フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

浅田真央 「シュニトケのタンゴ」

※す… すみませんっ!
 「シュニトケ」が「シュトニケ」になってました…
 訂正しました~。



2010-2011シーズンの真央ちゃんのSPは
タラソワ先生振付の「タンゴ」(シュニトケのタンゴ)でした。

このSPは衣装がよく変わりましたが
(残念すぎる衣装もありました… )
私は四大陸(↓これですね)の時の衣装が一番好きでした。

d0309182_14392358.jpg

d0309182_14335731.jpg

こっち(↑NHK杯のときかな)も胸の部分以外は良かったのに…


【浅田真央 四大陸選手権 2011 SP Mao Asada 4CC 2011 SP】

(動画主様、お借りしました)

ジャンプ着地後にくるっと振り返るところや
片足掴んだツイズルとか、足ナデナデ(笑)とか、
私は結構好きなプロだけど、あんまり評判良くなかった??かしら。

こうしてみると、ジャンプ矯正を始めたシーズンでまだ波があるし、
曲を「表現する」というところには到達していないように思いますが
それでも全然手抜きをしていないのがすごいですね。

もう勝つことが(世間にとっては)当たり前になっていた真央ちゃんが、
自分を勝たせてきた技術をすべて捨てて、
一からやり直すというのはどんなに大変だったんだろう。

しかもやり直したところで、それがうまくいくかどうかは
誰にもわからないんですから。
答えのない道に進むというのは怖いことだと思います。
ある程度見通しができていればまだしも…。

成功する保障はありませんものね。
しかも4年後のソチに間に合うかどうかもわからない。

試合で転び続ける真央ちゃんを見るのは辛かった…。
そしてマスコミがジャンプ矯正中であることや、
なぜ矯正しているのかをほとんど伝えないまま
「不振」を煽るやり方にも腹が立ちました。


ファンは悲痛な思いで見守っていました。
そんな思いが爆発したのがこの時だったと思います。

【Mao ASADA - All-Japan championship 2010 SP】

(動画主様、お借りしました)

この時の演技はよかった。
私も泣きながら見ていたような記憶があります。
やっと道筋が見えてきた!という希望と安堵の気持ちが
真央ちゃんの笑顔と観客のスタオベに現れていますね。


あれからあっという間に月日は流れ、
もうソチ五輪は目の前です。

今真央ちゃんの演技から「自信」が感じられるのは
あの時の決断は間違っていなかった!と
すべてを捨てて取り組んで築いてきたものに、
自分でも手ごたえを感じているからではないでしょうか。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-07 14:52 | 真央ちゃん