フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

タグ:フィギュアスケート ( 127 ) タグの人気記事

レ・ミゼラブル…
小学生のころにまず子供用に簡略化されたものを読み、
大人になってからきちんと翻訳されたものを読み、
そのたびに感情移入して泣きながら読んでいました。
昨年公開された映画も観にいって役者さんの演技や
音楽の素晴らしさに感動してまた泣きました。

そんなふうに私が大事にしてきた世界が壊されるのが嫌で、
女王様の今期FSは今まで音無しで見ていたけれど
(って音無しで見るのはいつものことですが)
この動画は音を聞かないと意味がないらしいので頑張りました。
そしていろいろびっくりしたので、今更私が書くまでもないのですが
せっかくなので感想を。
(本来話題になっている撮影者及び周囲の観客たちの
非常識な騒ぎっぷりについての感想は皆さんと同じなので省略です)


今回の記事はあまり楽しくない内容なので以下たたみます。
続きと動画はMoreからどうぞ。

More
[PR]
by caprice16 | 2013-04-04 23:42 | フィギュアスケート
真央ちゃんが「シェヘラザード」をやる、と聞いたとき私は驚きました。

シェヘラザードってフィギュアではよく使われる曲ですね。
(ちなみに「シェヘラザード」の説明はこちら)
伊藤みどりさんもやっていたのは知りませんでした。

私ははじめ、どうしてこれにしたのか不思議だったのですが、
あえてこの曲を選んだのはタラソワ先生の戦略のひとつだったのかも??
と思うようになりました。

以前の記事に書いたポリシーに反してしまうのですが、
真央シェヘラザードを語るときにはどうしても避けられないので…

女王様もこの曲を使ったことはフィギュアファンならご存知だと思います。
そしてそのシーズンこそが暗黒面の本格的な始まりだったことも…。

真央ちゃんと女王様が何かと比較され語られるのは
日本に限ったことではないというのが、外国の放送や
コメントを見てもわかります。
当然タラソワ先生もそのことはご存知でしょう。

同じ曲を演じても、まったく違う「シェヘラザード」が表現できる。
「シェヘラザード」はこういう風にもできる。
そういう、世界に向けてのアピールだったのかも?
と思いました。(考えすぎかなぁ)

これはあくまでも「タラソワ先生が」ですけど。
真央ちゃんはそういうことは微塵も考えていないだろうと思います。


前置きが長くなりました。
「シェヘラザード」2011-2012 SP

(動画主様、お借りしました)

2分19秒あたりの、空気を切り裂くような手の動きがツボです。
かっこいい☆
可憐なお姫様の、凛々しい一瞬ですね。
音楽も軽やかで華やかです。

今期の白鳥プロを見慣れた目で改めてこの演技を見ると、
真央ちゃんのスケーティングが変化しているのがよーくわかりますね。

「シェヘラザード」をやった2011-2012シーズンでも、
以前よりツルツル滑らかスケートになったのはすぐにわかりました。
が、まだ力強さはあまり感じられませんね。
このころはジャンプ矯正中だったこともあり、「曲を表現する」
という点にそこまで気が回っていないようにも見えますし、
お腹に力が入っていないような、フワフワした感じもします。
(あくまで「真央ちゃん比で」です。)

とくにこの全日本は… 直前にお母様を亡くしたばかりですし…。
ファンとしては、出てくれただけで涙したものです。

真央ちゃんや信夫先生の「スケートに力強さが出てきた」
というコメント通りですね。
着実に目指すものに突き進んでいる。

真央シェヘラザードは茶目っ気のあるお姫様、という雰囲気かな。
賢いことを表に出さない、あえて見せびらかさない。
可憐で可愛いくてキラキラしているけれど、でもそれだけではない。
芯の強さがある。時折見せる凛々しい顔。

おー。真央ちゃんそのまま?
そういう意味もあったのかな。
「あなたはあなたでいいのよ。」という。

さらにこの時の衣装が素敵ですね!
私は真央ちゃんの歴代衣装の中で一番好きです。
濃い青の色味もよく似合っているし、足が長いのでパンツスタイルもいい。
腕のひらひらした部分も風になびいて、静止画で見た時に
躍動感を感じさせるいい効果になっています。


他の人より演技時間短いのでは!?と思うほど濃密で、
あっという間に終わってしまう素晴らしいプログラムです。

d0309182_1431406.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-04-02 14:41 | 真央ちゃん

比較してはならない

真央ちゃんの素晴らしさを人に話すとき、
私はなるべく他の誰かと比べてではなく、
「浅田真央」のどこがどう具体的に素晴らしいか、に
重点を置くように心がけています。

だって真央ちゃんと女王様を比べてあれこれ言うマスコミに
私は腹が立っているのですから。
あの二人はライバルなんかではないと思っているし。

でもどうしても絡めてくるので、フィギュアにさほど詳しくない人は
「真央ちゃんは~~で、キムヨナは~~で」と言ってくる。
だから自然と「いやいや、真央ちゃんは○○だけど、あの人は△△だよ」
という説明になってしまう。ジレンマです。
たぶん、それ自体があちらの思う壺だ。
人目を引くためにわざと不愉快なCMを作るのと同じでしょうか。
(少し前のAKBを使った「ぷっちょ」のCMみたいに。)

二人を「ライバル」にして真央ちゃんファンが憤るような報道をすれば、
どうしても反応してしまうし、嫌でも彼女を話題にせざるを得ない。
内容はどうあれ、女王様のことは記憶に残ります。

お隣さんが一番悔しいのは日本に無視されること・相手にされないこと、
だそうです。

だから女王様の演技をあれこれ言うときには、
真央ちゃん以外の選手の演技と比較するほうがいいのだと思う。
まあ、話題にしている時点で負けかもしれないけど…
少なくとも「真央 VS ヨナ」の構図は避けられます。


そんなことを考えていたら次のような動画を見つけました。


(動画主様、お借りします。)


スピン、スパイラル、ジャンプの質やスピード…
本当に破格のGOEがつくほどなのか。
これを見るとますます疑問がわいてきます。
そして女王様がいつも絶賛されている「スピード」。
コストナー選手のほうが断然速くないですか?
フィギュアは速ければいいわけではありませんが、
彼女の絶賛される内容がいかに空虚で嘘っぱちか、よくわかります。


最期に美しい真央ちゃんの写真を☆
ああ~… かわいいー!!
d0309182_14493226.jpg



ランキングに参加しました!
よろしくお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-03-31 15:10 | フィギュアスケート
あちこちから拾ってきたお気に入りの真央ちゃんの画像が随分集まったので、
厳選しながら整理していたら気がついた。
写真だけでプログラム一連の流れが再現できるということに。

d0309182_1342893.jpg
d0309182_13424356.jpg
d0309182_13473369.jpg
d0309182_13482612.jpg
d0309182_13485735.jpg
d0309182_13502155.jpg
d0309182_13504518.jpg
d0309182_13513130.jpg
d0309182_1353683.jpg




これ、すごいことだと思いませんか?
プログラムのどの瞬間を切り取っても絵になる、
ということですから。



他の選手はどうなんだろうと思ってついでに調べてみたけど、
再現できるほどにはならないようです。
スパイラルとか、きれいな画像はたくさんありましたが。



女王様にいたっては、スケートの写真がほとんどありません。
写真そのものはたーーくさんありました。
でも「きれいだな」と思ったのはどれも芸能活動(?)のものばかり。
これでも結構探したんです。でもない。
あるのは止まって決めポーズか、眉を八の字にした切ない顔のアップ。

おかしいなあ。「表現力が素晴らしい」と聞いていたのに。
どれもこれも同じようなポーズ&表情で、違うのは衣装だけ。



えーと……
男子並みの高得点で優勝した「世界女王」ですよね?
それなのにスケートの写真が全然ないってどういうことなんでしょう。
何をどう美しいと思うかは個人の自由ですが、
少なくともプロのカメラマンが「絵になる」と思った瞬間が
演技の中にほとんどない、ということですよね。


フィギュアはもともと貴族のスポーツだから
「優雅である」ということが基本だと思っていたのですが、
私の認識は間違っているのでしょうか。


■追記
上の写真はごくごく一部です。キリがないので…。
また一応プログラム通りに並べたつもりですが、間違いもあるかと思います。
そのあたりはどうかご容赦くださいませ。
そして写真がステップに集中してしまったのは、私が黒鳥のステップシーンが
大・大・大好きだからです。すみません(汗)

[PR]
by caprice16 | 2013-03-27 14:00 | フィギュアスケート

浅田真央と「プライド」

よく真央ちゃんと女王様の関係を
漫画『ガラスの仮面』に例えているのを見るけれど、
あれはどちらがマヤでどちらが亜弓さんなのかな。

どちらにしても女王様は当てはまらないと思う。
あの二人はどちらも才能がある上に「正攻法」での
努力も怠らないから。
(少し前に、マヤから役を奪い取る「のりえ」という脇役が
女王様だ、というコメントを見たけれどそれなら納得。)

私はそれよりも一条ゆかりの漫画 『プライド』 (→) の
主人公・史緒とその相手役・萌の関係のほうが近いと思う。
(どちらが史緒で、どちらが萌か。はあえて言及しません。)


読んだことのない人のために、以下簡単な説明。

二人ともオペラ歌手を目指す音大生。
史緒は文字通りお嬢様で、環境も整っている上に
才能と美貌に恵まれ品があり、
さらには選ばれたものにしか与えられない「華」がある。

一方の萌は才能はあるものの環境に恵まれず、
何とか三流の音大に通っている。
正攻法では欲しいものは手に入らないと思うと
卑怯な手を使って史緒を引き摺り下ろそうとしたり、
とにかく自分が勝つためには手段を選ばない。


…と、こういう関係だ。
また史緒は、汚い手を使った萌にコンクールで負け、
「この世の中では正論なんて通用しない」と言われたりするのだけど
「それでも最後に残るのは実力だ」と返すのです。
そして絶対に安易な道には走らず、自分を高める努力を怠らず…。
そしてついには萌の卑怯な手段さえも通用しなくなり、
なじる萌に対して「あの時負けてよかった」とまで言うのです。

私が一番「なるほど!」と思ったシーン。
萌が史緒に対して放った以下のセリフです。
「汚れたものはきれいなものを憎むか憧れるしかない」




…似てませんか?
似てると思うのは私だけかなあ。

d0309182_13414871.jpg

[PR]
by caprice16 | 2013-03-26 14:06 | フィギュアスケート

心構え

今回のワールドの結果に対して
多くのファンが嘆いているのを目にします。

私が愛読している、大好きなブロガーさんの中にも
あまりのひどさに更新する手が止まってしまった方が
いらっしゃいます。


その気持ちは痛いほどわかります。
こんなにも選手やファンを蔑ろにしたスポーツが
他にあるのだろうか。

私もあらかじめ予想していたとはいえ、心底がっかりし
ほとほと愛想がつきました。

ほとんどのファンは、この結果はある程度予想していただろうと思います。
それでもなぜこんなにショックを受けているかといえば、
「それでもフィギュアはスポーツだから」という最後の希望が、
―または未練が―捨て切れなかったからでしょう。
少なくとも私はそうでした。

でもそんな気持ちを見事に裏切り、踏みにじってくれました。
それで私もすっぱりと諦めがつきました。

もうISUにも日本のスケート連盟にもマスコミにも何も期待はしません。
誰かを勝たせたいならそうすればいい。
誰かを勝者として持ち上げたいのなら、そうすればいい。

私はファンとして、贔屓の選手の行く末を見守ることに徹すると
やっと踏ん切りがつきました。
順位やメダルの色ではなく、大切なのは演技内容。
その選手自身が納得のいく演技ができたかどうか、
私はその演技を見てどう思ったか。
そちらに重点を置こうと、やっと決意できました。

しかしそれは、矛盾するかもしれないけれど
今の状況を甘受するというわけではありません。

選手が戦っているのだから、ファンが諦めるわけにはいかない。
少しでも選手の努力が報われるようにファンとしてできることをする。
おかしいことにはおかしいと声をあげる。
今までの「期待」というのは「誰か(=ISUやスケ連など)」が動いてくれるかも、
という期待でもありました。
でもやっと「誰か」に期待しても頼っても無意味だとはっきりしました。

だからこのブログを始めたのです。
正真正銘の草の根活動で、もしかしたら何の意味もないかもしれないけれど
何もしないで座っているよりは、1%でも可能性のある方に賭けたい。
しかしフィギュアスケートの組織そのものには期待しない。

尊敬しているブロガーさんのおひとり、「ぼちぼち生きています」の石ころさんが
以下のように書いていらっしゃり、今の私の気持ちとまったく同じだったので
引用させていただきます。


  真央ちゃんがかわいそうでならない。
  キムヨナは見たくもない。
  キムヨナを見ないようにして、
  メディアの報道も見ないようにして、
  ひたすら真央ちゃんだけを見る。

  このブログを読んでくださる方の中にも、
  真央ちゃん情報だけを楽しみにして、
  それ以外の部分は読み飛ばしているという方も、
  複数名いらっしゃるのは知っています。

  そういう応援もあるでしょうが、
  現実を見ないことが真央ちゃんのためになるかというと、
  私は疑問に思います。

  それは、相手にやりたい放題を許すということでは。

  今後も何をされても黙って見過ごし、
  日本人は韓国人に馬鹿にされっぱなしでいいのでしょうか。


  おかしな報道があった事実を知る人が増えると、
  メディアへの抗議の数も増えるかもしれない。

  もうそんなことしても無駄だと感じたときが、
  ブログをやめるときだと思います。



深く傷つき、しばらくはフィギュアから離れたいという方も
いらっしゃるでしょう。
仕方のないことだと思います。
頑張って続けて!と無理強いすることはできません。
ぜひゆっくり休養なさってほしいと思います。
でもまたいつかファンとして共に戦える日を心待ちにしております。

d0309182_2230350.jpg

[PR]
by caprice16 | 2013-03-24 22:34 | フィギュアスケート

スパイラル

書きたいことがたくさんありすぎるので、
何からどうまとめて書こうか思案中。
ネガティブなことばかり書いていてもおもしろくないし。

まずは真央ちゃんの美しさからまとめてみた。
フィギュアにおいて何を「美」とするか…
それについてはいろいろ思うところがあるので
また今度改めて書いてみたい。

今回はひとまず私個人が「美しい」と思う真央ちゃん。
真央ちゃんといえばスパイラル。
一番上のファンスパイラルなんてどこで重心をとっているんだろう。
まさに息を呑むの美しさ。


そんな写真を何枚かピックアップ。



d0309182_13442736.jpg
d0309182_13445369.jpg
d0309182_13452075.jpg
d0309182_1346213.jpg




…ブログ(というよりPCの扱いが)初心者なので
画像のアップの仕方がいまいちよくわからない…。
大きさを揃えるのはどうしたらいいのかなあ。
揃うように画像編集しているつもりなんだけど…うまくいかない。
[PR]
by caprice16 | 2013-03-24 14:02 | フィギュアスケート