蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

安倍さん強し! 百田さんノリノリ


ソチ五輪・フィギュアが始まってしまったために
下書きしたまま放置され、アップするタイミングを逃してしまいました^^;

安倍総理の余裕っぷりが頼もしい・嬉しい、という記事です。
第一次安倍内閣の頃とは時代が変わりましたね。


首相「人間のくずと報道されても気にしない」 予算委
朝日 2014年2月12日11時41分
安倍晋三首相は12日午前の衆院予算委員会で、NHK経営委員で作家の百田尚樹氏が東京都知事選の特定候補の応援演説で他候補を「人間のくず」と呼んだことについて、「ある夕刊紙は私のことをほぼ毎日のように『人間のくず』と報道しておりますが、私は別に気にしませんけどね」と笑いながら答弁した。閣僚の一部からも笑いがもれた。

首相はその上で「経営委員が個人的に行ったものについて、政府としてコメントすべきではないと考えている」と答弁した。

民主党の大串博志氏が「任命した首相として何らかの責任を感じないのか」と質問したのに答えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして百田尚樹さんに韓国メディアが噛みついています。

NHKの安倍首相側近「竹島の番組」制作圧力
中央日報(日本語版)2014.2.10
最近「南京大虐殺はなかった」という妄言を吐いた百田尚樹NHK経営委員が独島(ドクト、日本名・竹島)や在日韓国人、靖国神社や東京裁判などに関する番組制作を経営委員会に提案したことが9日確認された。

彼をはじめとして安倍晋三首相が落下傘として投入した経営委員の妄言が論議を生んでいる中で、今後、公営放送NHKの具体的な番組制作にもこれらの右翼指向が反映されかねないという憂慮が広がっている。経営委員会はNHK会長を選出して予算や主な事業を決める最高意志決定機構だ。

NHKホームページに公開された1月14日の経営委員会会議録によれば、百田氏は2014年度の国内放送番組編成計画に対する議論の途中でマイクをもった。「歴史的課題を含めて今の日本が直面している色々な課題について知らせる番組があればいいのではないか。例えば尖閣や竹島問題、または靖国神社についての極東軍事裁判や在日朝鮮人・韓国人に関することなど色々な意見がある渦中に、多くの人が自身の考えを持つだけで知識を得る機会がないのが現実だ。公共放送として日本が抱いている色々な問題や歴史について最低限の知識を伝える番組があってもいいのではないだろうか…」。

作家である彼は3日、東京都知事選挙に出馬した右翼候補の支持遊説で「日本が南京大虐殺を犯したと中国が宣伝したが世界は無視した。そんなことがなかったためだ」 「(広島と長崎の)原爆投下は爆弾の威力を確認するための人体実験であり大虐殺、東京裁判は大虐殺をもみ消すための裁判」と話して波紋を呼んだ。1月14日、経営委員会の席上では詳しく言及しなかったが、彼が作ろうという番組の方向性がどのようなものかは自明だ。

百田氏の発言以後、会議では「経営委員が個別的な放送番組に関与することはありうるのか」に対する論議がおきた。そして次に長谷川三千子・経営委員が出てきた。哲学者であり埼玉大学名誉教授の彼女も安倍首相との親密な縁で任命された。20年前、朝日新聞で拳銃自殺した右翼団体会長について「彼の死によって我が国の陛下は再び生きている神になられた」として追慕する文を昨年10月に書いたことが最近明らかになって物議をかもした。

長谷川氏は「百田委員がおっしゃったことはNHKの大きな事業計画において重要な指摘」としながら「NHKの目標である公正・公平と同時に、視聴者たちに正確な情報を伝える啓蒙も重要だ」と相槌を打った。さらに「百田委員の話が現実的には難しいとしても目標としては考えてほしい」とNHK役員に要請した

AP通信は「(会議録の内容は)本人の否定にもかかわらず安倍首相が国粋主義的アジェンダを広報するために日本のニュース業界の巨人(NHK)を利用しようとするという疑いを後押ししている」と批判した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中央日報の記事になっている、
NHKのHPに掲載されている1月14日の議事録
というのはこちらです。
→ 【日本放送協会第1205回経営委員会議事録(平成26年1月14日開催分)】


中央日報はきちんと百田さんの言葉を引用しているにも関わらず、
どうしてこうねじ曲がった解釈になるのかわかりませんが、
百田さんは何も自分の(韓国のいうところの「右翼的な」)
考えを押し付ける番組を作れ!といっているのではなく、
いろいろな人の意見を、考え方を知ることのできる、
多角的な番組を作るべきだ、と言っているんですよね?

またそれに賛同した長谷川先生も
ホットな話題に関して世の中には正反対の意見がありますので、正確で公正な番組を作るのは非常に難しいことだと思います。どうすれば正しい啓蒙になるのかについては、火中の栗を拾うようなところがありますので、さわらぬ神にたたりなしということもあると思います。正しい国民的議論を引き起こすためにシンプルで正確な事実を伝えることは、教育という目標からも大切なことだと思います


こう仰っているわけで、
わざとかどうか知りませんが、中央日報の記事は微妙にニュアンスが違います。
だからAP通信の
安倍首相が国粋主義的アジェンダを広報するために日本のニュース業界の巨人(NHK)を利用しようとするという


というのも(これもAP通信が書いたとおりに載せていると仮定して、ですが)
この疑いが一体どこからでてくるのかさっぱりわかりません。


どこの国だって報道機関は事実をシンプルに報道し、
そのうえで国民は自分の考えを持つべきだと思うのですが
韓国は一体なにをそんなに恐れているのでしょう??



それにしても百田さんのツイッターは面白いですね。
実に爽快です。
無駄で曖昧な言葉が一切なく、スパッとズバッと論点に切り込んでいく。

リズムがよくて相手の痛いところを的確についてくるのはさすが。
百田さんに喧嘩を吹っ掛けた相手は、
尻尾を巻いて逃げるしかないですね。

とくに民主党のように頭の巡りの悪い人たちの集まりでは、
百田さんに手も足も出ないでしょう。

この通り、百田さんはノリノリです。
d0309182_910121.jpg
d0309182_9103499.jpg



いち国民としてはぜひ参考人招致、してほしかった。
面白い画が撮れたと思うんですけどね(笑)


ところで・・・。
田母神さんが都知事選に破れたことですが。
落選を知った時は私もとても残念で仕方がありませんでしたが、
実はそこまで落胆はしていません

なぜか。

まあちょっと考えてみてください。
これが5年前だったら??
田母神さんが5年前に選挙(地方選でも国政選でも)に
立候補したとして、これほどまでに票が集まったでしょうか?

一般への知名度がほとんどなく、テレビでも大きく取り上げられず、
組織票もなく、あの論文によって「危険な極右」というレッテルを張られた
田母神さんに60万票も入ったんです。

つまり田母神さんに投票した人のほとんどが
マスメディアの宣伝や知名度に惑わされず、
自分で直に情報を集めて(ネットや街頭演説で)「この人なら」と判断し、
その結果集まったのが60万票だったのです。

少なくとも都内だけでも60万人の人が
田母神さんを支持しているということですよね?
(もちろん人によって全面支持か否かは違いますが)

私は本当に時代は変わったんだと思いました。


私は10代の小娘のころ(ざっと20年前?)から今とほぼ同じような
政治的思想の持ち主でしたが、そんな人は家族以外は皆無でした。

「日本人としての誇り」「日本のために」「日本はいい国」
そんなことを言おうものなら「ちょっとイタイ人」という
雰囲気でしたよね、世の中全体的に。

それが今はどうでしょう。
田母神さんのようにはっきりと「日本は素晴らしい国だ」といい、
日本人としての誇りを語る人を支持する人がこんなにたくさんいる。

そもそも田母神さんが選挙に立候補できる状況に
なったことが、もはや「かつての日本」ではない証拠です。
数年前ならそれこそキワモノ扱いで無視されていたでしょうから。

時代は変わったんです。

だから私は今、とっても嬉しいのです。
どんなに探してもなかなか見つからなかった
「日本人として」の思いを共有できる仲間たちが、
こんなにたくさんいることがわかって。


だから悲観することはまったくありません。

安倍総理がこんなにも生き生きと余裕の答弁ができるのも、
百田さんがマスコミのバッシングに潰されないのも
それを支持する国民がたくさんいて、さらにその応援の声が
安倍総理たち本人にきちんと伝わっているからです。

田母神さんに60万票入った、という事実も
今後の政治にかなり影響するだろうと思います。

下記のロイターの伝える、
安倍総理の「移民の件は国民との間で決める」
という件も、それのひとつだと思います。


移民受け入れの是非、国民的議論を経て検討すべき=安倍首相ロイター 2014.2.13
安倍晋三首相は13日午前の衆議院予算委員会で、日本の人口減少への対応として将来的に移民を受け入れるかどうかについて、

「わが国の将来のかたちや国民生活全体に関する問題として、国民的議論を経たうえで多様な角度から検討していく必要がある」との認識を示した。

古川元久委員(民主)の質問に答えた。

安倍首相はまた「人口減少は、労働力人口の減少や消費者の減少を通じ、日本の成長力に影を落とす」と指摘したうえで、 「わが国の強みを生かし、アジア・太平洋地域の成長する市場を取り込むことが重要だ」
との考えを示した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民的議論で決める=移民を進めたい経済界だけでは決めないよ
ということでしょう。


もう反日売国勢力の好き勝手にできる時代は終わったんです。
しかしだからこそ、私たちは「自分の頭で考え、判断する」力をもっと
身につけなくてはいけません。

ネットに世論を動かす力がある、とわかれば
それに目をつけ、「既存メディア=悪、ネット=真実」と
単純に信じてしまっている人たちを取り込んでいくでしょうから。

そうなってしまっては結局媒体が変わっただけで同じです。
そこにさえ気をつければ、もっともっと世の中を動かすことができると
私は信じています。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-18 12:29 | 日本

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

フォロー中のブログ

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン