フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

「誇りある日本」を取り戻す


この件取り上げるのが遅くなってしまいましたが…
年始からガースーがビシィイっと言ってくれてましたね!
きゃー!さすが!

1月3日付読売新聞朝刊の4面
「2014 新春対談 (中)」と題する橋本五郎氏との対談での発言。

------以下、該当箇所のみ抜粋-----

橋本: 日中、日韓関係をどうするか。私は関係悪化の多くの原因は相手の国にあると思っていますが、過去の問題もあり、日本が耐える必要があります。国家安全保障局(日本版NSC事務局)の初代局長に内定している谷内(やち)正太郎内閣官房参与が言う「戦略的忍耐」 が必要です。

菅 : 中国、韓国とは日本の立場を捨ててまで首脳会談をやる必要はありません
対話の窓は日本は常にオープンというのが基本姿勢。特に中国は来日観光客が一挙に増えており、自然体で交渉を進め、時期が来たら首脳会談と思っています。

------------------


この対談によると、
ガースーは朝5時頃に起きて1時間かけて新聞やニュースを見て
朝7時頃にホテルで政治家やマスコミの人たちと(情報収集のため)食事をし、
会合があっても夜10時には帰宅し、12時には寝るようにしている。
とのことでした。
あ、あと「参謀型」の官房長官でありたいそうです。
(以上、ガースーファンのための情報でした ^^)

はーー。
忙しいですね、官房長官って。
今年もどうか安倍総理を支えてください。
お願いします。


そして下は、フィギュア界の<裸の女王>に衝撃を受けたせいで
アップするのがのびのびになってしまった安倍総理の年頭所感。

【安倍内閣総理大臣 平成26年 年頭所感】(首相官邸HPより)
新年あけましておめでとうございます。

1年前。

遅れる復興、長引くデフレと経済の低迷、主権への相次ぐ挑発、そして、教育の危機。就任6日で迎えた元旦は、みなぎる意欲と使命感の一方で、重責への緊張感でいっぱいであったことを思い出します。

それから1年。

経済政策の大転換、TPP交渉への参加、震災復興の立て直し、オリンピック・パラリンピックの誘致、消費税。さらには、NSC(国家安全保障会議)と国家安全保障戦略を新たに創り、防衛大綱を見直す。「決断」と「行動」の365日は、長く厳しい道のりでありました。

しかし、「強い日本」を取り戻す戦いは、始まったばかり。今後も、長く厳しい道のりを、緊張感を持って進んで行く覚悟を、一年の始まりにあたって、新たにしています。

大震災から3度目の元旦となる本日も、避難生活の中で迎える方がまだまだいらっしゃいます。住宅再建を進め、次の元旦こそは、できるだけ多くの方に、新たな住まいで迎えていただきたい。東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策を着実に進め、原発事故により避難生活を余儀なくされている福島の皆さんにも、一日も早く普通の生活に戻っていただきたい。

その思いで、復興をさらに加速させてまいります。

日本経済は、「三本の矢」により、マイナスからプラスへと大きく転換しました。しかし、20年近くにわたってこびりついた「デフレ」からの脱却は、いまだ道半ば。「強い経済」を取り戻すべく、引き続き、全力で取り組んでまいります。

その目指すところは、頑張る人たちの雇用を拡大し、収入を増やすことです。景気回復の実感を、中小企業・小規模事業者の皆さんをはじめ、全国津々浦々にまで、必ずやお届けしてまいります。

一年の計は、穀を樹うるに如くはなく、
十年の計は、木を樹うるに如くはなく、
終身の計は、人を樹うるに如くはなし。

中国の春秋時代、名宰相と呼ばれた管仲の言葉です。

目先の課題への対応も重要ですが、十年先、百年先の日本の未来を切り拓いていくことも、忘れてはなりません。そして、そのためには、小手先の対応ではなく、将来のあるべき姿を見定めた、真の改革が必要です。

相互依存を深める世界において、内向きな発想では、もはや日本の平和を守ることはできません。日本が、これまで以上に、世界の平和と安定に積極的な役割を果たす。この「積極的平和主義」こそが、我が国が背負うべき「21世紀の看板」であると、私は確信いたします。

国民の生命と財産、日本の領土・領海・領空は、断固として守り抜く。そのための基盤を整えてまいります

人づくりこそは、「終身の計」。日本に生まれたことに誇りを持ち、高い学力と豊かな人間性を兼ね備えた人材を育んでいく。そのための教育再生を、着実に実行してまいります


さらに、「国のかたち」を表す憲法についても、制定から68年になろうとする今、時代の変化を捉えた改正に向けて、国民的な議論をさらに深めていくべきであると考えています。

昭和26年の元旦。振り返れば、日本は、いまだ占領下にありました。その年に結ばれた、サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約から、戦後「日本」の歩みが始まりました。

そして、平成26年の元旦。現代の私たちもまた、日本の「新しい国づくり」に向けて、大きな一歩を踏み出すべき時です。

戦後以来の大改革を進めるのは、簡単なことではないでしょう。もとより、困難は、承知の上です。

しかし、今あるのは、未来への希望です。なぜなら、先の総選挙と昨年の参議院選挙において、国民の皆さんの力によって、政治が大きく変わったからです。そして、経済も変わりました。さらに、社会も変わりつつあります。

国民の皆さんには、その「力」がある。私は、国民の皆さんと共であれば、いかなる困難も乗り越えられる。「誇りある日本」を取り戻すことができる。新年のスタートにあたって、改めて、そう思います。


最後に、国民の皆さんの一層の御理解と御支援をお願い申し上げるとともに、本年が、皆さん一人ひとりにとって、実り多き素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

平成26年1月1日
内閣総理大臣 安倍晋三


・・・・・・・・・・・・・・・・・


赤字にしたところは私が強く反応した部分です。

安倍総理も仰っていますが、最終的にものを言うのは
「人の力」ですよね。

どんなに便利な機械ができても、素晴らしいルールができても
それを使う人間にうまく使いこなす能力がなければ
単なる宝の持ち腐れです。

国土が狭く、資源も少なく、小さな島国である日本に必要なのは
「ひとりひとりの能力の高さ」です。
しかし卑屈になっていたら力は発揮できません。


先日プリントゴッコで有名な「RISO(理想科学工業)」の
印刷機誕生秘話を扱った番組(NHK)を見ていたら
「指にインクがついて汚れるというのなら、つかないものを作ればいい」
「○○ができないのなら、できるようにすればいい」
当時の社長・羽山昇氏がそう話していたシーンがありました。

大切なのはその精神なんですよね、きっと。
「今」できなくても、できるようにすればいい。

そして「私はまだ頑張れる」「まだまだ上を目指せる」という気概。
その気概を作るのが「日本人である」という誇りと自信。

だって私たちはこの国をここまで作ってきたご先祖様たちの子孫だから。
ご先祖様にできて、私たちにできないことはないはず。

でも自国の歴史を知らなければそれすらわからない。
どれだけ立派な人がいて、どれだけ素晴らしい業績を残したのか、
また成功するまでにどれだけ失敗してきたのか。

それがわからなければ御先祖様の知恵に学ぶことも反省を生かすことも、
誇りを継承することも出来ない。


だから「教育」は大切なんだと思います。
算数や英語などで「できるようになる」ことの喜びを蓄積しながら
歴史などで「過去の偉人・偉業」を学び、未来に生かす。
両方必要なことです。
(そういえば日本史を必修科目にするそうですね。
当たり前ですよね。大賛成です。)


国民ひとりひとりの一歩によってかえることができる。
安倍総理はそのことを国民に思い出させてくれました。

消費税増税する4月前後からがまた正念場でしょう。
マスコミのバッシングが酷くなるでしょう。
こちらも気を抜かず、しっかり戦いましょう!


そして・・・
グレンデール市の慰安像撤去を求める署名活動、
昨日で目標の10万筆を突破しました!
すごい!!!

正直に言って、10万なんてなかなか届かないよね…。
ギリギリ届くかどうか…だと思っていました。


しかしまだまだ気を緩めてはなりません。
ざっと見ただけでもアチラ側による明らかな無効票がたくさん
ありましたから、期限までできるだけ多くの署名が欲しいところです。
まだの方はぜひよろしくお願いいたします。
→ 【テキサス親父】悪意の偽装品・粗悪品に注意して下さい!

慰安婦像を「守ろうとする」署名活動がアチラサイドで始まったそうです。
間違えてそちらに署名しないよう、警告が出ていますのでお気をつけください。
署名方法や署名先、類似品への注意など詳細は上記リンク先にまとめてあります。


<おまけ>
昨日の安倍総理の記者会見です。(首相官邸HP)
→ 平成26年1月6日安倍内閣総理大臣年頭記者会見

<おまけ2>
そーいえば!
都知事選に田母神さんが立候補されるそうですね!
うおおおおお!

午後行われた会見みましたけど、支持者の顔ぶれがあ!
それはそれはすごいメンツが揃いまくってましたよ。

石原さんに平沼議員、中山成彬議員、小堀桂一郎氏に
石平さん、三宅博議員、三橋貴明さん、
すぎやまこういちさん
(子供の頃ドラクエの曲弾いて遊んでました!ドラクエやったことないのにw)
などなどなど・・・


10年、いや5年前からは想像できません、この流れ。


まあネットやらない層には「田母神?誰それ?」でしょうし、
(その前に「なんて読むの?」でしょうね ^^;)
知ってても「なんか過激で怖い人」なイメージでしょうし、
「政治経験ないのにどーなの?」と言い出す人もいますし、
うまーく拡散したいところ。

これについてはまた別記事で。



最後に今日見つけた、いい写真。
首相官邸FBよりお借りしました。
d0309182_22564961.jpg



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-07 23:02 | 日本