国民が洗脳されているとの見方を示した上で、北朝鮮側の立場にも配慮しながら「落としどころ」を探ることの必要性も説いた。また、講演の際には「拉致が解決したら、我々は幸せになれますかね?」と問題提起もしているという


■「友好関係が崩れてしまう疑問があった」から拉致問題には関わらないようにしてきた
猪木氏は7月25日から7月30日にかけて訪朝し、張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長といった要人と会談した。会見では、両氏との会談の内容は明らかにされなかったが、過去のイラクやキューバ訪問も引き合いに出しながら、「外交チャンネルを私以上に持っている政治家は、多分いない」と自画自賛した。

持論が際立ったのが、行き詰まりが続いている拉致問題についてだ。従来、猪木氏は、「友好関係が崩れてしまう疑問があった」という理由で拉致問題にはかかわらないようにしてきたというが、参院選当選を機に「公人としてこういう(拉致問題解決に向けた)期待が色々寄せられる中で、本当の話を伝えていかないと」と方針転換したようだ。ただ、猪木氏は、日本国民は拉致問題に関して一方的な見方しかできていないと受け止めているようだ。「洗脳」という言葉を使いながら、このように現状認識を披露した。

「この拉致問題において日本の人たちが、テレビで毎日あれだけ(拉致関連のニュースを)見ましたから、結果的には、これが『洗脳された』という言い方はちょっと語弊があるかも知れませんが、その位に『拉致、拉致、拉致』という。よく私は講演でも、『では、拉致が解決したら、我々は幸せになれますかね?』というと、皆さん『えっ?』という顔をして、そうすると、今まで凝り固まっていた考え方、色んな視点をちょっと変える。そうすると、もっと知恵が出てきて、解決をどうしましょうと(なる)」

■拉致問題は「世界に回って訴える話ではない」
現状の拉致問題解決に向けたアプローチについても、大きく2つにわけて批判。一つ目として、拉致被害者名簿の精度を問題視した。

「日本の拉致(被害者)名簿の中にある、何百人か分かりませんが、数字がどんどん変わっていた中で、日本の中で死んでいる人もいる。そういうような拉致名簿を(北朝鮮側に)提出して解決しようとしても、これは向こう側からした時に『そんないい加減なこと言ってくるなよ』(となる)」

二つ目として、拉致問題を国際社会に訴えることに疑問を呈した。日朝の二国間交渉に専念すべきだとの立場だ。

「これは二国間の問題ですから、世界に回って訴える話ではない。だったら、チャンネルをしっかりつくって、そこで一対一で話をするような環境を(整えることが重要)。その環境(整備)を私はやってきて、いつでも(拉致問題関係者を)お迎えするという話にはできている」

また、度重なる独自制裁が意味を失っていることも指摘した。

その上で、「『外交に勝利無し』という言葉がある。相手も国民がいる。これは北朝鮮に限ったことではない。日本にも国民がいる。どこは、どこかで落としどころを決めなければ、片一方だけが勝っても、片一方が負けても不平不満が出る」と述べ、北朝鮮側の立場にも配慮した。

猪木氏は、おなじみの「闘魂注入」と「1、2、3 ダーッ!」で会見を締めくくったが、どうやら闘魂注入は「寸止め」に近かったらしく、ビンタを受けた司会者は「母ほど強くなかった」と平然としていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この記事で取り上げられているのは
維新の会・アントニオ猪木議員のこの発言です。

【日本外国特派員協会主催 
アントニオ猪木「拉致問題には関わらない」】


・・・・・(以下書き起こしです)・・・・・・・・・
 

(国民新聞)
猪木先生に期待したいのは拉致問題の解決です
日本国民すべてそう思っている
安倍首相は圧力をかけますし野党は話し合いで解決すべきと。
これは勝負だから 結果が出なければしょうがない

猪木先生に期待したいのは 拉致された国民を取り返すこと
決意して勝負をかけてもらいたい
そうすれば石原慎太郎、平沼先生も陣営の中にも期待している 
猪木先生を応援している人もたくさんいる
安倍首相も国民も期待している 
決意をお伺いしたい



(アントニオ猪木議員)
私は拉致問題にはあまり関わりあわないようにしたい
なぜかというと友好関係がくずれるから
公人として期待がいろいろ寄せられるなかで
本当の話を伝えていかないと

拉致問題において日本の人たちはテレビで毎日
あれだけでやっていましたから
結果的には洗脳されている
 
というと語弊がありますが そのくらい拉致拉致拉致という
よく講演で私が「拉致問題が解決して我々は幸福になれますか?」
というと皆さんよく「えっ?」という顔をされる

そうすると今まで凝り固まっていた考え方が
視点をちょっとかえることによって知恵が出てくる

それからもうひとつの問題は
日本の拉致名簿に出てくる数字がどんどん変わっていく
日本の中で死んでいる人もいる

そういうふうな名簿を提出して拉致問題を解決しようとする
向こう側にしたらそんないいかげんはやめてくれ、となる

もうひとつ
これは二国間のことだから世界に向けて訴える話ではない
チャンネルをしっかり作って 1対1で話し合えるような
その環境を私は作っていつでもお迎えできる話はできております

二回制裁をかけた
去年かおととし、この制裁をかけても意味がないからやめようと
それが今までの流れです

今後どういうことを安倍政権がするのか

飯島さんが(北朝鮮に)行った
いいことだと思います
何を言ったか、私は中身を知っている

そういうなかで一日も早くトップ会談ができるように
環境作りを私は一生懸命やっていきます

(以下イラク人質事件の時の話につながりますが省略します)

・・・・・・(書き起こしここまで)・・・・・・・・・・・・・

※j-castの記事では
友好が崩れる心配のため今までは関わらないようにしてきた
  ↓
本当の話を伝えていきたい

と方針転換した、となっていますが
私にはそうは聞こえませんでした。
もしj-castの書いたとおりだとすると
私の以下の意見は一部的外れになります…。
その点も踏まえてお読みください。



全文何回も聞きましたが、どう聞いても日本人の敵です。
皆さん仰っているけれど
それを拉致被害者家族の目の前で言えるのでしょうか。



「拉致問題が解決して我々は幸福になりますか?」ですって。


解決以外の道があるんでしょうか。
ぜひお聞きしたい。

なぜこれが問題発言にならないのか。
麻生さんの真意を捻じ曲げた、作られた「問題発言」よりも
もっとずっとはっきりわかりやすい「問題発言」です。

アントニオ猪木議員がこのような考え方の持ち主であることは
有権者である国民にきちんと知らせるべきです。



以下の動画はアントニオ猪木議員の発言に対する
青山繁晴氏の見解です。

【拉致問題】
青山繁晴「アントニオ猪木議員は、北朝鮮の代弁者である。」 【問題発言】



アントニオ猪木議員の「名簿の人数が云々」のところに
焦点を当てて解説しています。
ようするにこの発言は北朝鮮側に頼まれた、
日本政府へのメッセージである、と。

そしてそのことは政府側も同じように分析しているが、
しかし北側の要求に応えることは絶対にない。
そう言っている。


だいたいこのようなお話でした。


そしてこれが産経の記事です。
産経でも「幸せになれるか云々」のところは
省略されていますが。

【「拉致は2国間」の猪木氏発言を批判…自民「経緯を無視」】
産経 2013.8.7 18:50
■アントニオ猪木氏
自民党の「北朝鮮による拉致問題対策本部」本部長の山谷えり子参院議員は7日、日本維新の会のアントニオ猪木参院議員が北朝鮮に対する国際連携による圧力強化に否定的な発言をしたことを批判した。「国際社会が連携してこそ解決に進む。これまでの経緯を無視した発言だ」と指摘した。同本部会合後、記者団に語った。

猪木氏は5日の日本外国特派員協会での記者会見で「拉致は2国間の問題だから、世界を回って訴える話ではない」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分の発言が日本側に立っていないことに
何の疑問をもたない日本国の国会議員。
こんな人が同じ維新の会の中山恭子議員よりも多くの票を獲得して
誕生した議員であることが本当に腹立たしい。



一刻も早く被害者の方が無事に日本に戻ってこられることを
願います。
拉致問題解決のためにも私は安倍内閣を応援し続けます。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-11 14:51 | 政治

最新の記事

祝☆安保法案成立!
at 2015-09-20 22:37
阿川弘之さんがお亡くなりにな..
at 2015-08-12 22:51
お久しぶりです
at 2015-05-23 22:52
選挙ですね&近況報告
at 2014-12-09 22:01
朝日が言い訳を始めたよ!
at 2014-08-05 10:44
ガースーすてき☆舛添はいい加..
at 2014-07-25 21:42
真央展、行ってきました!
at 2014-06-07 23:32
終了したのに… こそっと更新
at 2014-04-20 01:23
今日で終わりです。 ありがと..
at 2014-03-31 20:34
これだからファンをやめられない
at 2014-03-30 00:27

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン