フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

浅田真央 「愛の夢」

二週間後にはジャパンオープンです。
チケット取れましたので行きますよ~☆
真央ちゃんはもちろんのこと、
大輔君をライブで見られることや
「あの」スルツカヤの出場!が楽しみです。


で、久しぶりにまた見ました。
真央ちゃんの「愛の夢」を。

ジャンプの矯正中だったので
試合やシーズンによって振付が少しずつ違いますよね。
この試合のこの演技・振付が好き!
というのが皆さんもきっとあるでしょうね。

私が好きなのはこの二つかなあ。
(ちなみに衣装は上の動画の長袖のほうが好きです。)

↓これは2010-2011シーズン 四大陸選手権での演技。
 真央ちゃんの成績は2位でしたね。

Feb 2011 Mao Asada 浅田真央 FS 【愛の夢】

(動画主様、お借りしました。)

ツー、と前に滑って一度止まり、
今度は後ろ向きにスー、と滑る
この出だしが好きです。
(なんというピンポイント!)

それとこの↓四大陸も良かったなー。
2011-2012年シーズン 四大陸選手権の演技。
真央ちゃんは2位でした。

Mao ASADA 4CC 2012 FS


後半(3分50秒あたり?)のタタタ!と走るところなんか
真央ちゃんのバックに大きな淡いピンクのバラが飛んでます。
(のように見える。)

それにしてもなんて優雅なステップ!

タラソワプロはとてもドラマチックで高尚で、
叩くとカツン、と高音が響いてきそうなイメージですが
ローリープロは柔らかくて温かくて
見ている人が穏やかな気持ちになる。
そんなイメージです。
「愛の夢」はとくにそうです。

これを見ているとじわじわと胸に来るものがあります。

なんて「真央ちゃん」なプロなんだろう。
私は真央ちゃん以上に「愛の夢」を表現できる
スケーターが思い浮かびません。
(あ、でも今井遥ちゃんは似合いそうだわ…。)

ロシアのアデリーナちゃんが10-11シーズンのフリーで
「愛の夢」をやっていましたが…
残念ながら全体的に「直線」的で「力強い」印象を受けるんですよね。
もうちょっと柔らかさがほしいな…と思いました。
→ 2011 COC Adelina Sotnikova LP B ESP



試合が進むにつれて、真央ちゃんのジャンプも形が見えてきて
「愛の夢」を徐々に自分のものにしていった。
11-12シーズンでは出た試合はすべて表彰台。
この流れのままワールドも、と思っていました。
ところがワールドでは6位…。

このワールドを見たあと、非常に心配したことを覚えています。
というのもこの試合で真央ちゃんはSP4位と少し出遅れました。
でもどんなにSPでミスがあっても、必ずFSで挽回してきました。
今回もきっとそうだろう。
必ずフリーでは真央ちゃんの演技を見せてくれるだろう、と思っていました。

しかしそうはなりませんでした。
なんだか真央ちゃんらしくない、と思ったものです。

後に「初めてスケートをやめたいと思った」という話を聞きました。
お母様を亡くされたことも無関係ではなかったでしょう。

「愛の夢」は優しくて甘い香りがするけれど、
それはその下にある哀しみを隠しているからこそ
際立つのだろう、と思います。

d0309182_22131364.jpg



そういえば!(って今さらですが)
真央ちゃんのプログラム曲を集めた
「浅田真央 スケーティングミュージック 2013-2014」
が10月2日に発売されますね。

今回のCDは過去に使用した曲も入るらしいのですが…
ざっくり書いてあるだけで詳細がわかりませんでした。

ま、どちらにしろ買うのでいいんですけどね^^;


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-23 22:14 | 真央ちゃん