フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

真央ちゃん、最後のシーズンへ

先日の「Going」の真央ちゃんのインタビュー、
皆様ご覧になりました?
私はうっかりしていて見逃したのですが、
コメント欄にてぽぽこ様から動画を教えていただきました!
(ぽぽこ様、ありがとうございます☆)

私のように見逃した方もいらっしゃると思いますので
動画をご紹介します。(動画主様、お借りします。)
7分半くらいからジャンプが見られます。


【浅田真央(mao asada) 23歳の素顔 ~ そしてソチへの秘策とは!? 】


私、この動画を見てびっくりしました。
真央ちゃんのジャンプが… ジャンプが!
なに!?この軽やかなジャンプ!

ジャンプ前の「タメ」が全然なく、ふわっと軽く跳んでいます。
あれは3アクセルですよね!?
力みが全然無い…。

3-3のコンビもキレイ…
あとは試合で決められるかどうかですが…
今の真央ちゃんならきっと大丈夫です。
自信を持って跳んでほしい。

動画をゆっくり見る時間のない方もいらっしゃると思うので、
インタビューの部分だけですが
キャプチャも貼っておきます☆

d0309182_2273077.jpg
d0309182_2275332.jpg
d0309182_228235.jpg
d0309182_2281830.jpg
d0309182_2283710.jpg
d0309182_2284951.jpg
d0309182_2285595.jpg
d0309182_2291025.jpg
d0309182_2293481.jpg
d0309182_2294550.jpg
d0309182_2295360.jpg


インタビューを聞く限り、やはり真央ちゃんには
「今期限り」という意識がかなり強いことが窺えます。

逃げ道を作らないんですね。
真央ちゃんらしいです。

8トリプル宣言も3アクセルを序盤から入れていく作戦も
誰にも言わずにおけばどうにでもなるのに
ハードルを自ら上げて追い込んでいくんですね。

でも迷いがあるとうまくいくはずのものも、
うまくいかなくなったりするので
逆にそのほうがいいのかもしれません。

そもそも4年前に抱えていた「ジャンプへの不安」が
五輪でより明確になり、それをこの3年で克服してきたという自信が
今期の真央ちゃんにとっては何よりの「強み」だと思います。

4年前、得意のはずのアクセルも「これでいいのかな」と迷い、
不安ゆえにたくさん練習するけれど
きちんと見てくれるジャンプコーチもないままに
試合ではエラーや回転不足の嵐…。

あの時の真央ちゃんは、暗闇の中をただひたすら
ひとりで彷徨っている状態だったのではないかと思います。

今は信頼できるコーチもいるし、
自分でもジャンプに手応えを感じていると
言えるところまで来ました。

この3年間、恐怖や苦しみから真央ちゃんは逃げなかった。
いつもきちんと正面から向き合い、ごまかさなかった。

だからこそ私はよりいっそう真央ちゃんを応援するのです。
彼女が「勝てる」選手だから応援するのではありません。

人間がつい流されがちな「安易な道」を決して選ばず
「恐怖」からも逃げずに毅然と戦う姿に心を打たれ、
憧れるとともに尊敬し、応援せずにはいられません。

だから彼女が望むように悔いなく、満足して
子供の頃からの夢であった五輪を終えられるよう、
その努力が実るよう応援したくなるのです。


しかし何より最大の理由は
「笑顔」がたまらなく可愛いいから

あの笑顔が見たい。
笑顔になってほしい。
それだけです。



がんばれ!真央ちゃん!!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-01 00:44 | 真央ちゃん