フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

タグ:真央ちゃん ( 84 ) タグの人気記事

それでもフリーを見る

ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!

それでも私はフリーの演技を見る。
もうやめようと思ったけど、
やっぱり私は真央ちゃんのスケートが好きなんだ。


見終わったときは涙も出なくて何も感じなくて
ただ夫に一言「今後私に一切フィギュアの話をしないで」
そう言って布団に入った。

でも起きたら涙があふれてあふれて止まらなくなって
いい大人がバカみたいに声出して泣いて

何がこんなに悲しいんだろうと改めて考えたら
金メダルとかそんなことではなくて
真央ちゃんの目指す演技ができなかったことが
悲しいんだと思った。


もう見たくない。
見るのがつらい。

でもそれでも真央ちゃんの戦う姿を見たい。
見届けたい。

ここで見ることを辞めたら
私は肝心なところで逃げたままになると思う。
この先ずっと。

見たくないものから目をそらし続けることになる。
そうならないために見る。

もうフィギュアは終わったけれど
真央ちゃんの戦いはまだ終わってない。


まだ真央ちゃんには「6種8トリプル」という挑戦が残っている。


真央ちゃんは諦めずにリンクに立つだろうか?
それが今一番心配です。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-20 09:33 | フィギュアスケート

・・・・・・

ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!

ごめんなさい。


今まで散々「ここまで来たんだから!」と
皆さまに言ってきたけれど


もう私は無理です。


もう耐えられません。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-20 04:34 | フィギュアスケート

真央ならできる

ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!


この漫画は今やすごい速度で拡散されているので
皆さますでにご存知かもしれませんが、ご紹介します。
(風に立つ主婦様、ありがとうございます☆)

「ぶくぶく」様のブログです。キムヨナ(フィギュアの採点)の疑惑を
わかりやすく漫画にしてくださっています。
【「表現力」と「バレエ」・1 】
(ブログ主さま、勝手に申し訳ありません。)


とってもわかりやすいし、ザイちゃん・チカちゃんが可愛い漫画です☆
が、この漫画に対して静止画で、わざとKYの汚い所を
切り取っているんじゃないかなと言っている人がいますが

あれらの画像は全て動画から切り取ったのではなくて
プロのカメラマンが撮った写真です。

これがどういうことかわからないのでしょうか。

他の選手にはあんな「汚ポジ」の瞬間なんてないんです。
だけどキムヨナはああいう写真「しか」ない。
選ぼうにも他の選手はこんな瞬間はない。

選んだ画像が悪い、と批判している人は
自分でも気がつかないうちに重大な指摘をしてしまっていますね。





身体を使った芸術を競うとき、テクニカルポイントとアーティスティックポイントの両方が高得点のものは、その競技にまったく関心のない部外者にも、感動をもたらします。本来、美しいものとは、理屈を持って納得しなければならないものではありません。わかるとかわからないということではなく、すべての人の心に感動を与えるものです

美しさを最高の形で表現するには、表現者が純粋であることに加えて、その表現にふさわしい技術、表現を十分に輝かせる技術が必要です。ただし、ここで、美を受け止める側の心も澄んだ状態にしておくことも重要です。たくさんの美しいものを知っていくと、美しいものの良質感、美しさを生み出している技術の見事さにも心を揺さぶられるようになります。そして、その美しさは、優れた技術があればこそだと気づかされます。美しいものには技術的な裏付けがあることを、理屈ではなく感性で知ることになるのです
(加藤 ゑみ子著「美的のルール」より)


もう10年前くらいに買って、最近は全く開いていなかったこの本。
たまたま本棚の整理をしようと思って手にとって、
ぱっとひらいたのが偶然にもこのページでした。

私が「美」について思っていることが
すべて書いてありましたので借りしました。

これ以上の言葉は要りません。

美しいものは高度な技術に裏付けられたもの。
ただし双方に純粋な、澄んだ気持ちがなければ伝わらない、わからない。
理屈で納得しなければならないものは「美」ではない。

全部今の私の気持ちです。



真央ちゃん。
無心でリンクに立ってください。

私も余計な雑念は全部振り払って、
無心でその瞬間を待ちます。


真央ならできる。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-19 18:14 | 真央ちゃん

真央ちゃんは最終滑走

ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!

女子シングルの滑走順、発表されましたね。
真央ちゃんは最終滑走!
かなこちゃんは20番目、あっこさんは24番目です。


以下、スポナビより
d0309182_22534943.jpg
d0309182_2254017.jpg


真央ちゃんはアデリーナちゃんの直後かあ。
ロシア勢のあとはやりにくいと思うけど、
もう団体戦で免疫ついたよね!
大丈夫だよね!

真央ちゃん、練習では3Aと3-3、キレイに決めてました!
これが本番でもきちんと入れば・・・ 入れば!!

皆さん、「真央ならできる!!」と心の中で唱えましょう。

d0309182_22581835.jpg




ああ… 全て終わるまで生きた心地がしません。
だけど始まるのも怖いです。
終わってしまうのも嫌です。


そういえば、昨日NHKで放送していたマリンスキーバレエ団の
「白鳥の湖」を録画していたので先程見ました。

バレエファンには怒られてしまうでしょうけれど
「白鳥の湖」見ながら真央ちゃんの昨シーズンの
プログラムを思い出していました。

このシーンでは真央ちゃんはこうしてああして…って。
あれこれ思い出したら泣けて泣けて。


私、真央ちゃんにはソチ五輪のエキシで
ぜひ「白鳥の湖」をやってもらいたいんです。

本当の本音では「鐘」なのですが、
エキシでやるには重すぎますからね~。

華やかで盛り上がるプログラムは「白鳥」でしょう、やっぱり!
ソチで舞う、真央ちゃんの「白鳥の湖」、見たいなあ。

でも真央ちゃん、今期のEXの曲はお気に入りなんですよね。
歌詞も真央ちゃんの今までの人生を彷彿とさせるし
私も好きですけど、でもあっさりしすぎな感じが否めない。

ま、私の勝手な妄想・願望なんです。
真央ちゃんが思う通りの演技ができるように
ひたすらひたすら祈るだけです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-17 23:04 | 真央ちゃん
あ。なんかタイトルが黒猫様っぽい(笑)


真央ちゃんがソチに到着しましたね。
練習でいきなり3アクセルも決めたとのこと。


しかし韓国メディア・・・というか、韓国ってほんっと、
やることなすこと「いい加減にしろ!」と言いたくなることばかり。

それなのに真央ちゃんはいつもニコニコ笑顔で対応。
顔色ひとつ変えません。さすがです。
真央ちゃんのことばかり聞かれてむくれていたお方とは違いますなあ。


【浅田真央到着、韓国メディア殺到…ソチの空港】
読売新聞 2014.2.6
ソチ五輪に出場するフィギュアスケート女子の浅田真央選手(23)(中京大)が、ソチに到着した。

【ソチ(ロシア)=永井順子】ソチ五輪に出場するフィギュアスケート女子の浅田真央選手(23)(中京大)が5日深夜、ソチに到着し、「4年間待っていた五輪は特別なもの。精いっぱいの演技をして、笑顔で終わりたい」と抱負を語った。

バンクーバー五輪では銀メダル。最後の五輪に臨む浅田選手に対し、空港には約100人の報道陣が待ち構えた。

浅田選手のライバルで、バンクーバー五輪金メダルの金妍児キムヨナ選手(23)(韓国)に期待をかける韓国メディアも大勢詰めかけ、浅田選手にインタビューしようと、記者やカメラマンが殺到する一幕もあった

ノルディックスキー複合でメダルの期待がかかる渡部暁斗選手(25)(北野建設)らも6日未明、ソチに入った。(2014年2月6日11時13分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・
(↑記事のリンク先に動画あります。)

この真央ちゃんの笑顔、いいですね!
昨日の出発前のインタビューも、すっきりしたいい表情でした。
d0309182_2330264.jpg



で、これが「メディアが殺到した」様子です。
d0309182_2330445.jpg



毎日新聞よると、韓国メディアは真央ちゃんだけでなく、
オーサーコーチにも詰めかけ、羽生君そっちのけで
キムヨナに対する意見を求めたそうですが・・・・
ほんと、彼らは「フィギュア」なんてどうでもいいんだなーということが
伝わってきます。

彼らの頭にあるのは「浅田真央」と「キムヨナ」だけ。

【ソチ五輪:浅田真央が現地到着…韓国報道陣殺到】
毎日新聞 2014年02月06日 11時45分(最終更新 02月06日 13時30分)
【ソチ芳賀竜也】ソチ冬季五輪は7日(日本時間8日未明)の開幕に先駆けて、6日に一部の競技がスタート。新種目のスノーボード・スロープスタイル男子予選に角野友基(17)=日産X−TRAIL=が登場し、日本選手団の先陣を切る。

代表選手も続々とソチ入りしている。メダル獲得が期待されるフィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央(23)=中京大=は5日深夜、ソチ国際空港に到着。同五輪金メダルの金妍児(キムヨナ)(23)を擁するライバルの韓国メディアを含む約100人の報道陣に囲まれ、「バンクーバー(五輪)の頃と同じように、すごくワクワクしている。4年間待った五輪はまた特別なもの。自分ができることを精いっぱい演技し、笑顔で終われるようにしたい」と決意を語った。

浅田はバンクーバー五輪で3回跳んだ得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)について、今回は全体的なバランスを考え、ショートプログラム(SP)とフリーで各1回の計2回にとどめる考えを明らかにした。

この日の報道陣の半数以上を占めたのは韓国メディア。4年後に平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、冬季競技への関心が高まっていることに加え、金のライバルとして浅田を取材対象に選ぶ志向もかなり強い。あるテレビ局の女性記者は「妍児の話題に限らず、浅田選手のコンディションやソチの印象など、すべてがニュースになる」と語った

3日の羽生結弦(ゆづる)(19)=ANA=の到着時にも韓国メディアが押し寄せ、羽生をそっちのけで、金の前コーチでもあるブライアン・オーサー・コーチに金の現状について取材していた。フィギュアスケートは多くの記者が取材するため、取材人数が国別に制限される。関係者によると、日韓の両国は特に多くの記者が取材を予定しているという。リンク外での「報道合戦」も戦いの火蓋(ひぶた)が切られた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読売も毎日も他のメディアも必ず「浅田のライバル・キムヨナ」
と書きますが、そういう決まり事でもあるんですか?
誰がどう見たって二人はライバルなんかじゃないでしょうに。
記者としての見識が疑われますわよ。


今日はたまたま、普段は見ないTBSのニュースを見ていました。
すると真央ちゃんがソチに到着した様子を流していたのですが、
TBSいわく、
「日本のメディアは選手に配慮して代表カメラ2台にとどめていたのに
韓国メディアは10台以上。結局100人以上が押し寄せた」

そうです。

また、韓国メディアが真央ちゃんに少しでも近づこうと押し合いへしあいになり、
もうここで切り上げようというのにしつこく質問を続けたり、
ついに日本側から「韓国さん、いい加減にしてください!」と言われる始末。

日本のメディアも他所のこと言えないと思いますが
それにしても酷い。


私、常々不思議なんですよね~。
だって韓国メディアの報道見ていると
「キムヨナにもはや敵無し!浅田は格下(笑)」
という内容ばかりですよね?
それに点数だけ見たらぶっちぎりの女王様でしょう。

本当に実力に自信があるならそれこそ「敵無し」ですから
真央ちゃんにこんなに殺到する必要ないじゃないですか。
だって「もはや浅田はライバルにあらず」なんですから、
真央ちゃんが3アクセル跳ぼうがどうしようが、関係ないでしょ?

無視したらいいんですよ。
本当に実力で勝っているのならね。


でもいつもいつも何かと真央ちゃんを絡めてキムヨナを持ち上げて
「真央なんて(笑)」とこき下ろす記事を書いてご満悦。

もちろん、韓国がキムヨナを持ち上げることは問題ではありません。
自国の選手を称賛するのは普通のことです。大いにやったらよろしい。
自国の選手を貶めて、他国の選手ばかりを持ち上げる日本がおかしいんです。

しかし何もそこに真央ちゃんをいちいち引き合いに出す必要ないと思いません?
本当に実力で女王の地位にいるのなら。


私は韓国の姿勢は「お化けなんて怖くない!怖くないもん!」
言い張る子供のようにしか見えません。

その実、真央ちゃんが怖くて怖くて気になって仕方がない。


そしてここ1週間ほど前から当ブログの検索ワード1位が「キムヨナ」ですが…
ご期待に添えなくて申し訳ないのですが、私キムヨナに興味ないんですよ。
だから皆さまが望むような記事はあまり出てこないと思います。


つまらない演技。
中身の無い演技。
フィギュアに必須である美しいポジションがまったくない。
ドキドキするようなステップもない。
衣装が違うだけの、毎回同じパターンのプログラム。
お得意の顔芸表現力(棒)も悶え系か切な系のみ。
「また見たい」と思わせるものがひとつもない。
平凡で無難な演技ばかり。

これで興味を持て、というほうが無理でしょう。


見るだけ時間の無駄ですからね。
キムの演技見るくらいなら真央ちゃんを見たい。
キムが真央ちゃんのライバルだとか優雅(笑)だとか
報道されなければいちいち取り上げないんですけどね、私も。


日本のメディアがあまりにも
「キムヨナ凄い!」という「宣伝」を繰り広げるから
それを是正したくて時々「ちょっとおかしいんじゃない?」ということを
書くために取り上げていますが、実際は興味のかけらもない。

あれのことを書くくらいなら、
都知事選の田母神さん応援記事を書きたい。


4年前はそこそこおもしろかったですよ。
あの「毒」っぷりは目を見張るものがありましたし。
まあ・・・当時すでにフリーは抜け殻でしたけど。

そういう意味では5年前のキムさんが一番、
ショート・フリーともに充実していたのではないかと思う。

アレ以降、何をやっても「何かの焼き直し」ですよね。
しかもどんどん劣化していく。

私は今のキムヨナに、あの5年前の
「シェヘラザード」と「死の舞踏」ができるのか、
そこが気になります。
ぜひやって見せてもらいたい。
→ 【キムヨナ 2009 世界選手権 ショートプログラム [死の舞踏]】
(埋込不可の動画だったのでリンクのみ)

改めて見てもやっぱり漕ぎまくりだし、
スパイラルも悲惨ですが(1分40秒当たり)
今よりはだいぶマシでしたね。

少なくとも、体を動かそうという意志を感じます。
力任せですけどね。

今はそれすらありませんもの。


ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!
↑エキサイトブログから「ソチ五輪特集に参加しませんか?」と
お誘いがありましたので貼ってみました。
が、いまいちどこに置いていいのかわかりません^^;


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-07 00:24 | フィギュアスケート
真央ちゃんがソチに向かいました。

【3回転半、計2回でいく…真央、出発前に語る】
ソチ五輪に向けて5日に成田空港を出発したフィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)は、金メダル獲得の鍵を握るトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)について、「今回は2回でいく」と語り、ショートプログラム(SP)、フリーで、それぞれ1回ずつにすることを明らかにした

前回のバンクーバーではSPとフリーで五輪史上初めてとなる計3回のトリプルアクセルを成功させたが、「(計2回の方が)プログラムのバランスが良くなるし、得点自体はそう変わるものでもない。自分の考えも少し変わりつつある」などと説明した。

(2014年2月5日13時40分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この読売の記事によると、真央ちゃんは
3アクセルは計2本に変更するっぽいですね。

うん。
私もそのほうがいいと思います。
真央ちゃんも言っている通り、そのほうが全体のバランスもいいし。

新しいフリーの衣装はできたのかな??
シマリス真央じゃないほうの、あの青い衣装に
近いデザインだといいなあ。


ところで真央ちゃんが表紙になっている雑誌『Number』。
皆さま、手に入りましたか??

私はボーーっとしていて気がついたときには
近くの本屋回っても売り切れ。
アマゾンにもない。
万事休す!と諦めかけたら・・・

夫(またしても!)が某駅のキヨスクでゲットしてきてくれました!

ああああ。
チケットといい、今回といい、
私は一生夫に頭が上がりません^^;


ところで今朝の読売新聞19面に
「ソチの顔 (1) 世界のスケーターたち」
という記事がありました。


パトリック・チャン選手とキムヨナが取り上げられています。
その中でキムに関するところを一部抜粋します。

・・・・・・・・・

(ゴールデンスピンに出場し)
韓国の熱狂的なファンが見守る中、復帰戦で優雅な演技を披露し、復活優勝を遂げた。ジャンプでミスはあったが、スピンのキレは抜群。勝負度胸も相変わらずだった。


・・・・・・・・・・・

優雅!?

まあ… 人によってはそう見えるのかもしれませんね。
何を「優雅」と思うかはその人の感性、主観によるものですから
人の感性に対してどうこう言うことはできませんね。


が!
スピンのキレは抜群
これはいただけませんね。

下の動画は記事に出てくる「ゴールデンスピン」でのフリーの演技です。
1分40秒、4分20秒あたりでスピンあります。
(無駄に再生回数伸ばしたくないんだけどなあ。)

Yuna Kim - Adios Nonino, 김연아 프리 스케이팅, 20131207


キレ!?
どこに???

しっかし何回見ても平凡な演技ですね。
4年前はそれでもまだ毒っ気があったんですけどねえ。
(フリーはすでに抜け殻だったものの。)

今回の読売の記事を書いたのは<大野展誠>という記者さんです。
最近よく担当しているようですが、どの記事もいつもトンチンカンです。
(読売は永井記者が一番マトモだと思います。)

大野さん、頭大丈夫ですか?
目、腐ってませんか??
ちゃんと演技見てますか??




ソチ五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-02-05 16:03 | 真央ちゃん
わーいわーい!
私のところにも真央ちゃんがきたーーー☆

d0309182_2283470.jpg

(夜撮ったので画像暗いです。すみません。しかもブレてる!)

aloha様のところなどで(ごめんなさい。読み逃げです 汗)
真央ちゃんから年賀状が・・・という報告を読み、
うう…。私のところには来ない・・・。
(所属の)IMG経由でファンレター送ってないからかなあ。

と、半ば諦めていたところ・・・

郵便物を抱えた夫の
「ん???なに、これ!?」の一言に飛びついた私です。

ええ。
大げさではなく、本当に小躍りしましたよ私は。


最近テレビで真央ちゃん関連の特集があっても
かーなーらーず!
余計なものがくっついているのでゲンナリして
見る気が起きないんですよ。

ところで真央ちゃん、読売新聞の「好きなスポーツ選手は」
というアンケーとで1位になってましたね。


何が凄いって
フィギュアは野球やサッカーと違って
マイナースポーツのアマチュア選手・・・
ってところですよ。

私たちはこのことを何気なく受け入れていますが、
実はとんでもないことだと思います。


もう本当にソチ五輪は目前ですね。
選手たちもどんどん現地入りして…



いよいよなんですね。



<お知らせ>
昨日?くらいからちょっとよくわからないコメントが
入るので、しばらく承認制にするかもしれません。

ご迷惑おかけいたしますが、
よろしくお願いいたします。 m(_ _)m


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-31 22:14 | 真央ちゃん(スケート以外)
1月1日にNHKBSでやっていた「氷上のメモリーズ」。
録画していたものを(真央ちゃんの分だけですが)先ほど見ました。
やっぱりこうやって年毎に繋げて見ていくと真央ちゃんの
進化の過程がよーくわかりますね。

とくに2010年・2011年のフリー「愛の夢」は
音楽が同じなので比較しやすく、
より明確にその違いがわかります。

スピンは年々速くキレイに、
スパイラルはどんどん難しいポジションに、
スケートはどんどん滑らかに、
そしてツルフワに力強さもプラスされ…。

曲によって振付によって、まったく違う世界を、
まったく違う「浅田真央」を見せてくれる真央ちゃん。

なぜこれをこの時間帯にやったんでしょう。
たくさんの人が見られる時間帯にやってあげて、NHKさん!

バンクーバーや五輪トリノ五輪放送するなら
男子もやってあげて!
男子も出てたのに不公平じゃありません??

そしてそのあとにやっていた「スポーツ酒場 語り亭」は
「正月からなんなんだ!」というとんでもない内容だったそうですね。
(録画してあるけどまだ見てません。)

それにしても過去のNHK杯と今とでは、
実況・解説のあまりの違いにも改めて驚きます。
なんというか選手を見る「あたたかさ」が全然違う気がします。
あの荒川さんですら、昔はもっと人間味を感じさせる解説だったんですね。




ところで…
真央ちゃんと安倍総理って午年なんですね!
年男・年女じゃないですか!

年末に私は「安倍さんと真央ちゃんが重なって見える」と書きましたが
あっちサイドからもそう見えるんでしょうねえ。
二人を「似ている」と書いた、中央日報の記事を見つけました。

つまり二人とも日本にとっては大切な、何が何でも守り抜かなくては
ならない存在だ、ということですね。

ただ記事の内容はいつもの通り、
記者の憶測を勝手に事実として書いた、レベルの低いものでした。
真央ちゃんがキムヨナに宣戦布告って…
真央ちゃんの該当部分の発言、全部きちんと確認したのかしら。

「いい色のメダルを」というのは「日本代表として出るんだから」という覚悟で
個人の目標としては今までどおり「納得のいく最高の演技を」と言ってましたよね?
(真央ちゃんの本心はどうであれ)

【安倍と浅田、欲を表した午年男女】
中央日報/中央日報日本語版 2014年01月04日
男性は安倍晋三首相、女性はフィギュアスケート日本代表の浅田真央選手。朝日新聞は午年の2014年を開く1日付の新聞で、日本を代表する午年の有名人に2人を選んだ。コラムのタイトルとは関係ないが、ほとんど毎日テレビに登場する2人の顔を見ながら、どこか似た部分があると感じたことがある。浅田のファンには突然の妄言となるかもしれないが。

1990年生まれの午年の浅田はソチオリンピック(五輪)開幕(2月7日)が迫る中、これまで隠してきた欲を表し始めた。「一番いい色のメダルを持って帰ってきたい」。先月25日、自分が演技する姿で機体を飾った日本航空(JAL)航空機の前に立った彼女の言葉だ。浅田は「全力を尽くしたい。(五輪で)いい笑顔で演技を終えられるようにしたい」と話しながらこのように語った。一部のメディアは「真央の金メダル宣言」と大騒ぎした。それもそのはず、今までの浅田は「より良い演技をしたい」「より高いところを目指したい」と話すにとどまってきた。気持ちは金メダルへの情熱で燃えていたが、内心を表さなかった。

その彼女が公開的にメダルの色を口にした。最近の大会の全日本選手権で3位に終わった悔しさのためでもあった。自分自身へのムチであり、同じ年の同じ月に生まれたライバルであるキム・ヨナ選手に送る宣戦布告だ。
2人が熱く競うソチの開幕をさらに期待させるという点で、浅田の“小さな挑発”はむしろ愉快だった。

ほぼ同じ時期、浅田より36歳年上となる1954年午年生まれの安倍首相も、秘めていた内心を表出し始めた。執権1年を迎えた先月26日、奇襲的に靖国神社を参拝した。興奮した彼の表情を見ると、「いったい今までどのように我慢してきたのだろうか」という気がした。自制してきた平和憲法改正論も爆発させた。年末には「私が何のために政治家になったのか。改憲は私のライフワークだ。何としてもやり遂げたい」と言っていたが、年初には「改憲のための国民的な議論をさらに深めていくべきだ」「2020年には改憲済み」とペダルを踏んだ。執権1年が過ぎて自信がついたのか、言葉と行動にブレーキがかからない。安倍の挑発は浅田の愉快な挑発とは次元が違う。春からは集団的自衛権行使のための憲法解釈変更が本格化し、憲法改正の準備にも着手される。

浅田を破ってチャンピオンの地位を守らなければならないキム・ヨナ選手ほど、韓国政府も宿題と負担が増えた。米国と日本の安保密着の中で、対米外交を通じて安倍の右傾化に一定の制約を加えられる外交実力が切実になった。日本の過ちを厳重に叱りながらも、一方では協力を模索しなければならない知恵も必要になった。キム・ヨナ選手と韓国政府がともに失敗なく後悔なく自分の実力を発揮する甲午年になることを祈る。

ソ・スンウク東京特派員

・・・・・・・・・・・


…というかこの記事、不思議ですよね。
浅田を破ってチャンピオンの地位を守らなければならないキム・ヨナ選手ほど、韓国政府も宿題と負担が増えたって…。

おかしいですね。
浅田真央はもはやキムヨナのライバルではない。
キムヨナが一番。キムヨナこそがクイーンだ
、と
さんざん自慢していたような気がするんですけど??

韓国政府だって今まで順風満帆なわけではなく、
もとから宿題や負担が多かったのに、ね。

それに安倍総理だって以前からずっと同じことを仰ってますよ。
なぜそれを「韓国への挑発」と受け取るんでしょう。
はっきり言って、安倍総理は韓国をそこまで意識してないと思いますよ。
「うざい国だなー」くらいは思ってるでしょうけど。
(注:「脅威ではない」という意味です。厄介で鬱陶しくて疲れるけれど
無視するわけにもいかない面倒な相手、という。)

この国に対しては、好きでもない相手に
「私のこと見ないでよ!」と言われている鬱陶しさがあります。

日本の過ちを厳重に叱りながらも、一方では協力を模索しなければならない知恵も必要になった

いや、もう協力なんてしたくないです。
というか日本は韓国の協力なんて必要ないので
模索する必要ないですよ。

こっちこないでくださいね。

キムさんも、真央ちゃんでは相手にならないそうですから
いちいち挑発だなんだと勘ぐらなくていいですよ。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2014-01-04 12:57 | フィギュアスケート
安倍さん!!!!
安倍総理のこと書きたいけどそれは明日に回して
さきにこれを。

お正月に帰省される方も多いですよね。
帰省する前に録画予約ですよ!
NHK!!

NHKがソチ五輪関連として過去の五輪での映像を
1月1日から放送するそうです。
フィギュアに関してはソチ出場選手の過去のNHK杯での演技を
一挙公開!ですって。必見です。

以下、NHKのサイトより抜粋しました
(こちら→ 全力応援!NHKソチオリンピック放送予定)

<1月1日 NHKBS1>
午前0:00-午前0:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 浅田真央①

午前1:00-午前1:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 浅田真央②


午前2:00-午前2:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 鈴木明子

午前3:00-午前3:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~
村上佳菜子、町田樹、キャシー・リード&クリス・リード、
高橋成美&木原龍一

午前4:00-午前4:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 
羽生結弦、高橋大輔①


午前5:00-午前5:50
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 高橋大輔②

午前6:00-午前6:49
ソチ五輪直前 フィギュア日本代表 
~NHK杯 氷上のメモリーズ~ 高橋大輔③


午後5:00-午後5:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽トリノ五輪 フィギュア女子ショート
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎

午後6:00-午後6:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽トリノ五輪 フィギュア女子フリー
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎


午後7:00-午後7:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽バンクーバー フィギュア女子ショート
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎


午後8:00-午後8:50
ソチ五輪直前 冬のオリンピック名場面SP
▽バンクーバー フィギュア女子フリー
ゲスト:【出演】荒川静香,【アナウンサー】工藤三郎




お正月の特番ってどれもこれもつまらなくて
毎年退屈なんですよね。
駅伝、私はあんまり好きじゃないし。

しかも少し前に我が家のテレビが壊れて
過去録画していたものがほとんど全部吹っ飛んで
「あわわわわ」となっていた私にはとっても朗報☆
う、うれしい…!
(あれ!?でもバンクーバー男子の放送はないの??
あの時の大輔君の演技、もう一度見たいのに!)


でもどうせやるならもっと日中にやってほしいな。
ゴールデンタイムにアレとか、NHKらしいですよね。
勘ぐりすぎかもしれないけど。

ま、やってくれるだけ感謝!ですけど。



それから年内には無理かも…と諦めかけていた
真央ちゃんの写真集『浅田真央 夢の軌跡』



無事に届きました!
わーーーい!

どの写真も美しくて可愛くてかっこいい・・・・・☆
プログラムによって本当に表情、というか
雰囲気が全然違うのがよくわかります。

時に凛々しく、時に可憐に、時に力強く。
どれもこれも「浅田真央」なんだなあ。

何時間でも眺めていられます。


幼い頃の真央ちゃんの写真もあって眼福です^^

d0309182_1124014.jpg




※コメントへのお返しが滞っていて申し訳ありません><
 もう少々お待ちください~~!



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-28 01:23 | フィギュアスケート
記憶がもうだいぶ薄れかけているけれど、
頑張って思い出しながらの観戦レポです。

まずはアリーナの感想。500レベル(最上階)の席なんて
選手は豆粒にしか見えないんだろうなーーと覚悟していたのですが
全然そんなことありませんでした。

上から全部見下ろせるような席なので、選手のリンクでの動きも
よくわかるし、観客席もあちこち観察できるし(ただし双眼鏡は必須)、
トイレも5階は空いてたし、3月のワールドを見に行かれる方は
どうぞ参考にしてください☆

<演技に関係ない話>
【その1】
パンフ売り場の横のブースに武田奈也ちゃんとミヤケンさんが!
ミヤケンさん、男前だわ~。近くで見られて感激☆
お話中だったからじろじろ眺めるだけで我慢しました。
(それも十分しつれいだけどさっ)

【その2】
第1グループの6分間練習。
やたら男前のコーチがいるわ!と思ったらヤマト君だった(笑)
あの「田村岳斗」がコーチだなんて…と感慨深いです。
本田君のコーチ姿も同様。

あの二人が今はコーチとして活躍しているなんて
歳月の流れの早さを感じます。

【その3】
「公平な採点を!」のバナー、うちわなどが
見つけられませんでした。
というかバナーなどは私の席からはさすがに遠くて
あっても気がつけなかったんだと思います。

会場入る前にはチラホラ見かけましたので。



<放送・運営に関して>
【その1】
びっくりしたのが第1、第2グループの演技は
撮影すらしていなかったこと。
てっきり地上波でやらないだけで、BS放送用に
撮影しているかと思っていました。

いい選手、たくさんいたのに…。
こういうことをするから結局「スター頼り」の
一過性のブームで終わってしまうのよ。

それでもファンはファンだけど、新たなファンを作る努力をしてない。
今いるスターが引退すれば用済みなのね。
連盟側もそれで文句ないのかしら?と不思議です。

【その2】
歓声、明らかに操作してますね。
実際のものとテレビのものと、全然違う。

【その3】
先日も書いたとおり、真央ちゃん演技での音源の違和感。



<選手の演技>
第1グループ?の三原舞依選手(12位)の放送がないなんて…。
新人賞を受賞してましたが、将来の成長が楽しみな選手です。
とにかくスピンがキレイだった!という印象です。

加藤利緒菜選手(13位)は、去年の全日本で見たときから
密かにお気に入りの選手でした。
若いのに堂々としたスケートをする選手だと感じました。

第3グループからがらっと空気が変わる。
どの選手もうまい。
本郷理華ちゃんは背が高いから手足長くてよく氷に映える。
昨シーズン見たときより、姿勢が良くなっている気がしました。
見ごたえのあるプログラム。

大庭雅ちゃんの3アクセルにびっくり!
助走が全然ないのでダブルかと思ったくらい。
「え!?今のトリプル!?」って会場中がびっくりです。


今井遥選手の復活が私は嬉しい!
ジャンプ、やっと決まりましたね!
あの晴れやかな笑顔が見られて何よりでした。
とにかく演技に見とれてしまって時間があっという間でした。


宮原知子選手あたりからもうメモがいい加減(汗)
見ることに一生懸命であんまり覚えてません。
(まだ録画をきちんと見てません…)

どの選手も様々なプレッシャーがあるはずなのに
そんなことはものともせず、力を出し切って
笑顔でフィニッシュできた選手が多くて、
見ている側もどんどん応援に力が入っていきました。

最初の頃はちょっと寒さを感じたのですが
終わったときには興奮で汗だくでしたから。
それだけ手に汗握る、いい大会だったと思います。
選手はみんな、よく頑張ってました。
 

ダメだったのは採点者たちです。



五輪代表発表では
大輔君の名前が呼ばれた時、
「わっ」と今まで聞いたことがないくらいの大歓声で
会場が揺れました。

私も嬉しかったのですが、でも小塚君のことも
好きなので複雑な気持ちでした。
私の隣に座っていた方も、大輔君を祝福しつつ
でも小塚君をずっと応援してたから残念、と
仰っていました。

ソチ代表挨拶で、アイスダンスのクリスにマイクが。
なんとか日本語で話そうとするんだけど、なかなか
思うように言葉が出てこなくて苦笑い^^;
英語でも良かったのに!


大輔君は…
選ばれたからにはしっかりやってきて!
きっとそのことは誰よりも本人が一番よくわかってると思うけど。



真央ちゃんはもう何でもいいからとにかく休んで!
休養休養休養よ!
って思ってたら翌日JALのイベントに出てたし!

衣装可愛かったし、ダウンスタイルも新鮮だったし、
足がめちゃめちゃキレイで細くて長くてびっくりしたし、
飛行機に描かれた大きい真央ちゃん、それに乗ったら見えないし!

d0309182_0365553.jpg
d0309182_0371762.jpg




あ。ひとつ思い出しました。
今日発売の真央ちゃんの写真集『浅田真央 夢の軌跡』が
全日本の会場で先行販売してました。
もう本屋さんに予約してたので買わずにきたけど…
年内に届くかわからないって言われたし、買えばよかった。

間の悪さにがっくり!



最後に織田君。
(これは観戦レポではないけれど一緒に書いちゃいます)

四大陸出場辞退で引退なんて!

まさか織田君の引退で自分がこんなに泣くなんて
思いもしませんでした。
特別ファンだったわけじゃないのに。

でもずっと見てきた選手が引退するというのは、
覚悟していても悲しく、寂しいことですね。

ごめんね、織田君。
私あなたにはよくイライラしてたの。
だって何回も同じミスをして、
何度もチャンスを潰してしまうんだもの。

羽生君や町田君が出てきて、
もう織田君の座は次の世代に渡ってしまった、
なんてすんごく失礼なことを思ってました。

最後のシーズンで私はあなたのファンになった。
自分と五輪代表を争う選手に「がんばって」と言える人は
そうそういないと思う。

一緒に頑張ってきた仲間に囲まれて、
たくさんのファンに惜しまれながら引退できる。
織田君がこれまでがんばってきた結果だと思います。

今までお疲れ様でした!


<追記>
以下ふたつ、複数の方から教えていただきました。
(ありがとうございます!)
衝撃のニュースだったのでもう皆さんご存知かと思いますが、
まだの方はぜひご覧になってください。

「ときどき黒猫」の黒猫様のところにびっくりニュースが!
 【ISUが提訴される?】

おなじく黒猫様のところでフィギュアスケートの採点に関する
アンケートが行われています。
(企画者は「sochi123プロジェクト」様です)
ぜひよろしくお願いいたします!
→ 【アンケート~フィギュアスケートの採点について】

また「sochi123プロジェクト」様ではスタッフを募集しておりました。
詳細はこちら→ 【スタッフ募集】


まだまだ私たちにできることはありますよ!



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-27 10:37 | フィギュアスケート