蓮華の花笑うころ


フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ
by caprice
プロフィールを見る

タグ:真央ちゃん ( 84 ) タグの人気記事

女子ショート終了! 真央ちゃん首位☆

全日本選手権・女子ショート、終わりました!
真央ちゃん首位、あっこさんが2位、佳菜子ちゃんが3位です。


真央、70点超えでトップ、美姫は5位発進=全日本フィギュア
スポーツナビ 12月22日(日)18時25分配信
フィギュアスケートのソチ五輪代表最終選考会となる全日本選手権が22日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子ショートプログラムでは、グランプリ(GP)ファイナル優勝の浅田真央(中京大)が73.01点でトップに立ち、大会3連覇とソチ五輪代表へ好スタートを切った。2位には70.19点で鈴木明子(邦和スポーツランド)、3位は67.42点で村上佳菜子(中京大)が入った。ママで五輪出場を目指す安藤美姫(新横浜プリンスFSC)は64.87点で5位だった。

浅田は、注目を集めるトリプルアクセルを直前の練習で一度も試さなかったものの、こらえながら片足で着氷させた。さらに続くトリプルフリップ、後半のトリプルループ-ダブルループも着氷させるなど、しっとりと滑りきった。

安藤は3回転-3回転を着氷させ、続くトリプルルッツも決めるなど、ここ一番で会心の演技を見せ、あす23日に行われる女子フリースケーティングで逆転表彰台を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・

不思議なのはどうして5位の選手の詳細を
わざわざ載せるのか…ということ。
(今朝のテレビでもあっこさんの存在無視!のところあり)

普通そこはあっこさんや佳菜子ちゃんじゃない?
二人ともとてもいい演技だったのに!
(参考→ スポナビ・女子SP詳細) 

スポナビに省かれた2位、3位、4位の選手の詳細です。

久々の高得点に笑顔 鈴木明子「やりきった」
スポニチ 2013.12.22
70点を超える高得点で2位につけた鈴木は「やりきった。久々に点数も高かった」と笑顔を浮かべ、村上と抱き合って喜んだ。

3位だった11月のNHK杯後にスケート靴を替えた影響からか、ジャンプで不調に陥ったが、きっちり立て直してきた。最初の2連続3回転の二つ目が回転不足となった以外はミスがなく、感情を込めた滑りで表現力を示す演技点は浅田に次いで高かった。

昨年はSPで首位に立ちながら、フリーで崩れて4位に終わった。同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。「気持ちを切り替え、やってきたことを出したい」と最終日に目を向けた。

・・・・・・・・・・・・・

演目変更実った村上「試合をするのが怖かった」
スポニチ 2013.12.22
不安だったSPで3位につけた村上は演技を終えると顔をくしゃくしゃにして涙を流した。「試合をするのが怖かった。すごくうれしい」としばらく興奮が収まらなかった。

今季はGP2戦ともSPで苦しみ、3週間前にプログラムを2季前のものに変更した。冒頭に持ってきた大技の2連続3回転ジャンプを見事に成功させると、一つのミスもなく滑りきった。

急ごしらえの演目で五輪代表を争う大一番に挑むのは賭けだったが、山田コーチの決断を信頼した。初の五輪を懸けるフリーへ「このうれしさはここに置いて、強い気持ちでやりたい」と気を引き締めた。

・・・・・・・・・・・・・・・

15歳宮原 初の五輪出場へ「ノーミスでできれば近づける」
スポニチ 2013.12.22
肝の据わった15歳だ。初めて五輪代表争いに挑む女子の宮原は、今大会より「初めての全日本の方が緊張した」と言った。

高難度の3回転ルッツ―3回転トーループを決めるなど、技術点では浅田を抑えてトップというほぼ完璧な内容。それでもはしゃがず、ようやく笑みがこぼれたのは得点が表示された時だった。「今季一番いい出来でうれしかった」と控えめに喜んだ。

3位村上とわずか0・90点差の好位置でフリーを迎える。「ノーミスでできれば(五輪に)近づけると思う」とSPの再現を誓った。

・・・・・・・・・・・・・


佳菜子ちゃん、良かったです! 
よく体が動いてたし、ノーミスで決めて本人も思わず泣いてしまうくらい。
このプログラム、2年前にやったときよりもしっくりきてると思う。

私は選手の演技のことを「大人っぽいか否か」や
「この選手にこの曲は合う/合わない」ということを
あまり言いたくないんです。  

なんだかそれは選手の「限界」を
勝手にこちらが決めてしまっているような気がして…

でも今回の佳菜子ちゃんの演技を見ると、
やはり選手の内面がそれに伴うかどうかで
曲の解釈への深まりも変わるし、
それによって演技の「幅」も変わってくることは
確かにあるんだな、と思いました。



あっこさんも納得の演技、納得の点数でよかった!
国内試合ならこのくらいはまあ出るかな?という点ですかね。

ただそれを考えると真央ちゃんの点数はやっぱり低すぎる。
ひとりだけ国際試合基準なの?と感じます。
(ごめんなさい。知子ちゃんの演技はまだ見てません)


まあ、言い出すとキリがないので
得点あれこれはひとまず置いといて。

真央ちゃんの演技を見ていると
世の中はまだこんなにも美しいのだ、という
幸せな気持ちに浸れます。
その美しさに自然と涙が溢れます。

色々嫌なこともあるし、腹の立つことも多いけど
真央ちゃんのスケートを見るとささくれ立った心が
浄化されてそこに「希望」を見出せます。

あの民主党政権下での苦々しい3年半・・・
私が正気を保っていられたのも真央ちゃんのスケートが
あったからこそだと思ってます。
(そこまで!?と、どうぞ笑ってくださいませ。)


今日はフリーです。
真央ちゃん、新しい衣装にするのでしょうか?

真央 フリー“本番”勝負服披露も 黒と青は不評で変更
スポニチ 2013.12.22
新しい勝負服で日本一を決める。女子は22日にショートプログラム(SP)を行う。代表入りが確実でサバイバルレースと無縁の浅田真央(23=中京大)は23日のフリーで五輪を見据えた新衣装を披露する可能性が浮上した。関係者はデザインなど詳細は明かさなかったが「今、手直しをしている。フリーに間に合うかは分からないけど」と話した。

浅田はジャパン・オープン、スケートアメリカでは黒と青のコスチュームで演技したが、「重くて動きにくかった」という理由で変更。バンクーバー五輪シーズンの09年ジャパン・オープンで使用したものをNHK杯、GPファイナルで再利用した。ファイナル後、浅田は「新しいのも作るつもり。衣装も含めて楽しみの一つ。見ている方にも楽しんでもらって、自分が“これ”と思える衣装で臨みたい」と話している。細部の修正が間に合えば、勝負のリンクに立つ楽しみが増える。

この日の公式練習では11年世界選権以来、3季ぶりに安藤美姫(26=新横浜プリンスク)と同じ組で汗を流した。自身のSP曲「ノクターン」をかけての滑走ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功、練習後半にも大技を決めた。「SPをまず集中してできれば。ようやく(五輪代表が)決定する時が来たって思いと、今年最後の試合だなって思いと、全日本が来たんだなって思いがある」。7度目の日本一で、集大成の夢舞台に弾みをつける。

・・・・・・・・・・・・

最初の衣装も素敵だったけど、確かに
バリバリして動きにくそうな素材でしたね。

どんな衣装なのか、今日披露してくれるのか、
楽しみです。

今日は私も応援に行きますので
選手の演技、会場の様子などをできるだけしっかり見てきます!

d0309182_021250.jpg



<おまけ>
みきちゃんの「スタオベ」…
気になった方、他にもいらっしゃるでしょうか。

観客席のほぼ一箇所+みきちゃんのアップ、
しか映していなかったように思います。
他の選手のときは会場全体も映していたのに。

「チームラブミキ」のバナーを掲げている人がいる、
正面から見て左側~中央の一階席ばかり映していたように
私には見えました。

だからなんだ、と言われたらそれまでの、
たいしたことではありませんが不自然だなーーと思ったので。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-23 08:36 | フィギュアスケート

真央ちゃんのタンゴをもう一度

どこぞの女王様のタンゴがどうとか騒がしかったので
ついまたリピートしてしまった真央ちゃんのタンゴ☆
(あ、どなたかと比較しているわけじゃありませんよ!)

Mao Asada - Closing Gala - 2009 World Figure Skating Championships


はー。素晴らしい!
見てください、この躍動美!! 


溌剌としていて健康的で、
それでいて<微かに>憂いを含んだこの演技。

何回見ても飽きません。
うちの母もこれが大のお気に入りで繰り返し見ているそうです。
(ちなみに この↑動画、再生回数100万回超えでした。)

この際だから画像もたくさん載せますわ!

d0309182_21756.jpg
d0309182_2172885.jpg
d0309182_2173142.jpg

d0309182_21115988.jpg

d0309182_21121231.jpg



もう今週末は全日本ですね。
私がスケ連に送ったメールには、ついに返事が来ませんでした。
手紙は握りつぶし、メールは開封すらしていないのかもしれませんが
それでもせっせと「全選手に公正な採点を」と送り続けます。
もちろんISUにも忘れずに送ります。

FAIR JUDGMENT FOR ALL




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-17 21:49 | 真央ちゃん

アホンダラに対抗する

===署名と拡散のお願いです===
アメリカ・グレンデール市に設置された
「慰安婦像」撤去の署名活動が行われています。

1月10日までに10万人分の署名が必要なのですが
まだまだ全然足りません!!

どうかよろしくお願いいたします。

署名の仕方は「テキサス親父日本事務局」で
とてもわかりやすく説明してくださっています。
署名先もそのサイトから跳べます。
→ 【テキサス親父 グレンデールの「売春婦像」を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い】

米国グレンデール市 慰安婦像撤去の署名のお願い


また同じくアメリカ・ニューヨークにある慰安婦像撤去の
署名活動も行われております。(期限は1月12日まで)
こちらはまったく知られていないらしく、先ほど私が署名した時点で
4500筆ほどでした。
ぜひこちらもお願いいたします!
→ ニューヨークの慰安婦像撤去を求めるホワイトハウス署名
(上記テキサス親父さんのサイトの説明を読めば
どちらも簡単に署名できます。)

署名ひとつでは何も変わらないかもしれません。
が!声を挙げることが大切だと私は思います。

好き勝手にはさせない。
これだけ抗議の声がある。
という「意思表示」がまずは何よりも大切です。

自分から率先して動くのはなかなか勇気が出なくて難しい。
でも誰かがスタートを切ってくれたところに乗っかるのは
さほど難しいことではありません。

そういう日本人の「意思」は中国・韓国などにとって
抑止力になるはずです。
ヒゲの隊長・佐藤正久議員もよく
「国家防衛に必要なのは国民ひとりひとりの意識だ」と
仰っています。

私はこう思う。こう考える。こうしたい。
それらを少しずつでも外に出して
然るべきところに意見を出す。時には行動に移す。
そういう癖を小さなことからでも始めていけば
それはいつかきっと、大きな動きになると思います。

政治もフィギュアもみんな根っこは同じです。
頑張りましょう!


そして署名の存在を教えてくださった方、
また石ころ様や黒猫様のところへお知らせしてくださった方、
ありがとうございます☆
人気ブロガーさんのところだと拡散能力抜群です!



ところで…
青嶋ひろのがまーたくだらない記事書いて
フィギュアファンの怒りを買っていますね。

これは「炎上商法」ってやつじゃないですか?

バカバカしい。
こんな劣等感丸出しの駄文を書いて恥とも思わないなんて…
彼女の「ライター」としての存在価値を疑われるレベルだと思いますが。
(あ。今に始まったことではありませんね。)


この手の輩はどんな反応であれ、
「反響があった」ことが嬉しいんでしょうね。
テリー伊藤と同じ気がします。


これらの「浅田真央はイマイチ論」に対抗するためには
「真央ちゃんLOVE!」を叫びまくることですよ
真央ちゃんのここが素晴らしい。
あの演技が素敵だ。あのポジションが秀逸だ。

人柄でもスケートでもどこでも
好きなところを褒めて褒めて褒めまくって
いろんなところで言いふらす(笑)
↑私はしょっちゅうやってます^^;

青嶋ひろのやその他のアホンダラがいかにアホか!
を周囲の、とくにフィギュアファンではない人に言いまくっても
引かれるだけですもの。

そういう話題は話す側が怒りのエネルギーを発しまくっているので
聞いている側をうんざりさせてしまう。(うんざりさせた経験アリ orz)
とくに日本人は「誰かを批判すること」に対してあまり快く思わない人が多いですし。
それがたとえ正論であっても…。


それよりもさりげなく(←ココ重要!!)
「真央ちゃんのあの部分が素晴らしい」をアピールするほうが
言っている本人も聞かされる側も楽しいですよね。

真央ちゃんの素晴らしいところなんて具体的に
いくつだって山のように説明できますし。
そうやって地道にこつこつ、ちょっとずつ真央ちゃん素敵アピール。
アホンダラを撃退する、ひとつのやり方だろうと思うのです。
どんなに素晴らしいものでも 「ごり押し」はダメです
「ごり押し」がいかに嫌なものかは私たち自身が経験しています。


ついでにいうとこの駄文、
あっこさんと大輔君にもめちゃくちゃ失礼だから!

己の劣等感を捻じ曲げて
大輔君やあっこさんに無理矢理当てはめるの、
やめてもらえませんかね。
気持ち悪いことこのうえない。

この程度にしか認識できないなんて…
この人何年間も一体なにを見ていたんでしょう??


ほんっとーに下らない駄文ですが
後々のために、その駄文を載せておきます。

私だったらこんなライターにビタ一文払いたくない
あのブロガーさんやこのブロガーさんに取材をお願いしたら
もっと読み応えのある充実した記事を書いてくれるでしょうに!
タダで読ませてもらっているのを申し訳なく思う素人のブロガーさんが
世の中にはたくさんんいますわ。

浅田真央がトリプルアクセルに固執する理由(上)――完成形としてのSP「ノクターン」
青嶋ひろの(フリーライター) 2013年12月14日

浅田真央のスケートは、人の心を打つのだろうか?

そんな論議を取材の場ですることが、時々ある。日本には高橋大輔、鈴木明子、さらには町田樹と、パフォーマンスで魅了できるスケーターがたくさんいる。浅田真央にももちろん独特のチャームがあり、多くの人が「真央ちゃん」の頑張る姿に心惹かれているだろう。

しかしそれは国民的アイドルである彼女の存在感やキャラクターが引き起こすものであり、演技者としての彼女が、最上級なのかどうか、と。

そんな議論のなかで出てきた「真央論」のひとつに、こんなものがあった。

高橋や鈴木といった、どうしようもなく観客を引きつける力を持つスケーターは、表現技術の高さもさることながら、とても大きなメッセージを発しながら滑っているのではないか。

それは「俺を愛して!」「私を見て!」という、観客や視聴者に向けた強いアピールだ。目立ちたがり屋であったり、寂しがり屋であったり、愛されたがりであったり、そんな人間くさい生の感情がほとばしる時、人は彼らのスケートを、愛さずにはいられなくなる。

浅田真央には、決定的にそれが欠けているのではないか、という見方がある。彼女は滑りながら、他者に愛を乞わない。演技に関して、ほとんど人の評価を必要としない。そういえば彼女の母、匡子さんが存命中、取材陣にこんな話をしたことがあった。

「真央にはね、お世辞は通用しないよ。あの子は誰に褒められても、そんなにうれしいとは思わないの」

そして匡子さんは、さも面白そうに笑ってこう付け加えたのだ。

「真央がほめてほしい相手はね、私だけなの」

なるほど、と思う。姉・舞とふたりでスケート教室に通い始めた小さなころ、真央の口癖は「ママ、見て見て!」だった。ちょっとでも自分を見てほしい。ちょっとでも上手になったところを見せて、ママの視線を自分に向けたい。舞じゃなくて、真央だけを見てほしい……それが、浅田真央がスケートを上達しようとがんばった、大きなモチベーションのひとつだ。見てほしいのはたった一人、最愛のママだけ。

だから彼女は、今でも他者に向けて「私を見て!」「私を愛して!」というメッセージを、スケートを通じて発することはない。それを物足りなく感じる人もいるだろう。また逆に、こちらに向けた愛情を感じられない孤高のアイドルの姿に、心惹かれる人も少なからずいるだろう。

「それは見る人の、恋愛スタイルに通じるかもしれない」

そんな意見もあった。多くの人は恋をするとき、相手からの愛情を感じ取り、好きだという気持ちをお互いに育て合っていく。双方のコミュニケーションの果てに恋愛が成就する、そんなパターン。しかし自分に見向きもしない相手を一方的に好きになり、ひたすら追いかける。そんな恋愛に喜びを求めるタイプもいるだろう。

前者がフィギュアスケートを見たとき、惹かれるのは高橋大輔や鈴木明子の演技。彼らのパフォーマンスには、見る者との間にコミュニケーションがある。一方、恋愛タイプが後者の人は、浅田真央の外側に何かを放たないスケートに、強い魅力を感じるかもしれない。

――そんな浅田真央を巡る話を、デトロイトで、東京で、モスクワで交わしつつ、私たちは福岡で、グランプリファイナルを迎えた。

競技初日のショートプログラム。浅田真央が見せてくれたのは、我々の与太話などどこかへ吹き飛ぶような、珠玉の「ノクターン」だった。

すべてのカギを握っていたのは、冒頭のトリプルアクセル。3つしかないジャンプの失敗は許されないショートプログラム、一か八かの確率のジャンプは避ける――その定石で言えば、浅田はここでトリプルアクセルを跳ぶべきではない。しかしこの日の「ノクターン」には、是が非でも一発目のトリプルアクセルが必要だったのだ。 
しかし浅田自身も、見る者の多くも、今回は「行けた!」と思っただろう。足元を厳しく見れば回転不足、しかし流れが美しく、迫力があった。

 く伊藤みどりのトリプルアクセルを知るものは、浅田のアクセルを「本物ではない」と否定する・・・・・
(続きは有料のため読めませんでした)

・・・・・・・・・・・・・・・

この発光体を目にしても劣等感を浮き彫りにされるだけで
何にも感じることができないなんて、哀れな人ですね。
きっと眩しすぎてつい目を瞑ってしまうんでしょうね。

世の中には愛を乞わずとも愛される人間っているんですよ。
青嶋さんには理解できないみたいですけど。

人のことを偉そうに言える人間じゃありませんけど
思っていたほどヒネくれていなかったのね、私☆


素晴らしいもののひとつ。真央ちゃんのファンスパイラル。
これで立っていられるのが不思議です…!
d0309182_063971.jpg

何回見ても惚れ惚れする美しさ…。


<追記>
コメントのお返事が滞ってます。
申し訳ありません!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-16 00:16 | フィギュアスケート

GPファイナル 真央ちゃんおめでとう!

真央ちゃん、優勝おめでとうーー!!

羽生君優勝、織田君3位、まっちー4位、
みんなおめでとうーーー!!


とくにまっちー!
ショートからの追い上げが素晴らしい!
後半の連続ジャンプ決めてからがすごい迫力でした。
いつまでも見ていたい「火の鳥」。

男子は大混戦ですね。
町田君の「火の鳥」を五輪の舞台で見てみたいけど、
織田君にもうひと花咲かせてもらいたい気持ちもある。

大輔君はもちろんだし、羽生君は勢いあるし…。
小塚君と無良君はちょっと厳しいか…。


そして我らが真央ちゃん!
アクセルは残念でした…。
(昨日のあの判定が影響してないわけないと思うの。私は!!)

でも転倒してすぐにもう1本飛んで、回転不足とはいえ
きちんと3Aが入ったのはすごいと思う。

以下は真央ちゃん優勝を伝えるニュースと一問一答、
信夫先生の談話です。
一番上のニッカンスポーツの記事が好意的な気がします。

【浅田真央2連覇200点超え/フィギュア】
ニッカンスポーツ 2013年12月7日21時52分
浅田真央(23=中京大)が、2年連続4度目のGPファイナル優勝を飾り、ソチ五輪代表入りへ大きく前進した。

SP首位で折り返したこの日のフリー演技は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度入れるなど、果敢に挑戦した。

惜しくも冒頭のアクセルで転倒、2度目も両足着氷となり、本来の完成度にはおよばなかった。それでも、持ち前の表現力で何とか後半をまとめ、シーズンベストに迫る131・66点をマーク、合計204・02点で2位以下に10点以上の大差をつけて圧勝した

演技を終えた浅田は思わず悔しそうな表情をみせたが「ここでアクセル2回挑戦できたことは、次につながると思います。次は、また跳ぶという気持ちで臨みたい」ときっぱり。スルツカヤ(ロシア)と並ぶ最多タイの優勝回数よりも、攻めの姿勢を強調した。

次はソチ五輪最終選考会となる次の全日本選手権(21~23日、埼玉)。浅田が代表ランプを点灯させ「ソチ」へはずみをつける。

また、ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が192・07点で2位、アシュリー・ワグナー(22=米国)が187・61で3位。


【浅田真央V「悔しい思いも」一問一答】
ニッカンスポーツ 2013年12月7日21時55分
浅田真央(23=中京大)が、2年連続4度目のGPファイナル優勝を飾り、ソチ五輪代表入りへ大きく前進した。

演技後、浅田のインタビューは以下の通り。

-今の気持ち
浅田 アクセルを2回挑戦したんですけど、失敗してしまって、途中から体力が持つかなと心配があったけど、どうにか滑りきることが出来た。会場のお客さんの拍手や声援がすごく自分のパワーになりました。

-果敢にトリプルアクセルに挑んで失敗も立て直した
浅田 ここでアクセル2回挑戦できたことは、次につながると思います。次はまた必ず飛ぶという気持ちで臨みたい。

-ソチ五輪へ向けての目標
浅田 この試合でも新たな課題が見つかりました。次の試合までに(問題点を)クリアにしてオリンピックにつなげたいと思います。

-場内のファンへ
浅田 今日は本当に悔しい思いもあるんですけれども、昨日のショートから自分の目標が達成出来た。また、日々につながると思いますので、皆さん(応援)よろしくお願いいたします。


【佐藤コーチ 3回転半後押し「可能性を追求したい」】
スポニチ 2013.12.7
浅田を指導する佐藤コーチは「全体的には良かった」と評価した。フリーで2度挑んだ3回転半ジャンプは成功しなかったが「本人に挑戦したい気持ちがある。挑戦できる方向に導こうと思う」と今後も構成を変えない意向を示した。

代名詞とも言える大技の完成度を聞かれ、「技術的にはほぼできている。ただ、重圧があると微妙に何かが狂い始める」と説明した。2度跳ぶことによる体力面の不安にも触れたが、「可能性を追求したい」と今後の成長に期待を込めた


▼小林芳子・日本スケート連盟フィギュア強化部長の話 男子で羽生、女子で浅田が最上位になり(五輪代表へ)大きなアドバンテージを一つつかんだ。浅田はトリプルアクセルに失敗を恐れずに挑戦した。次に生かしてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フリーが131・66点、合計204・02点。

<ISUリザルト>より
d0309182_0104823.jpg



スコアはこちら
d0309182_010943.jpg




もう何も言いますまい。


ほかの選手たちは・・・・
アデリーナちゃんは非常にもったいない!
SPすっごくよかったし、フリー冒頭の3-3も決めたのに
あとのジャンプが悲惨なことに…。

リプちゃんもやっぱり点数抑え気味??
って思いました。


しっかし真央ちゃん関連のニュースを探しているのに
キムヨナキムヨナうるさいこと。

なるほど。
復帰戦をGPFにぶつけてくるとはこういうことなのか、
と今さらながらに実感しました。

真央ちゃんの情報や写真を探していると
必ず目に付くところに女王様関連のニュースが出てるんですよね。
しかもタイトルに「真央の点数を超えた!」とかね。


サンスポだったかしら。
公開処刑のように、似たようなポーズの写真が
目に付くように並べてあったので
ついくっつけて比較画像を作ってしまいました。
足元が写っていないのが残念ですが。
d0309182_0114485.jpg



ほーーーう。
上体の傾きがえらく違いますな。
右の妖精はよくこれで倒れませんねえ。
人間業とは思えません。

あ。「妖精」だから人間じゃなかった!
しかもこの妖精はこのあと、↓ の体勢になるんですよ。
左の人はこれが完成形なんですよね。
d0309182_013949.jpg



もうなにこれ。重心がどこにあるのか全然わからない!
人間ってこんなことできるものなの???

細いブレード一本で、ツルツル滑る氷の上で
どうしてこんなポーズが取れるのでしょう。
素晴らしい芸術作品です。
このまま時を止めてしまいたい。

美しいのひとことです。


そしてこっちの写真は躍動感があってお気に入りです。
かっこいい!
d0309182_013584.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-08 00:25 | 真央ちゃん

私は佐野稔を許さない ※動画と追記あり

※記事最後に抗議先を記載しました。お役に立てれば幸いです。
※<12月8日追記>
佐野稔氏の発言は聞きようによっては「認定してくれてもいいじゃん」
と言っているようにも聞こえる、というご意見も頂きました。
が、私にはそうは聞こえなかったのでこのまま記事は残します。
(フォントサイズは小さくしました。)
皆様の判断は皆様にお任せいたします。

なお、本当に批判すべきはジャッジである、という点は
その通りだと思います。


・・・・・・・・・・



私は朝、テレビ朝日の「モーニングバード」をよく見ています。

今朝は当然、GPFのことが取り上げられました。
コメンテーターの長島一茂氏が真央ちゃんの演技を見て
得点が低いんじゃないか。僕は102点くらいは行ったと思う。」
といい、司会の羽鳥氏も
あのトリプルアクセルが回転不足なんですか?」 
と聞きました。

見ていた人全員が思った、当然の疑問です。
(100点を超える、というのはもちろん大袈裟ですが
要はそのくらい素晴らしい演技だったということです。)

それに対して佐野稔は
「どっちだっていいじゃないですか」

ヘラヘラ笑ながらそう言い放ちました。
(私にはそう聞こえた)

どっちだっていい?
回転不足かどうかで点数が大きく変わり、
順位も違ってくるのに

それが
どっちでもいい????


さらに、羽鳥氏が
点数が出た時、真央さんの顔が少し曇ったように見えたのですが
と聞いたことに対しても

いやー。彼女が納得した演技ができたんでしょう
とこれまたトンチンカンなことを言いました。


私は佐野稔の居酒屋解説はけっこう好きでした。
荒川さんや八木沼さんのテンプレ並べるだけの
つまらない解説に比べたら、人間味があるし
技術的な解説もきちんとするときもあるし好きでした。
あのくらい、解説者も感情をあらわにしてもいいと思うし。

でも
真央ちゃんに関する発言だけはいつもおかしい。
今回はそれにさらに輪をかけて酷い。

もういい加減にしてほしい。



朝からスケート連盟に電話をかけていますが
繋がりません。


血管ブチギレそうです



※コメントへの返信が遅れていまして申し訳ありません。
もう少しだけお待ちください(><)

<追記>
モーニングバードの動画がありました。
(秋桜様、ありがとうございます!)

佐野の発言は12分半すぎくらいからです。

動画主様、お借りしました。


<抗議先一覧>
【日本スケート連盟】
電話:03-3481-2351
Eメール : jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館


【文科省】
※「スポーツについて」という項目があるので
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry32/

【橋本聖子議員】
スケート連盟会長であるのですから責任を。
スケ連宛と同時に議員宛に送るのもアリだと思います。

〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館803号

電話:03-6550-0803
FAX:03-6551-0803
Eメール:seiko_hashimoto01@sangiin.go.jp

とりあえず私が思いついたのはこのくらいです。
どうぞ参考にしてください。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-06 11:34 | フィギュアスケート

真央ちゃんサイコーーー! なのに・・・

すみません。最初に怒りを吐き出します…


あ~ま~の~~~~~!!!
お前えーかげんにせーよ!!

あの3Aに回転不足だって!?
一体何を見てるんだ!
いい度胸してるじゃないの!




私は真央ちゃんの点数見て我が目を疑いましたよ!
もちろん悪い意味でね!!!



もーーーーー!!!
アホかっ!!

もっともっと言いたいけど、
せっかくどの選手も(見た目)ノーミスの
素晴らしい演技だったのでこのくらいにしておきます(怒)

転倒などのわかりやすい、大きなミスのない
グランプリファイナルにふさわしい戦いだったんじゃないか、
というのが私の印象です。

ここにきていきなりリプニツカヤ選手の
点数の伸びがイマイチだったり
(今までが高すぎたのであって、本来ならこのくらいが妥当だとは思いますが
こういうやり方は本当に選手が気の毒だと思う)
しましたが、全体的にそれぞれの選手の演技は良かったと思います。

 ここちょっと訂正です。
リプちゃん、それでもやっぱり高めですかね。点数。
エッジエラー取られてるジャンプに
プラス評価つけてるジャッジが3人いますし…。


↑すみません… さらに訂正です。
ちょっと私勘違いしてたみたいです。





でも真央ちゃんはやっぱり別格です。

戦いの場なのに、あのふんわりとした優しい雰囲気のスケート。
伸びやかに、自由に氷の上を駆け巡る真央ちゃんの姿は
もう見ているだけで幸せで、これが大会だということを
忘れてしまうくらい、うっとりと見とれてしまいました。

女神とか妖精とか銀盤の女王とか、
既存の言葉ではもう表現できない存在です。
真央ちゃんを形容するための、何か新しい言葉が必要です。

あのアクセル…
本当に美しい、軽やかなジャンプでした。
演技終了後の真央ちゃんのあの「やった!」という
笑顔がとても嬉しかった。

d0309182_23175887.jpg



これが回転不足ねえ。
そして加点の少ないこと!
(スピンの取りこぼしは残念でしたね…)

私は70点後半いくと思ったんだけどなーーーー。

Ladies - Short Program  Result Details
d0309182_2319223.jpg



ISU Grand Prix Final 2013-14
d0309182_0324256.jpg


あのアクセルに-1とか…
目ぇ腐ってるんじゃないの???


以下は女子SPの結果を伝えるニュースです。
大体同じような内容の記事ですが、3つ。

【真央、GPファイナル2連覇へSP首位スタート=GPファイナル女子SP】
スポーツナビ 12月5日(木)20時43分配信
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが5日、福岡マリンメッセで開幕、女子ショートプログラム(SP)では、日本女子唯一の出場となる浅田真央(中京大)が72.36点でトップに立ち、GPファイナル2連覇へ好発進を切った。

浅田は冒頭のトリプルアクセルを着氷させるが、回転不足をとられた。しかし、続くトリプルフリップはきれいに決め、安定感ある演技を見せた。

2位はロシアのアデリナ・ソトニコワ、3位は米国のアシュリー・ワグナーが入った。

浅田が「トリプルアクセルを2本入れる」と話している、女子フリースケーティングは7日に行われる。


【浅田真央が首位スタート/フィギュア】
日刊スポーツ 2013年12月5日21時20分 
<フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル>◇第1日◇5日◇マリンメッセ福岡
女子ショートプログラムで、2連覇を狙う浅田真央(23=中京大)は、72.36点をマークし、首位スタートをきった。

アデリナ・ソトニコワ(17=ロシア)が66.38で2位、アシュリー・ワグナー(22=米国)が68.14で3位と続いた。

同大会で3度の優勝を誇る浅田が連覇となれば、スルツカヤ(ロシア)と並び、最多タイの4勝目となる


【浅田「よし」と思った/フィギュア】
<フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル>◇第1日◇5日◇マリンメッセ福岡
日刊スポーツ 2013年12月5日21時27分
女子ショートプログラム(SP)は、浅田真央(中京大)が72・36点で、2連覇に向けて首位発進した。コメントは以下の通り。

(回転不足だったが)アクセルジャンプがきれいに跳べたのは今シーズン初めてだったのでうれしい。「よし」と思った。3年間スケートを見直してきたことが実になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだよねえ。
きれいに入ったよね。
ファンも嬉しかったよ。

今日、この真央ちゃんの演技を直に会場で見られた方は
幸せですね!

フリーもがんばれーーー!

d0309182_23315227.jpg
d0309182_23324399.jpg
d0309182_23322435.jpg


・・・でも衣装は前のほうがいいなあ。
胸のあたりがもう少しスッキリしたほうが素敵だと思うのです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-12-05 23:41 | 真央ちゃん

そこだけはどうしても引っかかる

あまり他所様の批判、ってしたくないですし
するべきでもないと思っています。
個人のブログだし何を思って何を書いても自由だと思います。

でも… 真央ちゃんファンとして
どうにもこうにも1点だけひっかかってしまって。

直接コメントしたほうが礼儀に適っていると思いますが
メンバー以外はできない設定だったので自分のブログで失礼します。


「真央ちゃんに追い風が吹いている」



本当にそう思います??
あの演技にあの点数しかつかなくて
相変わらずいい加減なマスコミ報道に解説に…
それで「追い風」でしょうか。

私にはそうは見えません。


本当に追い風が吹いているのなら
もっともっと高得点だと思います。

あの演技なのに雀の涙ほどしかない加点です。
相変わらず逆風だと思います。


真央ちゃんと信夫先生がこの3年間で
逆風の中でもきちんと勝てるレベルにまで
仕上げてきているだけだと思います。
(真央ちゃんの中にあるのは「勝ち負け」ではないかもしれませんが)


たぶんその前提認識が違うから
齟齬が生じるのだと思います。


<追記>
忘れてました。
美姫ちゃんが「当て馬にされている」
っていうのも私は違うと思います。

だって皆さん、きちんと(?)
KYのことも指摘しているじゃないですか。
「SP,FSのステップの一部がまったく同じ」
なんてすごい発見だと思いますよ。


今はまだ表に出て来ないから、
つまり今シーズンの演技をまだ誰も見ていないから
検証・批判できないだけですよ。

出てくればあちこちで引っ張りだこだと思います。
だって女王様、超人気者ですもの!(棒)

誰も忘れていませんよ。
やることなすこと斜め上すぎて度肝を抜かれますから。

私はむしろ忘れたいんですけどね~。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-11-26 21:10 | フィギュアスケート

真央ちゃんのスケートと音楽

タラソワ先生のインタビュー記事が産経で連載されていましたね!

産経新聞ってこういういい記事書くから好きです。
(フィギュア関連の写真は酷いものが多いけどさ)
慰安婦問題に関しても果敢に挑んでいくし。
期待してます!これからもお願い!

この連載の第一回目の話が、ちょうど私がNHK杯を見て
感じたことと関連していました。

【[話の肖像画] フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ(66)(1)】
産経 2013.11.12
■真央はかけがえのない特別な人
〈来年2月7日に開幕するソチ五輪まで残り3カ月を切った。今季限りの引退を表明したフィギュアスケート女子の浅田真央選手は金メダルを目指し、ソチに臨む。2007年から見守ってきたタラソワさんは、親しみを込めて彼女のことを「真央」と呼ぶ〉

小さい時から真央は天才児だったわ。氷上での動きは素晴らしく、スケーティングは非の打ち所がない。全てのステップを高い難度で刻み、ジャンプの精度も高い。そして、何よりも「音楽的な」スケーターだった。あらゆる曲目に合わせて自分を表現することができたのよ

〈ソチ五輪のフリーで浅田選手が披露するのは、タラソワさんが振り付けをしたラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』〉

私は、自分が教えることを演じきれない選手は受け入れないことにしているの。小さい頃の真央が将来、素晴らしいスケーターになるということに気づいていなかったら、パートナーを組むことはなかったでしょう。私が音楽を聴くときは、いつも真央をその旋律の向こう側に見ていた。長年組んできたから、私の振り付けでどんなふうに演じさせようとしているかも、真央は理解している。私はいつも彼女から大きな満足を得られるのよ

〈浅田選手は9日にフリーが行われたグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯で優勝。今季世界最高で自己ベストの合計207・59点をマークした〉

振り付けを行うことは、彼女に音楽という名の衣装を仕立てるようなもの。今回は彼女に合うラフマニノフの曲目を選んだ。記憶に残る演技となるでしょう。この曲目を通じて、彼女はこれまでのフィギュアスケート人生の全てを表現するのよ。困難を克服すること、それがこの演目のテーマ。もし、真央がラフマニノフの調べにのって全ての演技を終えることができたら、それこそが困難を克服したということ。一人の人間の人生、一流のスケート選手の人生を表現したことになる。

真央は、かけがえのない、とても特別な人。五輪で、彼女がとびきりの笑顔を浮かべることを心から祈っている。いつものように調子がよくて、ちゃんと準備をしたなら、きっと良い結果を残すわ。あとは神のみぞ知るというところね
。(聞き手 佐々木正明)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真央ちゃんの演技って、音楽と常に一体化してるんです。
共鳴しあっていうべきでしょうか。
無駄に流れる音がない。
音楽を一音も無駄にしていない。余っていない。

逆に音楽がやたら大袈裟で、動きがそれについていかない、
ということもない。

どの振付も動きも、音楽との違和感がなく
ぴったりはまっていて、だから単なるBGMでは終わらない。

それは振付師の技量も関係するんじゃないか?ともいえますが
私は振付師の理想通りの振付をそのまま表現できるだけの
技量を持つ選手のほうが少ないんじゃないかと思いました。

音楽を聴いて、イメージを膨らませてあそこをこう動いて欲しい、
こう表現して欲しい、そう思っても選手にそれに応えるだけの
技術がなければある程度妥協せざるを得ないでしょう。

でも真央ちゃんはきっとそういうことがないんだと思う。
大輔君もそうです。

それは真央ちゃんや大輔君の使用した曲を、
他の選手が滑っているのを見るとよくわかると思います。

真央ちゃんの「ポルウナカベーサ」、
大輔君の「マンボ」などは比較しやすいと思います。

テンポが速いので音楽に遅れずに
正確なステップを踏めるだけの技術と
その激しい運動量に耐えうる体力がなければ
その音楽を十分に表現する振付を
再生することはできないからです。

上記インタビューでのタラソワ先生の
「あらゆる曲目に合わせて自分を表現することができたのよ。」
「振り付けを行うことは、彼女に音楽という名の衣装を仕立てるようなもの」
という発言が示す通り、タラソワ先生の振付は
真央ちゃんの持つハイレベルな技術と
それを表現できるだけの豊かな感性があって初めて
完成するものだと思います。

タラソワ先生と真央ちゃんの生まれてくる時代が
少しでもずれていたら、
二人の残した数々の素晴らしいプログラムを
目にすることは恐らく無かったでしょう。

振付師であるタラソワ先生にとっても
真央ちゃんは本当に大切な宝物なのでしょうね。

このインタビューからは、真央ちゃんに対する
限りない愛情が感じられてとても嬉しかったです。


また石ころ様のブログ
このインタビューを担当した佐々木記者のブログの
存在を知りました。(石ころ様、ありがとうございます!)

そちらでは紙面に掲載できなかったこぼれ話などが
書かれていますので、ぜひ合わせてどうぞ!
→ 【連載余話①】「真央は音楽的なスケーター」@タチアナ・タラソワ
→ 【連載余話②】タラソワさんのすっぴん、露アイスホッケー界の偉大な父親、プーチン大統領もエスコート
→ 【連載余話③】タラソワさん「真央、恋をしなさい」の真意とは?キムヨナは「4回転ジャンプができるかも」
→ 【連載余話④】タチアナ・タラソワ「真央、誰もができなかっことを成し遂げたときのことを思い出して」  

他にも「cool Japan」や「シーシェパード」カテゴリーの記事を
いくつか拝読しましたがとても興味深かったです。

ロシアでもネピアの「鼻セレブ」が売られているなんてー!
私も愛用してますわ!ちょっとお高いけど鼻が快適ですもの!
というわけで「鼻セレブ」関連の真央ちゃんの画像で〆♪

d0309182_0183658.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-11-16 00:27 | 真央ちゃん

真央ちゃん、衣装変更あり? 3アクセルは2本なの??

今さらですが、真央ちゃん優勝を伝える記事をいくつか。
一番簡潔に、わかりやすくまとめてあった記事がこれでした。

【浅田真央、高橋がアベックV NHK杯】
産経 2013.11.9
フィギュアGP・NHK杯(第2日=9日、東京・国立代々木競技場)女子はショートプログラム(SP)1位の浅田真央(中京大)がフリーも1位となり、自己ベストで今季世界最高の合計207・59点で2年連続4度目の優勝を果たした。GPは日本最多13勝目となり、2連勝で上位6人によるファイナル(12月、福岡)進出を決めた。

14歳のエレーナ・ラジオノワ(ロシア)が191・81点で2位、SP2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が179・32点で3位、宮原知子(大阪・関大高)が170・21点で5位だった。

男子で第1戦4位の高橋大輔(関大大学院)もSP、フリーともに1位で今季世界最高の合計268・31点で2年ぶり5度目の制覇を果たし、GP9勝目となった。織田信成(関大大学院)が253・16点で2位、無良崇人(岡山国際リンク)が227・22点で6位。

ペアの高橋成美、木原龍一組(木下ク)はフリー8位の合計136・13点で8位に終わり、タチアナ・ボロソジャル、マキシム・トランコフ組(ロシア)がGP2連勝。アイスダンスのショートダンス(SD)でキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)は51・91点で7位だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の記事には、ゆかりさんが五輪代表を逃した時のことにも
絡めて書いてありました。


【真央スピン進化 自己最高V/フィギュア】
日刊スポーツ 2013.11.10
<フィギュアスケート:グランプリシリーズ第4戦・NHK杯>◇9日◇東京・代々木第1体育館
今季限りでの引退を表明している浅田真央(23=中京大)が、自己ベストの演技でGPシリーズ2連勝を飾った。SP1位からフリーも1位の136・33点で、合計207・59点とともに自己記録を更新。2連覇で4度目の優勝を果たし、ソチ五輪の代表選考に関わるGPファイナル(12月、福岡)出場一番乗りも決めた。GP通算勝利数も13勝とし、98年長野五輪銀メダルのミシェル・クワン(米国)に並ぶ歴代2位とした

目を見開き、歯を食いしばる。「イーー!」と声が出そうな浅田の顔が、会場の大型スクリーンに映し出された。演技後にまず思ったのは「最初のアクセルが(足が)ついちゃったなー」。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、わずかに右足が氷を削り、回転不足。前日SPと同じ失敗に悔しさがまず気持ちを占めたが「でも、うれしいです。スケートアメリカより今日の出来はよかった」。会場の声援に応えるうちに笑顔を取り戻した。

演技でも悔しさは引きずらなかった。すぐに気持ちを切り替えた。続く連続ジャンプからスピード感を殺すことなく、次々に要素を決める。「得点は気にしない」と言うが、結果はフリー、合計ともに自己ベスト更新。「守りに入らなかった」と自己評価した。

名詞の3回転半が決まらなくても、バンクーバーの自分を超える力が、いまの浅田にはある。その1つがスピンの向上だ。10年から師事する佐藤夫妻に基礎を学ぶ中で、格段に進化してきた。諭されてきたのは「4分の1回転の大切さ」。教え子だった中野友加里が、2位の鈴木と0・17点差で3位に終わった09年全日本選手権のことだ。

バンクーバー五輪代表の最終選考会であり、その順位の結果も考慮して鈴木が代表になった。中野はフリーの最後のスピンがレベル「3」。2人は「あと4分の1回転回っていたら『4』が取れて、結果は違っていたかもしれない」と浅田に伝えてきた。練習中にジャンプに気がいき、スピンが緩むと、度々指摘した。成果は確実で、この日はレベル3が1つあったが、今季の全3試合でそれ以外はレベル4を並べてきた


この日は衣装も「向上」を狙っていた。使ってきた衣装が「少し重くて動きにくかった」と変更。09年ジャパンオープンで1度だけ使った、同じ青と黒を基調にしたデザインの作品に変えてきた。わずかな違いだが細部にまでこだわった。

優勝会見、永遠のライバルの名前が出た。「金妍児選手とまた戦いたいか」と聞かれると、前をまっすぐ見て答えた。

浅田 五輪では復帰してくると思う。またバンクーバーと同じような最高の舞台で、たくさんの注目が集まる中で一緒に滑るのは良い刺激になる。互いに力を出し合えれば。

故障でGPシリーズを欠場し、12月の国際大会が今季初戦となる金妍児。保持する世界最高点はバンクーバー五輪での228・56点で、浅田との差は約20点。ただ、浅田は得点を気にしない。あるのは競い合うことへの期待感だろう。

GPファイナル出場も決め、「アクセルの調子は良くなっているので、フリーで2本入れられれば。80%くらいは大丈夫じゃないか」と自信もみせる。失敗の中でも成長を感じる。3年前の自分を超えても、まだまだ伸びしろは十分だ。【阿部健吾】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それからこっちはフリーの衣装のことと
振付の修正について書いてありました。



【浅田真央 水炊きVだ/フィギュア】
日刊スポーツ 2013.11.11
<フィギュアスケート:グランプリシリーズ第4戦・NHK杯>◇10日◇東京・代々木第1体育館
食事も衣装もこだわります-。自己最高得点で2連覇を果たした浅田真央(23=中京大)は、優勝から一夜明けてエキシビションに参加した。GPシリーズの連勝で出場を決めたGPファイナル(12月5日開幕)では、開催地の福岡・博多名物のもつ鍋を控える構えで、食事に対する意識変化をのぞかせた。フリーの衣装では、さらに動きやすさを追求した新作も制作予定

浅田の脳裏にはいろいろな食べ物が思い浮かんだだろう。GPファイナルは福岡・博多のマリンメッセ福岡が会場。遠征先の食事で「ヒット料理」を探すのが楽しみなグルメだけに、何が食べたいか聞かれて考え込んだ。「あの~、なんだろうな」と悩んだ末に出した答えは「水炊き」。23歳にしては渋いカロリー控えめな選択の真意は、「もつ鍋は胃にきそうなので…」。もちろん嫌いではないが、今回優先したのは「栄養面」だった。

今季は食事に関して一層の意識改革が見られる。これまでも食事内容を写真に撮って、栄養士に送ってきたが、体重面などを考えて残すことが多かった。それがいまは栄養素を考えて、完食を心がける。摂取する食事も注意を払う。食べたい現地の名物があっても、それを節制する自制心が働いているようだ。

そんなこだわり方は衣装にも共通する。自己ベストを更新する演技を見せた前日フリーで着たのは、4年前に制作したもの。今季それまでの2戦で着た作品を「少し重く感じた」と変更していた。次戦で目指すのはさらなる改良。「できれば(新しいものを)作りたい。気に入ったものができればすぐに着ると思います」。博多では新作衣装も披露しそうだ

フリーを終えた前夜、佐藤コーチから「試合に向けて、試合での一発を大事にしよう。そういう気持ちで練習しよう」と諭された。練習では好調だが、本番でミスが出る現状。練習から試合のように集中し、意識改革をする。「次の練習をできないくらいまで出し尽くしたい」と誓った。今後はロシアから振付師が来日して、フリーの振り付けの手直しも加える

金色の衣装で演技したエキシビション。曲の「スマイル」そのままに、終始笑顔が絶えなかった。「いまは不安はまったくないです」。スケートに関わるすべての「こだわり」が、その言葉を支えている。【阿部健吾】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相変わらずお呼びでない人の名前がぶっこまれていますが…


真央ちゃんと女王様が「永遠のライバル」だって!
笑っちゃうわ。
女王様にそんな高いハードル作っちゃって大丈夫かしら。


真央ちゃんのライバルは舞ちゃんだけです。
もしくは自分自身です。


ま、それは置いといて。
真央ちゃん、あの衣装やっぱり動きにくいんですね。
新しいのを作るのか、それともこのまま「青鐘」でいくのかしら。


青鐘(「シマリス」って呼ばれているのは知りませんでした!)
がもしこのまま使われたら、
バンクーバーでの赤鐘衣装と結果的に対になって、
ラフマニノフ前編(=鐘)・後編(=ピアコン)の
真央ちゃんの五輪物語がこれによって完結するという、
まるで予定されていたかのようにうまく繋がるわー!
と、勝手に興奮してしまいました。


上の記事によると、フリーも手直しするんですね!
トリプルアクセル2回にするかもって!?

3-3はどうするんでしょうね?
3-3やめて3Aを2回にするのかな。


どちらでもいいわ!
真央ちゃんの行きたいところへ私たちを導いてください!


NHK杯のショートとフリー、もう何回もリピしてますわ。
そしてプロトコル見て愕然としますわ。

<NHK杯 女子SP スコア>
d0309182_0392495.jpg


<NHK杯 女子FS スコア>
d0309182_0394051.jpg


なによ、このしみったれた加点は~~~!
ジャンプはざくざく削られてるし!
ちょっとかすっただけの3Aに-3なんかつけて、
転倒した人は何点削ってるの?このジャッジは。

フリーのキスクラで得点が出た瞬間の真央ちゃん、
一瞬笑顔になったかと思ったらすぐ「ああ~」と
がっかりしたような表情になりましたね。


自分の予想よりも点が出なかったんでしょうねえ。
アクセル削られたことが得点を見ただけでわかったのかな、と思いました。
おそらく最低限の加点しかもらえないことを想定した上での
得点を予測しているでしょうから。


ジャッジが厳しいのは別に悪いことじゃないですよ。
じゃあ何に不満があるのかといったら
試合ごと、選手ごとに判定基準が甘かったり辛かったりで
その幅が広すぎるからおかしいといってるんです。


厳しいならすべての選手に対して厳しく。
甘くするのならすべての選手に等しく甘く。

ジャッジだって人間ですから多少のミスはあるでしょうけれど、
あまりに振れ幅が大きすぎる。

それが酷すぎて、とても同一の基準で判定しようと
努力しているようには見えないことにファンは怒っているんですよ。


国際大会のジャッジを務めるものとしてのプライドはないのか!
城田なんかよくあんなふうに顔を出せるものだ逆に感心しました。

やっぱりブーイングすればよかった!
拍手をしない、という消極的な批判の仕方じゃ駄目ですね。


日本のファンはフィギュアをきちんとスポーツとして観戦しているから
日本の選手以外にも贔屓の選手がたくさんいて、
それぞれにしっかり応援するし、拍手もするし
私が選手だったらきっと日本の大会に毎回出たいと思うでしょう。


そんなに温かい日本のファンですが…
ファイナルにあのお方が来ていたらどうなったんでしょうね?

ちょっと見てみたかったなあ、と思いました。


大歓声は送らないけれどお義理程度の拍手はする?
それともブーイングが起きる??

例の練習妨害発言のあと、
あいつに日本の地を踏ませてなるものかと抗議したファンが、
簡単に拍手で迎えるとも思えないんですよね。


こんなにもフィギュアを愛し、
外国の選手だろうと関係なく応援する日本のファンを
ここまで怒らせたことにもっと危機感を持ったほうがいいと思いますよ。
韓国とISUと日本スケ連の人たちは。


ま、日本のファンはお行儀がいいから
女王様に対してもブーイング程度でしょうね。
それすらしない可能性もありますね。
無視・無反応っていうのが一番利くかもしれません。


どちらにしろ、日本での試合が怖かったんでしょうねえ。
そんな女王様に配慮してファイナルは
福岡になったんじゃないのかしら。
福岡なら動員しやすいですものね。
物理的に近いし。土地柄アチラの人も多いし。

日本のファンに応援してもらえなかったとしても
女王様専属応援団がほーほー騒げばわかりませんものね。
人気があるように見せかけることは簡単です。


いなければいないでストレスが軽減されて
とても助かります。いいことです。
メディアが無理矢理ねじ込んでくるのは非常に鬱陶しいですが。

そういえば…
ファイナルの日程と女王様の復帰戦が重なるんですってねえ。
またうるさくなりそうですわ。
覚悟しておかなければ!


いくらなんでもこれがまとめではあんまりなので、
最後はかわいい真央ちゃんで〆ます。


今回のお気に入り写真はこれ!
真央ちゃんと大輔君のツーショットってとても和みます。
とくにこれは二人ともいい顔してます☆
d0309182_0522392.jpg


この真央ちゃんもかわいい~^^
d0309182_9302428.jpg


と思っていたらもう少し広域から撮ったものを見つけました。
このシーンだったんですね。何を話していたんだろう…。
d0309182_0543969.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-11-13 08:46 | 真央ちゃん

真央ちゃん&大輔君、神演技!

真央ちゃん…っ!!
はー…。
本当にいいものを見させていただきました。
テレビの前で正座していたのですが、
演技終了と同時に床に手をついてひれ伏していましたよ、私。
本当に。誇張でも何でもありません。

ステップのあたりからもう涙が止まりませんでした。

なんでしょう。

時間が止まっているような、不思議な錯覚を覚えました。
勝敗を競う試合だから、もっと殺伐とした空気のはずなのに
もっと穏やかで我を忘れるくらいうっとりとした時間でした。


そして大輔君!
神懸かっていましたねー!
なんですか、あの演技は。

息を呑むってこういうことですね。
もう全神経が否応無しに彼に惹き付けられて
拒むことが出来ません。

どうしても目がいって逸らすことができない。


本物の放つパワーってすごいです。
(そしてまさかモロゾフさんの涙を見る日が来るとは…
うたこ先生、押しつぶされそうになっていましたね!)




本当はもっともっとたくさん書きたいのですが
明日のためにももう寝なくてはなりません。
(選手の演技をきちんと見るために!)
写真やプロトコルなどは後ほど追加していきます。すみません!



とにかくこんなエライもの見せられたら…
明日、私は無事に帰宅できるのか心配になってきました。





そしてどこかで皆様とすれ違っているかもしれないと思ったら
それもまた楽しいです☆



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-11-09 00:46 | 真央ちゃん

最新の記事

祝☆安保法案成立!
at 2015-09-20 22:37
阿川弘之さんがお亡くなりにな..
at 2015-08-12 22:51
お久しぶりです
at 2015-05-23 22:52
選挙ですね&近況報告
at 2014-12-09 22:01
朝日が言い訳を始めたよ!
at 2014-08-05 10:44
ガースーすてき☆舛添はいい加..
at 2014-07-25 21:42
真央展、行ってきました!
at 2014-06-07 23:32
終了したのに… こそっと更新
at 2014-04-20 01:23
今日で終わりです。 ありがと..
at 2014-03-31 20:34
これだからファンをやめられない
at 2014-03-30 00:27

最新のコメント

 お久しぶりです。 ..
by 太陽 at 09:06
こんにちは。 安保..
by nancy at 12:06
こんばんは♪うちへのコメ..
by ちい at 00:11
capriceさん こん..
by ゆら at 12:49
こんにちは♪実はよそのフ..
by ちい at 10:25
こんばんは。お久しぶりで..
by nancy at 22:12
名古屋市民の私から言わせ..
by オフセット at 20:00
こんにちは♪お久しぶりで..
by ちい at 14:05
お久しぶりです。 何気..
by 藤見 瑠奈 at 13:33
おひさしぶりです。 お..
by ぽぽこ at 11:49

最新のトラックバック

嘘はいかんわ
from 文句言いのたわごと
取材力落ちてる?
from 文句言いのたわごと
左翼の危険性
from 文句言いのたわごと
見透かされてる
from 文句言いのたわごと
自由を護る力
from 文句言いのたわごと
ヒステリックな反対派
from 文句言いのたわごと
ようやく沸点に・・・
from 母さんによる徒然・・・

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
時事・ニュース

ブログパーツ

ファン