フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

動画が削除!/「友好」なんて無理 

*******【緊急拡散】********
テキサス親父さんの慰安婦問題に関する動画「慰安婦は売春婦」が、
何者かによって削除されたとの事。
また「テキサス親父日本事務局」のShunさんの
FBなども被害を受けているそうで、恐らく
VANK(韓国のサイバーテロ集団)による攻撃だろうとのこと。

それに対抗するために、皆様に動画の複製をお願いされております。
YouTubeのチャンネルをお持ちの方は、テキサス親父さんの動画を
自分のチャンネルにアップロードできるとのことです。

詳細はこちらから→ 【テキサス親父日本事務局】緊急拡散お願いします

可能な方はぜひご協力をお願いいたします。

***********************


さて、今も昔も人間の中身は変わらないなあと
この記事を読んでつくづく思いました。
「日本軍がやった」と濡れ衣を着せられている
南京事件や三光作戦なるものの正体がわかりますね。

【中国BBS】日本に戦争で勝ったら日本人をどう“処理”する?
サーチナ 2013.8.28
中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本に戦争で勝ったら日本人をどう処理する?」というスレッドが立てられた。スレ主の質問に対して、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が寄せられた。

尖閣諸島の問題によって緊張している日中関係だが、中国のネット上では戦争間近なのでは ないか、戦争になったら日本と中国のどちらが勝つか、といった議論が頻繁になされている。

しかし、同掲示板では中国が日本に打ち勝つという前提で「日本人をどう処理するか」という失礼極まりない話題で盛り上がっている。

寄せられたコメントを見ると、「東京大虐殺です」、「男性はすべて滅ぼし、女性は残して中国男性の結婚問題を解決する」、「全員強制収容所に入れて一生働かせる」、 「西部大開発のための奴隷にする」などの意見で、いずれもひどい扱いばかりだ。

また、「男には石炭を掘りに行ってもらえば良い。そうすればニュースで炭鉱の崩落事故に注目しなくなる。女には共和国のために後世を残すという光栄な仕事についてもらう」という意見も。

大多数は反日感情むき出しのコメントだったが、なかには「そんなことをしたら、中国は日本と同じ轍を踏むことになる。そうしたら畜生以上に畜生になってしまう」と、まるで日本人のことを“畜生”よばわりするユーザーまで現れた。

ほかには、「これは戦争が終わってから話すべきことだ。現状は非常に複雑なのだし」と、そもそも戦争になるかどうか、勝つかどうかに疑問を呈するユーザーもおり、なかには冷静な中国人もいるのも確かだ。

日本では中国と開戦するなどといった議論が交わされることはほぼ皆無だが、中国ではネットユーザーたちが頻繁に議論している。これは中国メディアが「日本の右傾化」を煽り、「日中の開戦も遠くない」と報じていることが影響していると考えられる。 (編集担当:畠山栄)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中国人のこういう態度には今さら驚きませんが、
日中友好とか米軍反対派、護憲派が
これを読んでどう思うのか聞いてみたいものです。
「一部の人の発言」で済ませるんでしょうか?

最近「日本の女性はお金持ちの中国人と結婚したがっている」
という妄想記事もネット上では見かけます。
お嫁さん不足で困ってるみたいですね。
独身の方、狙われていますので気をつけてください。


拾い物ですが、参考までにこれもどうぞ↓

<中国による戦後の周辺諸国への侵略と占領等>
 1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中(テロで抵抗)
 1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺
 1950年 朝鮮戦争参戦
 1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
 1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
 1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
 1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
 1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
 1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
 1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
 1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
 1989年 天安門事件
 1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
 1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
 1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
 1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
 1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
 2000年 中国の軍艦が日本列島を一周
 2005年 反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
 2005年 台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
 2005年 沖縄は歴史的に中国のものと主張
 2007年 チベット暴動制圧
 2008年 韓国の離於島の領有を宣言
 2008年 日本の尖閣諸島領域の管轄を強化する。実行支配が重要と表明


そしてどうしても途中で停止ボタンを押してしまうこの動画…

【明日の沖縄 ウイグル 漢民族に集団暴行されるウイグル少年 ラビア議長のコメント】



たとえ一部の人間であってもこんなのがいるうえに
中国という国が、そもそも進んで他国の平穏を
乱そうとしているのだから友好なんてごめんだ、
と私は思うのですが

昨日(8月28日)の読売新聞朝刊・教育面に
「教育ルネサンス 異文化体験(4) 地理的近さが育む友好」
という記事が出ていました。

ウェブ版でも掲載されるのかな?(出たら全文引用します)
とりあえず昨日の回を簡潔にまとめると
韓国・中国の文化に触れて異文化に親しもう、
日韓・日中友好は、まずは親しみから…
と子供に促している、という内容でした。


そりゃあ、他所の国と仲良くするのは大事なことです。
それが隣国であればなおさらです。
何もむやみやたらに敵対視しろ、とはいいません。

ただそれはあくまで理想であり、理想を求めるがあまりに
現実を直視することを避けていいのだろうか、と思うのです。

中国・韓国がわが国の領土を侵している/侵そうとしているのは
間違いなく事実であり、反日教育を施していることも事実です。

d0309182_22175167.jpg
d0309182_22181081.jpg
d0309182_22183384.jpg


子供にこんな絵を描かせている国です。
日本の学校でこんなことをしますか?
日本の国会議員が他国の国旗を踏みつけるなんてしますか?

取るに足りない些細な欠点なら別にいいんです。
でも「反日」は「些細な欠点」では済まされません。
下手をすれば我が身を危険に晒すことになるんです。

良い面・悪い面の両方を教えた上で、判断材料が
きちんと出揃った上での決断ならとやかく言えません。

しかし十分な情報を与えずに、いい面だけを見せて興味を持たせる。
それは果たして教育者として正しいことだといえるのか?
偏った情報に基づいた「友好」は本当に「友好」なのか?

そもそも相手は日本人とは違う価値観の民族だ、
と教えることだって「異文化体験」でしょう。
欧米諸国に対してはそういう価値観の違いにも触れるのに
どうしてこの二カ国になると、問答無用で「同じアジア人」という
くくりにしてしまうんでしょうね。


先述の読売の記事に出てきた「福岡国際交流協会」は
「政治的な課題があるからこそ交流の大切さを伝えたい」
と語ったそうです。

また読売新聞はこの記事を
「グローバル時代はこうした草の根活動から開かれるのかもしれない。」
とまとめていました。

そうでしょうか。
「政治的な課題」がなぜ生じているかを無視して
真の交流などできるわけがないでしょう。
上辺だけ取り繕った交流にいったい何の意味があるのか。


そして同じく記事に出てきた「日韓友好の拠点」であるらしい
佐賀県唐津市の名護屋城博物館

以前読んだものを思い出しました。


私がいつも勉強させていただいているブログ「ジャックの談話室」様の
【今、地方が危ない!】という記事です。
(ジャック様、無断で申し訳ありません。)

ちなみに私が「在特会」の存在をはっきりと知ったのも
この方のブログがきっかけでした。


こちらのブログ主様の記事を読んでいただければわかりますが
この博物館は「日韓友好」どころか「日本征服」の拠点です。


博物館のサイトを見ても、韓国目線であることが窺えます。
こんなところで行われる「日韓友好」がどんなものなのか…
それは本当に健全な「友好」なのでしょうか。

韓国や中国にとって都合のいい「友好」は
日本にとっても「友好」たりえるのか。
この読売の記事はそういうところにまったく触れていません。


そもそもどうしたって価値観が違うのだから
その点を理解しようとしないで「友好」を謳ったところで
勘違いの上に勘違いを重ねるだけでなんにもならない。

下記の記事を読んでなおさらその思いを強くしました。
政治的な課題の前に、民族としての価値観が違うのだから
個人間でも国家間でも対立してしまうんだ、と
なぜ教えないのでしょう。


【中国ブログ】中国人が語る「日本人が靖国神社に参拝する理由」
サーチナ 2013.8.28  
中国や韓国などは日本の政治家らによる靖国神社参拝について、「A級戦犯への参拝」、「軍国主義の復活」などと非難している。

そもそも日本人が靖国神社へ参拝するのは、戦没者をはじめ日本のために身を捧げた人びとの追悼にあり、中韓の主張は論点がずれてしまっている。

一方、中国人の目には“日本人が靖国神社に参拝する理由”はどのように映るのだろうか。
中国人ブロガーの法自然(ハンドルネーム)さんは、自身のブログで“日本人が靖国神社に参拝する理由”について独自の主張を展開した。

筆者はまず「中国人はなぜ日本人の立場から靖国問題を見ないのか?」と問いかけたうえで持論を展開。
筆者の考察によれば、日本人が靖国神社へ参拝するのは「日本人が自らを優秀な民族だと勘違いしていること」に根本的な原因があるのだという。

さらに筆者の主張は続き、日本人は“自分たちがこんなに優秀なのに、小さな島国で資源もなく地震があるのはお天道様のせいだと思い込んでいる”とし、「中国やベトナムなど、土地も資源も豊富な国に対して、民度が低いのに資源を持つ資格などない、日本こそ資格があると思っているのだ」と綴った。

筆者によれば、日本人は“上述のような思考がある”ため、「侵略・征服・略奪を行ってきた」のであり、さらに「戦犯は日本のために戦死したゆえに軍神とみなされている」と結論づけた。

なかなか理解し難い筆者の主張だが、反日感情を持つ多くの中国人は筆者と似たような考え方を持っていると思っても差し支えないだろう。

これは中国メディアの影響とも思われるが、日本人が靖国神社へ参拝する目的を正しく中国側に伝えない限りは、いつまでたっても平行線のままであろう。 (編集担当:畠山栄)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然わかってない。
本当に友好関係を築きたいのならこのあたりの誤解や思い込みを
解くことから始めないと意味ないですよ。聞く耳を持てば、ですが。

そして結局は「反日教育」という政策もひとつの原因となって
ここまでこじれているのに「政治的な課題はともかく民間で」
なんていうのはトンチンカンにも程があります。
(関連事項として次は対馬の件と尾道について触れます。)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-29 22:53 | 中国・韓国