フィギュア 政治 その他 気なることいろいろ


by caprice

タグ:真央ちゃん ( 84 ) タグの人気記事

真央ちゃんが自身の「集大成」と位置づけた今シーズンに
ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を選んだのは、
あの伊藤みどりさんへの思いもあったんですね。

JOの前に放送された特集内でのインタビューで
そう言っていました。

あのバンクーバーでもラフマニノフの曲は
私を助けてくれた。
だからきっとこの曲は、また私の力になってくれる。
真央ちゃんはそう言っていました。

それに加えて
「憧れていたみどりさんが使った曲」
というところにやはり強い思いを感じますね。
(みどりさんはピアコン1番と2番の編集?で
真央ちゃんの曲とはほとんど別物ですが)

そしてこのように、
スターがまたスターを作っていくんですね。
誰かや何かに「憧れる」というのは
人成長するためにとても大切なことです。


【伊藤みどりのFS(アルベールビル五輪)、Midori Ito】


みどりさんのジャンプ、今見ても何回見ても
「すごい」としかいえません。
この人本当に人間なんだろうか。

「迫力のあるジャンプ」というのは
こういうものを指すべきですね。
なんて高くて大きいジャンプなんだろう。
しかもそれを一度失敗したのにまた後半に跳ぶなんて。

当時小学生だった私には、
この凄さがきちんと理解できていなかった。
それが非常に悔しい。

男子選手が「彼女が女子でよかった」と言ったという
エピソードがありますがそうでしょうねえ。
その足には特殊使用のバネでも仕込んであるのか!?と
疑いたくなるジャンプですもの。

アルベールビルは92年でしたか。
思えば私がフィギュアファンになったのも上の動画にある、
みどりさんの凄まじいトリプルアクセルがきっかけでした。

子供心に「なんだろう、この人は!」と衝撃を受けました。
何かのアンケートの「好きなスポーツ選手は誰ですか?」
という項目に「伊藤みどり」と書いたことを今でもはっきり覚えています。

以来長いことゆる~いフィギュアファンを続けてきて
途中でペアのファンになったり男子のファンになったりフラフラして
真央ちゃんがきっかけで女子シングルのファンに落ち着きましたが、
きっと私のフィギュアファン歴は今シーズンで終わるでしょう。

私にとっても最後のシーズンかもしれません。
その始まりと終わりが同じラフマニノフだなんて…
妙な縁を感じます。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-09 14:30 | 真央ちゃん
ジャパンオープン観戦報告の続きです。
テレビで「カーニバル・オン・アイス」も見たので
それを交えつつ、真央ちゃん以外の感想をざっくりと☆

って言いながらいきなり真央ちゃんについての書き漏らしですが、
ウィンドミルがちょっと形が崩れてましたねえ。
そこが残念…。

今朝から録画を何回も何回もリピートして見ていますが、
見れば見るほど惹きこまれるあのステップ…。
会場では何がなんだか…と興奮しているうちに終わってしまったので
ゆっくり吟味していられなかったのですが、
これは凄すぎる。

タラソワ先生、鬼だわ~。
タラソワ先生、真央ちゃんに自分のパッションを
全部託しているんじゃないか、と思えてきました。
それをさらに真央ちゃんの技術と感性で昇華させる…。

でももう少し緩急あったほうが見栄えがいいかな?とも。
というのは大輔君の演技を見直していたときに思いました。

すんごい難しいことやっているのに
わりとあっさりやってのけちゃうから、色々見逃されているんじゃない?
まあ、ジャッジは「プロ」だから
よもやそんなことはないでしょうけれど(棒)

でもそういうところはまたこれから詰めていくんでしょうね。
怖いプログラムです。

それと、テレビで見ると真央ちゃんのフィニュッシュでの
歓声が小さく聞こえますね。
実際はあんなものじゃなかったと思うんだけどな~?
音量絞ってる??
テレ東はあんまりそういうことしないと思うんですけどね…。

もっと「ワーーー!!!」って興奮してスタオベしてたはずですが、
でもカニオンでの大輔君への黄色い歓声を聞いたら
負けてる…と思いました。

確かにああいう声はなかった。
真央ファン、もっと声出さなきゃダメですね。

帰りの電車で「真央ちゃん素晴らしかったわね!!」と
興奮しているおば様たちと乗り合わせたのですが、
私も混ざって盛り上がりたかったです(笑)
アヤシイ人になりそうだったので聞き耳立てていた
だけでしたが^^;



会場について、まず埼玉スーパーアリーナの広さに驚きました。
初めて行ったのですが、すごいですね。
あんなに大きいところだとは知りませんでした。

そしてその会場が埋め尽くされることにびっくり。
みんなフィギュアが大好きなんですね…。
満員のお客さんに見てもらえるのは選手も嬉しいでしょうね。
また外国人選手へも惜しみの無い拍手が送られました。
それぞれの選手の国旗もだくさんたくさん振られていました。

でもやっぱり大輔&真央への歓声が一番大きいですね。
バナーは大輔君のものがダントツでした。
「D1SK」タオル、今年は赤と白が基調なんですね。
みんな持っていてびっくりしました^^


各選手の演技ですが…
ミハル・ブレジナ選手の演技は非常に残念なものでした。
本人も悔しそうでした。
蔦が足に絡まっているような、なかなか思うように動かせない、
そんな風に見えました。

ジェフもイマイチ、調子が出ませんでしたね。
悔しそうだったけれどすぐに笑顔になるのがジェフ。

コヅッキー(小塚君のことです)の四回転が近くで見られて感激!でした。
点数もう少し出てもいいんじゃない?と思いましたが
初戦だし、こんなものでしょうか。
コヅッキーは「うまい!」の一言です。

アボット選手はテレビで見るより生で見たほうが
演技の良さが伝わってきました。
どちらかというと地味な選手(※褒めてます。)…というのが
彼への印象なのですが、
生だと小細工(カメラワークによるスピードの印象など)が
利かないからかえってその実力が伝わるんだな、と思いました。

逆にフェルナンデス選手はうーーん…
テレビで見るより小さくまとまっている風に見えました。
このプログラムのせい??
ジャンプは確かにすごかったです。
バッシバッシ決まっていて。

だからこそ、もっと身体を大きく使った
スケールの大きい演技がみたいな、と思いました。


大輔君は「こういうアレンジで来たのね!」とまず思いました。
ビートルズをどう滑るのか…
皆が知っている曲は難しいですよね。
有名なだけに曲のイメージが先行しているから
それをどう大輔カラーに染めていくのか。

残念ながらジャンプが全然決まりませんでしたが
あれは完成したら凄いプロになるでしょうね。

彼がどういう解釈をして、何を表現したいのかが
はっきり見えれば、ですが。
今後が楽しみです。


大輔君は身長が低いほうだと思うのですが
リンクでは大きく見えました。
小塚君にも同じことを思ったのですが
リンクの余白が気にならない…というか。

「ガラスのハート」と呼ばれていた時が嘘みたいですね。
信じられません。
カニオンでのショートを見ましたが、いいですね!あれ。
私好きだなあ、ああいうプログラム。


ロシェットはもう復帰しないんですかね?
もったいないです。

スルツカヤはやっぱりオーラと貫禄がありました。
演技はミスが続いて残念でしたが関係ありません。
だってスルツカヤだもん。
日本に来てくれて、ファンの前に姿を見せてくれただけで嬉しいです。

佳菜子ちゃんも、生で見たほうが「うまい」と思いました。
それとも昨シーズンよりレベルアップしたのかしら。
「雑さ」が以前ほど気になりませんでした。


ワグナー選手は、見た目ノーミスでまとめたのはさすがでした。
でも大輔君と逆でリンクの余白が気になりました…。

というか、今期フリーは「ロミオとジュリエット」なんですね!
ごめんなさい… 全然ジュリエットに見えなかったわ…。
今確認してびっくりしました。
ウィルソン振付かあ。もうちょっとどうにかできないのかなあ。


アデリーナちゃんもジャンプミスが多くて残念でした。
リンクが狭かったらしいですし、うまく調整できない人が
多かったのかもしれません。

彼女は独特の雰囲気を持っていますね。
おそロシア三人娘の中では、というより
外国人女子選手の中では一番好きです☆

スピンが他の人と全然違うポーズでまたおもしろいですね。
カニオンでの蝶のような演技も素敵でした。


合間に荒川さんがゲスト出演で滑ってくれました。
私、荒川さん現役時代はとくにファンでもなかったし
(あの頃は男子を見ていた)今もあんまり興味なかったけれど
見られて良かったです。


私の席はキスクラから一番遠いところでしたが、
それでも信夫先生はすぐにわかりました。
なかなかのオーラを放ってます(笑)

表彰式後、選手がリンクを回って
表彰式で貰った花束を観客席に投げてくれたのですが
皆が投げ終えてリンクサイドに出ようとした時に
フェルナンデス選手だけがまだ持っていて

フェルナンデス「お、おれまだ持ってる。どうしよう」
真央ちゃん  「今からいってファンに渡してあげようよ」
フェルナンデス「いや、ちょっと一人じゃ恥ずかしくていけないから
          真央ちゃんついてきてYO」

真央ちゃん  「えーー??大丈夫だよお。いっておいでよ」
フェルナンデス「いいからいいから!一緒にきてYO!」
真央ちゃん  「しょうがないなあ。ほら、行こう!」

といって最後にフェルナンデス選手が観客席に向かって
ぽーーんと投げました。
(注:上記の会話は完全に私の妄想です。
でも二人が何やら話していたのと、
真央ちゃんがついていってあげてたのは事実です)


いいなあ。
私も欲しい…


カニオン見ましたけど、
町田君織田君も調子良さそうですね!
とくにまっちー!
ゾクゾクしちゃいましたよ。
フリーは「火の鳥」の持ち越しなんですよね。
またあの「火の鳥」が見られるのは嬉しい…☆

そして本田君の演技!なぜカット!?
見せてよーーー!!

男子は五輪代表争いが熾烈ですね。
誰が行ってもおかしくないし、
みんなに行ってほしい。
この中からたったの3人しか行けないなんて残酷です。
だからこそ選考は公平に公正に行って欲しいです。
人気がどうとか、そういうのは抜きにして決めてほしいです。
選手の今後の人生に関わってくるのですから
妙な「オトナの事情」などで決めて欲しくないですね。


試合が始まるまでの間、会場内の大型スクリーンに
ISUの作成したPVが流れていました。
各国・各種目の選手の演技シーンを集めたいいものでした。
が、見ていたらどんどん泣けてきました。

こんなにも美しくファンに愛されていた競技が
どうしてこんなにも汚く、醜いものになってしまったんだろうと。
一体だれがフィギュアを殺してしまったんだろうと。
ISUにはフィギュアへの愛はあるんだろうかと。

こんなに大勢の人が目を輝かせながら楽しみにしている競技を
どんどんつまらなくしていったISUの罪は限りなく重い。
選手やファンの思いを踏みにじったISUが、私は哀しい。



<おまけ>
何となくお気に入りの一枚です。
d0309182_0282026.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-07 00:46 | フィギュアスケート
※動画を見つけたので最後に追加しました。

ちょっとーーーー!!
真央ちゃんっ!!!

と、とりぷるあくせるがっ!!
そしてこのスパイラル… 一体何がどうなってるの??

d0309182_23551120.jpg


開始数秒で私の第一堤防決壊です。

真央ちゃんが135.16点のパーソナルベストを出して、
日本チームは合計544.85点で優勝しました。
二位が北米チームで528.89 点。
三位が欧州チームで477.84 点。
詳細はこちら→ スポーツナビ実況 フィギュアスケート:ジャパンオープン
(真央ちゃん以外の感想は次回に書きます^^;)


この目で直にトリプルアクセルを見られる日が来るなんて…
こんなにも素晴らしい演技を生で見られたなんて…
あー。もう今なら何されても怒らず笑顔で許せそう。
私の栄養源であるチョコを勝手に食べられても、
きっと笑って許せるわ。
(え?その程度?というツッコミは受け付けません!)

すごかった。
真央ちゃんがリンクインした途端にワーーッと大歓声。
スタート位置につくのを静寂が迎える。
怖いくらいの沈黙。
それがどんどん深く沈んでいって、みんながじっと待つ。
息を殺してその始まりを待つ。
音楽とともに空気が動いて、
真央ちゃんが氷をひと蹴りするごとに上昇し始めて
トリプルアクセル決まった瞬間に爆発。

会場が揺れました。

そのあとはまた頭真っ白でした…。
目で追うのが精一杯です。
帰宅してテレビで見て「ああ、こういう演技だったんだ」
と確認する始末…。 

…私、会場で見てる意味あるんだろうか?

あ。生とテレビで衣装の見え方が違うのはわかりました。
実際のほうがもう少し色が濃くみえました。

素敵な衣装だけど、首元がちょっとさびしい。
あそこにワンポイントあるともっといいと思うんだけどな~、
というのはまあファンの我が儘ですね。


真央ちゃんの演技構成は
3A/3F+3Lo/3Lz/CCoSp/FCSp/2A+3T/3S/3F+2Lo+2Lo/3Lo/CUSp/StSq/ChSq
だったのですが、

3A認定されてますね!
ルッツはまたエラーがついたけど…
そしてサルコウが回転不足なのかあ。

3F+3Loはセカンドが2回転になったものの
キレイに決まっていました。
スピン・ステップすべてレベル4。

最初に点数見たとき、 「うわっ!高い!!」
思ったのですが、スコアを確認すると案外そうでもないですよね。
むしろ転倒もしていないのにどうしてマイナス3が…とか
レベル4のステップ、スピンに加点それっぽっち??と思う。
決まったジャンプへの加点ももう少しくれてもいいのに…とか。

「135点」は通常の女子選手ならびっくりするような点数ですが、
真央ちゃんの演技に対しては今までの評価があまりに低すぎて、
その低すぎる点数に慣れてしまったために
今回の得点を「た、高すぎ?」と思ってしまった私…。

なんだかすっかり相手の術中にはまった気分です。
これはマズイ!

ちなみに詳細はこちら
→ Kinoshita Group Cup Japan Open 2013 October 5, 2013
Starting Order/Detailed Ladies - Free Skating Results
d0309182_7505430.jpg


Judges Score (pdf)  Judges Details per Skater / Ladies
d0309182_011484.jpg



そして以下は試合後の真央ちゃんのコメントです。
→ スポーツナビより抜粋
■浅田真央
「初戦なので、『できるかな、できないかな』といろいろ考えてしまったんですが、いつも通りの演技ができたので、次につながると思います。たくさんの応援が聞こえたし、スタンディングオベーションもうれしかったです。五輪のシーズンが始まりました。まだ伸びしろがあると思うので、向上していきたいです」


そうですね。
まだ伸びると思います。
ジャンプもそうですが、「表現」の面においては
まだまだこれからなんだな、と見ていて思いました。
(それでも充分すごいんだけど!)

だって、ほら。
私たちはあの「鐘」や「白鳥の湖」や「仮面舞踏会」を
見てしまっているから、このくらいでは
「最高!」とは言えないんですよ。
ここで「最高!」と言ってしまうのは真央ちゃんに失礼ですよね。
(会場総立ちだったけど… 私も真っ先に立ち上がったけど…)
だから何とか第二堤防は決壊せずに済みました。


浅田真央比ではまだまだ「完璧」とは言えない。

シーズンが進んでもっと滑り込んだら
ジャンプが全部成功したら

一体どこまでいってしまうんだろう…。


7月の「THE ICE」を見たときにも思ったのですが、
真央ちゃんから力強さと「自信」を感じます。

その分「妖精度」は薄まってしまったように思うのですが
代わりに「女王度」が増した気がします。
「本物の女王」がついに現れるのか…
見たいけど怖くて見たくない。でもやっぱり見たい。
そんな気持ちです。


※追記
動画がさっそく上がっていましたので追加しました。
【Mao Asada FS 】

(動画主様、お借りしました)


今回のお気に入りの一枚。凛とした眼がかっこいい。
d0309182_005664.jpg


と、高得点に驚く姿がカワイイ真央ちゃん☆
d0309182_021642.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-06 00:22 | フィギュアスケート
先ほど知ったのですが
真央ちゃん本の新刊が出るそうです!

浅田選手の思いを描いた最新刊
『浅田真央 そして、その瞬間へ』の予約販売開始!

朝日新聞 2013.10.1
(PR TIMES) - リリース発行企業:株式会社 学研ホールディングス
株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:中村雅夫)は、フィギュアスケーター浅田真央選手の思いを描いた書籍『浅田真央 そして、その瞬間へ』を2013年10月24日に発売いたします

同書は、浅田選手の誕生から20歳までを描いた『浅田真央 さらなる高みへ』(2011年2月刊行)に続く内容で、浅田選手の20歳から23歳までの3年間が描かれます。執筆は、『浅田真央 さらなる高みへ』を執筆した吉田順氏。浅田選手ご本人のほか、ご家族やコーチの先生方などにも取材を重ね、浅田選手にとって「人生で一番厳しい時期だった」というこの3年間の歩みを、色濃く描き出しています

同書の予約販売は、10月1日から「ショップ.学研」https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1020372800で。
そのほかネット書店でも順次予約販売を開始いたします。

d0309182_0323054.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのことです。
学研のサイトで予約できますね。
→ 【ショップ・学研 『浅田真央 そして、その瞬間へ』】
※10月22日までに予約すれば通常525円の送料が210円になるとのことです!

上記サイトに詳細な目次がありましたので
それを転載します。


【目次】
プロローグ さらなる高みへ

第1章 決意
新たなるスタート
驚愕のスピン
ジャンプの修正
才能あるがゆえの困難
激しさを増した練習
新たなるトリプルアクセル
2010‐11年シーズンの開幕
全日本選手権2010 ショート
全日本選手権2010 フリー
試合後の夜

第2章 約束
2011年滑り初め
師弟の絆
生まれ変わった『愛の夢』
四大陸選手権2011 台北大会
開催地の変更
食事制限
スタミナ
自分で決めなさい
真央スマイル
あとは勇気だけ
今できる精一杯
元気出していこう!
見とれてしまう
真央の世界
唯一の涙
母の笑顔
約束

第3章 進化
進化する練習スタイル
真央を必ず一番にする
『シェヘラザード』
ふたたびの『愛の夢』
鎮魂の『ジュピター』
運転免許とオフの意味
久美子コーチのiPad
真央のルーティンワーク
「流れで跳ぶ」ジャンプへの挑戦
新シーズンへの助走
初戦に向けて

第4章 封印
やるしかない
『シェヘラザード』初披露
トリプルアクセルの封印
新技の成功
3年ぶりのファイナルへ

第5章 別れ
旅立ち
緊急帰国

ぬくもり
全日本、出ます
1週間ぶりのリンクの感触
普段どおりを貫いて

第6章 試練
目標に向かって
新しい衣装
コロラドスプリングス
四大陸選手権2012 ショート
不安材料の解消
フリー直前
四大陸選手権2012 フリー
信夫先生は絶対にあきらめない
パーフェクトな『愛の夢』を目指して
世界選手権2012 フランス大会
公式練習2日目
公式練習3日目
ショート本番当日
あえて挑んだトリプルアクセル
後悔はしたくない
『愛の夢』、最後の演技
「今までやってきたことは、無駄だった」

第7章 心の階段
もうスケートをやめよう
舞の言葉
「ショーのため」のプログラム
ローリーの心づかい
前向きな気持ち
超高難度プログラムの誕生
ゾルタン・ナギ
充実のハンガリー滞在
信夫コーチとの練習再開
アイスショー
バレエ
越智久美子と浅田匡子の約束
白鳥の羽ばたき
夏、強化合宿で感じた思い
真央のスケート靴
エッジの研磨
「信夫コーチの言っていることがわかる」
トリプルアクセルは先でいい
ジャパンオープン2012

第8章 連続優勝
オレンジ色の衣装
楽しむ心と逆転優勝
休日返上の余波
納得の演技
悪化する腰痛
アイスブルク・パレス
痛みとの闘い
最後の最後まで踏ん張れ!
4年ぶりのグランプリファイナル制覇
忘れ物

第9章 復活への軌道
曲のなかで跳べるようになってから
たった一つのミス
全日本選手権2012 フリー
将来への思い
信夫コーチとのマンツーマン
自分との対話
新たなる『アイ・ガット・リズム』
真央のスケートが持つ力
『白鳥の湖』の新衣装
舞との賭け
トリプルアクセル復活
長かった
挑戦の白鳥

第10章 究極への道
猛練習
「パーフェクト」
次は真央ががんばってくるよ
現地入り
ショート前日
ショート当日
世界選手権2013女子ショート 
落ち込みそうになる気持ちをこらえて
回転過剰
フリー前夜のトレーニング
フリー当日、公式練習
フリー前の6分間練習
いつもどおり
世界選手権2013 フリー
達成感と悔しさと
残る課題は「あと3つだけ」

エピローグ そして、その瞬間へ

浅田真央 氷上の軌跡
2010-2011シーズン
2011-2012シーズン
2012-2013シーズン




私ももちろん前作の
『浅田真央、さらなる高みへ』を読みました。

今までの真央ちゃん関連の本の中では
一番いい本だと思っています。

その本と同じ著者さんが書いているとのことですから
それだけで充分内容に期待できるのですが、
目次を見たらさらに…

第6章の「今までやってきたことは、無駄だった」
というものなどは特に気になります。
信夫コーチとの間にどんばやり取りがあったのかも
興味があります。


いけませんね。
目次を読んだだけで涙が出てきそうです。

手元に届くのが待ちきれません。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-02 00:39 | 真央ちゃん
先日の「Going」の真央ちゃんのインタビュー、
皆様ご覧になりました?
私はうっかりしていて見逃したのですが、
コメント欄にてぽぽこ様から動画を教えていただきました!
(ぽぽこ様、ありがとうございます☆)

私のように見逃した方もいらっしゃると思いますので
動画をご紹介します。(動画主様、お借りします。)
7分半くらいからジャンプが見られます。


【浅田真央(mao asada) 23歳の素顔 ~ そしてソチへの秘策とは!? 】


私、この動画を見てびっくりしました。
真央ちゃんのジャンプが… ジャンプが!
なに!?この軽やかなジャンプ!

ジャンプ前の「タメ」が全然なく、ふわっと軽く跳んでいます。
あれは3アクセルですよね!?
力みが全然無い…。

3-3のコンビもキレイ…
あとは試合で決められるかどうかですが…
今の真央ちゃんならきっと大丈夫です。
自信を持って跳んでほしい。

動画をゆっくり見る時間のない方もいらっしゃると思うので、
インタビューの部分だけですが
キャプチャも貼っておきます☆

d0309182_2273077.jpg
d0309182_2275332.jpg
d0309182_228235.jpg
d0309182_2281830.jpg
d0309182_2283710.jpg
d0309182_2284951.jpg
d0309182_2285595.jpg
d0309182_2291025.jpg
d0309182_2293481.jpg
d0309182_2294550.jpg
d0309182_2295360.jpg


インタビューを聞く限り、やはり真央ちゃんには
「今期限り」という意識がかなり強いことが窺えます。

逃げ道を作らないんですね。
真央ちゃんらしいです。

8トリプル宣言も3アクセルを序盤から入れていく作戦も
誰にも言わずにおけばどうにでもなるのに
ハードルを自ら上げて追い込んでいくんですね。

でも迷いがあるとうまくいくはずのものも、
うまくいかなくなったりするので
逆にそのほうがいいのかもしれません。

そもそも4年前に抱えていた「ジャンプへの不安」が
五輪でより明確になり、それをこの3年で克服してきたという自信が
今期の真央ちゃんにとっては何よりの「強み」だと思います。

4年前、得意のはずのアクセルも「これでいいのかな」と迷い、
不安ゆえにたくさん練習するけれど
きちんと見てくれるジャンプコーチもないままに
試合ではエラーや回転不足の嵐…。

あの時の真央ちゃんは、暗闇の中をただひたすら
ひとりで彷徨っている状態だったのではないかと思います。

今は信頼できるコーチもいるし、
自分でもジャンプに手応えを感じていると
言えるところまで来ました。

この3年間、恐怖や苦しみから真央ちゃんは逃げなかった。
いつもきちんと正面から向き合い、ごまかさなかった。

だからこそ私はよりいっそう真央ちゃんを応援するのです。
彼女が「勝てる」選手だから応援するのではありません。

人間がつい流されがちな「安易な道」を決して選ばず
「恐怖」からも逃げずに毅然と戦う姿に心を打たれ、
憧れるとともに尊敬し、応援せずにはいられません。

だから彼女が望むように悔いなく、満足して
子供の頃からの夢であった五輪を終えられるよう、
その努力が実るよう応援したくなるのです。


しかし何より最大の理由は
「笑顔」がたまらなく可愛いいから

あの笑顔が見たい。
笑顔になってほしい。
それだけです。



がんばれ!真央ちゃん!!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-10-01 00:44 | 真央ちゃん

真央ちゃん☆祝!23歳 

真央ちゃん、お誕生日おめでとう~~☆
(って一日過ぎちゃったけど…)
もう23歳なんですね。
本当は「真央ちゃん」なんて呼び方は失礼なのでしょうけれど
愛をこめて(笑)最大の敬意をこめてこれからも
「真央ちゃん」と呼ばせていただきます!

真央ちゃんのブログも更新されていました。
 「お誕生日でした♪♪♪」

かなこちゃんや小塚君とお祝いしたんだそうです。
(画像は真央ちゃんのブログから拝借しました。)
d0309182_2239373.jpg
d0309182_22392088.jpg


カップはかなこちゃんから、ベルトは小塚君からだそうです。
どちらも真央ちゃんが好きそうな感じですね!
カワイイ☆

そして住友生命さんの公式チャンネルに真央ちゃんの
動画がアップされていました。(ぽぽこさま、ありがとうございます☆)

練習シーン①【ステップ編】(浅田真央応援プロジェクト)


プライベート①【浅田真央選手、格闘家へ転身!?】(浅田真央応援プロジェクト)


上の動画…
何をどう見ても「ラフマニノフ」ですね。
タラソワカラー全開!
濃いいステップですね~~~!

やっぱり激しい…というかドラマチック!
本当に、音がなくてもラフマニノフが聞こえてきます。

そして下の動画は
以前「おしかけスピリチュアル」でも言っていた
「ボクシングがやってみたい」発言に繋がりますね。
冗談じゃなかったんだ(笑)

腰がちゃんと入っていて、いいパンチじゃないですか!
サマになってますよ^^

まずは10月5日のジャパンオープンですね!
この大会で初めて真央ちゃんのフリーの全貌が…
ワクワクします!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-26 22:42 | 真央ちゃん(スケート以外)

浅田真央 「愛の夢」

二週間後にはジャパンオープンです。
チケット取れましたので行きますよ~☆
真央ちゃんはもちろんのこと、
大輔君をライブで見られることや
「あの」スルツカヤの出場!が楽しみです。


で、久しぶりにまた見ました。
真央ちゃんの「愛の夢」を。

ジャンプの矯正中だったので
試合やシーズンによって振付が少しずつ違いますよね。
この試合のこの演技・振付が好き!
というのが皆さんもきっとあるでしょうね。

私が好きなのはこの二つかなあ。
(ちなみに衣装は上の動画の長袖のほうが好きです。)

↓これは2010-2011シーズン 四大陸選手権での演技。
 真央ちゃんの成績は2位でしたね。

Feb 2011 Mao Asada 浅田真央 FS 【愛の夢】

(動画主様、お借りしました。)

ツー、と前に滑って一度止まり、
今度は後ろ向きにスー、と滑る
この出だしが好きです。
(なんというピンポイント!)

それとこの↓四大陸も良かったなー。
2011-2012年シーズン 四大陸選手権の演技。
真央ちゃんは2位でした。

Mao ASADA 4CC 2012 FS


後半(3分50秒あたり?)のタタタ!と走るところなんか
真央ちゃんのバックに大きな淡いピンクのバラが飛んでます。
(のように見える。)

それにしてもなんて優雅なステップ!

タラソワプロはとてもドラマチックで高尚で、
叩くとカツン、と高音が響いてきそうなイメージですが
ローリープロは柔らかくて温かくて
見ている人が穏やかな気持ちになる。
そんなイメージです。
「愛の夢」はとくにそうです。

これを見ているとじわじわと胸に来るものがあります。

なんて「真央ちゃん」なプロなんだろう。
私は真央ちゃん以上に「愛の夢」を表現できる
スケーターが思い浮かびません。
(あ、でも今井遥ちゃんは似合いそうだわ…。)

ロシアのアデリーナちゃんが10-11シーズンのフリーで
「愛の夢」をやっていましたが…
残念ながら全体的に「直線」的で「力強い」印象を受けるんですよね。
もうちょっと柔らかさがほしいな…と思いました。
→ 2011 COC Adelina Sotnikova LP B ESP



試合が進むにつれて、真央ちゃんのジャンプも形が見えてきて
「愛の夢」を徐々に自分のものにしていった。
11-12シーズンでは出た試合はすべて表彰台。
この流れのままワールドも、と思っていました。
ところがワールドでは6位…。

このワールドを見たあと、非常に心配したことを覚えています。
というのもこの試合で真央ちゃんはSP4位と少し出遅れました。
でもどんなにSPでミスがあっても、必ずFSで挽回してきました。
今回もきっとそうだろう。
必ずフリーでは真央ちゃんの演技を見せてくれるだろう、と思っていました。

しかしそうはなりませんでした。
なんだか真央ちゃんらしくない、と思ったものです。

後に「初めてスケートをやめたいと思った」という話を聞きました。
お母様を亡くされたことも無関係ではなかったでしょう。

「愛の夢」は優しくて甘い香りがするけれど、
それはその下にある哀しみを隠しているからこそ
際立つのだろう、と思います。

d0309182_22131364.jpg



そういえば!(って今さらですが)
真央ちゃんのプログラム曲を集めた
「浅田真央 スケーティングミュージック 2013-2014」
が10月2日に発売されますね。

今回のCDは過去に使用した曲も入るらしいのですが…
ざっくり書いてあるだけで詳細がわかりませんでした。

ま、どちらにしろ買うのでいいんですけどね^^;


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-23 22:14 | 真央ちゃん
※す… すみませんっ!
 「シュニトケ」が「シュトニケ」になってました…
 訂正しました~。



2010-2011シーズンの真央ちゃんのSPは
タラソワ先生振付の「タンゴ」(シュニトケのタンゴ)でした。

このSPは衣装がよく変わりましたが
(残念すぎる衣装もありました… )
私は四大陸(↓これですね)の時の衣装が一番好きでした。

d0309182_14392358.jpg

d0309182_14335731.jpg

こっち(↑NHK杯のときかな)も胸の部分以外は良かったのに…


【浅田真央 四大陸選手権 2011 SP Mao Asada 4CC 2011 SP】

(動画主様、お借りしました)

ジャンプ着地後にくるっと振り返るところや
片足掴んだツイズルとか、足ナデナデ(笑)とか、
私は結構好きなプロだけど、あんまり評判良くなかった??かしら。

こうしてみると、ジャンプ矯正を始めたシーズンでまだ波があるし、
曲を「表現する」というところには到達していないように思いますが
それでも全然手抜きをしていないのがすごいですね。

もう勝つことが(世間にとっては)当たり前になっていた真央ちゃんが、
自分を勝たせてきた技術をすべて捨てて、
一からやり直すというのはどんなに大変だったんだろう。

しかもやり直したところで、それがうまくいくかどうかは
誰にもわからないんですから。
答えのない道に進むというのは怖いことだと思います。
ある程度見通しができていればまだしも…。

成功する保障はありませんものね。
しかも4年後のソチに間に合うかどうかもわからない。

試合で転び続ける真央ちゃんを見るのは辛かった…。
そしてマスコミがジャンプ矯正中であることや、
なぜ矯正しているのかをほとんど伝えないまま
「不振」を煽るやり方にも腹が立ちました。


ファンは悲痛な思いで見守っていました。
そんな思いが爆発したのがこの時だったと思います。

【Mao ASADA - All-Japan championship 2010 SP】

(動画主様、お借りしました)

この時の演技はよかった。
私も泣きながら見ていたような記憶があります。
やっと道筋が見えてきた!という希望と安堵の気持ちが
真央ちゃんの笑顔と観客のスタオベに現れていますね。


あれからあっという間に月日は流れ、
もうソチ五輪は目の前です。

今真央ちゃんの演技から「自信」が感じられるのは
あの時の決断は間違っていなかった!と
すべてを捨てて取り組んで築いてきたものに、
自分でも手ごたえを感じているからではないでしょうか。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-07 14:52 | 真央ちゃん
9月3日テレビ東京で放送された「おしかけスピリチュアル」、
皆様ご覧になりました??

真央ちゃん出演部分の動画があがっていましたので
ご紹介します。
最初の動画はaloha様がアップしてくださったものです。
aloha様お借りしました。ありがとうございます!


【おし真央】


【2013. 9. 3. すぴりちゅある】

(動画主様、お借りしました)

舞ちゃんが隠さずに色々話していましたね。
そんな舞ちゃんのことを、真央ちゃんが
「自由すぎて心配になる」と…。

本編のほうでは舞ちゃんが「妹のために」と
三峰神社にお参りに行ったりと
それぞれがお互いのことを思う、
仲の良い姉妹なんだなあと改めて思いました。

こうやって今までもこれからもお互いを支えてきたんですね。
やはり兄弟がいると心強いな、と思います。

そして真央ちゃんの「ボクシングやってみたい♪」という
びっくりな発言も。
名倉さんは「やめたほうが…」といっていましたけど、
意外と似合うかも??
ちよっと見てみたいです。
(でもあの綺麗なお顔に傷がつくのは嫌だな…)

CHIEさんからは車の運転には気をつけたほうがいい
というアドバイスがありました。
大事なシーズンですからね。
つまらないトラブルに巻き込まれないよう、
怪我をしないよう、ぜひとも気をつけてほしいと思います。

その時に名倉さんが真央ちゃんのことを
 「日本の宝」 
と当たり前のように言ってくれたのが嬉しいです☆


そしてCHIEさんと二人きりで
「プライベートな話を」という真央ちゃん。
話し終わって部屋から出てきたときに
うっすら涙のが跡がありましたが、
聞いたのはお母様のことかな…。

真央ちゃんがどうしても聞きたい、というのは
自分に関することではないような気がして。
お母様の最期に会えなかったこともあり、
色々な思いがきっと渦巻いていただろうと思います。

真央ちゃんも「スッキリした」と言っていましたが、
今回心の澱を出し切ったことによって
大事な、そして最後かもしれないシーズンに
心置きなく臨める準備ができたのかもしれませんね。



「恋愛はまだまだ(先になりそう)」
と言われてちょっと残念そうな顔をしていた真央ちゃんが
可愛かったです☆



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-05 20:51 | 真央ちゃん(スケート以外)

NHK杯チケット争奪戦

フィギュアネタ久しぶりすぎて今さら…な話題ばかりですが^^;
皆様ももうご覧になりましたよね、きっと。
シブタニ兄妹作成の動画の撮影風景動画。
(あれ、なんか日本語がヘンだわ 汗)

【ONE MORE SANDWICH (Behind The Scenes)】


みんな楽しそうでいいですね!
アデリーナちゃんがプッと噴出してしまったシーンが
ありましたが、あれはもうしょうがない!
あんな変顔見せられたらねえ。
真央ちゃんの変顔もかわいかった☆

そしてこれも今さらですが、真央ちゃんが
「スポーツ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」のファイナリストに!
→ フィギュア浅田真央、「米スポーツウーマン・オブザイヤー」の
ファイナリストに選出


投票は2013年9月9日の午後11時59分まで(米東部時間)
だそうですのでまだの方はぜひ投票しましょう☆
→ 【2013 SPORTSWOMAN OF THE YEAR】


最初に見たとき全文英語で(当たり前だ)固まりましたが
aloha様がブログで投票の手順を丁寧に説明してくださっていたので
それを読みながらワタクシもポチっと。
(aloha様、ありがとうございます!
そしてお名前を勝手に出してごめんなさい!)
【真央ちゃんに清き1票を(*´∇`*) 2013 SPORTSWOMAN OF THE YEAR】

投票の結果は10月16日に発表されるそうです。
真央ちゃんが選ばれるといいですね☆


そしてそして8月31日はNHK杯チケット一般販売の日でしたね。
皆様参戦されたのでしょうか。
私はちょうど実家に帰っていましたのでみんなにも
協力してもらったのですがあえなく惨敗です(;_;)


ただ!
妻思いの我が夫(笑)が申し込んでくれたプレ抽選販売に
見事当選していたので9日だけは見に行くことができます。
ありがたや~

まあ… 一番安いスタンド席なんですけどね。
真央ちゃんは豆粒ほどにしか見えないでしょう。
恐らくレポもできないほど小さくしか見えないでしょう。
「こんなことなら家でテレビで…」と思うだろうことが予想できます。
でもいいんです。

見に行けることが幸せ!
同じ空間にいて、あの場の空気を感じることが幸せだから。

d0309182_23591956.jpg




<おまけ>
明日はこの前真央ちゃんがが出演した
「おしかけスピリチュアル」の後半が放送される日ですね。
うっかり忘れるところでしたよ。危ない危ない。

テレビ東京 18:30~
「ご利益!金運!縁結び!全国開運神社巡りの旅」

テレビ東京 23:58~
「おしかけスピリチュアル」


明日は特番とレギュラーの両方放送されるそうですが、
両方に真央ちゃんが出るってことでいいのかな??
特番のほうにまず舞ちゃん、別枠で真央ちゃん・小塚君が出る。
で、レギュラーのほうで真央ちゃんのこぼれ話が出る…んですよね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
[PR]
by caprice16 | 2013-09-03 00:06 | フィギュアスケート