フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

対馬が危険な状況でした。

絶滅危惧種である「ツシマヤマネコ」が唯一生息する
長崎県対馬のの森林地が売りに出され、競売へ。
外国(まあ、韓国ですね)からも狙われている!

というのが8月29日の産経新聞の記事でした。
【韓国業者も関心、対馬の森林競売に 天然記念物ツシマヤマネコ生息地】 産経 2013.8.29

急いで記事をまとめて拡散しようと思っていたところに
続報が入り事なきを得たと知ったので、
落ち着いて改めて書き直して今さらアップしてます^^;
その続報がこれです。

【対馬の森 市が購入 ツシマヤマネコ生息地 競売中止へ】
産経 2013.8.29 23:41
絶滅危惧種である「ツシマヤマネコ」が唯一生息する長崎県対馬市の広大な森林地(260万平方メートル)が競売入札に付されていた問題で、市は29日、債権者と合意ができたとして市が土地を購入することを決めた。入札を管轄する長崎地裁厳原(いづはら)支部は30日にも債権者から取り下げ申立書が届き次第、協議の上、入札手続きを中止する

市は以前から購入の動きを見せていたが、金額などで折り合わず、債権者が今月26日から入札手続きにかけていた。入札期間は9月2日までで、売却基準価格は約3400万円。

市関係者によると、市は9月の定例議会に購入案を提示する予定。29日付の本紙の報道後、市や裁判所には環境保護団体など全国から購入の申し出が相次いだ。市は以前から債権者と協議を重ねてきたが、反響の大きさなども含め購入に踏み切ったという

市は今後、環境省の対馬野生生物保護センターと連携して、ツシマヤマネコの保全に向けて森林地の活用策を探る。このヤマネコは現在、推定で100匹程度しかおらず、最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧IA類」に分類されている。売りに出されていたのは、対馬市北東部に位置する上県(かみあがた)町の計49筆の土地で東京ドーム55個分に相当。対馬で広大な森林地が売りに出されるのは初めてで、韓国の業者も関心を示していた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よかったあ~~!
ひとまず安心…
これは報道してくれた産経、GJだわ。
産経の報道がなければ誰も気がつかないうちに
韓国に売り渡されていたかもしれないし…。

きっとそうやって知らない間に外国人に売られてしまった
土地がたくさんあるんだと思います。


そしてこの件に直接関係は無いのですが
長崎県が先日、韓国の済州島と協定を結んでいたと知りました。
【済州島ジオパークと協定】長崎新聞 2013.8.25の記事より一部引用

島原半島ジオパーク推進連絡協議会(会長・古川隆三郎島原市長)は24日、済州島ジオパーク(韓国)と人的交流や相互協力を柱とした姉妹提携を結んだ。海外の世界ジオパークとの国際交流締結は、6月の香港ジオパーク(中国)との協力協定に続いて2カ所目。共同研究などもうたった姉妹提携は初めて。


長崎… どうしてなんだ。
対馬があんな目にあっておきながら…
前記事と関連するのですが、相手が同じように
仲良くしようと思っているのならいいんです。

しかし対馬の惨状を見て、竹島の件を知っていて、
それでも(本来の意味で)仲良くできる相手だと
本当に思っているのでしょうか。

もういい加減に「こちらがこう思っているから
相手も同じ気持ちでいるに違いない」という
お人よしで楽観的な考え方を改めたほうがいいと思うんです。


そして今危ないのが「尾道」。
少し前にかけだし様のところでも記事になっていましたが
広島県尾道市も危険です。
【尾道市が釜山中区と友好交流締結…(呆)反対意見が多ければ考え直すってさ、凸せねばっ(激怒)】


そしてこれが先日のニュース。
【「オノミチ」を韓国に発信】
中國新聞 2013.8.16
尾道市は韓国・釜山広域市で9月に開かれる釜山国際観光展に初めて参加する。尾道市への観光客数は年間600万人を超えるが、外国人の占める割合は約1%。

「オノミチ」の魅力を広くPRし、海外からの集客増を図る。 市が釜山広域市の中区と友好交流意向書を結んでいる縁で決まった

尾道市や愛媛県今治市などでつくる瀬戸内しまなみ海道振興協議会の事業の一環。ブース内にしまなみ海道を紹介するコーナーを設け、海道の島々を巡るサイクリング、瀬戸内海の多島美やグルメの情報を発信する。

尾道市の古寺などの歴史や文化、街並みなどもPR。市のプロモーション映像を流し、韓国語パンフレットも置く。

観光展は6日から4日間。16回目で、昨年は36カ国230団体が参加し、約8万5千人が来場した。市の海外PRは今年5月の台湾に続き2回目となる。

尾道市を訪れた外国人観光客数は、2012年は6万6818人で、06年の2万427人から3倍以上となった。しかしそれでも国内客に占める割合はわずかだ。

市観光課は「海外での市や、しまなみ海道の認知度はまだ低い。粘り強いPRで尾道を訪れる外国人を一人でも増やしたい」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


尾道…
まだ行ったことはないけれど、いつか行きたいと思っていた場所です。
どうしてそこまで外国人観光客に固執するんだろう。
まずは国内へのアピールが先でしょう。

そしてなぜよりにもよって韓国…

>尾道市の古寺などの歴史や文化、街並みなどもPR。市のプロモーション映像を流し、韓国語パンフレットも置く。


…ニュース見てないのかしら。
対馬の仏像がどうなったか知らないの?
わざわざ「盗みに来てください」とアピールしてどうするの?


対馬の土地売却もそうですが、
地方の過疎化がこれらの事態を招いているんでしょうか。
となると、根はもっと深く各自治体だけでは
どうにもならないのかもしれませんが、
だからといって安易に「外国」に頼るのも違いますよね。

山形県戸沢村は嫁不足解消のために韓国人女性を招いたら
それがきっかけとなり今では韓国人に乗っ取られてしまったそうです。
(「韓国に乗っ取られた村」で検索してみてください。)

沖縄の土地も中国人が買い漁っていると聞きましたし、
東北や北海道の水源地も中国人が狙っているとの報道を
見たこともあります。

九州の温泉街も特亜の観光客に荒されて大変だと
いう話も聞いたことがあるし、それが本当なら困るんです。
日本人が行きたい日本がどんどんなくなってしまう…。

「日本には何をしていい」と思っている国の人たちは
入ってこないでほしいです。
最低でも韓国人へのビザは復活させてほしい。
そして早く外国人が日本の土地を買える、という法律を
改正してほしいです。



*****抗議先一覧*****
(すみません。リンク省略でURLだけ載せてます。)

*自民党へのご意見*
https://ssl.jimin.jp/m/contact

*首相官邸(内閣)*
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
(意見・要望欄以外は任意)

*内閣官房*
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html
(意見・要望欄以外は任意)

*長崎県 ご意見・ご提案の募集ページ*
https://eap.pref.nagasaki.lg.jp/kv2/index_pc.php5?FORMNO=42000G00001079eeM&SETUID=SSL

*対馬市 お問合わせ*
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/form.html
(対馬市HP →http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/ )

*尾道のHP*
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/www/info/detail.jsp?id=2114

*秘書広報課広報広聴係・国際交流*
〒722-8501  
広島県尾道市久保1丁目15-1フロア市役所本庁5階
電話番号0848-25-7377 ファックス番号0848-25-7294

*尾道市役所 ご意見お問い合わせ*
https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/www/contact/input.jsp

*瀬戸内しまなみ海道振興協議会のメアド*
http://www.go-shimanami.jp/toiawase.html




にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-30 09:16 | 政治
*******【緊急拡散】********
テキサス親父さんの慰安婦問題に関する動画「慰安婦は売春婦」が、
何者かによって削除されたとの事。
また「テキサス親父日本事務局」のShunさんの
FBなども被害を受けているそうで、恐らく
VANK(韓国のサイバーテロ集団)による攻撃だろうとのこと。

それに対抗するために、皆様に動画の複製をお願いされております。
YouTubeのチャンネルをお持ちの方は、テキサス親父さんの動画を
自分のチャンネルにアップロードできるとのことです。

詳細はこちらから→ 【テキサス親父日本事務局】緊急拡散お願いします

可能な方はぜひご協力をお願いいたします。

***********************


さて、今も昔も人間の中身は変わらないなあと
この記事を読んでつくづく思いました。
「日本軍がやった」と濡れ衣を着せられている
南京事件や三光作戦なるものの正体がわかりますね。

【中国BBS】日本に戦争で勝ったら日本人をどう“処理”する?
サーチナ 2013.8.28
中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本に戦争で勝ったら日本人をどう処理する?」というスレッドが立てられた。スレ主の質問に対して、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が寄せられた。

尖閣諸島の問題によって緊張している日中関係だが、中国のネット上では戦争間近なのでは ないか、戦争になったら日本と中国のどちらが勝つか、といった議論が頻繁になされている。

しかし、同掲示板では中国が日本に打ち勝つという前提で「日本人をどう処理するか」という失礼極まりない話題で盛り上がっている。

寄せられたコメントを見ると、「東京大虐殺です」、「男性はすべて滅ぼし、女性は残して中国男性の結婚問題を解決する」、「全員強制収容所に入れて一生働かせる」、 「西部大開発のための奴隷にする」などの意見で、いずれもひどい扱いばかりだ。

また、「男には石炭を掘りに行ってもらえば良い。そうすればニュースで炭鉱の崩落事故に注目しなくなる。女には共和国のために後世を残すという光栄な仕事についてもらう」という意見も。

大多数は反日感情むき出しのコメントだったが、なかには「そんなことをしたら、中国は日本と同じ轍を踏むことになる。そうしたら畜生以上に畜生になってしまう」と、まるで日本人のことを“畜生”よばわりするユーザーまで現れた。

ほかには、「これは戦争が終わってから話すべきことだ。現状は非常に複雑なのだし」と、そもそも戦争になるかどうか、勝つかどうかに疑問を呈するユーザーもおり、なかには冷静な中国人もいるのも確かだ。

日本では中国と開戦するなどといった議論が交わされることはほぼ皆無だが、中国ではネットユーザーたちが頻繁に議論している。これは中国メディアが「日本の右傾化」を煽り、「日中の開戦も遠くない」と報じていることが影響していると考えられる。 (編集担当:畠山栄)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中国人のこういう態度には今さら驚きませんが、
日中友好とか米軍反対派、護憲派が
これを読んでどう思うのか聞いてみたいものです。
「一部の人の発言」で済ませるんでしょうか?

最近「日本の女性はお金持ちの中国人と結婚したがっている」
という妄想記事もネット上では見かけます。
お嫁さん不足で困ってるみたいですね。
独身の方、狙われていますので気をつけてください。


拾い物ですが、参考までにこれもどうぞ↓

<中国による戦後の周辺諸国への侵略と占領等>
 1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中(テロで抵抗)
 1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺
 1950年 朝鮮戦争参戦
 1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
 1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
 1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
 1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
 1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
 1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
 1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
 1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
 1989年 天安門事件
 1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
 1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
 1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
 1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
 1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
 2000年 中国の軍艦が日本列島を一周
 2005年 反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
 2005年 台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
 2005年 沖縄は歴史的に中国のものと主張
 2007年 チベット暴動制圧
 2008年 韓国の離於島の領有を宣言
 2008年 日本の尖閣諸島領域の管轄を強化する。実行支配が重要と表明


そしてどうしても途中で停止ボタンを押してしまうこの動画…

【明日の沖縄 ウイグル 漢民族に集団暴行されるウイグル少年 ラビア議長のコメント】



たとえ一部の人間であってもこんなのがいるうえに
中国という国が、そもそも進んで他国の平穏を
乱そうとしているのだから友好なんてごめんだ、
と私は思うのですが

昨日(8月28日)の読売新聞朝刊・教育面に
「教育ルネサンス 異文化体験(4) 地理的近さが育む友好」
という記事が出ていました。

ウェブ版でも掲載されるのかな?(出たら全文引用します)
とりあえず昨日の回を簡潔にまとめると
韓国・中国の文化に触れて異文化に親しもう、
日韓・日中友好は、まずは親しみから…
と子供に促している、という内容でした。


そりゃあ、他所の国と仲良くするのは大事なことです。
それが隣国であればなおさらです。
何もむやみやたらに敵対視しろ、とはいいません。

ただそれはあくまで理想であり、理想を求めるがあまりに
現実を直視することを避けていいのだろうか、と思うのです。

中国・韓国がわが国の領土を侵している/侵そうとしているのは
間違いなく事実であり、反日教育を施していることも事実です。

d0309182_22175167.jpg
d0309182_22181081.jpg
d0309182_22183384.jpg


子供にこんな絵を描かせている国です。
日本の学校でこんなことをしますか?
日本の国会議員が他国の国旗を踏みつけるなんてしますか?

取るに足りない些細な欠点なら別にいいんです。
でも「反日」は「些細な欠点」では済まされません。
下手をすれば我が身を危険に晒すことになるんです。

良い面・悪い面の両方を教えた上で、判断材料が
きちんと出揃った上での決断ならとやかく言えません。

しかし十分な情報を与えずに、いい面だけを見せて興味を持たせる。
それは果たして教育者として正しいことだといえるのか?
偏った情報に基づいた「友好」は本当に「友好」なのか?

そもそも相手は日本人とは違う価値観の民族だ、
と教えることだって「異文化体験」でしょう。
欧米諸国に対してはそういう価値観の違いにも触れるのに
どうしてこの二カ国になると、問答無用で「同じアジア人」という
くくりにしてしまうんでしょうね。


先述の読売の記事に出てきた「福岡国際交流協会」は
「政治的な課題があるからこそ交流の大切さを伝えたい」
と語ったそうです。

また読売新聞はこの記事を
「グローバル時代はこうした草の根活動から開かれるのかもしれない。」
とまとめていました。

そうでしょうか。
「政治的な課題」がなぜ生じているかを無視して
真の交流などできるわけがないでしょう。
上辺だけ取り繕った交流にいったい何の意味があるのか。


そして同じく記事に出てきた「日韓友好の拠点」であるらしい
佐賀県唐津市の名護屋城博物館

以前読んだものを思い出しました。


私がいつも勉強させていただいているブログ「ジャックの談話室」様の
【今、地方が危ない!】という記事です。
(ジャック様、無断で申し訳ありません。)

ちなみに私が「在特会」の存在をはっきりと知ったのも
この方のブログがきっかけでした。


こちらのブログ主様の記事を読んでいただければわかりますが
この博物館は「日韓友好」どころか「日本征服」の拠点です。


博物館のサイトを見ても、韓国目線であることが窺えます。
こんなところで行われる「日韓友好」がどんなものなのか…
それは本当に健全な「友好」なのでしょうか。

韓国や中国にとって都合のいい「友好」は
日本にとっても「友好」たりえるのか。
この読売の記事はそういうところにまったく触れていません。


そもそもどうしたって価値観が違うのだから
その点を理解しようとしないで「友好」を謳ったところで
勘違いの上に勘違いを重ねるだけでなんにもならない。

下記の記事を読んでなおさらその思いを強くしました。
政治的な課題の前に、民族としての価値観が違うのだから
個人間でも国家間でも対立してしまうんだ、と
なぜ教えないのでしょう。


【中国ブログ】中国人が語る「日本人が靖国神社に参拝する理由」
サーチナ 2013.8.28  
中国や韓国などは日本の政治家らによる靖国神社参拝について、「A級戦犯への参拝」、「軍国主義の復活」などと非難している。

そもそも日本人が靖国神社へ参拝するのは、戦没者をはじめ日本のために身を捧げた人びとの追悼にあり、中韓の主張は論点がずれてしまっている。

一方、中国人の目には“日本人が靖国神社に参拝する理由”はどのように映るのだろうか。
中国人ブロガーの法自然(ハンドルネーム)さんは、自身のブログで“日本人が靖国神社に参拝する理由”について独自の主張を展開した。

筆者はまず「中国人はなぜ日本人の立場から靖国問題を見ないのか?」と問いかけたうえで持論を展開。
筆者の考察によれば、日本人が靖国神社へ参拝するのは「日本人が自らを優秀な民族だと勘違いしていること」に根本的な原因があるのだという。

さらに筆者の主張は続き、日本人は“自分たちがこんなに優秀なのに、小さな島国で資源もなく地震があるのはお天道様のせいだと思い込んでいる”とし、「中国やベトナムなど、土地も資源も豊富な国に対して、民度が低いのに資源を持つ資格などない、日本こそ資格があると思っているのだ」と綴った。

筆者によれば、日本人は“上述のような思考がある”ため、「侵略・征服・略奪を行ってきた」のであり、さらに「戦犯は日本のために戦死したゆえに軍神とみなされている」と結論づけた。

なかなか理解し難い筆者の主張だが、反日感情を持つ多くの中国人は筆者と似たような考え方を持っていると思っても差し支えないだろう。

これは中国メディアの影響とも思われるが、日本人が靖国神社へ参拝する目的を正しく中国側に伝えない限りは、いつまでたっても平行線のままであろう。 (編集担当:畠山栄)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然わかってない。
本当に友好関係を築きたいのならこのあたりの誤解や思い込みを
解くことから始めないと意味ないですよ。聞く耳を持てば、ですが。

そして結局は「反日教育」という政策もひとつの原因となって
ここまでこじれているのに「政治的な課題はともかく民間で」
なんていうのはトンチンカンにも程があります。
(関連事項として次は対馬の件と尾道について触れます。)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-29 22:53 | 中国・韓国

正しく伝えてほしいだけ

最新号の「WiLL」10月号
始めは買うつもりはなく、立ち読みで済ませようと(こら!)
思ったのですが気が付いたらレジでお金払ってました。

目玉の安倍総理と作家・百田尚樹氏の対談が
32ページもあったので家でゆっくりじっくり読みたくなったのです。
他の特集も全部おもしろそうだったし…。

まずはその対談ですが。
「WiLL」は保守系雑誌だから安倍さんにとっては身内みたいなもので、
だからなんでしょうけど、ところどころに露骨なメディア批判(笑)

「WiLL」の常連さんがメディア批判するのは
別に珍しくも何ともないのですが
現職の総理大臣がこういうふうに言うのは
ちょっと今までにないような気がして。

マスコミを信用していないことがヒシヒシと伝わってきました。

安倍総理の発言を少しだけ抜粋すると、
例えばアセアン歴訪についてのところでは
「日本のことが大好きで、日本と非常に良好な関係を築いている国々については
マスコミはあまり報道しませんからね。」

憲法改正については
「彼らは憲法改正においては国民投票があるということを
意図的に説明しないんです」
「それ(憲法改正)に触ろうとする人たちはまさにタブーに触れたとして
いわば「鞭打ちの刑」に処されたわけです(笑い)」


とまあこんな調子です。

調子に乗ってやりたい放題してきたメディアは
覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。
(マスコミの暴走でいったいどれだけ日本が
傷つけられてきたのだろう。)

ですから、安倍総理(及び閣僚、側近)が
メディア向けに発言している内容は
その点を考慮して聞いたほうがいいんだと、確信しました。
このことは以前から保守系ブロガーさんたちが
指摘していましたが、その通りでしたね。


どうせあいつら正確に伝えてくれないし、
ちゃんと説明しても適当に切り貼りして
故意に歪めて報道するんだから、
だったら優等生的な、ソツのない当たり障りの無い
ことしか言わないよ~。

ってことですかね。
だから今度は安倍内閣の閣僚及び側近が
仲間内で話していることが狙われているんでしょう。
そのいい例がこの前の麻生さんの件ですね。


そして安倍総理は本音では15日に参拝したかったんだろうな、
と読みながら思いました。
でも今は総理大臣が靖国参拝することが
政治、外交問題になってしまっている。
というか問題にしたがっている人たちがいて
それを国民や諸外国も鵜呑みにしている。


メディアや中韓がごちゃごちゃ言って
問題視する環境下では行きたくてもいけない。
というよりも、英霊たちをそういうことに
巻き込みたくないんじゃないかと思いました。

安倍総理は4月に硫黄島にも赴き、戦死した方々を追悼しましたが
あの時はメディアも外国も騒ぎませんでしたね。


【安倍首相「日本の平和と繁栄、しっかり築いていく」 硫黄島で戦没者追悼式】
産経 2013.4.14
安倍晋三首相は14日、太平洋戦争末期の激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)で戦没者追悼式に出席し、「尊い命を落として祖国のために戦われた英霊に思いを致し、日本の平和と繁栄をしっかり築いていかねばならない」と述べた。

安倍首相は「祖国の安寧を祈願し遠く離れた家族を案じつつ戦場に散った方々の思いを致すとき、悲痛の思いが胸に迫るのを禁じえません。心からご冥福をお祈りします」と追悼の辞を述べ、献花した。

硫黄島の訪問には山口那津男公明党代表や新藤義孝総務相らが同行。硫黄島の戦いで使われた壕や戦死した日本兵の遺骨収容作業現場を視察した。同島の戦没者約2万2千人のうち遺骨の収容は半数にとどまっている。

また首相は、自衛隊の硫黄島基地で「遠く離れた孤島で厳しい環境の中、救難活動や急患搬送、米軍艦載機の離発着訓練の支援などにひたむきに取り組んでいる諸君に首相として深く敬意を表する」と述べ、自衛隊員約150人を激励した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



靖国は先の大戦に関係のない英霊たちも眠っているのに「参拝=戦争賛美」。
しかし硫黄島はあの戦争で亡くなった人ばかりが眠っているところなのに
そこでの追悼式出席はスルー。

結局靖国神社は日本や安倍総理を叩くために利用されてしまっていて
その状態を改善しない限りは静かに参拝できない。
心の底からきちんと追悼したいからこそ、
今は行くべきじゃないと思っているのかな、と感じました。


安倍総理が英霊たちに「尊崇と感謝の気持ちを忘れてはならない」
と思っていることはあの式辞からも感じられましたし、
それは以下のニュースにも現れていると思います。


【硫黄島の遺骨収容、5年延長へ 政府、自衛隊滑走路下も】
共同通信 2013/08/21
政府は太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)の戦没者遺骨収容について、来年3月末で期限を迎える3年間の集中実施計画を延長し、2018年度までの新たな5カ年計画により推進する方針を固めた。政府関係者が21日、明らかにした。

5カ年計画案によると、18年度までに、米国資料の調査で発見された壕の地図を参考に、島東部や西部の海岸沿いで重機を多数投入して収容の加速を目指す。

多くの遺骨が埋まっているとされる自衛隊基地の滑走路下の収容作業については、防衛省の調査などを見極めて計画に加える。
総予算額は今後調整するが、5年間で計50億円に上ると想定される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【硫黄島遺骨収集、5年延長=安倍首相、自衛隊滑走路移設も検討】
WSJ 2013.8.22
安倍晋三首相は22日午後、超党派の議員連盟「硫黄島問題懇話会」の逢沢一郎会長(自民)らと首相官邸で会談した。逢沢氏が、2013年度で終了する政府の戦没者遺骨収集事業の集中実施期間を延長するよう求めたのに対し、首相は18年度まで5年間延長する意向を伝えた。

また、島にある自衛隊滑走路について、逢沢氏らは別の場所に移して敷地内の遺骨収集作業を進めるよう要望。首相も理解を示し、菅義偉官房長官に財源などに関する調整を指示することを約束した。(時事通信社)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それ以外では「靖国問題は朝日のマッチポンプ」と題する
稲田朋美大臣や、赤池誠章議員、宇都隆史議員、
西田昌司議員など11人の座談会もおもしろかった。

すでに議員の中で「メディアは信用できない」という
共通認識ができあがってるんですね。
そうなんだろうなーとは思っていましたが
こうやってはっきり文字として読むと…。

松本洋平議員が
国民に正しい情報が伝わることが民主主義の基本なのに
それが守られていない

といって批判していますが、本当にそうです。

だから政治家はブログやツイッター、FBなどで情報発信し、
国民もそれらのツールもしくは省庁のプレスリリースから
直に情報を得るんですよ。

今まではお互いに意志の疎通を図るための道具がなかったから
マスコミに中継を頼んでいましたが、
伝言担当者が意図的に双方に間違った情報を渡していては
意味が無いですね。

マスコミの存在意義ってなんなの??
というところにまできてしまったのですが、
当事者にその危機感はあるんでしょうかね?



それから<総力大特集 朝日新聞は絶滅危惧種か>
百田尚樹、山田宗樹は右傾エンタメか」(森鷹久)の
中に私が最近疑問に思っていたことのひとつが書いてありました。

この人は百田さんの小説などが「右傾エンタメ」と
レッテル貼りされていることに疑問を呈しているのですが、
その中で私が注目したのが、自衛隊を扱ったテレビ番組のこと。

最近やたら多いですよね。
ドラマ「空飛ぶ広報室」はおもしろかったのですが
それ以外にもやたらとバラエティに出てくる。
正直言ってキモチワルイ…と思っていました。

もちろん自衛隊が、じゃなくて
今まで事あるごとにバッシング対象にしていたのに
急にメディアが好意的に取り上げ始めたのが
キモチワルイ… と思っていたのです。

何かウラがあるんじゃなかろうか。
純粋に応援してくれているだけならいいけど
テレビに限ってそんなはずないだろうし、なんだろうなー。
と思っていたのですが

要するに自衛隊=防衛省。つまり官庁ですから
取材協力費用がかからないんですね。
だから製作費用が安く済む。
「韓流ブーム」の扇動と同じパターンだ、と読んで腑に落ちました。


大震災以降広く認知され、国民にも好意的に
受入れられるようになった自衛隊は
まだまだ素材としては新鮮で、安上がりな上に視聴率が狙える。

あえて悪く言うならこういうことなんでしょうね。


まあ先日のTBSの「報道特集」では海上自衛隊の
幹部候補生たちを取材しておきながら
こういう人たちが将来トップに立って指揮するのかと思うと
正直怖い
」という言葉でまとめるという、なんともお粗末な特集でしたが
あんなものに利用されるくらいなら自衛隊側ももっと相手を
選んだほうがいいと思います。
(あんなこといわれるとは思っていなかったんでしょうけど…)

古谷経衝氏の特別論文
「誰が山本太郎を当選させたのか」での分析も
なるほど、と思うものでした。
彼の言うことをまとめると
鳩山由紀夫のミニチュア版みたいな人たちが
山本太郎を支持したってことになるのかな。

おおこわ。


「正論」や「WiLL」は、各々の主張がはっきりしているし
何が言いたいのかよくわからない新聞・テレビよりも
読み応えがあっておもしろい。

でも爆笑問題のコーナーはいらないと思うんだよね…。
あそこだけ毎回全然おもしろくないです。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-27 23:37 | マスコミ
まずは嬉しいニュースから。
アメリカ・ブエナパーク市の慰安婦像設置問題、
なんとか阻止できたようです。

L.A在住の方のツイッターより。
Chris Ryouan三宅‏@ryouansensei 16時間
当初、ブエナパークの公聴会が9月10日だと思い、仕事を休む事にしていた。しかし、副市長の韓国系を除いて、市長を含めた市議たちが、面倒に巻き込まれたくないと「慰安婦像」設置に反対声明を表明した。これも多くのメール攻勢と署名運動だ。おかげでこの日は仕事に戻れる!

少し前にブエナパーク市での様子を報告している方のブログを
読みましたが、そこには多くの日本人・日系人が抗議をしていることに
市議会も注目し、エリザベス・スイフト市長がアメリカ人として
当たり前といえば当たり前の発言をしてくれており嬉しく思うと同時に
韓国系の市議たちの発言に今後も油断はならないと感じました。
(次期市長候補が韓国系らしいです。)
「 ジャパラ - JAPA+LA 」より市長の発言のみ引用しました。



エリザベス・スイフト市長
「この(慰安婦像設置)問題について、私たちは市議会で今まで一度も議論したことさえないのに、何人かの間ではもう結論が出ているみたいね。(そんなのおかしいでしょ。韓国系メンバーへの皮肉と取れる。)これは勉強会でも開かないと何も決められるものじゃないわ。現時点で行動をするのは適切じゃないわね。」

「そんなことが起きたかって?そりゃあ、起きたでしょう。こんなことは人類の歴史上ずっと起きているわ。私は(元教師として)世界史も教えてきたの。一万年分の歴史を教えてきたわ。歴史なんて醜いものなのですよ。こんなこと他のどんな国でもどんな時代でも何度でも繰り返されているの。

世界中の女性が何世紀にも渡って、被害を受けてきたわ…。国務省のウェブサイトに行って「人身売買」って検索して御覧なさい。( 最近のメキシコの人身売買を例に挙げて )性奴隷や人身売買っていうのは、今まさに起きている出来事なのよ!

…韓国人による人身売買だって起きているの。家族の収入になるからってそそのかして10代の女の子を誘拐しては、彼女たちをコントロールするために、レイプや暴力を繰り返して脅すのよ。そして、それは今現在起きていることなの。それなら第二次世界大戦で起きてたって少しもおかしくないでしょう。それを(韓国側の主張を引用して)”こんなことが二度と起きない様に” だなんて、1秒たりとも考えるべきじゃないわよっ!

…..(中略)…… 私たちの街ブエナパークは、この(慰安婦の)銅像のためだけに、特別にスペースを提供するべきだとは思わないわ…。それから設置費の3万ドルもあれば、もっと効率のいい有意義な教育方法がたくさんあるはずです。

(中略)でも、この慰安婦問題を、現在の人身売買問題に関連付けて学べることがあるわ。子供たちっていうのはね…現実的に自分たちと関係がなくて、行動する手段もない様な、過去の戦争時の残虐行為なんてまっぴらなのよ!そんなことを子供たちに押し付けるくらいなら、現在生きている人たちのあいだで実際に起きている(性奴隷・人身売買などの)問題から前向きな成果を生み出す方法を考えることの方がよっぽど効果的で大切よ!

(慰安婦像設置の)他にやれることはたくさんあるわ。だからね…個人的にはもうこんな議題は話したいとは思わないわ…。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャパラさんの記事では今後の日本の対応についても
考察しており、そもそも日本側がアチラの捏造に反論するための
論点がしっかり定まっていないのは問題だな、と私も思いました。



そしてここからは残念なお話ですが
島根にある「小松電機産業」という会社が昨日、
自称・元慰安婦の李容洙及び韓国の弁護士団を
招いたシンポジウムを開催しました。
d0309182_14153799.jpg


コメント欄で教えていただいておきながら
記事にするのが間に合いませんでしたが
(申し訳ありません…)

まず李容洙(イ・ヨンス)とは何者か。
あー。岡崎トミ子と一緒に反日運動していた人ですか。そうですか。
これですね。

d0309182_13275440.jpg
d0309182_1329330.jpg

上の写真左側のふっくらしたのが岡崎トミ子。
座っているおばあさんがイ・ヨンスですね。

ついでに最近の韓国でのパフォーマンスもどうぞ。
搾取された少女を象徴するためにお米をぶちまけているんだそうです。
(在韓日本大使館前に設置された慰安婦像の横で)
d0309182_13283131.jpg
d0309182_13293894.jpg


こういう人が「イアンフガー バイショウガー シャザイガー」
と喚いていることを私たちもよく知っておいたほうがいいと思います。


そして「小松電機産業」という会社も
覚えておいたほうがよさそうですね。
おそらく今後も同じようなことをするでしょうから。
(過去に女子社員を韓国に研修させて
「安義士(安重根のこと)は立派だ」と言わせている)

そもそも島根県議会が
【日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書】
というのを決議しているのも問題なのですが
(日韓基本条約を無視している内容)

この小松電機産業の社長・小松昭夫という人は
韓国に尽くしたくて尽くしたくて仕方がないんですねえ。
ご本人は日・韓・朝が手を結ぶことが世界平和に繋がると
信じているようですが…
そもそも基本認識・前提がめちゃくちゃ。
(と私には思える。)

1944年生まれとのことなので戦後民主主義・自虐史観に
どっぷりはまった世代なのでしょうけれど、
あの教育をモロに受けるとこうなるのでしょうか。

この社長が設立した「人間自然科学研究所」を見ると
「水の偉人」として「八田與一」を取り上げています。

「八田與一」とは日本が台湾を統治していた時代に
台湾の治水事業に貢献した人物として非常に
尊敬されている人なのですが
(こういう人こそ学校できちんと教えるべきだと思う)
そういう人をきちんと載せている点から見ても
反日思想というより、自虐史観に囚われているように思えます。


恐らく自分のやっていることは「善」だと信じて微塵も疑わず、
心の底から日韓朝の友好を願っているのでしょう。

こういう人が一番厄介でしょうね。
事なかれまたは無知ゆえに声の大きいほうに流されているだけなら
こちらも負けずに強く抗議すればいいですし、
金銭絡みの反日運動なら、その点を叩けばいいのですが
善だと信じ、信念に基づいて行動している人の
意識を変えさせることや活動を止めることは無理でしょう。


私たちにできるのは矛盾点や間違った点をそのつど指摘しつつ、
抗議するところには抗議をし、政府には
韓国の捏造運動を放置するなと叱咤激励し、
これ以上アチラの言い分を信じるものを増やさないように
しつこくしつこく繰り返していくことでしょうね。

そして日本の国益を損なう運動に加担している
企業の製品は不買するなりして、反日運動に使われる
資金を減らすこと。

地道な作業ですが、そうしていくほかありません。


小松氏が何を主張しているのかざっと読みましたが… 
なんというか、すべての前提というか認識が間違ったまま
理想論を述べているので話が無理矢理だし
読んでいるこちらはラビリンスに迷い込んだような気持ちになります。


その中でもフィギュアファンとして引っかかったのはこれ。



対立のエネルギーと統合のエネルギーの組合せが、互いに自己新記録を更新し、金は史上最高得点、浅田は史上初の計3回のトリプルアクセル成功という素晴らしい結果を生んだ事例と言えます。



ってなんだい、これは。
ワケがわからないよ。




他にも沖縄に国際平和センターを作ろうとか、
日本海=東海海洋牧場をつくろうとか
日本海を中海と呼ぼうとか
テロリスト・安重根を安義士と呼んだり
朝鮮半島が分断されているのは日本に責任があるとか


まあ発言のどれをとっても日本人の立場のものとは思えません。
そもそもの前提が「平和を望む同志」としているところに無理があります。

同じように平和を望む国が、
相手国の仏像を盗んですっとぼけていたり
相手国の神社に不届きな行為をして知らん顔していたり
相手国の国家元首を侮辱しますかね。


そのような国と、本当に同じ方向を見て
同じ目標に向かって歩いていけると思える心理がわかりません。


最新の発言を見ても考えは変わっていないようなので
今でも韓国・朝鮮とは手を組むべきと考えているようですが
きちんと現実が見えているのでしょうか。


以下に小松氏の発言のいくつかを引用しましたので
お時間のある方はお読みください。

【朝鮮半島と日本列島の使命】
「人類史に対する「戦後責任」 から抜粋
2008年5月の訪韓時に日本大使館前で、80歳を超えた元従軍慰安婦の方々の日本に対する抗議活動に遭遇しました。この抗議行動は毎週水曜日に行われており、900回を超えていると聞いています。その雰囲気と回数に強烈な衝撃を受けました。

これは日韓両国家と民族の崩壊につながる本質的な問題であり、日本人はもちろんのこと、韓国人の見識と智慧と勇気が問われていると気づきました。

人類には「生物としての命」と、他の生物にはない尊厳の命があります。彼女たちは戦争中、大変な受難によって「尊厳の命」を失いました。私たちに日本人、韓国人、人間としての自覚があれば、彼女たちの戦後の長い間の困難な尊厳の命を取り戻す活動を放置することはできなかったはずです。

戦争責任とは、戦争を未然に防げなかった戦前責任、国際法に照らし合わせた戦時責任、そして戦後責任の3つに分類されます。

戦争中に子どもであった世代以降は、戦前責任、戦時責任はありません。あるのは戦後責任です。戦前に作られた日本国内の鉄道、道路、港湾など社会インフラは利用するが、他国との関係から生じた怨念、恨みは先送りするということは許されません。戦後責任とは、戦争に至った経緯と背景、戦闘行為、そして現代社会の問題を調査研究し、その成果を、再び戦争を起こさないことと、恒久平和を生み出す資源として生かすことです。今を生きる私たち日本人はもちろんのこと、豊かになった韓国の方々を含めた、子孫と人類の歴史に対する使命です。


「和而不同」から生まれる「和譲」を旗印に から抜粋
韓国政府招聘を受けて出席した2009年10月の「安重根義士による伊藤博文公射殺100年」を記念する集会で、鄭雲燐国務総理は安重根義士の絶筆「東洋平和論」中の「合成惜敗、万古定理(合わされば成功し分裂すれば負ける)」を引き合いに、東洋平和と人類繁栄の精神は、世界の模範となっていると話しました。また安重根義士は「人類社会代表重任」という書を残しています。

この「人類という視点」に立ち、朝鮮半島と日本列島の間に広がる日本海=東海を「中海」に名称変更し、独島=竹島を新たな人類文化の発祥の地として拠点化することで、新しい道筋が見えてくると考えています。

日本人は第2次大戦の敗戦国であるにも関わらず、関係国と多くの怨念を維持しながら、ほとんどの国民が飢餓と殺戮の恐怖から免れ、豊かな生活を享受して来ました。私たちは加害者の子孫として、戦後責任を果たすなかで、日本が相手国の韓国、朝鮮とともに「楽しくゆかいに、持続的に生きられる地球社会の創造」という目的への第一歩を踏み出し、今を生きる私たちと子孫が尊厳欲求を満たせる環境をつくるためにも先頭に立つことが必要不可欠です。

2010年は、人類の歴史上大きな危機が迫り来る年です。それは一方では、世界のパラダイム転換への流れを生み出せる最も大きな機会が訪れていることを意味します。そのチャンスがいまです。これだけの素晴らしい大きな役割を担える時代と場所は、過去の歴史上どこにも、また未来にも有り得ません。この流れは前述のとおり、大きな危機と背中合わせです。

韓国併合100年にあたる本年、島根県内各地にある「竹島の日」に関連した広告塔と、同県による教科書への「竹島」記述働きかけ、日本海=東海呼称問題等の対立を発展の契機とし、「和而不同」から生まれる「和譲」を旗印に、世界恒久平和のモデルをつくり、環境・健康事業の発展を通じて、新たな人類繁栄の道を拓こうではありませんか。<了> 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鉄道、道路、港湾など社会インフラは利用するが、他国との関係から生じた怨念、恨みは先送りするということは許されません

↑これ、韓国に向けて言ったのかと思ったら違いました…。
いやいや、それなら併合中に整備されたインフラを利用しながら
いつまでも日本を責め立てるのはおかしい、とも
言えると思うんだけど…。
そういう方向には話が進まない不思議。

だいたい日本人が「安重根義士」なんていわないですよ。
自分の国の総理大臣が殺されて、その殺人者を讃える??
その時点で立ち居地が中立ではなく
韓国寄りだということがわかりますね。


そして次は韓国の雑誌でのインタビュー記事。
すんごく長いのでごく一部だけ引用です。
この最後のほうに真央ちゃんのくだりが出てきます。



2012年 韓国誌「市民時代」7月号インタービュー(徐世旭編集主幹)
‘和の文化’を創出する日本の人間自然科学研究所 小松昭夫理事長
より引用
(竹島(引用元では「独島」と記載)について聞かれて)
日本、韓国でもよく使われる「固有の領土」という表現については多少違う見解を持っています。領土は国民国家の時代以降の概念だと考えています。経緯と現状を踏まえ、未来を見通し、関係国の協議・承認によって領土が確定します。このプロセスが国民の見識を深めるのです。「固有の領土」は世界中どこにもないのではないかと考えています。

~~~~中略~~~~~~

Q9 理事長は、'和の文化'の創出において、人類全体よりも、まず、朝鮮半島・日本・中国に重点を置いているように見えます。とても当然のことと存じます。現在、この三ヶ国間には、領土・過去史問題が横糸と縦糸で編まれ、ソロモン王の知恵でも解き難い乱麻のように絡まっています。韓・日間の独島・従軍慰安婦・強制徴用・文化財回収の問題があり、日中間には、領土問題と日清戦争以後の補償問題がかかっています。問題は、3カ国の和のためには、何よりも先行されなければならない日本の謝罪とそれに伴う法的・人間的補償です。日本は、戦争が終わって67年が経つ今日まで日本が行った残酷な犯罪と悪行を認めようとしないで、それに対する真の謝罪も回避しています

理事長もご存知のように、個人間の関係でも激しい葛藤と対立があっても、お互い是非を明確にし、誤った人が謝罪をし、容赦を求めると和解が出来ます。この和解こそが理事長が成そうとする“和”の本質ではないでしょうか?ですので、いまにでも、日本と日本国民が誤った過去の過ちについて謝罪をし、それに対する補償をすると“和”は日本国全体で噴出する温泉のように溢れるでしょう。東北アジアは勿論、世界の“和の創出”に画期的な契機を備えることが出来るのではないでしょうか?「和の文化」創出に尽力なさる理事長が率先して、日本国内で意を一緒にする人に、誤まった歴史に対する日本と日本国民の反省と謝罪が出来るためにすべての努力に集中されるのが“和”を成す出発点になると存じますが、これに対する理事長の見解を聞かせてください。


まったく同感です。多大なる災難を与えた世代の子孫として、日本人として各国をまわり、戦後責任を果たす入口として、謝罪をしてきました。六カ国協議のメンバーである大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、日本の三カ国に関わるあらゆる歴史問題をすべてテーブルにあげると、問題が山積みになり、憤りや、ため息が出るはずです。

山積した問題群を、私は「禍」と定義しています。「禍転じて福となす」という言葉もあります。これを戦前、戦時、戦後責任の、三つの責任に分け、技術革新の成果を組合せれば、「福」すなわち「和」を生み出すことができると確信しています。いま大きな問題になっている、竹島独島、日本海東海呼称、慰安婦の問題はこのプロジェクトが始まる入口です。

2011年2月22日の「竹島の日」に発刊した「朝鮮半島と日本列島の使命」で述べていますが、2008年5月の訪韓時に日本大使館前で、 80歳を超えた元慰安婦の方々の日本に対する抗議活動に遭遇し、その雰囲気と回数に強烈な衝撃を受けました。この抗議行動は1000回を超え、少女の像も建立され、米国にも既に二つの碑が建立され、今後も多数の碑がつくられると聞いています。

これは日韓両国家と民族の崩壊につながる本質的な問題であり、 日本人はもちろんのこと、 韓国人の見識と智慧と勇気が問われています。彼女たちは戦争中、大変な受難によって 「尊厳の命」 を失いました。 私たちに日本人、韓国人、人間としての自覚があれば、彼女たちの戦後の長い間の困難な尊厳の命を取り戻す活動を放置することはできなかったはずです。

戦争責任とは、戦争を未然に防げなかった戦前責任、戦時責任、そして戦後責任の3つに分類されます。戦争中に子どもであった世代以降は、戦前責任、戦時責任はありません。あるのは戦後責任です。戦前に作られた鉄道など社会インフラは利用するが、他国との関係から生じた怨念、 恨みは先送りするということは許されません。

戦後責任とは、戦争に至った経緯と背景、戦闘行為、そして現代社会の問題を調査研究し、その成果を再び戦争を起こさないことと、恒久平和を生み出す資源として生かすことです。日本人はもちろんのこと、豊かになった韓国の方々を含めた、今を生きる私たちの子孫と人類の歴史に対する使命です。謝罪と償い金は、わずかな部分にしかすぎません。

~~~~中略~~~~~~

(発酵食品の摂取・発酵文化の先進化推奨の理由を聞かれて)
朝鮮半島と日本列島にはキムチ、味噌、醤油など、発酵食文化の伝統が受け継がれており、発酵に適した独自の気候風土もあります。先端技術の成果と、伝統ノウハウを生かし、三カ国の対立エネルギーに統合のエネルギーを組合せ、研究開発と事業化に取り組めば、この地域を人類繁栄の基礎となる免疫力の飛躍的向上に向けた発酵食文化の先進地とすることができると考えています。

2010年のバンクーバーオリンピックにおける金妍兒と浅田真央の活躍は、私たちに希望と勇気を与えてくれました。対立のエネルギーと統合のエネルギーの組合せが、互いに自己新記録を更新し、金は史上最高得点、浅田は史上初の計3回のトリプルアクセル成功という素晴らしい結果を生んだ事例と言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダメだ。
何回読んでもワケがわからない。

とりあえずあの五輪で私が得たものは
勇気と希望なんかではないことははっきりしています



そしていつも思うのは韓国メディアの文章は
ダラダラと長くて要点がわかりづらいってことです。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-25 14:59 | 中国・韓国
※朝日新聞記者のツイートの中に
興味深いものを見つけましたので最後に追記しました。


前記事ではコメントをたくさんありがとうございました。
本来ならばひとつひとつにお返事するのが筋なのですが、
この記事でまとめて皆様へのお返事とさせていただきます。


まず「全部読んでから批判すべきでは?」というご意見。
ええ。私もまったくその通りだと思います

ですのでこの漫画は素晴らしい/とんでもない という
「漫画全体への批評」はしてません

この漫画の一部(「天皇が殺人者」とか「国歌なんてくそくらえ」とかね)を
見ただけで、私の心情としては
「こんな漫画、大人も子供も等しく禁止だっ!」ですが
読んでいないのでそれを書くのは我慢しました。


ですので学校図書選定基準にある項目に照らして、
図書館に置いて子供に進んで読ませるべきか否か
という点にのみ限定して、松江市の決定に賛成したのですが…

おかしいですか?


全部通して読まないとこの漫画の作品としての価値
言及することはできませんが、
一部だけを見てもどうにもごまかしようがないほどに
明らかに選定基準にひっかかるなと思ったのです。
一部だけしか見ていない私にもはっきりわかるように
作者が描いてくれていますから。
(事実に基づかない主張、実在の人物に公平でない扱い、
過激な描写である点など)


また下記の通り、松江市側の主張は歴史認識の面ではなく
性描写や残虐なシーンにおいてですよね。


市教委の古川康徳副教育長は
「歴史認識の問題ではなく、あくまで過激な描写が子どもにふさわしくないとの判断だ」と説明。
「平和教育の教材としての価値は高いと思うが、要請を見直す考えはない」と話している。

(【「はだしのゲン」を閲覧制限】中国新聞 2013.8.17)

内容がどうであろうと(松江市は「平和教育のためには素晴らしいといっている)
この点において駄目だと松江市がいっているので、
画像を確認しその上で私も駄目だと思ったから賛同する。

おかしいですか?


そしてきちんと伝わらなかった方もいるようですが、
(すみませんね。話が長くてあちこち飛びすぎたので
わかりにくかったかもしれません)
私が本当に言いたかったのはタイトルどおり
「ダブルスタンダード」です。


松江市の判断をなんのかのというのなら
船橋の件も等しく述べよ

他の漫画・アニメ・映画にも
性的表現・残虐な場面がどうのというのなら
「はだしのゲン」についても同じように述べよ


というごくごく素朴な疑問です。
皆さんも気になりませんでしたか?


そういういい加減なスタンスでテレビ・新聞が
視聴者・読者を誘導するかのように松江市を批判するのであれば
私は「松江市の主張は首尾一貫しているのでなんらおかしくない」と
その点で応援する。


読んだ方は読んだ上での感想で賛成・反対すればよい。
過去の経験から松江市に賛同する方もいていいし、
賛成も反対も、その理由もそれぞれ個人の自由です。




ここで、最初に戻りますが
全部読まないと全体を正しく批判できない
これは私もまったくもって同感です。

だからやっぱり、つぎはぎ・切り貼り報道のマスコミは
おかしいですよね


私のブログなんて訪問者も限られているし、
社会への影響力なんてゼロですが
何万部と発行している新聞、何万人が見ているテレビで
政治家の発言の一部分を切り取って批判なんて
決してやってはなりませんよね。


そして「信濃毎日新聞」が
おかしなことを言っているのがわかりますよね。
ということで最後におまけをつけました。


だから今後もぜひ、マスコミの皆様には
一部引用のみでは全体がわからないことがあることを、
国民が情報をきちんと正しく判断できるように
前後の流れをぶったきらずに報道してくれるよう、
訴えていきましょう。


私の主張に異を唱えてくださった方、
フォローしてくださった方、
経験談を書いてくださった方、
皆様ありがとうございました。
(あ。コマツの件、間に合わないかも…。すみません!)


<追記>
朝日の記者がどういう方向に話を持っていきたいのか
よくわかりませんが、この箇所を読んだ私が
「なーんだ(以下自粛)」と思ったのは言うまでもありません。


d0309182_9464858.jpg


全部読みたい方はこちらをどうぞ
→【武田 肇 다케다 하지@hajimaru2】
  https://twitter.com/hajimaru2

わかりやすく順番にツイートをまとめてあるのはこちらです
→【松江市教委が、漫画「はだしのゲン」小中学校での閲覧制限問題】
  http://togetter.com/li/552839



<お知らせ>
プライベートがちょっと忙しくなってきましたので
更新回数が今までよりは減るかもしれません。
あと一ヶ月もすれば本格的にフィギュアシーズンが
始まりますから、体力も温存しておきたいですし…。

病気などではありませんから、その点はどうぞご心配なく!


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-24 01:22 | 政治

ダブルスタンダード


遅くなりましたが「テキサス親父さんの来日日程と
その集いの詳細が発表されていましたのでご紹介。
こちらからどうぞ→ 【テキサス親父】テキサス親父の来日に関してのお知らせ 
(ちょっと私は都合がつかないかも…。うう。)


さて、『はだしのゲン』ですが。
私はこの漫画を読んだことがありません。
学校の図書室にありましたし、クラスメイトが読んでいたので
チラッと見たことはありますがどうにも胡散臭いニオイがプンプンして
「あ、これはきっと私は近づかないほうがいいな」と
思っていました。
ですので直接この漫画への感想を述べることはできませんが


d0309182_12325970.jpg



こんなこと書いているんですね。
こりゃ読まなくて正解でした。


そもそも学校の図書館なんて普通は漫画を置いていないのに
どうしてこれだけ特別扱いだったのか不思議でした。
(「漫画日本の歴史」などは除く)



まず学校図書には選定基準があるそうで
「公益社団法人 全国学校図書館協議会」の
【全国学校図書館協議会図書選定基準】
を見るとこのように書いてありました。

II 部門別基準
[20]  まんが
(1) 絵の表現は優れているか。
(2) 俗悪な言葉を故意に使っていないか。
(3) 人間の尊厳性が守られているか。
(4) ストーリーの展開に無理がないか。
(5) 俗悪な表現で読者の心情に刺激を与えようとしていないか。
(6) 悪や不正が讃えられるような内容になっていないか。
(7) 戦争や暴力が、賛美されるような作品になっていないか。
(8) 学問的な真理や歴史上の事実が故意に歪められたり、無視されたりしていないか。
(9) 実在の人物については、公平な視野に立ち、事実に基づき正確に扱われているか。
(10) 読者対象にふさわしい作品となっているか。
(11) 原著のあるものは、原作の意が損なわれていないか。
(12) 造本や用紙が多数の読者の利用に耐えられるようになっているか。
(13) 完結されていないストーリーまんがは、原則として完結後、全巻を通して評価するものとする。



(1)や(2)は主観によるものなので判断が難しいところですが
(4) ストーリーの展開に無理がないか。
(5) 俗悪な表現で読者の心情に刺激を与えようとしていないか。
(8) 学問的な真理や歴史上の事実が故意に歪められたり、無視されたりしていないか。
(9) 実在の人物については、公平な視野に立ち、事実に基づき正確に扱われているか。


これはアウトでしょ。
天皇陛下を殺人者だと言ったり、証拠も何も無い「日本兵の残虐行為」が
さも目撃した事実のように描いてあったり…
(画像確認済み)

少なくともまだ知識も不十分で正確な判断ができない
子供たちに吹き込んでいい内容だとは思えません。

子供のころ見聞きしたものの影響は思いのほか大きいのです。
私のこのブログタイトルも、なにやらロマンチックな響きですが
実情はそんな華やかなものではありません。
子供のころの悔しかった思いがいまだに…

まあ、私のことはいいです。
とにかく充分な判断力を持たない子供にとって
果たして「良書」と呼べるのだろうか?ということです。


さらに【全国学校図書館協議会図書選定基準】には


Ⅲ 対象としない図書
(5) 特定政党の立場よりする宣伝および一方的批判を内容としたもの。政治結社についてもこれに準ずる。



という項目があります。
『はだしのゲン』という漫画は、物語の前半(主に原爆の悲惨さを述べた部分)
は「少年ジャンプ」に掲載されていましたが、
政治主張の多い後半は日本共産党系の論壇誌や左系市民誌、
日教組の機関紙に掲載されていたとのこと。


ちなみに[政治結社]とは
党派としての政党がその代表例であるが、圧力団体、市民団体、環境保護団体なども政治結社としての機能を発揮している。
(「YAHOO!百科事典」参照)

とありました。

どうでしょう。
果たして学校に置くべき図書、といえるのでしょうかね。
子供の学ぶ機会云々というのなら、わざわざ政治色が強く、
過激な描写のあるこの漫画でなくとも戦争・原爆の悲惨さを
訴えるものは他にもあります。
なにゆえこのようにグレーゾーン(私は真っ黒だと思いますが)の
本でなければならないのでしょう。

しかも「子供には自由に見られないようにした」ってだけですよね?
大人にも禁止したわけではないでしょう。
自治体によっては図書館の蔵書選定にかなり偏りのあるところもありますよ。
「学ぶ自由」「知る権利」というのなら、等しくそちらも指摘しましょう。


そして今回の件を聞いて私が真っ先に思い出したのは
【船橋市西図書館蔵書破棄事件】です。


簡単にまとめると、いち公務員(市立図書館の司書)が
「新しい歴史教科書を作る会」に参加している人など
いわゆる保守派・右派といわれる著者の本を
勝手に破棄していたという噴飯ものの事件です


渡部昇一、西尾幹二、谷沢永一、岡崎久彦、藤岡信勝…
私が敬愛している先生方の本が被害に…


「表現の自由、子供から学ぶ自由を奪う!」
といって松江市を批判するのなら
ぜひこの件も取り上げて欲しいのです。

たかだか10年前の話です。
関連事項として取り上げてもおかしくないでしょう。

ちなみに産経以外では船橋の件はどう報道していんでしょう。
本好きで図書館にお世話になっていた私には許せない事でしたので
事件そのものはよーーーく覚えているのですが、産経以外のメディアが
問題にしていたかどうかは記憶にありません。
時間が取れれば図書館に行って縮刷版を確認するのですが…。


またこの件は「秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記」様の
【土橋悦子-船橋市立西図書館「焚書」事件。 】の記事にも詳しく記述がありますので
ぜひそちらもどうぞ。


つまり何がいいたいのかというと、「表現の自由」という点において
『はだしのゲン』の閲覧制限はけしからんと騒ぐのなら、
船橋の件も同じように「けしからん」と指摘しないと辻褄が合わない。
ってことです。

一方は「良い制限」で一方は「悪い制限」ですか?

『はだしのゲン』に関して松江市側は
「描写が子供にとって不適切」という
れっきとした基準に基づいて主張されていますよね。
最近の世間一般の風潮とも合致しています。
(本来の訴えはそれよりもプロパガンダ的側面に関してだったそうですが
それは市議会によって却下されたとのことです。)

今回の松江市の決定を、映画のR指定なんてくだらない。
皆に自由に見せるべき!と普段から主張する人が
意義を申し立てているのなら筋は通ります。
それはそれで一貫性があり、主張したいことは理解できます。

しかし反対する人たちの多く(主にメディア)は
いつもは「子供に残酷なシーンは見せるべきではない」
「過激な性描写は控えるべき」と言っていませんか?

対象によって意見がコロコロ変わる人の主張なんて
私は到底支持できません。

下に産経のコラムを一部引用しましたが、まあ産経の言う通りでしょうね。
『はだしのゲン』が反日プロパガンダとして
非常に有効だからマスコミや反日市民団体が擁護するのでしょう。
だからこんなにも一貫性のない主張になるのでしょう。

よって私は松江市の決定を支持します。
鳥取市も同じ措置を取るそうですね。
(詳しくは「かけだし鬼女」様のブログにてどうぞ
→【緊急・文例アリ】鳥取市立図書館「はだしのゲン」22日に協議予定!閲覧制限を支持する凸をばっ!)

応援します。
現在反対派の意見が多く寄せられているそうなので、
松江市に賛同する方は、ぜひ支持する気持ちを伝えてあげてください。

松江市連絡先
〒690-8540 島根県松江市末次町86
TEL 0852-55-5555(代表)|FAX:0852-55-5530
E-mail koe@city.matsue.lg.jp

鳥取市立中央図書館 (西尾肇館長宛で)
〒680-0845 鳥取県鳥取市富安2丁目138-4
TEL(0857)27-5182|FAX(0857)27-5192
E-mail  chuo@lib.city.tottori.tottori.jp



以下産経新聞【阿比留瑠比の極言御免】
「はだしのゲン」はどんな本か
(2013.8.21 )から一部引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品の残虐表現について「発達段階の子供に適切かどうか疑問」と判断した市教委に対し、いくつかの新聞が社説で取り上げ批判する事態になっている。例えばこんな論調である。

「閲覧制限はすぐ撤回を」(20日付朝日新聞)
「戦争知る貴重な作品だ」(同日付毎日新聞)
「彼に平和を教わった」(21日付東京新聞)

どれも「ゲン」を高く評価した上で、市教委の指示に関しては「子どもたちの(原爆に関心を持つ)そうした出会いを奪いかねない」(朝日)、「子供たちが考える機会を奪う」(毎日)、「子どもたちよ、もっとゲンに触れ、そして自分で感じてほしい」(東京)などと主張する。

だが、これらの社説は、実際の「ゲン」の作品世界とは遊離していないか。社説を書いた各紙の論説委員は、本当に「ゲン」を読んでいるのかと疑問に思う。

40年近く前、小学校の学級文庫に並ぶこの作品を読んだ筆者は、そこから「平和の尊さを学ぶ」(毎日)というより、人間社会の「悪意」と「憎しみ」ばかりを印象に刻んだ。グロテスクな表現と登場人物の自己中心的な言い分にうんざりした記憶はあっても、「中沢さんの思いに子どもたちが共感した」(朝日)とはにわかに信じがたい。

3紙の社説は具体的に触れていないが、「ゲン」では何ら根拠も示さず旧日本軍の「蛮行」が「これでもか」というほど語られる。

「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊を引っ張り出したり」「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」…。


特に天皇に対しては、作者の思想の反映か異様なまでの憎悪が向けられる。

「いまだに戦争責任をとらずにふんぞりかえっとる天皇」「殺人罪で永久に刑務所に入らんといけん奴はこの日本にはいっぱい、いっぱいおるよ。まずは最高の殺人者天皇じゃ」

東京社説によると「ゲン」は、韓国では全10巻3万セットを売り上げるベストセラーだという。さだめし、韓国の「反日」活動の論拠の一つとして利用されていることだろう。

朝日社説は「漫画を否定しがちだった先生たちが、限られた図書館予算の中から『ゲン』を積極的に受け入れたのも、作品のメッセージ力が強かったからこそだ」と持ち上げる。とはいえ、日教組好みのメッセージだったからこそ、学校現場で普及したのだから当たり前の話である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うん。だって日教組の機関紙に掲載していたんですものね。
そりゃあ積極的に受入れたでしょうね。


また今回の件については「アゴラ」の記事が素晴らしいので
ぜひ一読することをお勧めします。
→ 【『はだしのゲン』騒動のばからしさ】



<おまけ>
私がいつもお世話になっているまとめサイト「保守速報」様。
先日「信濃毎日新聞」という地方新聞社から
「新聞記事の全文転載不可。一部引用はOK。ただし魚拓は取るな」
というお達しを受けたそうです。

私は記事を書くときには新聞記事をなるべく全文載せています。
なぜか?
「一部引用」では私が都合のいい部分だけを抜き取って
本来の意味と違うように論じることも可能だから。
そう、この前の麻生副総理の発言を、マスコミが切り貼りしたように。


それではいけないと思うから、長くなりますが全文を載せています。
ソースだけ提示しても、時間が経つとウェブ上の記事は消えたりするので
意味が無いんです。
そして魚拓をとらないと、あとでこっそりメディア側に記事内容を
変更されてもそれを指摘できないでしょう?

麻生副総理の件で、読売新聞がこっそりタイトルを変更したんです。
でもそれに気がついたのもある人がきちんと魚拓という「証拠」を
取っておいたからわかったことなんです。


会員制などの制限をかけずに自ら
ネット上に掲載しているにも関わらず、
全文不可、魚拓も禁止といちブログへクレームをつけ
「国民の知る権利」に規制をかけたのと同じその口で今度は
【はだしのゲン 子どもに目隠しするな 】ですって。

『はだしのゲン』閲覧制限に反対する側の
メンタリティがよくわかる事例だと思います。


<参考>
「保守速報」様と信濃毎日新聞のやりとり一覧
【信濃毎日新聞社様から削除依頼】
  ↓
【信濃毎日新聞社様からメッセージ「引用について説明させていただきます」】
  ↓
【信濃毎日新聞社様からメッセージ「魚拓も禁止」】



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-22 12:52 | マスコミ

正しく恐れるために

本当は終戦の日に書きたかったこの記事。
あれこれ調べていたので少し遅くなってしまいました…。

口語訳・原文両方載せましたが全部読むのは大変ですので、
口語訳だけでも読んでいただければと思います。




【昭和天皇「開戦の詔勅」】
<口語訳>


神々のご加護を保有し、万世一系の皇位を継ぐ大日本帝国天皇は、忠実で勇敢な汝ら臣民にはっきりと示す。
 
私はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。

私の陸海軍将兵は、全力を奮って交戦に従事し、私のすべての政府関係者はつとめに励んで職務に身をささげ、私の国民はおのおのその本分をつくし、一億の心をひとつにして国家の総力を挙げこの戦争の目的を達成するために手ちがいのないようにせよ。

そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、私が常に心がけている事である。そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。
今や、不幸にして、米英両国と戦いを開始するにいたった。

まことにやむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。 

中華民国政府は、以前より我が帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。

帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石の政権は、米英の庇護を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。

米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。

あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。

私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にも益々、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。

このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定に関して我が帝国がはらってきた積年の努力は、悉く水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕することになる。

ことここに至っては、我が帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない。
皇祖皇宗の神霊をいただき、私は、汝ら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである。



<原文>
天佑ヲ保有シ萬世一系ノ皇祚ヲ踐メル大日本帝國天皇ハ昭ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス

朕茲ニ米國及英國ニ対シテ戰ヲ宣ス

朕カ陸海將兵ハ全力ヲ奮テ交戰ニ從事シ朕カ百僚有司ハ勵精職務ヲ奉行シ朕カ衆庶ハ各々其ノ本分ヲ盡シ億兆一心國家ノ總力ヲ擧ケテ征戰ノ目的ヲ達成スルニ遺算ナカラムコトヲ期セヨ

抑々東亞ノ安定ヲ確保シ以テ世界ノ平和ニ寄與スルハ丕顕ナル皇祖考丕承ナル皇考ノ作述セル遠猷ニシテ朕カ拳々措カサル
所而シテ列國トノ交誼ヲ篤クシ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ之亦帝國カ常ニ國交ノ要義ト爲ス所ナリ今ヤ不幸ニシテ米英両國ト釁端ヲ開クニ至ル

洵ニ已ムヲ得サルモノアリ豈朕カ志ナラムヤ

中華民國政府曩ニ帝國ノ眞意ヲ解セス濫ニ事ヲ構ヘテ東亞ノ平和ヲ攪亂シ遂ニ帝國ヲシテ干戈ヲ執ルニ至ラシメ茲ニ四年有餘ヲ經タリ幸ニ國民政府更新スルアリ

帝國ハ之ト善隣ノ誼ヲ結ヒ相提携スルニ至レルモ重慶ニ殘存スル政權ハ米英ノ庇蔭ヲ恃ミテ兄弟尚未タ牆ニ相鬩クヲ悛メス

米英両國ハ殘存政權ヲ支援シテ東亞ノ禍亂ヲ助長シ平和ノ美名ニ匿レテ東洋制覇ノ非望ヲ逞ウセムトス

剰ヘ與國ヲ誘ヒ帝國ノ周邊ニ於テ武備ヲ增強シテ我ニ挑戰シ更ニ帝國ノ平和的通商ニ有ラユル妨害ヲ與ヘ遂ニ經濟斷交ヲ敢テシ帝國ノ生存ニ重大ナル脅威ヲ加フ

朕ハ政府ヲシテ事態ヲ平和ノ裡ニ囘復セシメムトシ隠忍久シキニ彌リタルモ彼ハ毫モ交讓ノ精神ナク徒ニ時局ノ解決ヲ遷延セシメテ此ノ間却ツテ益々經濟上軍事上ノ脅威ヲ增大シ以テ我ヲ屈從セシメムトス斯ノ如クニシテ推移セムカ

東亞安定ニ關スル帝國積年ノ努力ハ悉ク水泡ニ帰シ帝國ノ存立亦正ニ危殆ニ瀕セリ事既ニ此ニ至ル

帝國ハ今ヤ自存自衞ノ爲蹶然起ツテ一切ノ障礙ヲ破碎スルノ外ナキナリ
皇祖皇宗ノ神靈上ニ在リ朕ハ汝有衆ノ忠誠勇武ニ信倚シ祖宗ノ遺業ヲ恢弘シ速ニ禍根ヲ芟除シテ東亞永遠ノ平和ヲ確立シ以テ帝國ノ光榮ヲ保全セムコトヲ期ス

 御 名 御 璽

昭和十六年十二月八日




【昭和天皇「終戦の詔勅」(玉音放送)】
<口語訳>


世界の情勢と日本の現状をよくよく検討した結果、ありえないと思われる方法をあえてとることにより、この状況を収拾したい。常に私に忠実であるあなたがた臣民の皆さんに、今から私の決断を伝えよう。

私は日本政府担当者に米国、英国、支那、ソビエト連邦の4カ国に対して、日本が(ポツダム)共同宣言を受け入れると伝えることを指示した。

そもそも私たち日本国民が穏やかで安心な暮らしができ、世界全体と繁栄の喜びを共有することは、歴代の天皇が代々受け継いで守ってきた教えであり、私自身もその教えを非常に大事なことと考えてきた。
最初に米英2カ国に宣戦布告した理由も、日本の自立とアジアの安定を願う想いからであり、ほかの国の主権を侵したり、その領土を侵したりすることが、私の目指すところであったわけではない。

しかれども、戦争はすでに4年も続いており、我らが陸海軍人たちの勇敢な戦いぶりや行政府の役人らの一心不乱の働きぶり、そして1億人の庶民の奉公、それぞれが最善を尽くしたにも拘わらず、戦況は必ずしも好転せず、世界の情勢を見るに、日本に有利とはとても言えない状況である。

その上、敵は残虐な新型爆弾を使用して多くの罪のない者たちを殺傷し、その被害の及ぶ範囲は、測ることもできないほどに広がっている。もしもこれ以上戦争を続ければ、最後には我が日本民族の滅亡にもつながりかねない状況であり、ひいては人類の文明すべてを破壊してしまいかねない。

そのようなことになれば、私は、どのようにして1億人の民を守り、歴代天皇の霊に顔向けすることができようか。これが私が政府担当者に対し、共同宣言に応じよと指示した理由である。

私は、アジアを(西欧列強から)解放するために日本に協力してくれた友好国にたいして大変申し訳なく思う。また、日本国民であって戦地で命を失った者、職場で命を落とし、悔しくも天命をまっとうできなかった者、そしてその遺族のことを考えると、心も体も引き裂かれんばかりの思いがする。戦争で傷つき、戦災被害にあって家や仕事を失った者たちの暮らしについても、非常に心配に思っている。

この後、日本が受けるであろう苦難は言うまでもなく尋常なものではないであろう。みなさん臣民の悔しい思いも、私はよくよくそれを分かっている。
しかれども、私は時代の運命の導きにそって、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、これからもずっと続いていく未来のために、平和への扉を開きたい。

私はこうやって日本の国の形を守ることができたのだから、忠誠心が高く善良な臣民の真心を信頼し、常にあなたがた臣民とともにある。感情の激するがままに事件を起こしたり、もしくは仲間同士が争って世の中を乱したり、そのために道を誤って世界からの信頼を失うようなことは、最も戒めたいことである。

何とか国全体が一つとなり、子孫にまでその想いを伝え、神国日本の不滅を信じ、任務はとても重く、行く道は非常に遠いことを覚悟して、将来の建設に向けて総力を結集し、道義を守り、志と規律を強く保持して、日本の力を最大に発揮することを誓い、世界の先進国に遅れをとらずに進むのだという決意を持とうではないか。

私の臣民たちよ、ぜひともこの私の意思をよくよく理解してもらいたい。



<原文>
朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、茲に忠良なる爾臣民に告ぐ。

朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨、通告せしめたり。

抑々、帝国臣民の康寧を図り万邦共栄の楽を偕にするは、皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所、曩に米英二国に宣戦せる所以も、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し、領土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。

然るに交戦已に四歳を閲し朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。

世界の大勢、亦我に利あらず、加之敵は新に残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所、真に測るべからざるに至る。

而も尚、交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、延て人類の文明をも破却すべし。斯の如くむば、朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや。是れ、朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。

朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。帝国臣民にして戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及び其の遺族に想を致せば五内為に裂く。且、戦傷を負ひ、災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念する所なり。

惟ふに今後、帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。
然れども、朕は時運の趨く所、堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ、以て万世の為に太平を開かむと欲す。

朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し、常に爾臣民と共に在り。若し夫れ、情の激する所、濫に事端を滋くし、或は同胞排擠互に時局を乱り為に大道を誤り、信義を世界に失ふが如きは、朕最も之を戒む。

宜しく挙国一家子孫相伝へ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念ひ、総力を将来の建設に傾け、道義を篤くし志操を鞏くし誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。

爾臣民其れ克く朕が意を体せよ。

御名御璽
昭和二十年八月十四日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※どちらも口語訳は西村幸祐氏のツイッターからお借りしました。
 ありがとうございました。
 また、読みやすいように適当に改行しました。



私が通った学校は比較的日教組の影響の
薄い地域にありましたが、それでも
「日本は狂乱の中で無謀な戦争に踏み切った」
という印象を抱くような授業を受けた記憶があります。
(私の場合は家庭内で修正されましたが)
そもそも教科書がそういう作りになっていますから
先生たちがそう教えるのは仕方の無いことなのかもしれません。


しかし「開戦の詔」と「終戦の詔」をきちんと読めば
決してそうではないことがわかります。
日本は様々な努力をしたが、已む無く開戦に至った。
その経緯と結果をきちんと後世の者にも伝わる形で
残っています。


日本人としてあの戦争を学ぶ時、昭和天皇のこの
お言葉を素通りするのはやはりおかしいと思うのです。

ことさらに日本を美化する必要もないし、
戦争を正当化しろといっているわけでもありません。

しかし日本人として日本の立場での戦争を理解しないと
次に繋がらないではありませんか。
なぜ戦争に踏み切らざるを得なかったのか。

それを理解しないことは、つまり己の弱点を理解しないことになり
次に同じような事態が起きた時、
また同じことを繰り返してしまいます。
戦争を回避する術を学ぶことができません。


日露戦争の時は勝てる戦に持ち込むことができたのに
なぜ大東亜戦争ではそれができなかったのか。

そういうことを学ぶのが本当の歴史の勉強ではないでしょうか。
ひたすら戦争怖い・戦争は嫌だ・二度と起こしたくない
と唱えることが「歴史に学ぶ」ということではないはずです。

なぜ起きたのか。
自らの正義を守りつつ、理不尽な要求を押し付ける国に
好き放題させないためにはどうしたらいいのか。
戦争に負けるとどうなるのか…

そういうことを学ばない、学ばせないで
一方的に日本が悪かった、侵略した、
アジア諸国に多大な迷惑と被害を蒙った。
それだけを教える今の「平和教育」に
いったい意味があるのでしょうか。



作家の曽野綾子さんはよく「正しく恐れる」という
言葉を使われます。
正しい知識を得て、何がどう怖いのかを知らなければ、
トンチンカンな方法で守ろうとし、結局は我が身を滅ぼす。

そういうことをよく仰います。


いたずらに恐怖心だけを植えつけて
「戦争」と聞いただけで思考停止に陥らせるような教育は
やはり歪です。

目を閉じ、耳を塞いでいれば危険が去るわけではありません。
無理矢理こじあけようとする者が世の中にはいる。
話合いで解決する気の無い者が世の中にはいる。
そういう相手にはどうしたらいいのか。

ただ「平和 平和」と唱えているだけでは
平和なんて手に入らない。
そういうことを、もっときちんと学ぶべきでしょう。



そしてもうひとつ、日本国民として知っておくべきことだと
思うのが「米国の新型爆弾による攻撃に対する抗議文」です。


昭和20年8月6日に広島市に落とされた原子爆弾の攻撃に対し、
日本政府は8月10日、抗議文を駐スイスの加瀬俊一公使から
スイス政府を通じて米国政府に提出しました。

長いのですが全文掲載します。



【米国の新型爆弾による攻撃に対する抗議文】
本月六日米国航空機は広島市の市街地区に対し新型爆弾を投下し瞬時にして多数の市民を殺傷し同市の大半を潰滅せしめたり。

広島市は何ら特殊の軍事的防衛乃至施設を施し居らざる普通の一地方都市にして同市全体として一つの軍事目標たるの性質を有するものに非ず、本件爆撃に関する声明において米国大統領「トルーマン」はわれらは船渠(せんきょ)工場および交通施設を破壊すべしと言ひをるも、本件爆弾は落下傘を付して投下せられ空中において炸裂し極めて広き範囲に破壊的効力を及ぼすものなるを以つてこれによる攻撃の効果を右の如き特定目標に限定することは物理的に全然不可能なこと明瞭にして右の如き本件爆弾の性能については米国側においてもすでに承知しをるところなり

また実際の被害状況に徴するも被害地域は広範囲にわたり右地域内にあるものは交戦者、非交戦者の別なく、また男女老幼を問わず、すべて爆風および幅射熱により無差別に殺傷せられその被害範囲の一般的にして、かつ甚大なるのみならず、個々の傷害状況より見るも未だ見ざる惨憺なるものと言ふべきなり。

聊々交戦者は害敵手段の選択につき無制限の権利を有するものに非ざること及び不必要の苦痛を与ふべき兵器、投射物其他の物質を使用すべからざることは戦時国際法の根本原則にして、それぞれ陸戦の法規慣例に関する条約付属書、陸戦の法規慣例に関する規則第二十二条、及び第二十三条(ホ)号に明定せらるるところなり。

米国政府は今次世界の戦乱勃発以来再三にわたり毒ガス乃至その他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の輿論により不法とせられをれりとし、相手国側において、まづこれを使用せざる限り、これを使用することなかるべき旨声明したるが、米国が今回使用したる本件爆弾は、その性能の無差別かつ惨虐性において従来かゝる性能を有するが故に使用を禁止せられをる毒ガスその他の兵器を遥かに凌駕しをれり、米国は国際法および人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたり帝国の諸都市に対して無差別爆撃を実施し来り多数の老幼婦女子を殺傷し神社仏閣学校病院一般民衆などを倒壊または焼失せしめたり

而していまや新奇にして、かつ従来のいかなる兵器、投射物にも比し得ざる無差別性惨虐性を有する本件爆弾を使用せるは人類文化に対する新たなる罪悪なり。帝国政府はここに自からの名において、かつまた全人類および文明の名において米国政府を糾弾すると共に即時かゝる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求す。
(西村幸祐氏のブログ「酔夢ing Voice 」2007年8月9日の記事より
※この抗議文は昭和20年8月11日の新聞にも掲載されたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


当時の日本政府は原爆投下からわずか4日で
このような非常に冷静かつ論理的な文章で抗議しました。

敗戦目前であるにも関わらず、決して卑屈になることなく
アメリカの行為が「戦時国際法違反である」と指摘しています。
原爆以外の都市への空襲も非戦闘地域・非戦闘民を襲った
残虐な行為であることを指摘しています。

しかし私はこの抗議文の存在をつい最近まで知りませんでした。


そしていまだに「原爆は終戦のために必要だった」という
アメリカ側の主張を、当然のように日本人も受入れています。


それはやはりおかしい。
当時の政府が抗議したことも私たちは知るべきです。


何も「日本はアメリカの核実験の被害者だ!」と
泣き喚けというのではありません。

原爆が落とされて、日本が抗議した。
その事実を学ぶことがそんなにおかしなことでしょうか。



天皇陛下のお言葉やこの抗議文を読むと、
日本はたとえ敗戦国であってもできる限りの抗議をし、
決して戦勝国の言いなりにはなるまいと、
未来を子孫へ託そうとする力強い姿が窺えます。


ここに至るまで長いことかかりましたが
そろそろご先祖様のその期待に
応えるべきときが来たのだと思います。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-20 00:33 | 政治
シブタニ兄妹作成の動画、新しいものがアップされていましたね。
もうすでに多くの人がご覧になっているかと思いますが
私も遅ればせながらご紹介いたします^^


【THE ICE 2013 - #thatPOWER】

シブタニ兄妹、ありがとうございます!
個人の動画としてアップするのはもったいないような
内容ですねえ。
ファンとしてはこんなに楽しませてもらって
感謝・感謝です!


そしてみんなかっこいい!!
でもやっぱり真央ちゃんファンの私は
真央ちゃんイチオシですな。

真央ちゃんは今までのプログラムで
EXやショープロも含めて「カッコいい」路線はないですよね。
「シェヘラザード」が唯一それに近いですが
あれもカッコいい&可愛いのミックスでしたし…
「鐘」も「カッコいい」とはまた違いますし…


いつか真央ちゃんの
「ハンサムウーマン」なプログラムを見てみたいな、
とこの動画を見て思いました。

きっとすんごくかっこよくて惚れ惚れするような
真央ちゃんが見られるはず!と勝手に想像して
楽しんでいます(笑)


真央ちゃんに限りませんが
あの選手がこれをやったらどうだろう…
と想像するのは楽しいですね☆



写真は随分前のオリンパスのCMですが
こういう真央ちゃんもいいなあと思うのです。
d0309182_8265213.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-18 08:31 | 真央ちゃん
予定していた記事を変更して先にこちらを。
これは前々から私も疑問に思っていました。

韓国で開催予定の「平昌オリンピック」です。
以前から適した山がないとか雪が少ないとか
いろいろ言われていましたよね。
私の知り合いで韓国に住んでいたことのあるおばさまも
「あんなところ、雪なんてたいして降らないわよ」と言っていました。

加えて一見絶好調に見えた韓国経済が隠し切れなくなった
その脆弱さ。
おまけに地震も何も無いのに停電。電力不足。
こんなことで本当に五輪なんてできるんだろうか。

もしかしたら日本に助けを求めてくるのでは…と
誰しもが予想していたことと思います。


するとすでにもう日本にタカり始めている、という
情報を見つけましたのでここに引用させていただきます。
こちらのブログからお借りしました。
→「日本のために」様の
 【言っても無駄だけど、南朝鮮よ、いい加減にせい!!
 (冬期オリンピックで日本に多大な要求!?)】



・・・・・・・・(以下全文引用)・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨年の夏にIOC国際オリンピック委員会は、2018年の冬季オリンピックに南朝鮮の平昌での開催を決定しました。まあ日本の札幌オリンピックから約半世紀、その間に日本は長野オリンピックも開催されていますが、どうにかアジアで日本に続き、半世紀も経ってしまったけれども南朝鮮でも冬季五輪がやっと開催されることになりました。それだけなら「南朝鮮よかったね、でもそれまでにユン・ソナはおばあさんになっちゃうよ、そうだサッカー等でも経験のある得意の例の手がありますね、がんばってください。」で済む話しですが、日本も少なからず影響受けるとなっては大変な問題だと思います。

日本と南朝鮮の間では(南朝鮮に限らず各国と、主として外務省が)いわゆる官僚の事務レベルにおいて様々な分野で協議が続けられています。その中でどうしても両国の間では歴史問題等に目を奪われがちですが、日本国民として少しでもその内容を漏れ聞くと怒りが噴出するのが、南朝鮮からの支援の依頼です

言葉が悪くなりますが、弁解させていただけばあまりにも南朝鮮のバカさ加減につい冷静さを若干失います。おそらく読まれる方、日本人なら「国交断絶」と叫ぶレベルになると思います。従って時々言葉悪くなりますがお許しください。

何処まで図々しい厚顔無恥の破廉恥国家なのか、その理由と更にその理由の一つとして民主党が原因なのですが、日韓基本条約にまで遡らなければなりませんが、それは後半のもっと深刻な事案の中で説明します。とりあえず事務レベル協議が定期的に開かれ、そのほとんどは日本へのタカリだということを理解してください。

そして平昌オリンピックについてです。まだ五年以上先であり特にメディアも取り上げていませんが、既にとっくに南朝鮮による日本へのタカリは始まっているのですそしてそのタカリは、日本の歴史問題に絡め当然のごとくであるとの要求という畜生にも劣らざるものといわざるをえません

元々何故南朝鮮の平昌が選出されたのか? 地形からしてアルペン競技(滑降の確か3種目、回転競技等)は無理といわれていました。つまり雪質に恵まれ且つ、競技できる充分な広さの地形に恵まれていないということです

さらには予算面が明確に確保されておらず、何処の空港使うのか、いずれにしろ国際空港は確かわずか3空港しかないのに、空港から競技会場までの交通アクセスに疑問がありました。南朝鮮のIOCへの説明計画書では、アルペン競技は山を削り整備するというものです。まあ南朝鮮人は海に遊びで作る砂山と同じような感覚だとしか考えられないアホなので無理もありません。スーパー大滑降ともなれば急斜面もあれば、距離も全長4キロメートルくらいになります。少なくとも標高の高低差も数百メートルは必要なので大滑降なのです。簡単に山を削るといってもコース幅も場所によっては500メートルくらい必要な場所もあります。現在はとてもそのような整備は不可能といわれています

さらに深刻なのがリージュとかボブスレーです。現在南朝鮮内にはたった一つのコースもありません。ジャマイカチームの映画くらいは見たことあるのかも知れませんが、競技人口はゼロといわれているのです。つまり用具も南朝鮮内にはないということです。 

あきれ果てるより何か惨めに思え、つい同情したくなります。というのはウソで他のことを考え合わせるとどうして冬季五輪に名乗り出たのか気が狂ったとしか思えません。元々狂っているのだからという声も聞こえますが思わずその声に納得してしまいます。コースの設計ノウハウもなく資金も予算化されていない、果てしてどうすればコース等が完成するのか、リージュは世界初の室内で何とかなるなどともう異常です。それではどんな思惑があるのでしょうか?

はい、皆さんこの先を読む前に理解してしまいました。そうです、日本の技術とコース設計、そして資金を要求してきています。日韓サッカーワールドカップで、スタジアム建設費用の300億円を借款しておいて利息も一文も払わずにすっとぼけている盗人国家であること忘れてはいけません。もっと驚くことに日本の協力が得られるとの言葉を了解もなくIOCに発言していたのです

そして日本への言い分として、そして紛れも無い事実なのですが、オリンピック直前合宿や調整等、南朝鮮内では不可能なので各国選手と役員等数万人が日本に滞在し経済効果がある、それは平昌オリンピックのおかげなんだから資金を援助しろと要求しているのです。自国のオリンピックを開催するのに、練習するに充分な施設がないからとその時点で他国に頼っている醜さ、開催の資格が既に無かったのです。物乞いは大体は恵んでくださいとのお願いがありますが、腹が立つのはオレが貰ってやるからお前は施せと言う、礼儀も恩義も無く高飛車にタカルということだと思います。

交通機関については、昨年についにギブアップし何処からかバス輸送することに変更したことを発表しています。何とIOCへの報告では平昌には充分な宿泊施設の建設は無理であり、バス輸送で充分対応できるとしており、鉄道建設については今後の日本の資金提供次第とまで言いのけているのです。とりあえず言っても無駄ですが、そしてこれまでの繰り返しですが「バカヤロウ、ふざけんな、なめるんじゃねえ!」

つまり南朝鮮の平昌オリンピックは、ワールドカップ共催同様で日本におんぶに抱っこで開催するということなのです。そしてこの誘致にはサッカー協会の交流から、日本国内のあらゆる南朝鮮企業も協力させ、民主党政権をよいことに民主議員等に働きかけ、選挙御礼に民潭訪問する売国民主議員を利用し日本の支援があるからとロビー活動し無理やりIOCを説き伏せた誘致だったのです。しかもその予算のめどは無いまま日本を当てにしているという厚かましさです。本当にそんなことあるのかと言う声も聞こえてきます。実を言うと既に始まっているのです。

中東のイランがホルムズ海峡封鎖とか騒いだ頃、国際社会はイランに対し経済制裁ということで石油の販売を受ける部分を縮小しました。経済的打撃を与える為です。その影響を受けたのが南朝鮮で、イランとの取引が大きかったのです。

南朝鮮国内の原発の不備も重なり、昨夏から今年もひどい電力不足に陥っています。そこで民主政権時に日本に救いを求めてきました。思い出しただけでも腹が立ちますが、新日石が各石油製品の供給に応じています。そしてこのことをツイートしていますが、買う資金がないということで、東京三菱UFJが韓国輸出入銀行に約600億ドルを貸付け、新日石との取引に対し何と三菱UFJがLC(Letter of credit)の保証までしているのです。そしてこの資金が既に平昌オリンピックにも利用されているのです。さらに大韓銀行は国営に近い政府系ですが、東京三菱UFJに対しオリンピックインフラ整備として借款を求めてきていると言う話もあります。

南朝鮮の言い分は、直前の調整等は各国日本でやるのだからですが、一部の競技については、南朝鮮の国情からは日本のどこかでの開催ということを持ちかけてきています。  どうも極めて親密な関係にある新潟、もしくは他県に声かけしているとの情報もあります。さらに場合によっては新潟とオリンピック共同開催まで持ちかけているとの情報まであります。ワールドカップと同様日本にお金だけ出させ、主催だけは平昌という虫のよいことを考えているのではとの意見もあります。

新潟県とかスキー場も豊富な県にお住まいの方、既に様々な国からの問い合わせとか、予約が入っていると言われていますから確認が取れると思います。こんな南朝鮮の思惑、日本国民に周知徹底して南朝鮮平昌オリンピックの支援には「ちょっと待った」の声を挙げなければなりません

前半はここまでですが、後半は南朝鮮が無視する日韓基本条約です。条約無視と言う国際社会の非常識さで日本に大きな影響が出てきています。日本にたかってくる理由の一つでもあります。言っても無駄な、いい加減にせい!です。

後半に続く・・・

・・・・・・・・・(引用ここまで)・・・・・・・・・・・・※適当に改行しました


真偽のほどはわかりませんが、
韓国がこう出ることは充分ありえることですし
警戒するに越したことはありません。


「平昌五輪のおかげで日本も潤うんだから協力しろ!」
「もらってやるから出せ」

というのはいつも通りの韓国です。
スワップ協定のときと同じように、
韓国が泣きついて援助・支援してもらったことは
おくびにも出さず、さも日本から申し出たように言うでしょう。
そしてお金を借りたことなど都合よく忘れてしまうのでしょう。


もうそのパターンは飽きました。


サッカーは詳しくないので知りませんでしたが
先日の東アジア杯でのあれこれをネットで検索していたら
「JFAも韓国とズブズブだからダメだ」とか
「JFAは仕事をしろ」「選手を守れ」とか
フィギュアファンと同じような声で溢れていました。

JFAも信用ならない組織なんでしょうか。
「日韓定期戦なんかいらねーー!!」という
サッカーファンの叫びをあちこちで見ました。
「○○(←名前失念)がしきりに日韓をライバル関係に
したがっていてウザイ」
という意見もありました。
これもフィギュアの場合と同じですね。


話が逸れました。
日本がW杯開催する予定だったところに
韓国がねじ込んできた。
それを許したJFAがもし今回も関与しているとすると
「冬季日韓共催オリンピック」の可能性を
単なる噂と切って捨てるわけにはいきません。

今後も注視し警戒していく必要があると思います。
相手は盗みタカリのプロです。
プライドのためにもあの手この手で迫ってくるでしょう。

そんなプライドは捨てておしまいなさい。
役に立たないどころか自らの首を絞めていますよ。


ところで今、民主党の前原氏と長島氏が
訪韓しているそうですが、まさかこの件絡みでは
ないでしょうね?
日韓の関係改善のため、なんて言っているけれど…
→ 【前原元外相らが訪韓へ


長島昭久氏は一見保守派っぽいですけど
実は日本スケート連盟の副会長でもあるんですよね。
あのスケ連の副会長ねえ…。


ちなみに上記の記事を書いた「井上太郎」という人は
いわゆる「情報通」?というのでしょうか。
「保守速報」などのまとめサイトを見ている人には
おなじみの名前ですよね。

後半の記事はまだ出ていませんが
非常に気になります。

とりあえず五輪の件はe-Govなどから
政府に意見出しておきます。
もうこれ以上タカられてたまるものですか。
いったい今までいくら反日国につぎ込んできたんでしょう。
充分すぎるお金があちらの国々に渡りました。
そして感謝されるどころかより激しく攻撃されるようになりました。

日本のことを「1000年先も恨む」と大統領自らが
言ったんですから、どうぞ自力で頑張ってください。
日本は恨まれたままでいいです。
その代わり、もう声かけてこないでね!


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-16 23:45 | 中国・韓国
8月15日、靖国神社に行ってきました。
10時ごろについたのですが、すでにたくさんの人・人・人!
並んでひたすら待ってお参りするまでに約1時間かかりました(汗)

最後に行ったのは3年くらい前ですが、その時は
もう少し少なかったような…
参拝客が年々増えているような気がします。



天皇陛下のお言葉と安倍総理大臣の式辞の全文を
まずご紹介します。



【終戦の日 天皇陛下のお言葉全文】
本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に68年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。




【戦没者追悼式、安倍首相の式 (全文)】
天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。

祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊の御前に、政府を代表し、式辞を申し述べます。

いとしい我が子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、 貴い命を捧げられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。

御霊を悼んで平安を祈り、感謝を捧げるに、言葉は無力なれば、いまは来し方を思い、しばし瞑目(めいもく)し、静かに頭を垂れたいと思います。

戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道を邁進(まいしん)してまいりました。

今日よりも明日、世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に、支援の手を差し伸べてまいりました。内にあっては、経済社会の変化、天変地異がもたらした危機を、幾たびか、互いに助け合い、乗り越えて、今日に至りました。


私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り拓(ひら)いてまいります。世界の恒久平和に、能うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。

終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、ご健勝をお祈りし、式辞といたします。

平成25年8月15日 内閣総理大臣 安倍晋三


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陛下のお言葉も総理の式辞も、とても胸に響きます。
とくに安倍総理の

いとしい我が子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、 貴い命を捧げられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。


という箇所。
日本の総理大臣としての心からの言葉だと思います。

参拝するために並んでいた時、私の前には小学校低学年くらいと
幼稚園児くらいの子供2人を連れたお父さんがいました。
お父さんが「君達が今こうして生きているのはここで眠っている方々が
命をかけて戦ってくれたからだよ」と話しているのが聞こえました。

靖国に対してごちゃごちゃうるさく言う人がいますが
参拝する人たちの気持ちはたったそれだけのシンプルなものなのです。
みんなただひたすら祈るためにお参りしているのに。

どうして国のために亡くなった人に祈りを捧げることを
あれこれ言われなくてはならないのか、本当に不思議です。



そして安倍総理の素晴らしい式辞に「反省」の言葉が
入っていないことがマスコミさんはご不満のようです。


【「アジアへの反省」触れず=戦没者追悼式で首相式辞―68回目の終戦記念日】
時事通信 2013.8.15
68回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下と安倍晋三首相、遺族らが参列。戦争の犠牲となった約310万人(軍人・軍属約230万人、民間人約80万人)の冥福を祈り、改めて平和を誓った。安倍首相は式辞で、近年の歴代首相が表明していたアジア諸国に対する損害や反省などに言及しなかった。
 
式典は正午前に開始。式辞で安倍首相は、2007年に自身も使った「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与え、深い反省と哀悼の意を表する」という表現を用いなかった。近年の首相が使っていた「不戦の誓い」にも触れなかった。

近隣諸国に対しては1993年、細川護煕首相(当時)が初めて式辞で哀悼の意を表明して以来、歴代首相が「損害と苦痛」や「深い反省」に言及してきた。

安倍首相は一方で、「わが国は世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に支援の手を差し伸べてきた」と述べ、「世界の恒久平和に、あたう限り貢献し、万人が心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くす」と訴えた。

戦没者に対しては「あなた方の犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません」と追悼。その上で「歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた国の未来を切り開く」とした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったいどこの国の報道機関なんでしょう。
中韓へのご注進記事ですね。


そして韓国から来た議員たちは結局靖国神社から
500メートルほど離れた路上で抗議活動したんだそうです。
(聞いているのはメディアのみ)
→ 【韓国議員、靖国神社近くで抗議 両政府、自制働きかけ】=朝日
完全に単なる愛国パフォーマンスですね。
警察の皆さん、お疲れ様でございます。



軍人さんの格好したおじ様方が何人もいましたし
アンパンマンの格好した人もいたみたいです。
(さすがにその人は止められたらしいですが)

若い人はコスプレ感覚なのかな?
でも軍服を着たおじ様がせつせつと語る話に
十数人の人たちが耳を傾けていました。


九段下の駅からの道のりは、たくさんのビラ配りや
署名活動でいっぱいでした。
私もたくさんもらってきました。
署名はアメリカの慰安婦像設置阻止に関するものと
朝日新聞の証人喚問請求のものと、
河野談話撤廃を求めるものと
正しい歴史教育云々…にしてきました。


あれやこれやで8月15日の靖国は騒がしいですね。
遊就館にも寄ってきましたがこちらも人で溢れていました。


今日行って思ったのは…
静かに参拝したいなら8月15日にこだわらないほうがいいな、
ということです。
靖国で眠っているのは先の大戦で亡くなった方だけではないし、
8月15日はなんだかだんだんイベント化しているような気もしますし。
(それはそれでいいのかもしれません)


昔父から、英霊の遺書や書簡をまとめた
『英霊の言乃葉』という冊子を渡されて読んだことがありますが
すぐに涙で滲んでなかなか先に進めませんでした。

毎月靖国神社にひとつずつ掲示されています。
今月のものをご紹介します。(靖国神社HPより)



自分ノナマヘカケマスカ

明子チャン、大変ニオリコウサンニ、ナッタサウデスネ。
オ父サンハ、ヨロコンデヰマス。
ヨク通子トモ遊ンデヤルトノ事。
オヂイサン、オバアサン、オ母サンノ云フコトヲヨクキイテ、マスく良イ子ニナッテ下サイ。
オ父サンモ、ココカラ元気ニ、ヘイタイサンニナッテ、見テヰマス。
塗絵タイヘンヨクデキマシタ。
モットモットカイテ、ナニカヒトリデ、カイテ下サイ。
自分ノナマへカケマスカ。
マダムリデスカ。
マタ、オモシロイハナシヲ、タクサンキカセテアゲマス。
通子、順子ニモヨロシク。
サヨナラ

父ヨリ

明子チャン

海軍上等水兵 吉田 勝 命
昭和十九年八月十日
マリアナ諸島方面にて戦死
東京都北区田端町出身
三十六歳

                                 



今自分がこうして生きていることに感謝をし、
命がけで守ってくださった日本をこれ以上侵食されないよう
必ず取り戻すよう、また明日から新たな気持ちで取り組んでいきたいです。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-08-16 00:11 | 政治