フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

タグ:フィギュアスケート ( 127 ) タグの人気記事

1月1日にNHKBSでやっていた「氷上のメモリーズ」。
録画していたものを(真央ちゃんの分だけですが)先ほど見ました。
やっぱりこうやって年毎に繋げて見ていくと真央ちゃんの
進化の過程がよーくわかりますね。

とくに2010年・2011年のフリー「愛の夢」は
音楽が同じなので比較しやすく、
より明確にその違いがわかります。

スピンは年々速くキレイに、
スパイラルはどんどん難しいポジションに、
スケートはどんどん滑らかに、
そしてツルフワに力強さもプラスされ…。

曲によって振付によって、まったく違う世界を、
まったく違う「浅田真央」を見せてくれる真央ちゃん。

なぜこれをこの時間帯にやったんでしょう。
たくさんの人が見られる時間帯にやってあげて、NHKさん!

バンクーバーや五輪トリノ五輪放送するなら
男子もやってあげて!
男子も出てたのに不公平じゃありません??

そしてそのあとにやっていた「スポーツ酒場 語り亭」は
「正月からなんなんだ!」というとんでもない内容だったそうですね。
(録画してあるけどまだ見てません。)

それにしても過去のNHK杯と今とでは、
実況・解説のあまりの違いにも改めて驚きます。
なんというか選手を見る「あたたかさ」が全然違う気がします。
あの荒川さんですら、昔はもっと人間味を感じさせる解説だったんですね。




ところで…
真央ちゃんと安倍総理って午年なんですね!
年男・年女じゃないですか!

年末に私は「安倍さんと真央ちゃんが重なって見える」と書きましたが
あっちサイドからもそう見えるんでしょうねえ。
二人を「似ている」と書いた、中央日報の記事を見つけました。

つまり二人とも日本にとっては大切な、何が何でも守り抜かなくては
ならない存在だ、ということですね。

ただ記事の内容はいつもの通り、
記者の憶測を勝手に事実として書いた、レベルの低いものでした。
真央ちゃんがキムヨナに宣戦布告って…
真央ちゃんの該当部分の発言、全部きちんと確認したのかしら。

「いい色のメダルを」というのは「日本代表として出るんだから」という覚悟で
個人の目標としては今までどおり「納得のいく最高の演技を」と言ってましたよね?
(真央ちゃんの本心はどうであれ)

【安倍と浅田、欲を表した午年男女】
中央日報/中央日報日本語版 2014年01月04日
男性は安倍晋三首相、女性はフィギュアスケート日本代表の浅田真央選手。朝日新聞は午年の2014年を開く1日付の新聞で、日本を代表する午年の有名人に2人を選んだ。コラムのタイトルとは関係ないが、ほとんど毎日テレビに登場する2人の顔を見ながら、どこか似た部分があると感じたことがある。浅田のファンには突然の妄言となるかもしれないが。

1990年生まれの午年の浅田はソチオリンピック(五輪)開幕(2月7日)が迫る中、これまで隠してきた欲を表し始めた。「一番いい色のメダルを持って帰ってきたい」。先月25日、自分が演技する姿で機体を飾った日本航空(JAL)航空機の前に立った彼女の言葉だ。浅田は「全力を尽くしたい。(五輪で)いい笑顔で演技を終えられるようにしたい」と話しながらこのように語った。一部のメディアは「真央の金メダル宣言」と大騒ぎした。それもそのはず、今までの浅田は「より良い演技をしたい」「より高いところを目指したい」と話すにとどまってきた。気持ちは金メダルへの情熱で燃えていたが、内心を表さなかった。

その彼女が公開的にメダルの色を口にした。最近の大会の全日本選手権で3位に終わった悔しさのためでもあった。自分自身へのムチであり、同じ年の同じ月に生まれたライバルであるキム・ヨナ選手に送る宣戦布告だ。
2人が熱く競うソチの開幕をさらに期待させるという点で、浅田の“小さな挑発”はむしろ愉快だった。

ほぼ同じ時期、浅田より36歳年上となる1954年午年生まれの安倍首相も、秘めていた内心を表出し始めた。執権1年を迎えた先月26日、奇襲的に靖国神社を参拝した。興奮した彼の表情を見ると、「いったい今までどのように我慢してきたのだろうか」という気がした。自制してきた平和憲法改正論も爆発させた。年末には「私が何のために政治家になったのか。改憲は私のライフワークだ。何としてもやり遂げたい」と言っていたが、年初には「改憲のための国民的な議論をさらに深めていくべきだ」「2020年には改憲済み」とペダルを踏んだ。執権1年が過ぎて自信がついたのか、言葉と行動にブレーキがかからない。安倍の挑発は浅田の愉快な挑発とは次元が違う。春からは集団的自衛権行使のための憲法解釈変更が本格化し、憲法改正の準備にも着手される。

浅田を破ってチャンピオンの地位を守らなければならないキム・ヨナ選手ほど、韓国政府も宿題と負担が増えた。米国と日本の安保密着の中で、対米外交を通じて安倍の右傾化に一定の制約を加えられる外交実力が切実になった。日本の過ちを厳重に叱りながらも、一方では協力を模索しなければならない知恵も必要になった。キム・ヨナ選手と韓国政府がともに失敗なく後悔なく自分の実力を発揮する甲午年になることを祈る。

ソ・スンウク東京特派員

・・・・・・・・・・・


…というかこの記事、不思議ですよね。
浅田を破ってチャンピオンの地位を守らなければならないキム・ヨナ選手ほど、韓国政府も宿題と負担が増えたって…。

おかしいですね。
浅田真央はもはやキムヨナのライバルではない。
キムヨナが一番。キムヨナこそがクイーンだ
、と
さんざん自慢していたような気がするんですけど??

韓国政府だって今まで順風満帆なわけではなく、
もとから宿題や負担が多かったのに、ね。

それに安倍総理だって以前からずっと同じことを仰ってますよ。
なぜそれを「韓国への挑発」と受け取るんでしょう。
はっきり言って、安倍総理は韓国をそこまで意識してないと思いますよ。
「うざい国だなー」くらいは思ってるでしょうけど。
(注:「脅威ではない」という意味です。厄介で鬱陶しくて疲れるけれど
無視するわけにもいかない面倒な相手、という。)

この国に対しては、好きでもない相手に
「私のこと見ないでよ!」と言われている鬱陶しさがあります。

日本の過ちを厳重に叱りながらも、一方では協力を模索しなければならない知恵も必要になった

いや、もう協力なんてしたくないです。
というか日本は韓国の協力なんて必要ないので
模索する必要ないですよ。

こっちこないでくださいね。

キムさんも、真央ちゃんでは相手にならないそうですから
いちいち挑発だなんだと勘ぐらなくていいですよ。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-04 12:57 | フィギュアスケート
安倍さん!!!!
安倍総理のこと書きたいけどそれは明日に回して
さきにこれを。

お正月に帰省される方も多いですよね。
帰省する前に録画予約ですよ!
NHK!!

NHKがソチ五輪関連として過去の五輪での映像を
1月1日から放送するそうです。
フィギュアに関してはソチ出場選手の過去のNHK杯での演技を
一挙公開!ですって。必見です。

以下、NHKのサイトより抜粋しました
(こちら→ 全力応援!NHKソチオリンピック放送予定)

<1月1日 NHKBS1>
午前0:00-午前0:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 浅田真央①

午前1:00-午前1:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 浅田真央②


午前2:00-午前2:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 鈴木明子

午前3:00-午前3:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~
村上佳菜子、町田樹、キャシー・リード&クリス・リード、
高橋成美&木原龍一

午前4:00-午前4:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 
羽生結弦、高橋大輔①


午前5:00-午前5:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 高橋大輔②

午前6:00-午前6:49
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 高橋大輔③


午後5:00-午後5:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽トリノ五輪 フィギュア女子ショート
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎

午後6:00-午後6:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽トリノ五輪 フィギュア女子フリー
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎


午後7:00-午後7:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽バンクーバー フィギュア女子ショート
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎


午後8:00-午後8:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽バンクーバー フィギュア女子フリー
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎




お正月の特番ってどれもこれもつまらなくて
毎年退屈なんですよね。
駅伝、私はあんまり好きじゃないし。

しかも少し前に我が家のテレビが壊れて
過去録画していたものがほとんど全部吹っ飛んで
「あわわわわ」となっていた私にはとっても朗報☆
う、うれしい…!
(あれ!?でもバンクーバー男子の放送はないの??
あの時の大輔君の演技、もう一度見たいのに!)


でもどうせやるならもっと日中にやってほしいな。
ゴールデンタイムにアレとか、NHKらしいですよね。
勘ぐりすぎかもしれないけど。

ま、やってくれるだけ感謝!ですけど。



それから年内には無理かも…と諦めかけていた
真央ちゃんの写真集『浅田真央 夢の軌跡』



無事に届きました!
わーーーい!

どの写真も美しくて可愛くてかっこいい・・・・・☆
プログラムによって本当に表情、というか
雰囲気が全然違うのがよくわかります。

時に凛々しく、時に可憐に、時に力強く。
どれもこれも「浅田真央」なんだなあ。

何時間でも眺めていられます。


幼い頃の真央ちゃんの写真もあって眼福です^^

d0309182_1124014.jpg




※コメントへのお返しが滞っていて申し訳ありません><
 もう少々お待ちください~~!



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-28 01:23 | フィギュアスケート
記憶がもうだいぶ薄れかけているけれど、
頑張って思い出しながらの観戦レポです。

まずはアリーナの感想。500レベル(最上階)の席なんて
選手は豆粒にしか見えないんだろうなーーと覚悟していたのですが
全然そんなことありませんでした。

上から全部見下ろせるような席なので、選手のリンクでの動きも
よくわかるし、観客席もあちこち観察できるし(ただし双眼鏡は必須)、
トイレも5階は空いてたし、3月のワールドを見に行かれる方は
どうぞ参考にしてください☆

<演技に関係ない話>
【その1】
パンフ売り場の横のブースに武田奈也ちゃんとミヤケンさんが!
ミヤケンさん、男前だわ~。近くで見られて感激☆
お話中だったからじろじろ眺めるだけで我慢しました。
(それも十分しつれいだけどさっ)

【その2】
第1グループの6分間練習。
やたら男前のコーチがいるわ!と思ったらヤマト君だった(笑)
あの「田村岳斗」がコーチだなんて…と感慨深いです。
本田君のコーチ姿も同様。

あの二人が今はコーチとして活躍しているなんて
歳月の流れの早さを感じます。

【その3】
「公平な採点を!」のバナー、うちわなどが
見つけられませんでした。
というかバナーなどは私の席からはさすがに遠くて
あっても気がつけなかったんだと思います。

会場入る前にはチラホラ見かけましたので。



<放送・運営に関して>
【その1】
びっくりしたのが第1、第2グループの演技は
撮影すらしていなかったこと。
てっきり地上波でやらないだけで、BS放送用に
撮影しているかと思っていました。

いい選手、たくさんいたのに…。
こういうことをするから結局「スター頼り」の
一過性のブームで終わってしまうのよ。

それでもファンはファンだけど、新たなファンを作る努力をしてない。
今いるスターが引退すれば用済みなのね。
連盟側もそれで文句ないのかしら?と不思議です。

【その2】
歓声、明らかに操作してますね。
実際のものとテレビのものと、全然違う。

【その3】
先日も書いたとおり、真央ちゃん演技での音源の違和感。



<選手の演技>
第1グループ?の三原舞依選手(12位)の放送がないなんて…。
新人賞を受賞してましたが、将来の成長が楽しみな選手です。
とにかくスピンがキレイだった!という印象です。

加藤利緒菜選手(13位)は、去年の全日本で見たときから
密かにお気に入りの選手でした。
若いのに堂々としたスケートをする選手だと感じました。

第3グループからがらっと空気が変わる。
どの選手もうまい。
本郷理華ちゃんは背が高いから手足長くてよく氷に映える。
昨シーズン見たときより、姿勢が良くなっている気がしました。
見ごたえのあるプログラム。

大庭雅ちゃんの3アクセルにびっくり!
助走が全然ないのでダブルかと思ったくらい。
「え!?今のトリプル!?」って会場中がびっくりです。


今井遥選手の復活が私は嬉しい!
ジャンプ、やっと決まりましたね!
あの晴れやかな笑顔が見られて何よりでした。
とにかく演技に見とれてしまって時間があっという間でした。


宮原知子選手あたりからもうメモがいい加減(汗)
見ることに一生懸命であんまり覚えてません。
(まだ録画をきちんと見てません…)

どの選手も様々なプレッシャーがあるはずなのに
そんなことはものともせず、力を出し切って
笑顔でフィニッシュできた選手が多くて、
見ている側もどんどん応援に力が入っていきました。

最初の頃はちょっと寒さを感じたのですが
終わったときには興奮で汗だくでしたから。
それだけ手に汗握る、いい大会だったと思います。
選手はみんな、よく頑張ってました。
 

ダメだったのは採点者たちです。



五輪代表発表では
大輔君の名前が呼ばれた時、
「わっ」と今まで聞いたことがないくらいの大歓声で
会場が揺れました。

私も嬉しかったのですが、でも小塚君のことも
好きなので複雑な気持ちでした。
私の隣に座っていた方も、大輔君を祝福しつつ
でも小塚君をずっと応援してたから残念、と
仰っていました。

ソチ代表挨拶で、アイスダンスのクリスにマイクが。
なんとか日本語で話そうとするんだけど、なかなか
思うように言葉が出てこなくて苦笑い^^;
英語でも良かったのに!


大輔君は…
選ばれたからにはしっかりやってきて!
きっとそのことは誰よりも本人が一番よくわかってると思うけど。



真央ちゃんはもう何でもいいからとにかく休んで!
休養休養休養よ!
って思ってたら翌日JALのイベントに出てたし!

衣装可愛かったし、ダウンスタイルも新鮮だったし、
足がめちゃめちゃキレイで細くて長くてびっくりしたし、
飛行機に描かれた大きい真央ちゃん、それに乗ったら見えないし!

d0309182_0365553.jpg
d0309182_0371762.jpg




あ。ひとつ思い出しました。
今日発売の真央ちゃんの写真集『浅田真央 夢の軌跡』が
全日本の会場で先行販売してました。
もう本屋さんに予約してたので買わずにきたけど…
年内に届くかわからないって言われたし、買えばよかった。

間の悪さにがっくり!



最後に織田君。
(これは観戦レポではないけれど一緒に書いちゃいます)

四大陸出場辞退で引退なんて!

まさか織田君の引退で自分がこんなに泣くなんて
思いもしませんでした。
特別ファンだったわけじゃないのに。

でもずっと見てきた選手が引退するというのは、
覚悟していても悲しく、寂しいことですね。

ごめんね、織田君。
私あなたにはよくイライラしてたの。
だって何回も同じミスをして、
何度もチャンスを潰してしまうんだもの。

羽生君や町田君が出てきて、
もう織田君の座は次の世代に渡ってしまった、
なんてすんごく失礼なことを思ってました。

最後のシーズンで私はあなたのファンになった。
自分と五輪代表を争う選手に「がんばって」と言える人は
そうそういないと思う。

一緒に頑張ってきた仲間に囲まれて、
たくさんのファンに惜しまれながら引退できる。
織田君がこれまでがんばってきた結果だと思います。

今までお疲れ様でした!


<追記>
以下ふたつ、複数の方から教えていただきました。
(ありがとうございます!)
衝撃のニュースだったのでもう皆さんご存知かと思いますが、
まだの方はぜひご覧になってください。

「ときどき黒猫」の黒猫様のところにびっくりニュースが!
 【ISUが提訴される?】

おなじく黒猫様のところでフィギュアスケートの採点に関する
アンケートが行われています。
(企画者は「sochi123プロジェクト」様です)
ぜひよろしくお願いいたします!
→ 【アンケート~フィギュアスケートの採点について】

また「sochi123プロジェクト」様ではスタッフを募集しておりました。
詳細はこちら→ 【スタッフ募集】


まだまだ私たちにできることはありますよ!



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-27 10:37 | フィギュアスケート

しっかり!

ちょっと予定を変更。


こらーー!皆様、しっかり!!
まだだ!
まだ諦めるな!
やめることはいつだって出来る!
今やめて本当にいいのか!?後悔しないのか!?
(この辺、松岡修造をイメージしてください)


わかりますよ。
もう「全日本選手権」って一体なんなの?
フィギュアって?
五輪選考って??


私もがっくりきましたよ。
もうバカバカしくて見てられない気持ちもあります。


でも、ですよ!
今ここで諦めたらどこが喜ぶかって
日本が頑張ることを喜ばない国・勢力」ですよ。


私だって偉そうなことはいえません。
まだフィギュアを見ているのは「真央ちゃんがいるから」が理由。
それはつまり真央ちゃんが引退したら見ない、ということで
まだまだ現役を続ける選手、これから花開く選手の存在を
思いっきり無視していることだから。
本当はこんなこと言う資格はないんだと思います。
でもあえて言いますよ。


今回の大会で連盟側の答えがわかりましたよね。
あれだけ抗議の声があったのに天野を入れてきた。
しかもその天野本人を見ていても
なんら抗議の声を意識していない様子。

反省なんて微塵もしていないでしょう。


これはつまり「俺たちに従え」ってことですよね。
文句言わせねーぞ!
浅田真央を応援しても意味がないぞ!って。


おあいにくさま。
私は自他共に認める超絶根性無しですが
同時にとんでもない天邪鬼なんです。(ドヤァ!
(自慢になってない!)

 「諦める」ことを強要されると
力いっぱい反抗したくなるんです


だから私は真央ちゃんの引退までは
真央ちゃんを追いかけますよ。
だってあんなにも美しい生き物を、私は他に知らないから
こうして同じ時代に生まれて応援する喜びをもらえたことは
とんでもなくラッキーなことだと思います。


それなのに、こんなに下らない、腐った組織・連中に
屈服するなて悔しいじゃないですか。

あいつらを喜ばせることだけはしたくない。
「バカめ」って笑うなら笑えばいいわ。


それにここで応援することを諦めたら
真央ちゃんを「見捨てる」ことになる気がするんです。

連盟もマスコミも真央ちゃんの味方ではない。
何がつらいかって本来味方であるはずの人に
応援されないことくらいつらいことはないと思うんです。


今まで私は真央ちゃんにたくさんのものをもらってきた。
彼女はどんなにつらいことがあっても決して語らず
ひたすらそのスケートを見せることでその「戦う姿」を
私たちに見せてくれた。


私は死ぬ時に「あの時最後まで真央ちゃんを応援できなかった」
そう後悔したくないんです

もう「何もしないで後悔」はしたくないんです。

真央ちゃんのことだけじゃない。
小塚君のこととか、大輔君のこととか、織田君のこと、
あっこさんのこと…

フィギュアファンを「やめたくなる」理由は
たくさんたくさんあるけれど
「やめること」はいつだってできるんですよ!

つらい時こそ声を出せ!
って学生時代の部活でよくコーチに言われましたわ。


つらい時こそみんなで声を出すんですよ!
とりあえずは愚痴でも嘆きでも怒りでもいいです。
誰かに話したい人はこのブログのコメント欄、どうぞ利用してください。

厄介なもの、鬱陶しいものをすっきり落してから
新しい年を迎えましょう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-25 09:15 | フィギュアスケート
全日本終了からひと晩経って落ち着いたので…
改めていろいろ感想を。

私はいっちばん安い500レベルの席
(5階。最上階です。リンクより天井のほうが近い!)
だったのですが、リンク全体がよく見渡せました。

あのアリーナが全席埋まる様子は壮観ですね。

アイスダンス、リード姉弟が優勝でした。
開始前にクリスが足に気合入れてるのが見えましたが
二人ともよかったです。

2位のペアも頑張ってました!
こちらは四大陸に出場が決まりましたね。

ペアのなるみちゃん・木原君は、
なるみちゃんのジャンプがイマイチ決まらなくて苦しみましたが
リフトが試合を重ねるごとにスムーズになっていますね。
なんにせよ、ここまで形にできたのがすごいと思います。
このペアの演技は涙なしでは見ることが出来ません。


そして女子フリーのあっこさん。
前の記事で書いたとおり、演技はすごく良かったです!
ノーミス(見た目)で動きにキレがあって…。
私は130点ちょいくらいかな~
と思ったのですが、140点を超えたのでびっくり。
思わず「なにそれ!」と叫んでしまいましたが…
会場も喜びと驚きが入り交ざってどよめいていました。


でもプロトコル見てさらにびっくり!
(というか、今回プロトコル出るのすっごく遅くないですか?)
ショートの得点も、あっこさんだけでなく、諸々酷いですね…。
見ると殺意が湧いてくるので注意です。
女子SPプロトコル
女子FSプロトコル


羽生君のときもそうなのですが、
せっかく選手がいい演技をしても
「そりゃないだろ!」という点がつくと一気にしらけますね。
私の涙を返してほしい。

国内試合だから点数が高めにつくし、
それはそれでいいと思うんです。
全選手その基準内で採点すればいいんです。

だけど女子ショートのときも思いましたが、
真央ちゃんだけ国際試合基準での点数しか出てない…。

結局いつもここに行き着くんですよね。
厳しくするなら全員に厳しく。
甘くするなら全員に甘く。
そうするべきなのに、この基準が選手によって
厳しくなったり甘くなったり…。

今回の件であっこさんを素直に応援できなくなった人も
多いでしょうね。
いったい何がしたいんでしょうね。
どうして一丸となって
自国の選手を応援することができないのでしょう。
<12月29日追記>
上の文章、主語は「ジャッジ」または「スケ連」です。
「ジャッジは」一体何がしたいんでしょうね。
どうして「スケ連は」一丸となって
自国の選手を応援することができないのでしょう。

が正しいです。読み返したら、なんだかあっこさんのファンを
諌めているように誤解されるかもしれないと思ったので。





試合が始まるまでの間にジャッジ席を観察してましたが
まあヘラヘラと楽しそうにしてましたよ、天野氏も他の皆さんも。

ジャッジ紹介の時、天野氏のときに
「天野は○○○!(すみません。聞き取れませんでした)」
という抗議の声と、ブーイングがありました。
(私はジャッジ全員に拍手拒否、と「公正な採点を!」のうちわを掲げましたが
あの席では見えないだろうな…)

でも天野だけではないんですよね、結局。
連盟が、組織がもう腐ってる。
天野がいなくなれば別の人間を差し向けるだけ。

こうしてファンの心はどんどんフィギュアから離れていくんです。


ちょっとこの記事と一緒に書く気になれないので
五輪代表発表の話やその他会場で見てきたいろいろなことは
次の記事に書きますね。


<追記>
安藤選手ですが。
決まったジャンプは良かったです。
ただね… やっぱりもう全然体の動きが違うんですよね。
ステップもスピンもいまにも止まりそうで…。

正直、あの順位もどうなんだろうと思いました。

ただ出産を経てすぐにあそこまで戻したのは本当に
すごいことだと思います。
その点には文句なく、賞賛の声を送りたい。

余計なこと言わないで、へんな話題作りもしないで
ひたすらスケートを頑張る姿だけを見せてくれていたら
きっともっとたくさんの声援が送られたと思います。
そのことが残念で仕方ありません。

<追記2>
真央ちゃんの演技の時、音が変でした。
なんだかひどく膨張しているというか、
ゆがんでいるというか、旋律がはっきりしない。
会場のせいかな?とも思ったのですが
でも他の選手の時にはとくに違和感はありませんでした。

なんなんでしょう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-24 13:14 | フィギュアスケート
いろいろたくさん書きたいけどまずは


あっこさん、おめでとう!!
とってもいい演技でした!感動!!
ショートとフリー、両方揃っていい演技ができたのって
すごく久しぶりじゃないですか??

とにかくすごかった!

私はあっこさんが最後のジャンプ決めたあたりから
もう涙が止まらなくて最後は当然立ち上がって拍手!

ご本人もお母様の見守る中で会心の演技ができて
とても嬉しそうでした!

佳菜子ちゃんも同じくいい演技!
あの空気の中、ここまでできたのは立派だと思います。
相当プレッシャーはあったと思いますよ。素晴らしい!

2位おめでとう!
また顔をくしゃくしゃにして喜んでいる様がほほえましかった^^


真央ちゃんは…
最初のアクセルに入ったときからちょっとスケートが伸びてないかも…
と思ったんだけど案の定。

全体的に身体が重そうで、スピードもいつものようには出てなくて
終わった後もつらそうな顔をしてたので心配です。

やっぱりそうとう腰にきてるんでしょうね…。
キラキラオーラも通常よりは萎んでいるような気がしました。

ソチまでの約1ヶ月、練習がんばる!と
言っていたけれどもうあんまり無視しないでほしい…。
そのままで十分なのに、あのNHK杯(すみません。間違えました!)
GPファイナル・SPでのアクセルの回転不足判定が
じわじわきてるんじゃないの?とどうしても考えてしまう。



以上、上位三人の演技の簡単な感想です。
詳細はまた次回以降で!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-24 01:19 | フィギュアスケート
全日本選手権・女子ショート、終わりました!
真央ちゃん首位、あっこさんが2位、佳菜子ちゃんが3位です。


真央、70点超えでトップ、美姫は5位発進=全日本フィギュア
スポーツナビ 12月22日(日)18時25分配信
フィギュアスケートのソチ五輪代表最終選考会となる全日本選手権が22日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子ショートプログラムでは、グランプリ(GP)ファイナル優勝の浅田真央(中京大)が73.01点でトップに立ち、大会3連覇とソチ五輪代表へ好スタートを切った。2位には70.19点で鈴木明子(邦和スポーツランド)、3位は67.42点で村上佳菜子(中京大)が入った。ママで五輪出場を目指す安藤美姫(新横浜プリンスFSC)は64.87点で5位だった。

浅田は、注目を集めるトリプルアクセルを直前の練習で一度も試さなかったものの、こらえながら片足で着氷させた。さらに続くトリプルフリップ、後半のトリプルループ-ダブルループも着氷させるなど、しっとりと滑りきった。

安藤は3回転-3回転を着氷させ、続くトリプルルッツも決めるなど、ここ一番で会心の演技を見せ、あす23日に行われる女子フリースケーティングで逆転表彰台を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・

不思議なのはどうして5位の選手の詳細を
わざわざ載せるのか…ということ。
(今朝のテレビでもあっこさんの存在無視!のところあり)

普通そこはあっこさんや佳菜子ちゃんじゃない?
二人ともとてもいい演技だったのに!
(参考→ スポナビ・女子SP詳細) 

スポナビに省かれた2位、3位、4位の選手の詳細です。

久々の高得点に笑顔 鈴木明子「やりきった」
スポニチ 2013.12.22
70点を超える高得点で2位につけた鈴木は「やりきった。久々に点数も高かった」と笑顔を浮かべ、村上と抱き合って喜んだ。

3位だった11月のNHK杯後にスケート靴を替えた影響からか、ジャンプで不調に陥ったが、きっちり立て直してきた。最初の2連続3回転の二つ目が回転不足となった以外はミスがなく、感情を込めた滑りで表現力を示す演技点は浅田に次いで高かった。

昨年はSPで首位に立ちながら、フリーで崩れて4位に終わった。同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。「気持ちを切り替え、やってきたことを出したい」と最終日に目を向けた。

・・・・・・・・・・・・・

演目変更実った村上「試合をするのが怖かった」
スポニチ 2013.12.22
不安だったSPで3位につけた村上は演技を終えると顔をくしゃくしゃにして涙を流した。「試合をするのが怖かった。すごくうれしい」としばらく興奮が収まらなかった。

今季はGP2戦ともSPで苦しみ、3週間前にプログラムを2季前のものに変更した。冒頭に持ってきた大技の2連続3回転ジャンプを見事に成功させると、一つのミスもなく滑りきった。

急ごしらえの演目で五輪代表を争う大一番に挑むのは賭けだったが、山田コーチの決断を信頼した。初の五輪を懸けるフリーへ「このうれしさはここに置いて、強い気持ちでやりたい」と気を引き締めた。

・・・・・・・・・・・・・・・

15歳宮原 初の五輪出場へ「ノーミスでできれば近づける」
スポニチ 2013.12.22
肝の据わった15歳だ。初めて五輪代表争いに挑む女子の宮原は、今大会より「初めての全日本の方が緊張した」と言った。

高難度の3回転ルッツ―3回転トーループを決めるなど、技術点では浅田を抑えてトップというほぼ完璧な内容。それでもはしゃがず、ようやく笑みがこぼれたのは得点が表示された時だった。「今季一番いい出来でうれしかった」と控えめに喜んだ。

3位村上とわずか0・90点差の好位置でフリーを迎える。「ノーミスでできれば(五輪に)近づけると思う」とSPの再現を誓った。

・・・・・・・・・・・・・


佳菜子ちゃん、良かったです! 
よく体が動いてたし、ノーミスで決めて本人も思わず泣いてしまうくらい。
このプログラム、2年前にやったときよりもしっくりきてると思う。

私は選手の演技のことを「大人っぽいか否か」や
「この選手にこの曲は合う/合わない」ということを
あまり言いたくないんです。  

なんだかそれは選手の「限界」を
勝手にこちらが決めてしまっているような気がして…

でも今回の佳菜子ちゃんの演技を見ると、
やはり選手の内面がそれに伴うかどうかで
曲の解釈への深まりも変わるし、
それによって演技の「幅」も変わってくることは
確かにあるんだな、と思いました。



あっこさんも納得の演技、納得の点数でよかった!
国内試合ならこのくらいはまあ出るかな?という点ですかね。

ただそれを考えると真央ちゃんの点数はやっぱり低すぎる。
ひとりだけ国際試合基準なの?と感じます。
(ごめんなさい。知子ちゃんの演技はまだ見てません)


まあ、言い出すとキリがないので
得点あれこれはひとまず置いといて。

真央ちゃんの演技を見ていると
世の中はまだこんなにも美しいのだ、という
幸せな気持ちに浸れます。
その美しさに自然と涙が溢れます。

色々嫌なこともあるし、腹の立つことも多いけど
真央ちゃんのスケートを見るとささくれ立った心が
浄化されてそこに「希望」を見出せます。

あの民主党政権下での苦々しい3年半・・・
私が正気を保っていられたのも真央ちゃんのスケートが
あったからこそだと思ってます。
(そこまで!?と、どうぞ笑ってくださいませ。)


今日はフリーです。
真央ちゃん、新しい衣装にするのでしょうか?

真央 フリー“本番”勝負服披露も 黒と青は不評で変更
スポニチ 2013.12.22
新しい勝負服で日本一を決める。女子は22日にショートプログラム(SP)を行う。代表入りが確実でサバイバルレースと無縁の浅田真央(23=中京大)は23日のフリーで五輪を見据えた新衣装を披露する可能性が浮上した。関係者はデザインなど詳細は明かさなかったが「今、手直しをしている。フリーに間に合うかは分からないけど」と話した。

浅田はジャパン・オープン、スケートアメリカでは黒と青のコスチュームで演技したが、「重くて動きにくかった」という理由で変更。バンクーバー五輪シーズンの09年ジャパン・オープンで使用したものをNHK杯、GPファイナルで再利用した。ファイナル後、浅田は「新しいのも作るつもり。衣装も含めて楽しみの一つ。見ている方にも楽しんでもらって、自分が“これ”と思える衣装で臨みたい」と話している。細部の修正が間に合えば、勝負のリンクに立つ楽しみが増える。

この日の公式練習では11年世界選権以来、3季ぶりに安藤美姫(26=新横浜プリンスク)と同じ組で汗を流した。自身のSP曲「ノクターン」をかけての滑走ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功、練習後半にも大技を決めた。「SPをまず集中してできれば。ようやく(五輪代表が)決定する時が来たって思いと、今年最後の試合だなって思いと、全日本が来たんだなって思いがある」。7度目の日本一で、集大成の夢舞台に弾みをつける。

・・・・・・・・・・・・

最初の衣装も素敵だったけど、確かに
バリバリして動きにくそうな素材でしたね。

どんな衣装なのか、今日披露してくれるのか、
楽しみです。

今日は私も応援に行きますので
選手の演技、会場の様子などをできるだけしっかり見てきます!

d0309182_021250.jpg



<おまけ>
みきちゃんの「スタオベ」…
気になった方、他にもいらっしゃるでしょうか。

観客席のほぼ一箇所+みきちゃんのアップ、
しか映していなかったように思います。
他の選手のときは会場全体も映していたのに。

「チームラブミキ」のバナーを掲げている人がいる、
正面から見て左側~中央の一階席ばかり映していたように
私には見えました。

だからなんだ、と言われたらそれまでの、
たいしたことではありませんが不自然だなーーと思ったので。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-23 08:36 | フィギュアスケート
だ、男子フリーが終わりましたが・・・


まずは羽生君優勝おめでとう!
まっちー2位、小塚君も踏ん張っての3位、おめでとう!!
織田君は惜しかった!

羽生、ソチ五輪切符!フリーも圧倒 全日本2連覇達成
スポニチ 2013.12.22
ソチ五輪最終予選会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権第2日は22日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(19=ANA)がフリーでも195・70点の高得点をマークし、合計297・80点で2年連続優勝を飾り、代表入り決めた。

羽生は冒頭の4回転サルコーで転倒したものの、続く4回転トーループは何とか着氷。その後のジャンプはコンビネーションを含め、すべて成功させて、GPファイナルでの得点を上回る“自己ベスト”をマークした。

町田樹(23=関大)277・04点で2位に入り、小塚崇彦(24=トヨタ自動車)は264・81点で3位。高橋大輔(27=関大大学院)252・81点で5位に終わった。織田信成(26=関大大学院)が256・47点でSPから一つ順位上げて4位。

・・・・・・・・・・・・・・・


しかし…
五輪選考3人目はどうなるんでしょう。
羽生君とまっちーはもう確定ですよね。

下の記事を読むと大輔君にもまだチャンスはある?みたいですが
(でもこの記事、織田君の存在丸無視ですよね。)
明日まではっきりしないなんて、選手にとっては生殺し状態。
つらすぎる。


どうなるソチ代表 羽生確実!町田2位なら3枠目は高橋と小塚の争い
スポニチ 2013.12.22
ソチ五輪最終予選会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権第2日は22日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーなどが行われる。前日21日の男子ショートプログラム(SP)では、GPファイナルの覇者・羽生結弦(19=ANA)が首位に立った。男子フリーを前に代表争いを占った。

ソチ五輪の代表枠は男女ともに3で、全日本選手権の優勝者は代表に決定。2人目はGPファイナル日本人最上位メダリストと全日本の2、3位の選手の中から選考する。仮に羽は優勝を逃したとしてもGPファイナル優勝の実績があり、SPでの得点差を考慮すると、よほどのことがない限り4位以下に沈む可能性はなく、代表入りは確実と言える。

3人目は、2人目の選考から漏れた選手と、世界ランク日本人上位3人、国際大会のベストスコア日本人上位3人の中から代表を選考する。

高橋大輔(27=関大大学院)はNHK杯でマークした268.31点が羽生に次ぐ今季日本人2位、世界ランクも羽生に次いで日本人2番手につけており、表彰台に上がれば代表入りは有力だ。

SP2位の町田樹(23=関大)は世界ランク、国際大会のベストスコアともに日本人3番手で、羽生優勝なら2位をキープできれば、代表入りはほぼ確定。その場合、小塚崇彦(24=トヨタ自動車)が高橋と3枠目を争うことになる。3位小塚、4位高橋のままなら、高橋がやや有利か。ただ、小塚が2位以上でフィニッシュした場合、高橋は4位以下だと落選の可能性が高くなりそうだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大輔君、ジャンプはあまり決まらなかったけど
ちゃんと見ている側にはその「思い」が伝わったよ。

最後のステップは彼の大きな「愛」を感じました。
本当にファンを大事に思ってくれてるんだな、というのがよくわかった。

演技後のインタビュー・・・
残酷ですね。あんなふうに追いかけて。

私は大輔君を熱心に応援してきたわけではないけれど
今はちょっと胸が痛いです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-22 23:18 | フィギュアスケート
男子ショート、あわわわわ・・・
 ※競技結果はこちら→ 【第82回全日本フィギュアスケート選手権大会】

羽生君、町田君はいい演技でしたね!
とくに町田君!渾身の「エデン」でした。

羽生君のトリプルアクセルはすごいですね。
大きく飛翔する、素晴らしいアクセル!
(でも私、このショートは何回見ても
あまり好きになれないんですよね…。
もうほんっと、個人的な好みの問題ですが。)


そして大輔君…
キスクラ、インタビューでの悲壮な表情が…
もう見ていられませんでした。

でも私は、大輔君はなんだかんだ言ってフリーでは
きっと大爆発するだろうと思っています。
あの大怪我を乗り越えてきたんです。
こんなところであっさりと負けてしまうような男じゃないですよ。

印象的だったのはリンクサイドにいたフラワーガールたち。
みんなすっごくキラキラした目で大輔君の姿を追いかけているのが
テレビからでもよくわかりました。

そうだよね。
あんなに間近で大先輩の世界トップクラスの演技を
見られたら興奮するよね。

小塚君はやっぱり故障の影響が免れませんね。
本人も「ダメだ」と言ったように見えたし、
納得いかない感じでしたが思ったより得点が出て
「え!?」という顔でしたね。

私も大輔君とどこでそんなに差(約8点差)が
出たのかわかりませんでした。


だけど…
荒川さんはさーー、
一体選手の何を見ているんだろう??

大輔君、ホッとしたように見えました?

女子の解説でも男子の解説でも
(そもそもどうして男子の演技で荒川さん?)
いい加減でテキトーなことしか言えないのなら
もう黙っていてほしい。


私は明日、さいたまスーパーアリーナに行ってまいります。
いっちばん安い席なので、選手の姿はそれこそ
豆粒にしか見えないでしょうけれど頑張って応援してきます!

d0309182_10154036.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-22 10:17 | フィギュアスケート

女王様のタンゴを比較

お隣の報道によると今シーズンの女王様のフリーは
非常に難易度が高いのだそうです。

かつて彼女が「ロクサーヌ」をやっていたのを思い出したので
どのくらいレベルアップしたのかタンゴ同士だとわかりやすいかと思い、
見比べてみました。

【UK Eurosports]Yu-Na Kim - 2007 World Figure Skating Championships SP】


【Yuna Kim - Adios Nonino, 김연아 프리 스케이팅, 20131207】


ごめーーーーん。
私には後退したようにしか見えませんでしたわ。

ちなみにそれぞれの採点結果がこれです。
上が2007年、下が2013年です。

【2007年 世界選手権 女子SP】
d0309182_143262.jpg

d0309182_14855100.jpg


【2013年 ゴールデンスピン 女子FS】
d0309182_144111.jpg

d0309182_1493316.jpg


2007年は今よりもっとキビキビ動いていたんですね。
ピールマンのポジションも思っていたよりもきれいでした。
ジャンプに入る時の姿勢も今とはえらく違いますね。
昔のほうが沈み込みが少ないように見えます。

でもジャッジはそうは思わなかったんですね。
PCS・・・ すごいですねーーー。
非常に興味深いです。

あ。もちろん年度も大会も違う演技を比較しても
意味がないことは承知していますが。

不思議なスポーツですね。フィギュアって。


あああ。
どうしてだか無性にあっこさんのタンゴが見たくなりました。
というわけであっこさんの「リベルタンゴ」☆
(ちょっとこの動画は解説がうるさいですが…)
【2008 THE ICE Akiko Suzuki "Libertango"】


素敵!かっこいい!
あっこさんの背中の筋肉に惚れ惚れします^^



ついに全日本ですね。
私はもういい加減な採点を見たくありません。
キスクラで凍りつく選手の顔も見たくありません。

連盟にハガキを送り、メールを送り、電話をしても
一向に状況は変わりませんでした。
そのファンの嘆きが、ジャッジへのブーイングとなりました。

ブーイングはできなくてもこの気持ちを届けたい。
そういう人も多いと思います。
そいういう人たちのために、
「スケートが好きです」のやまだん様
バナーやポストカードとなる画像をまとめてくださり、
またそれらの気持ちをひとつの動画にするため、
写真を募っていらっしゃいます。
→ 【試験的な事ですが、お願いがあります。※記事を修正2】

ご紹介が遅くなってしまいましたが、
もしこの動きに参加したいという方がいらっしゃいましたら
ぜひよろしくお願いいたします。

また、会場でジャッジに対するバナーを掲げることに
消極的・批判的な意見があることも承知しております。

無理をする必要はありません。
できる範囲でできることをすればいいと思います。
「ポストカード」というカテゴリー、ぜひご覧ください!
素敵なデザインばかりです。
これでガンガンあちこちに「お問い合わせ」できますわ☆


そしてこの動きを快く思わない連中もいます。
盗撮や「街宣右翼」のように成りすまして妨害してくる可能性もあります。

当日会場でバナーを掲げる予定のある方は
身辺を十分に警戒し、用心なさってください。


d0309182_14566.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-20 14:40 | フィギュアスケート