フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

「韓国ラブ」な都知事なんて嫌だ

新聞報道などで
都知事選は舛添氏がリード!と出ていますが…

舛添さんねえ。

ネットでは帰化人だとかいろいろ言われていますが
一応「舛添家」は先祖代々日本人の家系らしいですね。

それも含めてネットで話題になっていたので
氏の著書『私の原点、そして誓い』を読んでみました。

お母様が認知症になってからの介護のあれこれを
書いたものですが、それに舛添家のルーツについても
少し触れている個所があります。

例の、お父様が選挙に立候補した時の
「ハングルでルビ」
の一件も出てきました。

以下、同書の125~129ページから抜粋しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前から、お隣の韓国の京幾道の知事さんが、一度訪ねてきてはどうかと言ってくださいましたので、ご厚意に甘えることにしました。舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く、あとで紹介しますが、私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです

そんな縁で、私自身もハングルの勉強に励んでいますし、韓国への造詣を深めることに喜びを感じています私は韓国には何度も足を運んでいますが、妻を連れて行って、二人で韓国文化の素晴らしさに直接触れることができるのは、また格別です。

(中略)

あのときの旅ほど、韓国の友人たちの心温まるもてなしを嬉しく思ったことはありません。韓国の方々の、目上を敬い、両親、そして祖先を敬愛する思いやりの心には、今の日本人は見習う必要があります。特に、「オモニ(母)」への情は、日本人よりも韓国人のほうが強く、私の母への想いも、彼らのほうがよくわかってくれるような気がします。

歴史の一時期の不幸な体験を乗り越えて、この隣国同士がもっと相互に理解を深めていくことを望まずにはおれません。特に若い世代に、このことを期待したいと思います。福岡を起点に考えるとソウルのほうが東京より近いのです

ある日、全羅道に行って全州で食事をしたとき、これはどこかで食べたことがあると、なつかしくなったものがあります。それはイカなどの海産物を煮付けたものでしたが、よく考えると、小学生のこと母が作ってくれた夕ご飯のおかずの味でした。
 
(中略)

おふくろの味を韓国南部の家庭料理のなかに発見するとは思ってもいませんでした。


・・・・・・・・・・・・・


私はこれを読んでゾッとしました。
こういう意識が根底にある人が都知事になったら…

 「日本における日本人差別」を除去する動きは
思うように進まないでしょう

安倍内閣がどんなに頑張っても首都が足を引っ張るでしょう。

でもこのあたりのことを「非ネットユーザー」に
理解してもらうのは難しいでしょうね…。


「母親がアチラの人」という噂が出たのもこれでわかりました。
事実はどうだか知りませんが。




舛添氏はお母様の介護経験をもとに
都政でも福祉の充実を!と訴えていますが、
私はこの本を読んで、この人本当に介護したのかな?と
逆に疑問を覚えました。



週に一度の介護、年に3回も海外旅行・・・。
(注 お母様は九州、舛添氏は東京在住。
だから週末だけ帰って介護していたとのこと。
完全在宅介護ではなく、老健&在宅の介護だったそうです。)

それで「介護の経験」ねえ。


私の実家も祖母が認知症になり、家族で(といってもほとんど母ですが)
数年間自宅で介護しましたが、旅行どころか買い物もままなりませんでしたし、
同じように週に一度だけ顔を出す親戚がいましたが、
そういう人に「介護したぜ!」と言われたら「あんたふざけてんのか!」と
怒鳴りつけたくなりますよ。


なんというか、全体的に
勝手だな」という印象を受けました。

お母様を温泉に連れていくくだりとか、
お母様の介護のために家を建てたくだりとか…

もし
「舛添さんは介護についてもよくわかってる!
福祉政策について期待できる!」と
思っている方がいらっしゃいましたら
一度この本を読んでみることをお勧めします。

とくに介護経験のある方は
私の覚えた「違和感」をわかってくださるだろうと思います。



ま、そもそも介護云々の前に
「韓国ラブ!」な時点で「ダメ!絶対!!」ですけど。


ちなみに・・

d0309182_22402675.jpg


このように舛添氏は「女性は生理があるから…」
と言ったってあるんですが、本当ですか?
ソースがわからないのでめったなことは言えませんが。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-03 23:14 | 日本