蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

タグ:政治 ( 110 ) タグの人気記事

「朝日はそういう新聞だと思って読んでいる」

安倍総理、ほんっとーーに強くたくましくなって
戻ってきてくれました。

これを読んで思わず笑ってしまったのは
私だけではないはずだ!

【秘密法報道に不満爆発=安倍首相「3年後に検証を」-参院予算委】
時事通信 2014.2.5
「数カ月間行われてきた言辞が正しかったかどうか。3年後に自民党で検証していただければ極めて有意義だ」。安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、メディアの多くが特定秘密保護法への反対論を展開していることに強い不快感を示した。

自民党の脇雅史氏の質問に対し、首相は「飛んでいく(米海兵隊の新型輸送機)オスプレイを写メールで撮り、友人に送ったら懲役5年という議論もあった」と指摘。「実際に誰かやって、そうなるか確かめてみたらいい。全くそんなことは起きない。言った人は責任を取っていただきたい」と不満を爆発させた。

さらに、朝日新聞の社名を挙げて「安倍政権打倒が朝日の社是だと(聞いた)。そういう新聞だと思って読んでいる」と言及する異例の場面もあった。(2014/02/05-20:30)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

該当箇所は、下の動画の40分過ぎくらいからです。

02 05 参議院予算委員会 脇雅史 自民


・・・・・以下、その部分のみ簡単に書き起こし・・・・・

※動画の30分あたりから「積極的平和主義」について、
安倍総理は武力をも辞さない、そういう意味で使っているわけではない。
中国・韓国でさえそういう意味では捉えていない。
しかし我が国の中にそういう意味(武力を使うという意味)に取るものがいる。
という流れから
 
  ↓

<自民党・脇議員>
朝日の社説に「平和主義を取り違えるな」
「ナショナリズムを煽っている」とある。

これだけ明快に事実と違うことを書き、これを政府が放置しているのはよくない
何もいわない=政府も認めていることと 外国にとらえられかねない
事実と違うことを報道されている場合、そうではないということをきちんと言うべき
朝日新聞しか読んでいない人は「なるほど右寄りだ」と思うだろう

<安倍総理>
新聞社が明確な意見をもつこと、これはいいことだと思う。
批判も受け止める。
ただしそれが事実と違う場合はきちんと主張したい。 
評論家の三宅さんから朝日の幹部が
「安倍政権打倒は朝日の社是である」と言っていた
という話を聞いた。

それはそれでけっこうだと思う。
そういう新聞なんだな、と思ってこちらも読むだけである


われわれはナショナリズムを煽ることはしない。
煽る人、煽る新聞社というはあるかと思いますが
(以下略)

・・・・・書き起こしここまで・・・・・


こーーれーーーはーーー!
朝日はどうするんでしょうねえ。

下手に報道したら「朝日ってそんなこと言ってるんだああ」
と世間にバレてしまいますからね。

知っている人も多いけど。


かといって言われっぱなしじゃ悔しくて悔しくて
夜も眠れないでしょうねえ。


でも安倍総理がこういう風にきっぱりはっきり
言えるようになったのは、自分を支えてくれている
国民が多いとわかっているからですよ。
どんなに信念を強く持っていたってひとりでは戦えません。

安倍総理を応援する声は、きっと私たちが想像している以上に
総理の力になっているだろうと思います。
それがあるからこそ、批判も生きてくるのです。


第一次安倍政権の時から、確実に時代は変わりましたね。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-06 00:39 | マスコミ

自衛隊OBに聞いた 「田母神さんてどんな人?」

ソチが刻々と近づいてきましたが
(ってもう明後日には団体戦・男子ショートか!)
今日も都知事選ネタです。

三橋貴明さんのブログによると、
舛添陣営が田母神さんの街頭演説を妨害していたらしいですね。
→ 【一自民党員として書きます】

とんでもないことです。


都民の40%がまだ誰に投票するか決めかねているとのこと。
西村幸祐さんのツイッターより)
d0309182_2143281.jpg


マスコミは舛添リードだと言っていますが、
まだまだ選挙戦は終わりではなく、
あと数日の頑張りでもしかしたらもしかするかもしれない。
むしろここからの追い上げで一気に逆転もあるかもしれない。

皆さん、地道な活動頑張りましょう!



話は変わりますが…、
そういえば、田母神さんが現役時代の
自衛隊内での評判はどうだったんだろう?

と気になったので身近にいる航空自衛隊OBに聞いてみました。
以下はその答えです。


田母神さんは優秀でありながらとてもざっくばらんな人。
わがままな上官もいるけれど、田母神さんは部下思いの
とてもいいリーダーで人気があった。

田母神さんが統幕学校長時代(注 統合幕僚学校。自衛隊の幹部のための学校。
ウィキの説明の方がわかりやすいかも→
学生たちと中国に行ったことがある。そこで例によって中国の高官が
歴史認識がどうたらという話を延々と始めた。
それにストップをかけ、きっちり反論したのは田母神さんだけだ!



ということでした。


中国とのくだりは都知事選には直接関係ありません。
が、いざというときにきちんと反論できる。
日本の国益を守るために行動できる。
それは当然、いち自治体の首長にも求められるものです。


それに「部下思い」ってところは
都の職員の方々には知っていただきたいですね。

部下に責任なすりつけて…とか仕事を押し付けて…ということは
しないでしょうね、田母神さんなら。
維新の会の三宅議員も応援演説で言っているように
(※ 一番下の動画参照)、
他の候補者は皆いざというときに
逃げるような人ばかりじゃないですか。


舛添氏なんて…
皆さんもご存じの通り、形勢が不利だと見たら、
味方を後ろから撃ち、自分だけ逃れようとした人ですよ。

そんな人に首都を任せられますか??
下の動画もぜひごらんください。
(風に立つ主婦様、ありがとうございました!)

バラエティのノリだということを考慮しても品がない。
高齢者のことをテレビで「アイツラ」呼ばわりですよ。

東京都知事選挙(2014年2月9日) 舛添要一候補



そしてこちらは我らが三宅博議員の、
田母神さん応援演説の模様です。
12分ほどありますが、ぜひ皆さんに聞いていただきたいです。

【HD】三宅博・衆議院議員の田母神としお応援演説も凄すぎる!



時代は変わりつつある。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-04 22:14 | 日本

「韓国ラブ」な都知事なんて嫌だ

新聞報道などで
都知事選は舛添氏がリード!と出ていますが…

舛添さんねえ。

ネットでは帰化人だとかいろいろ言われていますが
一応「舛添家」は先祖代々日本人の家系らしいですね。

それも含めてネットで話題になっていたので
氏の著書『私の原点、そして誓い』を読んでみました。

お母様が認知症になってからの介護のあれこれを
書いたものですが、それに舛添家のルーツについても
少し触れている個所があります。

例の、お父様が選挙に立候補した時の
「ハングルでルビ」
の一件も出てきました。

以下、同書の125~129ページから抜粋しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前から、お隣の韓国の京幾道の知事さんが、一度訪ねてきてはどうかと言ってくださいましたので、ご厚意に甘えることにしました。舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く、あとで紹介しますが、私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです

そんな縁で、私自身もハングルの勉強に励んでいますし、韓国への造詣を深めることに喜びを感じています私は韓国には何度も足を運んでいますが、妻を連れて行って、二人で韓国文化の素晴らしさに直接触れることができるのは、また格別です。

(中略)

あのときの旅ほど、韓国の友人たちの心温まるもてなしを嬉しく思ったことはありません。韓国の方々の、目上を敬い、両親、そして祖先を敬愛する思いやりの心には、今の日本人は見習う必要があります。特に、「オモニ(母)」への情は、日本人よりも韓国人のほうが強く、私の母への想いも、彼らのほうがよくわかってくれるような気がします。

歴史の一時期の不幸な体験を乗り越えて、この隣国同士がもっと相互に理解を深めていくことを望まずにはおれません。特に若い世代に、このことを期待したいと思います。福岡を起点に考えるとソウルのほうが東京より近いのです

ある日、全羅道に行って全州で食事をしたとき、これはどこかで食べたことがあると、なつかしくなったものがあります。それはイカなどの海産物を煮付けたものでしたが、よく考えると、小学生のこと母が作ってくれた夕ご飯のおかずの味でした。
 
(中略)

おふくろの味を韓国南部の家庭料理のなかに発見するとは思ってもいませんでした。


・・・・・・・・・・・・・


私はこれを読んでゾッとしました。
こういう意識が根底にある人が都知事になったら…

 「日本における日本人差別」を除去する動きは
思うように進まないでしょう

安倍内閣がどんなに頑張っても首都が足を引っ張るでしょう。

でもこのあたりのことを「非ネットユーザー」に
理解してもらうのは難しいでしょうね…。


「母親がアチラの人」という噂が出たのもこれでわかりました。
事実はどうだか知りませんが。




舛添氏はお母様の介護経験をもとに
都政でも福祉の充実を!と訴えていますが、
私はこの本を読んで、この人本当に介護したのかな?と
逆に疑問を覚えました。



週に一度の介護、年に3回も海外旅行・・・。
(注 お母様は九州、舛添氏は東京在住。
だから週末だけ帰って介護していたとのこと。
完全在宅介護ではなく、老健&在宅の介護だったそうです。)

それで「介護の経験」ねえ。


私の実家も祖母が認知症になり、家族で(といってもほとんど母ですが)
数年間自宅で介護しましたが、旅行どころか買い物もままなりませんでしたし、
同じように週に一度だけ顔を出す親戚がいましたが、
そういう人に「介護したぜ!」と言われたら「あんたふざけてんのか!」と
怒鳴りつけたくなりますよ。


なんというか、全体的に
勝手だな」という印象を受けました。

お母様を温泉に連れていくくだりとか、
お母様の介護のために家を建てたくだりとか…

もし
「舛添さんは介護についてもよくわかってる!
福祉政策について期待できる!」と
思っている方がいらっしゃいましたら
一度この本を読んでみることをお勧めします。

とくに介護経験のある方は
私の覚えた「違和感」をわかってくださるだろうと思います。



ま、そもそも介護云々の前に
「韓国ラブ!」な時点で「ダメ!絶対!!」ですけど。


ちなみに・・

d0309182_22402675.jpg


このように舛添氏は「女性は生理があるから…」
と言ったってあるんですが、本当ですか?
ソースがわからないのでめったなことは言えませんが。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-03 23:14 | 日本

ついに百田さん登場


またテレ朝が懲りずにやったんですね。
安倍さんがほとんど生放送にしか出ないのは
きっとこういう理由からなんでしょうね。

(※ 以下は1月31日金曜日のツイートです)
d0309182_9303997.jpg
d0309182_9294786.jpg



ところで!
前から私は田母神さんの応援演説に
百田さんが来てくれればいいのになあ…
と思っていたのですが、

明日2月3日の9時30分からの新宿での街頭演説に
ついに百田さんが駆けつけるとのことです。

以下は田母神さんのツイッターより

・・・・・・・・・・

【田母神通信】百田尚樹さんが応援演説参加決定!永遠のゼロの原作者で知られる百田尚樹さんが、明日2月3日(月)9時半より新宿西口にて行われる田母神としお街頭演説に応援に駆けつけてくれます!皆さん、是非、お集まりください!

・・・・・・・・・・・



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-02 16:24 | 日本

田母神さんの街頭演説、聞いてきました

おととい(1月28日)、田母神さんの演説を聞きに行きました。
場所と時間帯(午前中でした)によるものでしょう。
聴衆人は100人いたかどうか…でしたが
集まった人たちは皆熱心に田母神さんを応援していました。

小さいお子さんを連れた若いお母さんや、
30~40代くらいの女性、お年寄りが多かったです。
(ま、働いている人は無理な時間帯でしたから当然ですよね ^^;)

西村慎悟議員、デヴィ夫人の応援演説のあとに
田母神さんのスピーチ。
d0309182_0522583.jpg



非常にわかりやすく、またところどころに冗談をはさみ、
さすが話慣れているなと思いました。


d0309182_05257.jpg


これについても
「本来なら国民の利益になる4兆円が油を買うために消えている。
景気が回復しても給料が上がらないのはそのためだ」

など具体的に説明していました。
(ちなみに上記日テレの番組、私も見ていましたがひどかったです。
原発について具体的に説明すると遮り、そのあと教育に関することを
具体的に説明するとまた遮って原発に話を戻し…でした。)


私が田母神さんを一番に推すのはやはり
日本人が日本国内で差別されるのはおかしいことや
外国人参政権反対について
きちんと考えているからです。


この日の演説でも
「(日本なのに)日本人が入りにくい地域が東京にある。
そういうところはあってはならない

と言っていました。


演説の後に聴衆者全員と握手をして回っていましたが、
何人かの方が田母神さんの著書を持参していて
サインをしてもらっていました。私も持っていけばよかった!
私は握手と、一緒に写真を撮ってもらいました☆

そんな中で、演説を聞きに来ていた80歳くらいだと思われる
おばあさまと少しお話ができました。

その方は「どうしてこんなに若い人が多いんだろう?」と
不思議だったそうで、私は私で「どうしてテレビであまり取り上げられないのに
年配の方が多いんだろう?」と不思議だったからです。

そのおばあさまは
「私は<チャンネル桜>を見てるの。もうこれしか見ない。
NHKなんか絶対に見ないの! 」
「友達はみんな1日テレビばっかり見てる。
あんなことじゃ駄目ね!バカになるわ!」

と仰っていました。

そしてスタッフの方にも少しお話を聞きましたところ、
(スタッフの女性たち、キレイな人ばかりでした~ ^^)
ネットはもちろんですが、口コミでの拡散もお願いされました。

ネットアンケートなどで政治的な話題の回答者の割合を見ると
8割は男性で女性はいつも2割ほどです。

ネットを使っていても、女性は政治的な話題に触れていない。
積極的に参加していない、ということがわかります。
ここで活用するのが「主婦の井戸端会議」だと思います。

私の知っている身近な例では、ネットなんて触りもしない年代の
おばさまたちがその「主婦のネットワーク」を使って
某宗教団体の集会所の建設計画を白紙にした、というものがあります。
主婦の持つ力は侮れません。



それからもっともっと積極的に田母神さんの演説を
聞きに行くのもひとつの応援方法だと思います

(事務ボランティアはもう足りているそうなので、私は
こちらの方法で応援していきます。あと寄付金!)

都民ではなくたって関係ありません
人だかりができていたら、道行く人が足を止める確率も高くなるでしょう。
そうやってネットだけではくリアルでもどんどん田母神さんを
支持する声を大きくしていきましょう。


そういえば…
安倍総理夫妻は「田母神閣下が都知事となるのを応援する会」
のメンバーだそうですね。(FBやっていないので未確認ですが)

田母神さんも演説で言っていました。
「自民党は違う候補者を支援しているけれど、
安倍総理は絶対に私を応援しているはずです(笑)」
って。


明日(いや、もう今日ですね)田母神さんは
伊豆大島へ行かれるので演説はありませんが
投票日までの約1週間、近隣県にお住まいで行けそうな人は
どんどん街頭演説にも足を運んでください。


演説の日程は田母神さんのサイト(こちら)で確認できます。
だいたい前日の20時以降に詳細が表示されているように思います。



<おまけ>
西村幸祐さんのツイッターで見つけました。

誰に投票しようか…
迷っている方にぜひこちらを(笑)

d0309182_0525133.jpg



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-31 01:21 | 日本

インドって

四大陸選手権が終わって、無良君・かなこちゃんが優勝、
小塚君・さとこちゃんが2位、遥ちゃんが4位という
素晴らしい結果だったのに、まだひとつも演技を見ていないので
書こうにも何も書けません><
(おまけに間違えてSPの録画、消しちゃったし… orz)

ちょこっと息抜きです。
安倍総理がインドの記念式典に招待された件です。
概要は、下記の通り。

インドで軍事パレード出席 安倍首相、親密さアピール
産経 2014.1.26 16:58
安倍晋三首相は26日、訪問先インドの首都ニューデリーで、軍事パレードなどが実施された「共和国記念日」の行事に主賓として出席した。各国首脳の中から毎年1人が選ばれる主賓に日本の首相が招かれたのは初めて。

64年前に憲法が発効し、共和国に移行した日を祝う行事はテレビやインターネットを通じて生中継され、約12億人のインド国民の多くが視聴。安倍首相はインドとの親密な姿をアピールした。

安倍首相は、首都中心部の目抜き通りを次々に通過したパレードを沿道の貴賓席で見物。ムカジー大統領やシン首相らと並んで約2時間、戦車隊やミサイルを積んだ車両の行進などを見守った。昭恵夫人も同席した。

パレードでは国内各地の伝統芸能や名物を紹介する山車も披露され、インド政府は「軍事目的だけではない」(高官)と説明している。(共同)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍さんの働きっぷりとか、日印の結束ももちろん
重要事項なのですが。

それよりも青字の部分に興味が湧きました。
軍事パレードに「山車!?」って。

なので動画見つけてきました。




・・・インドって・・・インドって・・・


安倍首相も出席、インドで軍事パレード



中国雑技団やどこぞのテーマパークのパレードを
見ているような錯覚に陥りました(笑)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-27 23:11 | 親日国

できることからやる

昨日のニコファーレ「わっしょい!東京都知事選」
ご覧になりました??

いやー。
田母神さんひとりだけ異次元でしたわ。
あれじゃあ他は公開討論から逃げたくなるでしょうねえ。
簡潔明瞭で「やりたいこと・やろうとしていること」に迷いがない。
そういう相手と並んだらいかに中身がないかバレてしまいますもの。


田母神支持のコメントがダントツで多かったですね。
今日の田母神さんのツイートにも
「弾幕(注:拍手を表わす「88888」で画面が真っ白になること)
をありがとうございます」とありました。
ネットだけじゃなく、リアルでの支持もこのくらいに!

ところで…
思わぬところから舛添氏の「カネの問題」が出ましたねえ。
まさか自分のブログで「しんぶん 赤旗」をソースにする日が
来るとは思いませんでした。

簡単にまとめると、
舛添氏の結成した「新党改革」が
借金返済に使うことを禁じられている
政党助成金などで返済を行った疑いがある


ということだそうです。


保守速報さんのまとめがわかりやすいので
こちらをどうぞ→ 

なんで「赤旗」が?
と思いましたが、これは共産党が推している宇都宮氏への
援護射撃なんでしょうね。
対抗馬の足を引っ張る、という。


例によってもちろんマスコミは触れませんが
仮に舛添が当選したらどうするつもりなんでしょう??

猪瀬さんの5000万は問題だけど
舛添氏の方はスルーでOKなんですか??

筋が通りませんよね?
下手したらまた都知事選やることになるんじゃないですか?
都の税金が再び大量に使われることになりますが
それでいいんでしょうか。


というわけで、自民党や首相官邸、都議連には
この方向で凸するといいかもしれませんね。


e-gov
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

自民党 ご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact

TOKYO自民党 お問い合わせ
https://www.tokyo-jimin.jp/inquiry/


今さら「支援」は取り消せないでしょうけれど
「消極的支援」程度になるかもしれないし、
舛添反対の国民の声がたくさん届けば
今後自民党内の「アッチ側」に
好き勝手させないための抑止にもなると思います。


だいたい安倍総理の本心は「田母神さん応援」でしょ!
って感じますけどね。


それから田母神陣営が
ボランティアを募集しておりました。

主な内容は

1.女性による商店街チラシ配り隊
2.若者による商店街チラシ配り隊
3.チラシポスティング隊
4.遊説場所チラシ配り隊:朝
5.遊説場所チラシ配り隊:昼
6.遊説場所チラシ配り隊:夕
7.事務所でのボランティア作業
8.寄付金で応援する
9.ネットで応援する
10.チラシ配り・ポスティング・事務作業いずれも参加可能


・・・(以上、田母神さんのサイトから抜粋)・・・・


だそうです。


都民じゃなくても、投票できなくても
できることはあると思いますので
もし「何かお手伝いしたい!」と思う方がいらっしゃいましたら
ぜひお問い合わせしてみてください。

詳細はこちら→ 【田母神としお  応援方法】

 
私もネットで応援・寄付金くらいならできるわ!
本当はチラシ配りとか事務所ボランティアやりたいけど
諸事情によりちょっと難しいです…。


<追記>
記事アップ直後にこの産経の記事読みましたので
追加します。

【舛添氏の第一声、石破氏ら参加取りやめ 政党色薄める】
産経 2014.1.22 20:23
自民、公明両党は22日、東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立候補する舛添要一元厚生労働相の第一声への石破茂、井上義久両幹事長の参加は取りやめる方針を決めた。当初は一緒に街頭演説する予定だったが、政党色が強まるのを避けた

自民党幹部によると、公明党側が「舛添氏は無所属で出馬するのに党本部幹部が一緒にいるべきでない」と求めた。今後の石破氏らの応援は状況を見極めて判断する。

舛添氏の第一声はJR新宿駅前で予定され、自民党から都連会長の石原伸晃環境相、公明党は高木陽介都本部代表が応援弁士として参加する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だったら最初から「支援」なんてしなさんな!
自民党の舛添支援に対する抗議も
相当いってるんじゃないでしょうか。


やっぱり噂(?)通り、
「政党助成金で借金返済」した疑いのある候補を
支援することに決めた石破氏などへの
責任追及が…というのは本当なのかしら??



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-24 22:28 | 日本

これはわかりやすい

これはわかりやすい!
おもしろい!

都知事選、ついに告示されました。
私が都民なら迷うことなく田母神さんですが、
「都知事選・・・誰を選べばいいの?」
とお悩みの方がもし近くにいらっしゃいましたら
ぜひこの動画を~^^

あ。もちろん都民だけに限りません。
拡散希望です。


【誰でもわかる!2014都知事選】


ついでにこちら↓もどうぞ!
組織票が多いとなぜ困るのか・・・が
とってもわかりやすくまとめられています。

選挙なんて行っても意味がない。
どうせ何も変わらない。


などと言っているおっちょこちょいさんにぜひ!

【誰でもわかる!組織票と投票率のヒミツ】


動画主さま、ありがとうございました☆



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-23 19:55 | 日本

「田母神都知事」の誕生をぜひ!

間があいてしまいましたが
都知事選関連・田母神さんについてです。

前々回の記事で文民統制云々について触れました。
何が言いたかったのかと言うと、
自衛隊を縛っている「文民統制」の中で
田母神さんは「航空幕僚長」という、
航空自衛隊のトップだったということです。

そもそもこの人事は誰が決めるのか、といったら
防衛省の官僚。つまり「背広組」です。

制服組(=現場側)が決めるのではなく、
自衛隊が「暴走しないように」管理している背広組が決めるんです

仮にもし田母神さんが一部で言われているような
過激な極右で失言の心配のある人なら幕僚長になんてなれません。
わざわざ問題起こしそうな人をトップに据えるような真似はしません。
(だからあの論文問題も、朝日の慰安婦事案と同じ=「付け火」です。)

どんなにキレ者であっても癖のある人は選ばない。
しかし当たり障りのないことしか言えない人では組織をまとめられない。
そういう中で「幕僚長になった」ということをよく考えてほしいと思います。

「軍事だけの専門バカ」。
これも田母神さんに対する評価として時々見かけますが、
そんなことで「幕僚長」は務まりません


自分の国の力と他国の力をきちんと把握してないと
いざというときに備えることはできません。
パワーバランスを見極めるためには当然その国の
経済力や外交能力その他を知らねばなりません。

組織のトップである以上、あらゆることを広く見渡して
間違いのないように組織を引っ張っていく見識が必要です。

そのうえ「軍」でないがために制約の多い自衛隊です。
各方面への「バランス」が取れなければ務まる職務ではありません

自衛隊というところは「政治的バランス」の取れる人でないと
上にはいけません。
(そもそも自衛隊ほど、常に緊張感を持ってバッシングネタを作らないよう
気を配っている組織ってないと思います。)

そう思いませんか?
 「戦争を放棄する」という憲法がある国の
「軍隊ではない」という自衛隊のトップに、
勇ましいことばかり言っている人は立てませんよね?? 



というわけで、
「自衛隊出身だから経済がーー」
「政治はムリ。都政なんて任せられない」
「失言がーー」

という意見にはどうか力いっぱい反論してください。

田母神さんは、もちろん言うべき時に何も恐れず言う人ですが
(あの中国の、延々と続く恨み節にもガツンと言ったとか)
「時」と「場所」をきちんと判断できる人です。

今まではフリーだったから、多少過激な発言もしていたのでしょう。
(私はあれは「あえて」狙っていたんだと思います。)

そして都知事選での課題は
これらをいかに非ネットユーザーにアピールするか…
です。

しかしそれは都民だけに限りません。
非都民でも都知事選のことが話題に出たら
さりげなく( ←ここ重要!強引過ぎると引かれますから 汗)
田母神さんのことを話してみてください。

そういう「世の中の空気」はじわじわ来ると大きいと思います。
何がきっかけで誰の耳に入るかわかりませんから。


選挙は女性票と高齢者票をいかに取り込むか…だと思います。
女性も高齢者も、何を優先して考えるかと言ったら
愛国心だ国防だより「身近な危険」についてでしょう。

いずれ来るだろうと言われている大地震。
テレビでも散々やっていますから嫌でも皆さん考えているでしょう。
(被害想定のCGがやたらリアルですよね~~)

東日本大震災での働き(自衛隊としては非常に不本意だったと思いますが)
で自衛隊を頼もしく思っている人は多いと思います。

田母神さんはそこのトップだった。
リーダーシップがある。
危機管理能力にたけている。
石原元都知事が「先生」と言って尊敬し応援ている


まずはそのあたりを強調し、
そのうえで経済だ政治能力がなんだと言われたときに、
上記の話を持ち出してみてください。



田母神都知事誕生を望みます。
宮城で起きた奇跡、「トミ子落選!正宗当選☆」を再び願います!



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-23 00:24 | 日本

小野田さんの見た「従軍慰安婦」

都知事選関連の記事の途中ですが・・・


小野田寛郎さんがお亡くなりになりましたね・・・。
またひとり、当時を知る方がこの世からいなくなってしまいました。


小野田少尉、従軍慰安婦を語る。


この動画の中でお話しされている「慰安婦」の正体について
2005年の『正論』でも書いていらっしゃいます。
長文ですが全文転載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「私が見た従軍慰安婦の正体」(2005年 『正論』1月号より)

 首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題は、全く理由のない他国からの言いがかりで、多くの方々が論じているところだ。南京大虐殺と同様多言を弄することもあるまいと感じていたのだが、未だに妄言・暴言が消え去らない馬鹿さ加減に呆れている。

 戦後六十年、大東亜戦争に出征し戦場に生きた者たちが少なくなりつつある現今、私は証言として、「慰安婦」は完全な「商行為」であったことを書き残そうと考えた。

 外地に出動して駐屯する部隊にとって、治安維持と宣撫工作上最も障害になる問題は、兵士による強姦と略奪・放火である。そのためにどこの国もそれなりの対策を講じていることは周知の通りである。大東亜戦争時、戦場には「慰安婦」は確かに存在した。当時は公娼が認められている時代だったのだから至極当然である。

 野戦に出征した将兵でなくとも、一般に誰でも「従軍看護婦」と言う言葉は常識として知っていたが、「従軍慰安婦」と言う言葉は聞いた者も、また、使った者もいまい。それは日本を貶める為に後日作った造語であることは確かだ。
 
 淫らな言葉だが、中国戦線では「ツンコ・ピー」「チョウセン・ピー」と呼んでいた筈であるが、他の人の見ている所でする筈のないことだけに、「慰安所」のことも「慰安婦」のことも、公の場で自己の見聞を正確に発表する人が少ない。あまり詳しいと「よく知ってるね」と冷笑されるのが落ちだろう。
 では何故、君は、と私に聞かれるだろうが、幸い私はその実態を外から観察出来る立場にあったから、何も臆することなく、世の誤解を解くために発表することが出来るのだ。

 ◆漢口の「慰安所」を見学
 商社員として十七歳の春、中国揚子江中流の漢口(現武漢)に渡った私は、日本軍が占領してまだ五カ月しか経っていない、言わば硝煙のにおいが残っている様な街に住むことになった。当時、漢口の街は難民区・中華区・日華区・フランス租界・日本租界・旧ドイツ租界・旧ロシア租界・旧英国租界に分かれていて地区ごとにそれぞれ事情に合った警備体制が敷かれていた。

 日華区とは日本人と中国人とが混じって住んでいる地区で、そこに住む中国人は中華区に住む者と同様「良民証」を携帯しており、そうでない者は警備上難民区に住まされていた。
難民区は日本兵も出入りを禁止されていて、私たち在留邦人は届け出て許可を得なければ出入り出来なかった。それだけ危険な場所だった。

 私は、仕事が貿易商だから、難民区以外はよく歩いた。ある日、汚れた軍服を着た兵士に「慰安所はどこか知りませんか」と路上で尋ねられ、一瞬思い当たらず戸惑った。しかし看板に黒々と「漢口特殊慰安所」と書いて壁に掲げていて、その前に歩哨と「憲兵」の腕章をつけた兵隊が立っている場所を思い出したのでその通り教えてあげた。映画館と同様に日華区にあった。汚れた軍服から推測して、作戦から帰ってきた兵士に間違いない。街を警備している兵士は、そんな汚れた軍服で外出してないからだ。

 私は「特殊慰安所」か、なるほど作戦から帰った兵士には慰安が必要だろう、小遣い銭もないだろうから無料で餅・饅頭・うどん他がサービスされるのだろうと早合点していた。

 ところが、私の知人が営む商社は日用品雑貨の他に畳の輸入もしていて、それを「慰安所」にコンドームなどと一緒に納入していたので「慰安所」の出入りが自由であった。彼に誘われて一般在留邦人が入れない場所だから、これ幸いと見学に行った。

 私たちは、憲兵に集金の用件を話してまず仕事を済ませた。日が暮れていたので「お茶っぴき」(客の無い遊女)が大勢出てきて、経営者と私たちの雑談に入ろうとしてきたが追い払われた。そこには内地人も鮮人も中国人もいた(現在、鮮人は差別用語とみなされ、使われない。しかし朝鮮半島が日本統治だった当時は「日本人、朝鮮人」などと言おうものなら彼らに猛烈に反駁された。彼らも日本人なのだからと言う理由である)。
 群がってきた彼女たちは商売熱心に私たちに媚びてきた。憲兵は特別な事情の時以外は、部屋の中まで調べに来ないからである。料金は女性の出身地によって上中下がある。また、利用時間も兵士は外出の門限が日没までだから日中に限られるが、下士官は門限が長く、将校になれば終夜利用出来る。料金も階級の上の方が割高で、女性たちは当然、同じ時間で多く稼げることになる。

 半島出身者に「コチョ(伍長─下士官)かと思ったらヘイチョウ(兵長─兵士)か」、「精神決めてトットと上がれネタン(値段)は寝間でペンキョウ(勉強)する」とか、笑うどころではない涙ぐましいまでの努力をしているのも聞いた。内地人のある娼妓は「内地ではなかなか足を洗えないが、ここで働けば半年か一年で洗える」といい、中には「一日に二十七人の客の相手をした」と豪語するつわものもいた。


 ◆どこにもいなかった「性的奴隷」
 ここで親しくなった経営者の話を紹介しよう。「体力的に大差がない筈なのに、内地人は兵士たちと言葉が通じるために情が通うのか、本気でサービスして商売を忘れ健康を害してしまう。そのために送り返さねぱならず、経営者にとって利益が少ない。兵隊さんには内地人ばかりで営業するのが本当だが」と本音を漏らしていた。

 私の育った街には花柳界があったので、芸妓と酌婦をよく眼にしたが、当時は玄人女と呼ばれた彼女たちの外出姿でも一般の女性と見分けることが出来た。その目で見れば漢口の街でも同様だったが、特に朝鮮人の女たちは特色があった。というのは彼女たちは数人で外出してくるのだが、民族衣装ではなく、着慣れないツーピースの洋装のせいで着こなしが悪く、また歩き方にも特徴があって一目で見分けられた。

 彼女たちは実に明るく楽しそうだった。その姿からは今どきおおげさに騒がれている「性的奴隷」に該当する様な影はどこにも見いだせなかった。確かに、昔からの言葉に、「高利貸しと女郎屋の亭主は畳の上で往生出来ぬ」というのがあった。明治時代になって人身売買が禁止され「前借」と形は変わったが、娘にとっては売り飛ばされた」ことに変わりはなかった。


 先述の「足を洗う」とは前借の完済を終えて自由の身になることを言うのだが、半島ではあくどく詐欺的な手段で女を集めた者がいると言う話はしばしば聞いた。騙された女性は本当に気の毒だが、中にはこんな話もある。「『従軍看護婦募集』と騙されて慰安婦にされた。私は高等女学校出身なのに」と兵士や下士官を涙で騙して規定の料金以外に金をせしめているしたたかな女もいた。またそれを信じ込んでいた純な兵士もいたことも事実である。日本統治で日本語が通じた故の笑えない喜劇でもある。
 ところで、その「慰安所」にどれだけの金が流れたのだろうか。これが「慰安婦」が「商行為」であった確かな事実である。私の次兄が主計将校で、漢口にある軍司令部に直接関係ある野戦衣糧廠にいたので「慰安所」について次のような統計があると教えてくれた。

 当時、漢口周辺には約三十三万人という兵力が駐屯していたが、ある理由で全軍の兵士の金銭出納帖を調べた。三分の一が飲食費、三分の一が郵便貯金、三分の一が「慰安所」への支出だった。貯金は給料の僅かな兵士たちにとって嬉しいことではなかったが、上司から躾として教えられている手前せざるを得なかったのが実情だった。私も初年兵として一ケ年、江西省南昌にいたが、食べたいのを我慢して貯金した。

 一人の兵士がそれぞれ三等分して使った訳ではないだろうが、人間の三大欲は食欲、睡眠欲と性欲と言われるだけに、貯金を睡眠に置き換えると全く物差しで測った様な数字である。ちなみに当時の給料は兵は一カ月平均十三円程で、その三分の一を約四円として計算すると三十三万人で総額約百三十二万円になる。「零戦」など戦闘機一機の価格は三万円と言われたが、実に四十四機分にも相当する。
 サラリーマンの初任給が四十円そこそこの頃だったのだから、経理部の驚くのも無理のない話である。

 以上が、私が商社員として約三年半の間、外部から眺め、また聞き得た「慰安所」と「慰安婦」の実態である。

 私が漢口を去った昭和十七年夏以降に、漢口兵站(作戦軍の後方にあって車両・軍需品の前送・補給・修理・後方連絡線の確保などに任ずる機関)の副官で「慰安所」等を監督した将校の著した『漢口兵站』と照合してみたが、地名・位置等について多少の相違点は見いだしたが、本題の「慰安所」について相違はなく、より内情が詳しく記されていた。これでは誰がどう考えても「商行為」であるとしか言いようがないだろう。

 「商行為」ではない、軍による「性的奴隷」であるとそれでも強弁するとすれば、知らな過ぎるのか、愚かで騙されているのか、そうでなければ関西人が冗談めかして言う「いくらか貰うてんの?」なのかもしれないが、あまりにも馬鹿げた話である。
 
 ◆問題にして騒ぎ出す者たちの狙い
 次に、軍関与の暴論について証言する。 私は二十歳で現役兵として入隊、直ちに中支の江西省南昌の部隊に出征した。初年兵教育が終わって作戦参加、次いで幹部候補生教育、途中また作戦と、一ケ年一度の外出も貰えずに久留米の予備士官学校に入校してしまったから、外出して「慰安所」の門を潜る機会に恵まれなかった。

 だが初年兵教育中、古い兵士には外出がある。外出の度にお土産をくれる四年兵の上等兵に「外出でありますか」と挨拶したら「オー、金が溜ったから朝鮮銀行に預金に行くんだ」と笑って返事をしてくれた。周りは周知の隠語だからクスリと笑うだけだった。

 南昌には師団司令部があった。「慰安所」には内地人も朝鮮人も中国人もいて、兵士は懐次第で相手を選んで遊んだのだろう。私は幹部候補生の教育を、南昌から三十キロ以上も離れた田舎の連隊本部で受けた。

 「慰安所」は連隊本部の守備陣地の一隅に鉄条網で囲まれて営業していた。教育の末期に候補生だけで本部の衛兵勤務につくことになった。もちろん勤務は二十四時間である。
 私は営舎係だったので歩哨に立たないから何度も歩哨を引率して巡察に出た。巡察区域の中に「慰安所」も含まれていた。前線の歩哨は常時戦闘準備をしている。兵舎内の不寝番でさえ同様だ。鉄帽を被り、銃には弾を装填し夜間はもちろん着剣である。その姿で「慰安所」の周囲だけならまだしも、屋内も巡察し、責任者の差し出す現在の利用者数の記録を確認する。軍規の維持とゲリラの奇襲攻撃を警戒しているからである。

 考えてみるまでもない、そこで遊んでいる兵士は丸腰どころではない。もっと無防備で不用心な姿の筈である。その将兵を守るべき責任は部隊にあるのは当然だ。それに性病予防の問題もある。そんな田舎に医師や病院がある筈がない。性病予防のため軍医や衛生兵が検査を実施するしかない。

 「慰安所」の経営者は中国人だったし、日本では当時公認の娼妓と呼ばれた女たちも中国人だった。彼らも食料やその他の生活用品が必要だ。大人数なのだから、それなりの輸送手段もいる。辺鄙な場所だから部隊に頼る以外方法がない。部隊が移動する時もそうなるだろう。

 私の話す湖北省の言葉もだいたい通じたので、経営者と立ち話をして彼女たちについてそれなりの様子も聞き出せた。今でも「慰安所」の両側に部屋のある中廊下を巡察した不粋な自分の姿を思い出すが、こんな漫画にもならない風景が現実にあったのだ。これは私の部隊だけではないと思う。
 もう六十年も昔のことである。時代が変わり、また平時と戦時の違いもある。したがって娼妓(ここでは慰安婦に相当する)に対する解釈も当然変化している。そうであるにもかかわらず、すでに証拠も不完全になっていることを幸いに、今更これを問題にして騒ぎ出す者たちの狙いは何なのか。言えることはただ一つ、不完全だからこそ喚き散らしていれぱ、何かが得られると狙っているということだ。

 戦場に身を曝し、敵弾の洗礼を受けた者として最後に言っておく。このことだけは確かだ。野戦に出ている軍隊は、誰が守ってくれるのだろうか。周囲がすべて敵、または敵意を抱く住民だから警戒を怠れないのだ。自分以上に強く頼れるものが他に存在するとでも言うのならまた話は別だが、自分で自分を守るしか方法はないのだ。

 軍は「慰安所」に関与したのではなく、自分たちの身を守るための行為で、それから一歩も出ていない。

「異常に多く実を結んだ果樹は枯れる前兆」で「種の保存の摂理の働き」と説明されるが、明日の命も知れぬ殺伐とした戦場の兵士たちにもこの「自然の摂理」の心理が働くと言われる。彼らに聖人君子か、禅宗の悟りを開いた法師の真似をしろと要求することが可能なのだろうか。
 現実は少ない給料の中から、その三分の一を「慰安所」に持って行ったことで証明されている。有り余った金ではなかったのだ。

「兵隊さん」と郷里の人々に旗を振って戦場に送られた名誉の兵士も、やはり若い人間なのだし、一方にはそうまでしてでも金を稼がねばならない貧しい不幸な立場の女性のいる社会が実際に存在していたのだ。買うから売るのか売るから買うのかはともかく、地球上に人が存在する限り、誰も止めることの出来ないこの行為は続くだろう。根源に人間が生存し続けるために必要とする性さがが存在するからだ。

「従軍慰安婦」なるものは存在せず、ただ戦場で「春を売る女性とそれを仕切る業者」が軍の弱みにつけ込んで利益率のいい仕事をしていたと言うだけのことである。こんなことで騒がれては、被害者はむしろ高い料金を払った兵士と軍の方ではないのか。

 「正論」一月号より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-20 23:35 | 政治

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン