フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

終わり良ければすべて・・・


ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!

良し・・・では「ない」です。
そもそも「終わり良し」だったのか??という疑問もありますし。
個人的には真央ちゃんの会心の演技が見られたことに満足ですが
点数はやっぱりおかしいし、順位もおかしいし、
色々諸々「良くない」ことだらけです。

何より、さらに酷くなった「真央ちゃんとKYのセット売り」が
鬱陶しくて鬱陶しくて。


そして今さらな話で申し訳ないのですが、
森元総理が「真央ちゃんは大事なところで転ぶ」と発言した件。
聞いたときは私も「なにーーー!怒」と腹が立ちましたが、
全文読むと、やっぱり少しニュアンスが違いますね。


もちろん森さんの発言はセンスがなさすぎるし、
リード姉弟のことについても事実誤認があるし、
「マスコミは言葉を切り取る」とわかっているなら
いい加減に学習しなさいよ!

と思うけど、でもやっぱり発言の一部だけをもって
森さん「だけ」を批判することはできないと思いました。


そもそも何年もネチネチと真央ちゃんに陰湿な
嫌がらせをしてきたのはマスコミじゃないの!
あんたたちに森さんを批判する資格あるの?と。
どの口で「真央ちゃんをけなした」と批判するのよ!

って私は今さら「真央ちゃんかわいそう」を言い始めた
マスコミにうんざりです。
といわけで以下は森さんの発言の、該当部分の全文です。


【森喜朗 元総理・東京五輪組織委員会会長の発言 書き起し】
■フィギュア浅田真央選手について
今朝も真央ちゃんが最後ひっくり返った時は、4時だったと覚えておりますが。皆さんそれご覧になると、それまでずーっと真央ちゃんがまだ30番目で一番あとだったもんだから。ずーっと皆見てるわけでしょ、あれ。ショートプログラムだから、1回何分かな。3分半くらいかな。そんなもんだったと思いますけど、それ全部やって一番最後に真央ちゃん。なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと。

僕もソチ行って、開会式の翌日に団体戦がありましてね、あれはね、出なきゃよかったんですよ日本は。あれは色んな種目があって、それを団体戦で。特にペアでやるアイスダンスっていうんですかね。あれ日本にできる人はいないんですね。あのご兄弟は、アメリカに住んでおられるんだと思います確か。ハーフ。お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人なのかな。そのご兄弟がやっておられるから、まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。

あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。浅田さんを出したんですが。また見事にひっくり返っちゃいまして、結局、団体戦も惨敗を喫したという。

その傷が浅田さんに残ってたとしたら、ものすごくかわいそうな話なんですね。団体戦負けるとわかってる、団体戦に何も浅田さんを出して、恥かかせることなかったと思うんですよね。その、転んだということが心にやっぱ残ってますから、今度自分の本番のきのうの夜はですね、昨日というか今朝の明け方は、なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました。だからそういうふうにちょっと運が悪かったなと思って見ております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

このあと、まだまだ続きがありますが、
今回の趣旨とはずれるので省略します。
なかなか興味深い内容でしたよ。

穿ちすぎかもしれませんが、
森さん叩き(=自民党叩き)に真央ちゃんを
利用したんじゃないかな、とも思いました。

さすがに考え過ぎですかね?



ま、何回読んでも「おいおい」と言いたくなる発言ではありますが
でもマスコミとスケ連が知らんふりしているところを
(偶然かもしれませんが)ズバッと突いていますよ。

真央ちゃん本人も「(SPの時に)団体戦でのことを思い出してしまって…」
と言っていますし、森さんの言うように、日本はペア・アイスダンスも
頑張ってはいるもののまだまだ世界トップレベルには手が届かないし、
それなのに率先してこの団体戦をすすめてきたのが日本だし。

ならば少なくとも個人戦に影響が出ないように
日程を組んでくれたのかと言えばそれも違うし、
ファンは当初から危惧していましたよね。
「選手に負担が大きすぎる。誰得なんだ?」って。

ようするに「スケ連は何をしていたんだ?」という話に
もっていくことだってできるんですよ、これを使って。

だけどマスコミはそこらへんはスルー。
ピックアップしたのが「真央ちゃんは転ぶ」の部分。


男子は日程が詰まっていて、団体戦のフリーに出た選手は
個人戦までに回復するのは難しく、影響はあったと思う。
(まっちーやケヴィン君なんて明らかにそうでしょう。)

女子は間があくからアルメニアに移動して調整することにしていたけれど
寒すぎた上にリンクの氷に砂が混じっていてとても満足に練習できなかったとのこと。
(※リンクに砂が…はどこかのスポーツ紙が報じていたのを
見たのですがどこで見たのか思い出せません ><)

真央ちゃんが早めに練習を切り上げて
ソチに戻ってきたのもそれが原因だったとか。

練習もできず、かといって快適とは思えない選手村で休むこともできず
結局移動で疲れさせただけじゃないの?

だいたいマスコミも「専門家」も団体戦に出たことの
影響を一切聞かない・言わないなんておかしいですよ。
誰か一人くらい「あれはやはり色々問題があった」とは言えないの?

元選手ならあの日程が大変なことくらい、わかるでしょ?
それを言ってあげるのが元選手である理事たちの仕事じゃないの??

スケ連は羽生君が金メダルを取ったから
「オールOK♪」と満足しているのかもしれませんが
とんでもないです。


重ねて言いますが、森さんの発言も決して
擁護できるものではありませんけどね。


連盟への不満ついでに私は言いたい。
この空前のフィギュアブーム、いつまでも続くと思うなよ、と。

奇跡的に同時期に男女ともにスター選手が揃っていた。
選手個人の能力が素晴らしいための「人気」だっただけで
あんたたち何にもしてないから。

もし本当にスケ連が仕事をしていたのなら
このシングル選手たちが頑張ってくれている間に
ペアやアイスダンスの育成にもっと力を入れていただろうし
劣悪なリンク環境を改善すべく奮闘していたでしょう。

しかしそんな話はついぞ聞いたことがない。
一体何をしていたんですか??

外国の選手に嫌がらせされているのに守りもしない。
メディアに攻撃されても抗議もしない。
全部選手任せなのに「しっかりやれ!」と脅しをかける。

真央ちゃんが満足のできる演技をしたからといって
スケ連の無為無策ぶりを帳消しにしていいわけではありません。

そして自国の選手を批判し続け
よその国の選手をほめ続けた荒川静香と佐野稔。
私は忘れないし、決して許さないわ。

よくも白々しく真央ちゃんの前に立てるものだと思う。

荒川静香のあのホッとした顔!
見ていて吐き気がするわ。

たいしてフィギュアに詳しくない私の夫にまで
「真央ちゃんが金メダル獲らなかったから安心して
優しくできるようになったんだね」
と言われてしまうほどあからさまですよ。

真央ちゃんが「最高の五輪だった」と言ったからといって、
スケ連や「専門家」やマスコミの、数々の蛮行がチャラに
なるわけではありません。


荒川静香が何と言っていたのか、
私もここに残しておきます。


キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!「ジャンプの浅田、芸術性のキム・ヨナ」は誤解!?
日刊サイゾー 2014年02月17日
連日、盛り上がりを見せるソチ五輪だが、目玉はなんといっても、引退を表明している女子フィギュアスケートの浅田真央が、バンクーバー五輪の金メダリストであるキム・ヨナに雪辱を果たせるかどうかだろう。

しかし、この世紀の対決を前に、根強くささやかれてきた“ある疑惑”が噴出している。それは、ヨナ陣営および韓国による八百長や買収疑惑だ。

たとえば、「週刊文春」(2月20日号/文藝春秋)は『浅田真央「金」最大の壁 キム・ヨナ高得点の「闇」に迫る!』と題し、ヨナの高得点の背景としてIOC(国際オリンピック委員会)のスポンサーである韓国の電子企業サムスンの影響力を指摘。「アサヒ芸能」(1月23日号/徳間書店)でも、『キム・ヨナ「怪しい高得点」の裏カラクリ』として、国際スケート連盟に対する韓国スケート連盟の猛プッシュがあることを示唆している。

もちろん、このような疑惑が生まれるのには理由がある。浅田が難易度の高いトリプルアクセルを成功させても得点は伸びず、一方のヨナはジャンプに慎重な姿勢をとり、簡単なジャンプしか飛ばないにもかかわらず、芸術性や色気などという主観的かつ曖昧な評価で高得点を叩き出しているからだ。

特に、この結果に憤慨しているのはネット民である。ネット上では、試合が行われるたびにキム・ヨナの高評価に疑問の声が寄せられ、浅田がヨナに負けたときには「八百長」「買収」という言葉が飛び交う。ついには、ヨナの高得点に異論を唱え、ネット上で人気を博す「ときどき黒猫」のブログ主が『フィギュアスケート疑惑の高得点』(東京図書出版)なる本まで出版、話題を集めた。採点に納得できない結果が、ヨナへの“疑惑”を増長させていることは間違いない。

だが、こうした疑惑に苦言を呈し、反論を行う者がいる。トリノ五輪で金メダルに輝いた、プロフィギュアスケーターの荒川静香だ。

荒川は、1月に出版した『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』(朝日新書)で、現在の採点システムについて「技術と芸術が融合したフィギュアスケート本来の戦いに戻ってきた」「(よく「公平か」と質問されるが)ほとんどの場合、納得できるもの」と肯定。その上で、ネット上で叫ばれる“キム・ヨナ八百長説”に真っ向から反論しているのだ。

そもそも、浅田とキム・ヨナの対決についてメディアでは「技術力の真央 vs 表現力のキム・ヨナ」と語られがちだが、荒川はこれについて「一般的には浅田選手はジャンプ技術が持ち味で、ヨナは表現力で勝負していると思われがちですが、私から見るとむしろ逆なのです」と主張する。実際、バンクーバー五輪や昨年の世界選手権における浅田とヨナの技術点・演技構成点を比較すると、いわゆる芸術点に当たる演技構成点の差はさほどなく、それ以上に技術点に大きな差があるのは確か。ヨナとの比較を抜きにしても、ここ数年の浅田は、技術点はほかの選手たちを下回りながらも、演技構成点で勝つケースが目立っている。

これは先日行われた団体戦でのショートプログラム(SP)でも同様だ。荒川が指摘するように、“技術力の真央”というよりも、演技構成点に助けられているといってもいい。

さらに荒川は、「ヨナは技術点のうちGOE(技の出来映えに対する加点)が高すぎる」という“キム・ヨナ八百長説”を唱える人々に反駁するように、「一つ一つのジャンプの質を見て、どちらが加点のつくジャンプを跳んでいるかというと、ヨナはやはりすごく強いジャンパーです」と断言。着氷率の高さはもちろん、テイクオフのスピードと勢いがあると解説している。また、ヨナの武器であるルッツやフリップなど難易度の高いジャンプで3回転+3回転のコンビネーションができる選手はシニアの女子ではごくわずかであるとし、なおかつ「彼女(筆者注・ヨナ)ほどの確実性がある選手は他にいません」と称賛。ヨナの技術点の高さと加点の多さには、きちんと理由があることを強調する。

一方、浅田に対しては、「ヨナよりも体に柔軟性があり、スパイラルやスピンのポジションが美しい。ステップなどもすごくうまい選手だと思います」「彼女は常に姿勢が美しく保たれて、スケーターとしての天性の美があります」とジャンプ以外の要素を評価しつつも、「スピードに関して言うなら、プログラム全体を通してあまり緩急がなく、演技中にものすごくスピードを出している、という部分はありません」と指摘している。

また、ヨナの八百長説のもうひとつの論拠となっている「ヨナは不正エッジをとられない」という点についても、荒川は昨年の世界選手権でヨナが不正と判定されたことを例に挙げ、

「ジャッジも技術スペシャリストたちも、復帰してきた選手に対しては半信半疑の厳しい目で見ていますから、SPではまだ点が抑えられていたと思います。彼女のフリップのエッジが不正エッジに判定されたのは、少しびっくりしました。というのは、彼女のフリップは本当にギリギリの、どちらともとれるエッジなので、これを不正としたら多くの選手が不正に該当してしまうのではないだろうか、というほど微妙なところだったのです。FS(フリー・スケーティング)でもまったく同じように跳んだのですが、判定は不正エッジにはなっていなかった。だからやはりSPではちょっと厳しすぎたのではないかと思います」
と正反対の感想を述べている。

そして、ネットの動きをこう批判するのだ。

「時々、理解不十分な結果に対して『不正だ』『八百長だ』という言葉を使って、感情的にブログなどに書き込む人を見かけますが、このスポーツを愛する者の一人として、とても残念に思います

フィギュアの国際大会における採点が「公平」かどうかはさておき、そもそもフィギュアスケートの本質は美の追求。ソチ五輪では、荒川も書いているように、「採点のことよりもフィギュアスケート本来の良さ」を楽しむべきではないだろうか。
(文=エンジョウトオル)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


荒川静香よ、満足ですか。
日本女子フィギュア唯一の五輪金メダリストの地位を
死守できて満足ですか。

今回の五輪もおかしな採点だらけ。
それにたいして一切疑問を呈さず
結論ありきの矛盾しまくった「解説」。

矛盾点を指摘した、ファンの論理的な質問を
「感情的に批判している」と切り捨てる。

五輪しか見ない、一般の人はそれで納得するかもしれません。
まさか「金メダリスト」が嘘をつくとは思いませんから。
でもフィギュアを支えているのは、そういうライトファンではなく
選手を何年も見つめ、ルールを勉強して競技を理解しようとしている
熱心なファンたちです。

そういう熱心なファンはあなたの言葉に騙されたりしません。
あなたが嘘をついていることを知っています。
あなたがファンをバカにし、フィギュアを蔑ろにしていることを
知っています。

今後、いったいどれほどの人があなたのショーを
ありがたがって見にいくのでしょうね。



<おまけ>
アデリーナちゃんが「真央は尊敬できる女性」と
記者会見で語ってくれた、というニュースがありましたが
誰かに聞かれて答えたのではなく、彼女からすすんで話してくれたことだったんですね。

産経新聞の佐々木正明記者のブログに書いてありました。
→ 【五輪女王ソトニコワ 「真央を心から尊敬している」@一夜明け、記者会見】

佐々木記者が他の方に真央ちゃんについて質問し、
それが終わって、司会者が次の質問に移ろうとしたのを遮って
話してくれたとのことです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-23 22:32 | フィギュアスケート